☆管理人からのお知らせ☆
▼9月26日発売!「浮気とは午前4時の赤信号である」(ワニプラス) 女医の西川史子先生が「これを読んでたら離婚しなかった」と、絶賛! 浮気本といいいながら、婚活本。全国の大手書店や、Amazonにて絶賛発売中です。

▼6月1日~ シナプスにて、すずきBがサロンオーナーを務めるオンラインサロン「独身者はすぐ結婚したくなり、既婚者は離婚をとどまるハイスクール 」始動


▼5月30日リリース配信、すずきBが主宰する次世代の料理人プロジェクトCOOKQOATER(コックコーター)


▼2月22日開催、「CHEF-1天草ナイト   」は、お陰様で大盛況に終わりました。その様子はこちら


▼すずきBの電子書籍が、2冊同時発売!iPhoneやiPadの方は『離婚は遺伝だでね
鬼ツイートハニー 』へ。またiPhoneやiPad以外の人は、キンドル(Amazon)でタイトル検索を!1冊 200円


▼オフィスBでは、放送作家になりたい若者及び取材スタッフを募集しています。希望者は こちら (年齢、経験不問)


▼すずきBが執筆、または取材を受けた掲載雑誌、バックナンバー

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-03-30

珉珉(赤坂)

テーマ:朝食・ランチ
{47EC1E56-73B3-475C-97CD-935D98961FCF}

餃子のことを会議で話してると、餃子を食べたくなる。

久しぶりにランチで「みんみん」へ。

 

角を曲がると、店先に客が並んでるのが見える。満席だ。

順番が近づくとメニューを渡され、注文を聞かれる。

「餃子とドラチャー」と、

座る前からオーダーすると常連ぽいので真似してみる。

 

ドラチャーとは、

ドラゴンチャーハンの略称で、店の人も常連もそう言う。

ニンニクがいい感じに効いたチャーハン。

けっこうボリュームがあるので、腹ペコじゃないと食べきれない。

 

名物女将は、次の客が座る席を、

「はい、あなたここ、荷物ここ、椅子前に」と

司令塔のようにテキパキ仕切る。

大企業の部長のようなスーツのおじさんにも、

まるで我が子のように。

店内は活気と女将の優しさに溢れる。

 

慣れてない客の席で、

女将が無言で小皿に酢と胡椒をたらし、

「醤油は入れないでよ」といつもの口調で教えて、去っていく。

そんな、全員が家族のようなフレンドリーさ。

中華鍋を振るう音が心地よく響く。

 

そして、餃子はもちろんブレのない美味さ。

肉がしっかり味がついてる、いわゆる肉肉しい餃子で、

僕は、小皿を2つスタンバイし、今日も確かめる。

女将がすすめる酢胡椒は、

果たしてどれぐらい酢醤油&ラー油より美味いのか?を。

 

やっぱり女将の言う通り。

酢醤油だと、せっかくの餃子が、ただの酢醤油味になってしまう。

しかし酢胡椒だと、餃子の肉の旨み、野菜の旨みが、

しっかり味わえる。

 

そんな餃子の美味い「町中華」の代表格。

デートで、あえてここに来れるようになったら、

なかなかのみんみん通だ。

そして、女将に彼女を紹介できるようになったら結婚は近い。かも。

 

 

【お知らせ】

4月2日(日)すずきBバースデーイベントがあります。

興味ある方は、スタッフの小美野 omino7075@gmail.com にメールし、

詳細情報をもらってください。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2017-03-28

美寿(広尾)

テーマ:Foodiary★★★
{CE878C86-B64F-4AE2-9274-D3A5C1A11688}
ゴハン屋さんへ行き、コースもアラカルトも選べるとき、
「コース」か「アラカルト」。
どちらがよりグルメか?という話題になったことがある。
 
お店のことを考えたら「コース」。
お寿司屋さんの「おまかせ」が、実はお好みよりも美味しいものが食べれ、
それが明らかに正解であるように、
「コース」(おまかせ)のほうが、美味しいものが食べれる気もし、
コースこそグルメな気もする。
 
だがそれは、寿司屋での話であって、
寿司屋以外での、コースかアラカルトかは話しが別。
 
お店のことも考えつつ、
無駄のないセレクトが出来る自信があるなら、
アラカルト!を選べるのが本物のグルメだと思う。
しかも無駄なく、食べたい物を、いい感じで頼める人こそが。
自分のお腹具合や、ポーションを加味したバランスというのは難しい。
 
よく、フレンチのコースで、メインに行く前にお腹いっぱいで、
せっかくの高級肉を、半分残す、または無理矢理食べることがある。
そうはならないよう、まずはこれでと「様子を見る」余裕も大事だし、
見栄を張ることなく、最後まで美味しく、必要以上の満腹に途中でならずに食べ終えられるのが、あるべきグルメの姿だ。
 
そういった意味で、この店で、程よいバランスで〆のご飯まで行けることは、
極上の幸せであり、グルメの証かもしれない。
 
カウンターの右奥が落ち着く。

アラカルトで、どのように構成するかを、早めに店に到着して、相手を待ちながら考えるのは、実に楽しい時間だ。

 

料理はどれも、めちゃくちゃ美味い。

特に写真(上)の、フォアグラのコロッケは、半分に割って皿にもってくれる。
そして、写真(下)の香箱がには、時期ものだが、
これが泣ける美味さ。
 
蟹というのは、人を幸せにしてくれる。
もう少し、あと一口食べたいと、殻の奥のほうを、箸で、なんなら小指で、
こそげるように、まさに舐めるようにいただく。それぐらい美味い。
世の中にこんなに美味いものがあったのか。
秋元康さんの名著のタイトルだが、
この店の香箱蟹を食べると、必ず、誰もがそう思うと思う。
 
店の人の客との距離の取り方も絶妙だ。
つかずはなれず。聞けば答えてくれる感じ。
 
こっちはデートで必死に口説いてるのに、
その会話をさえぎるような説明は要らぬときがある。
そこを察して、空気を読みながら料理をさっと出し、
こちらの間ができ、知りたそうな顔したら教えてくれる、あのニュアンスは、とっても高度だが、この店はそれをさらりとしてくれる。
仮にこの店のあと、相手と何もなかったとしても、地団駄を踏むほど高くはないのもいい(笑)。
 
デートにおすすめしたい。
 
{23F9A509-70ED-4A6A-ABE9-1F261753820C}
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-03-10

うなぎ藤田(白金台)

テーマ:Foodiary★★★
{C2F348C9-0B80-49E0-9BE5-DC237416FAA6}

 

今、NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」で盛り上がる故郷・静岡県西部地方は、「遠州」とか、「遠江」と呼ばれるエリア。

 

浜名湖うなぎが有名だが、最近は浜名湖の牡蠣も注目されている。

以前、「ごはんジャパン」でも五十嵐美幸シェフがロケしていた。
 

それが同時に味わえるのが、ここ「うなぎ藤田」。

浜松で四代続く老舗で、昨年、白金にも進出。

 

あれから1年。

昨夜は「まだ藤田に行けてないけど行きたい」というグルメなお仲間に集まっていただき、その1周年記念料理をいただいた。

 

前菜で出てくる浜名湖産の牡蠣醤油煮は、実に身がぷっくりして、東京に居ながら浜名湖の偉大さを感じる美味さ。

 

そしてうなぎ。

小学校の頃、クラスに一人はうなぎ屋の息子がいて、

運動会や夏祭りでは、必ずうなぎつかみ競争があり、

家の水槽では、親父が知り合いからもらった生きたうなぎを飼っていて、死ぬと母親がさばいてくれた。

月に一度はうなぎだった。

うなぎは家で食べるものだった。

家にはうなぎのタレを塗る刷毛が何本もあった。

(いまだに実家からうなぎを送ってもらい、もちろん刷毛があり、僕がタレを三度づけしながら魚焼きグリルで焼く。鬼が焼くと下手くそで喧嘩になる)

 

そんな、うなぎで育った僕はうなぎには一過言ある。

箸を入れたとき、身が、かたく締まり過ぎても、ホロホロすぎてもだめ。

程よい締まり具合と、ほぐれる感じが重要で、藤田のうなぎは、身が引き締まりながら、ホクホクで理想的。

 

それは、115Mの深さの冷たく清らかな地下水の中で、餌を与えず1週間泳がせる「活かし込み」という工程を加えるからだ。これにより、臭みをとり、身を引き締めるらしい。

 

デートならカウンター、6人までの個室なら合コンや接待にオススメ。

 

詳しくはこちらをどうぞ

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-03-08

七鳥目(南青山)

テーマ:Foodiary★
{0C7BBC89-8C2E-4C2F-A72D-1D382D7F626F}

日本一のうずら王国・愛知県豊橋出身のヒデコ(母、でぶ)の影響か、うずらの卵が好き。
幼い頃から家の冷蔵庫には必ずうずらの卵があったし、お弁当にはうずらのゆで卵、蕎麦にはうずらの生卵を必ず入れた。

で、この店、何やら、うずらの玉子にこだわるらしく、行ってみた。
日赤通りにあり、白木のカウンターがお寿司屋さんのようで素敵。

焼き台からのぞく大将が、国産フランスうずらの玉子、エルフランスについて語り、出てきた。デカイ。普通のうずらの玉子のふた回りくらい大きく、半生具合の焼き方も素晴らしい。煙に薫せ、スモークされた感と、甘いうずら玉子の黄身が何とも合う。

他の串もどれもいい感じ。〆に出る玉子かけごはん、そぼろごはん、これを相方とシェアしつつ、最後は二つを混ぜるとめちゃ美味い。

デートにオススメ。ただ、空いてる時間のデートで奥のカウンターだと、目の前に暇な店員が2人立ち、至近距離で、こちらの会話を面接官のように全て聞かれるので照れるね(笑)

その奥に4人の個室もあるので合コンにもオススメ。


いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2017-03-01

サトーブリアン(阿佐ヶ谷)

テーマ:Foodiary★★★
{129EBEB1-CE44-44F6-9174-ADE14BC44C25}
吉祥寺「肉山」と並ぶ、中央線ミートラインの二大巨頭、
予約困難焼き肉界の飛車角、阿佐ヶ谷「サトーブリアン」。
佐藤オーナーこだわりの肉のフルコースを初めて堪能する。
いきなり登場するタン丸ごと塊肉。
その最も贅沢な部位タン元の、
厚くて柔くて歯がシャクっと入る鮮度と美味さに口の中が興奮。

さらに塊で、ハラミが。
この塊のデカさのハラミはそうそう目にすることはない。
肉祭りはこの上ない盛り上がりを見せ、
「肉」と「タレ」と「生卵」と「コメ」
「肉」と「うに」と「キャビア」と「コメ」
という肉楽四重奏へとなだれ込む。
もうお腹いっぱい、という頃、
「〆は、冷麺かミートソースのパスタか?」問われ、
参加者12人全員がミートソースと答える。
〆は別腹。
肉好きなら、さっぱりした冷麺などに逃げず、
やはりサトーブリアンらしい肉のソースで〆たい。
来た。見るからに美味そう。
デュラムセモリナ粉が薫る極太パスタに極上ミートソースが絡むと、
満腹な胃とは別の〆腹へ、スルスル入っていくから不思議。
もう大満足、大満腹で一歩も動けない状態。

と、そこへ……
ヒレカツサンドが。
そうか、そうだった。
「サトーブリアン」に来て、
名物「ブリカツサンド」を食べずして帰るわけにはいかない。
満腹ながらも、一口食べれば分かる。
店主がいかにその肉に合うパンにまでこだわってるかを。
食べれば旨し、二口、三口と止まらなくなる。

サトーブリアンの肉のフルコースは、
大人にとっての肉のレジャーランド。

めったに予約が取れないため、もしも空席があったときには、
何が何でも行くべし。
{B7F86819-3C6F-4142-8277-132B6C501167}

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-02-28

登利平(東松山)

テーマ:イエメシ&おみやげ
{7DF943E7-00CD-4AEF-A8AD-B1A0E7C54A8E}

 

担当番組「秘密のケンミンSHOW」でも取り上げられ、

いま話題の群馬ケンミン熱愛の弁当「登利平」の鳥めし。

 

オンエアを見て食べたくなり、
さらに、食べたことある番組スタッフの熱弁を聞いて、

無性に食べたくなる。

 

「あれは都内では買えないの?」

「地元でしか買えないんですよ」

 

食べたいものは何とかして食べたい。
手に入らないものこそ、今どうにかして手に入れたい(笑)。

 

その日の19時半、検索してみると埼玉県東松山のショッピングモール「ピオニウォーク」に、登利平の支店があり、そこが都内から一番近い。

電話し、在庫があるか、取り置き可能か、確かめる。

21時半までに着ければ大丈夫だという。高速で2時間あれば行けそうだ。松と竹、チキンかつの、三種を取り置きしておいてもらう。

 

行き先をカーナビに入れ、霞ヶ関から高速で向かう。が、金曜の夜、首都高がかなりの渋滞、なかなか流れない。カーナビ到着予想は21:30を示し、焦る。諦めようかと悩むがとりあえず向かう。

 

美女木を越え、大泉から関越に入ると流れ始め、カーナビの到着予想は21:25に変わる。間に合いそう。埼玉県入り。

 

川越を過ぎ、鶴ヶ島で高速を降りると、かなり田舎であたりは真っ暗。

やや不安になるも、急に巨大ショッピングモール、ピオニウォークの大きな看板と駐車場が現れる。

時計は21:28、入るとだだっ広い駐車場はガラガラ。

慌ててクルマを停め、中に入るも、閑散として人は誰もいないわ、閉まってる店もあってうす暗いわで、めちゃ不安に。

 

巨大なショッピングモールで、どこへ行けば良いのかさっぱりわからない。

2時間かけてここまで来て、登利平の弁当を買えないの?泣きそうになる。

 

登利平に電話すると、

「もうゴハンがないので閉店なんです」

「いや、取り置きしてもらっていて、東京から買いに来たんです」

 

時間でシャッターが閉まってしまったので非常口から入るよう言われる。

なんとか入れ、買えた。

しかし、先ほどの非常口に行くと、ロックされていて、

こちらから駐車場には出れない。困った。

登利平に戻り、事情を話すと、そのルートからはこの時間になると戻れず、

一度モールの外に出て、再度、車道から駐車場への道を入って行くしか方法がないという。

 

「駐車場はどのエリアの何番?」と聞かれたが、

慌てて降りて来たので、エリアも番号もわからない。

 

初めて来た知らない場所、1人で辿りつける自信がない。

登利平の女性店員さんはやさしく、泣きそうな僕と一緒に、

外に出て駐車場に上がる車道を歩き、5分以上かけて、駐車場へ案内してくれた。

 

しかし、駐車場はいくつものエリアと階があり、

何階かも覚えてない僕のために、全てをめぐることに。申し訳ない。

でも、1人は不安なので、つきあってもらう。

 

遠くに白いそれらしきクルマ。キーのリモコンかざし解除に挑む。

ハザード光らず。あれじゃない。ここじゃない。エリアを移動し、

三度目、ついに遠くで、ハザードが光った。

 

「あれです!ありました」

「良かったですー」

 

静かな駐車場に、我々の声が響いた。

なんとかクルマを見つけ、安心したらお腹がすいた。

が、ここは東松山。

「焼き鳥と言いながら豚」で有名な街。弁当を我慢し、

東松山の焼き鳥を検索。駅前はほぼ21時に閉店ななか、一軒だけ「串串亭」が1時までやってる。しかも駐車場完備。

 

寄る。名物のカシラやモツ煮、豚軟骨などをノンアルビールでいただく。東松山の特徴は、辛味噌。これをヘラでべっとり塗ると、辛美味くなる。

なるほど。東松山の焼き鳥という名の焼きとんを堪能、シメの登利平の胃袋を残し、帰路についた。

 

0時すぎ、家に着く。

ついに登利平の包み紙を、まるで宝箱を開けるように、丁寧にほどく。

往復の移動距離160㎞。思いたってから5時間。

何とか手に入れ、口にした登利平の鳥めしの、何とまあ美味いこと。

テレビで見た通り、薄くスライスされた鶏のもも肉と胸肉は、いずれも柔らかく、

タレは甘辛く、タレの染みたゴハンが進む。

こんなにシンプルで美味い弁当が世の中にあったのか。

 

以前、勝俣邦和さんも言っていた。

待ち時間も、その料理のスパイスだと。

わざわざ埼玉の奥まで買いに行った、その苦労と時間が、

登利平の鳥めしを、さらに美味くさせた。

鶏肉一枚一枚の味が、口の中でじわじわ広がり舌に染み入る。
 

行楽のお供にオススメ。

 

 

 

{F67A9447-13FB-495F-B78E-0FA5B3CBF39B}

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2017-02-19

本枯中華そば 魚雷(後楽園)

テーマ:朝食・ランチ
{F18D8D13-1F98-4204-84C0-015137F7BF2A}


かつてラーメンは、庶民派B級グルメだった。しかし今、日本のラーメンは世界が認める「料理」にまで登りつめている。


その証拠に、パリやロス、NYのラーメン店では日本の数倍する値段でも行列が出来たり、ミシュランの星を取る店も増えているのはご存知の通り。


海外の人たちにとってはラーメン屋というより日本食レストラン感覚。一風堂NYには、ウェイティングバーがあったりする。

ラーメン屋さんは、英語でramen restaurantと訳され、その職人は和食やイタリアンの料理人と肩を並べる時代。


その進化ぶりは、今でこそ高級な「お鮨」が、かつて江戸っ子にとって、立ち食いでサクッと食べるファストフードだったのと似ている。


そんなラーメン。

イタリアンの重鎮、あのベットラ落合務シェフもハマったラーメン店が、後楽園にある。


その名は「魚雷」。

店主は、出汁に世界一こだわる男、塚田 兼司さん。「気むずかし家」「烈士洵名」など、行列ができるラーメン店を10軒以上も経営するカリスマ。「魚雷」では、高級な鰹の本枯れ節を店で削り、削りたての鰹節から、オーダーを受けてから丁寧に1杯ずつ、コーヒーのサイフォンで出汁を引く。


単なるパフォーマンスと思いきや、この効果はものすごく、のちに、疑った自分を反省することになる。


写真のように、トッピングの具は別皿で出されるのだが、これにも大いに意味がある。

店主曰く

「鰹出汁の香りと旨味を、まずはストレートに味わって欲しいから」という。

鰹出汁のエスプーマ(泡)も、エルブジ的な高級感を醸し出している。


食べてみたら、すごい。

その香りと味わいと美しさは、京都の高級割烹で出てきてもおかしくないレベル。もしも「美味しんぼ」の海原雄山が食べたら静かに認め、唸りそう。

サイフォン効果すごい。これはスープが主役になるラーメン。日本にこんなに美味い鰹出汁のスープがあったのか!  海外にこれを超える美味さのラーメンはないはずだから、このラーメンは、僕にとって、ミシュランもまだ知らない、世界一美味いラーメン。


本気でそう思った。

で、そんなラーメン職人の塚田さんは、実は、拙著の大ファンであることを告白してくれた。Amazonで大量に大人買いし、スタッフに読ませたという。


だからこうして書いてるのではない、褒めてるのではない。こんなに美味しいラーメンを、今まで知らなかった自分を恥じているだけだ。


そして、そんな塚田さんのラーメンを、まだ知らぬ人はぜひ食べて欲しい、塚田さんの出汁への情熱は実に面白いから(^o^)寡黙な職人、塚田さんのために、僭越ながら僕がそれをライブで伝えたい。


てことで、塚田さんと、グルメなイベントやることにしました!

世界一出汁にこだわる、もはや「出汁バカ」なラーメン職人が、今宵限りのラーメンや、料理を出します!


世界一美味いラーメン。

テンションの上がるラーメン。


ラーメンで恋が生まれ、

ラーメンで泣ける。

そんなイベント(^o^)


3月16日(木曜)1930〜 港区某所にて


詳しくはイベントトピを非公開で立ち上げたので、興味ある方は下記を。開けない方は、コメントかメールください(^o^)

非公開につき友達以外の方は、まずは友達申請を!


https://www.facebook.com/events/331276157267256/?ti=icl


{17AA0600-23F6-43C9-865F-196D32993BED}


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-02-06

創作和食 太(目黒)

テーマ:Foodiary★★

{C56FC37D-AF3E-4618-A63F-E9D30FC24DC3}

この店は、目黒駅近くのかなり古びたビルの中にあり、そのビルはスナックなども入ってる雑居ビルで、一見、美味しい店など入っていそうにない。

この店については、知人から前から薦められていたが、当日ではいつも予約が取れず、たまたまこの日はキャンセルが出たらしく、当日取れた。初めて行ってみて、なぜこの店がそれほど人気か、よくわかった。

世の中に、美味しい店はたくさんある。facebookにおけるセレブグルメたちや、グルメな芸能人・著名人が答えてる美味しい店の記事は僕も日々チェックしているが、確かに美味いのだろうけど、その値段は、おいそれと行けないだろ、という店が結構、多い。

なんだろ、あの1人3万以上する店を、普通に毎日のように通って、人に「ここ美味いよ」と薦める人たちは(笑)
浮気デートで奢ったら、間違いなく鬼にボコボコ叱られる値段だ(笑)

と考えると、この店は浮気デートで女子にゴチしても、そのカード明細で鬼に怒られないお手頃なお値段(笑)

メニューはなく、お任せなのだが、前菜からメイン、ゴハン、デザートまで、いいバランスで出てきて、どれも美味い。

しかしながら食材にもこだわりがあり、この、ストーブ鍋で熱々で出てくる白子と白菜の料理(写真)は、最高だ。

気楽に行けない高い店を人に薦めるのは気が引ける。だがこの店なら人に薦めて嫌味じゃない。そんなお店の代表が、こういうお店なのだと思う。だから、なかなか予約が取れず、人気なのだと自分なりに解釈している。

高くて美味いは、世の中にいくらでもある。しかし、お手頃で美味くて、居心地の良い店は、なかなかない。
そんなお店を見つけたときは、胸を張って人に薦めたい。

デートやひとり飯、女子会にもオススメ。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-02-05

焼肉十々(西麻布)

テーマ:Foodiary★★★
{FE185E29-59AF-4D82-99C2-1FFBCA24DC4E}

学生の頃、バイトしてた店。
当時のバイトは全員、早稲田と慶応の学生だった。ここでたまにバイトしながら、雑誌ライターや放送作家見習いしていた。色んな芸能人や著名人が普通に食べに来て、驚いた。

僕が人生で初めて食べたタン塩は、十々のネギタン塩だった。

あれから25年ぶりくらいに、寄ってみたが、当時のスタッフは誰も居ない。店内は当時よりかなり綺麗になってたが、基本のお店の作りはそのまま。

メニューもかなり変化してたが、あの頃のまま、ネギタンはあった。食べるとあの頃以上に美味しい。昔から有名な看板メニューだが、改めて、十々のネギタンのハイレベさを思い知る。

当時はレモン汁につけたが、今はレモンなし。塩胡椒が絶妙で、そのままでめちゃ美味い。サクサク歯が入る。

25年たってなお変わらぬ美味さに感動した。

{C51F2608-09B4-473B-A960-E2EE7BAAEF4B}



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-02-03

ポンチ軒(神保町)

テーマ:朝食・ランチ
{3F691D3C-07FD-4561-BFEB-8FE58E57160A}
BS-TBS「東京とんかつ会議」を見て、
マッキー 牧元さんと山本 益博さんのレポートにヨダレ、
翌日昼、つい神保町「ポンチ軒」へ。
果たして「殿堂入り」のトンカツとは?
駅から歩き、角を曲がるとそこに……
想像以上の行列。11時半で。

特ロース豚かつ定食にする。
待ち時間、しばしキムチでつなぐ。
カウンターには、とんかつソースや塩、からしの他に、
太陽ソース(ウスター)や、オリジナルのゆずスコも。

お店の五角の箸が、やけに手に馴染む。
ワイングラスが薄くて馴染むとワインがより美味しいように、
箸が持ちやすいと、料理も美味しく感じる。

とんかつが登場。
見ての通りの見事な火入れ具合。
まずは何もつけずにガブリ。
衣からサクッと歯が入り、幸福の肉汁が口の中にほとばしる。
続いて塩をつけて。
さらにカラシ、ソース、ウスター、ゆずスコ、
ワインを白から赤へ濃くして行くように、一切れずつ味を変える。

美味いとき、お皿の上を綺麗に残さず食べることで、
お店の方にその感動と敬意を表せと、
とんかつ大好きなヒデコ(母、でぶ)がよく言っていたが、
その美味しさを、皿で表してみた。
その茶碗とお皿には、米一粒、
キャベツの千切りひとかけすら残さず、
まるで舐めたように、いや食器を洗ったように食べ終えた。
網の下に落ちたパン粉すら美味かった。

とんかつの美味さは、以上で言わずもがなであろう。
以前、益博さんが言っていた。
「美味いとか、絶品とか言わずに、いかに料理の美味さを人に伝えるかが大事」

その言葉は、実に奥が深い。
引き算の美学。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。

      Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み