踊ってデザインの出来るイラストレーター、アモーレ★ヒロスケの日記です。
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2015-01-25 11:32:08

ティム・バートン監督のBIG EYES

テーマ:映画
凄く楽しみにしていた映画でした。
そして全く期待を裏切らない、とっても面白い映画でした。
ビッグアイ自体にもずっと興味があったし、
そのテーマでティム・バートンが撮るとどういう風になるのか興味津々でした。
『うん、こうでなくちゃ!』っていう感じ仕上がっていてとってもよかった。

主演のエイミー・アダムスとクリストフ・ヴァルツがとにかく素晴らしいし、
マーガレットのアトリエなんか興味津々で釘付けになりました。

big eyes

日本では馴染み薄いと思われるこのビッグアイですが、
古着などアンティックの好きな人なら
一昔前のアメリカのフリーマーケットなどにいけば必ずみかける絵画でした。
キーンから始まったこのビッグアイは、キーンを越えてその時代の流行のひとつになっていました。
そのオリジネーターであるマーガレット・キーンの数奇な人生の事は知ってましたが、
こういう風に映画になるとは夢にも思っていませんでした。
さすがティム・バートン、目の付け所が最高です。

私もビッグアイに関する記事を、2008年にSixties magazine vol.03に書きました。
マーガレットとウォルターの話も書きました。
当時、ビッグアイに関して何かを書いたのって私くらいじゃないかなと密かに喜んでいます。
掲載されている作品は全て私物です。

記事

magazine
AD
2015-01-20 09:26:20

25日(日)はリンディーホップ入門クラスがあります。

テーマ:リンディーホップ・クラス
入門

リンディーホップはスイングジャズやジャンプブルースなどで踊るペアダンスです。
そういった音楽やダンスに少しでも興味のある方は、
是非この機会にリンディーホップにトライしてみてください。

内容は、全く初めての方向けのクラスです。
お一人で参加いただけます。
約2時間かけてリンディーホップの基本の仕組みをわかりやすく説明しながら実践します。

午後3時30分スタートです。

最初に重要な事を説明しますので、時間にだけは遅れて来ないようにお願い致します。
途中からのご参加はお断りしていますのでご了承ください。

受ければすぐに踊れるようになるようなダンスではありませんが、
一度受けておくとダンスの見方が変わる事は間違いありません。
どうしてああいう風に自由に踊っているのかという謎が少し解けると思います。


場所は池尻総合施設の二階の奥の部屋で、上履きが必要になります。
男女別の更衣室はございます。
新しい建物なのでグーグルマップなどには載ってませんのでこちらの写真をご参考ください。

地区会館
AD
2015-01-14 10:46:51

ザズー・ウィークエンドのご報告&ビッグアップル・クラスのお知らせ

テーマ:スイングイベント
フランスからとっても素敵なリンディーホッパー、William & Maevaを招いて開催した2日間のイベント、Les Zazous Week-end Tokyo 2015も無事終了いたしました。

参加していただいた皆様、どうもありがとうございました。

ウィリアムズ

残念ながら参加できなかったという方々には、彼らのパフォーマンスやソロジャズコンテストの映像がございますので、今回のイベントの雰囲気をお楽しみください。

ジェントル

こちらはウィリアム&マエーバがジェントル・フォレスト5の演奏で披露した即興パフォーマンス映像です。



ソロジャズコンテスト決勝の映像。


ソロジャズコンテスト予選の映像。


そして、今週末のチョコレイト・シェイクでは、今回フライングホームでも踊った、
"BIG APPLE"というラインダンスのレッスンを3回にわけて開催します。
これが踊れてこそリンディーホッパーというジャズステップ満載のラインダンスです。
レッスンは、18:15~19:00の45分間です。
年に一度のビッグアップル・レッスンなので、まだ踊れない方は是非ご参加ください。



AD

[PR]気になるキーワード

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>