昨晩、バンコクでアジア50ベストレストランの発表がありました。

Youtubeでライブストリーミングをやっていましたので、私も見ることができました。


友達であるガガンシェフが3年連続でNO1を獲得できるか。


・・結果は以下の通り。


1. Gaggan, Bangkok
2. Restaurant Andre, Singapore
3. Amber, Hong Kong
4. 8 1/2 Otto e Mezzo, Hong Kong
5. Nahm, Bangkok
6. Narisawa, Tokyo
8. Ultraviolet, Shanghai
9. Odette, Singapore
10. Burnt Ends, Singapore

3年連続でNo1になりました。
2位だったナリサワは6位にダウン。
龍吟も1つランクを落としています。


バンコクでは彼のようなスタイルのレストランが増えました。が、シェフに言わせると
「盗っ人が多い。一見、自分の料理を真似しているように見えるけれども味は全然劣るし
食材の組み合わせ方もセンスが悪い」と。

星の数だけあるレストランの中からのトップ中のトップが競うランキングですから
追われる立場になった本人としては大変でしょう。
・・しかし、昨年の彼は日本人シェフとコラボしたり、世界各国から食のイベントのゲストとして
呼ばれたり、セミナーで発表したり。新しいレストランも次々とオープンさせているという超多忙さ。
そんな中、年中留守中のオーナーシェフを支えてきたチームメンバーがあってこそのこの受賞
は本人も言ってるとおり、チームメンバーに恵まれているんだなと思います。
今日は確かシェフの誕生日ですから盛大に祝うのではないでしょうか。

ところで日本勢は、昨年ベスト50までにランキングされていたレストランが複数消えました。
その代り、レフェルヴェソンスやフロレリージュがベスト15までにいきなり登場してきたのは
日本人にとってはそんなに驚きではないはずでしょうね。。。。

個人的にはまだ訪問が叶っていない、香港のアンバーに今年こそ行きたい!!


AD