為せば成る 為さねば成らぬ何事も

アメリカで、英語以外のことを英語で勉強する自分に発破かけるために始めたブログ。アメリカで育つ子供たちの日本語(英語もね)教育が目下のテーマ。


テーマ:

引越しに関連してしばらくできなかったスイミングですが、長男は今月からやっと再開しました。

 

本人はえ~~という感じだったけど、もともと水恐怖症だった長男。

 

水に顔をつけられるようになったのが4回目。

 

8回目のレッスンでやっと一瞬だけ目を開けてみた(水中で)というひどいレベル。 そこで、1セッション終了してしまった。

 

そんな人が、2セッション目のレッスンを受けて、普通に水中で目を開けて、息継ぎはできないけど、クロールが少しできて、背泳ぎなら25メートル行かれるようになったわけです。

 

また冬になったら(外遊びできなくなったら)やろうなんて思っても、その時までに完全に忘れてしまうと思います。

 

あまりにも即席だから。

 

というわけで、半強制的に再開。

 

今回は、レッスン1回45分(前回までは30分)。

 

結構たくさん泳がせてもらっています。

 

日本の水泳教室と違うな~と思うのは、ひとつの事がちゃんとできてなくても、次々いろんなことを並行して教えてくれること。

 

日本だと、まずバタ足、バタ足。

 

ビート版を使ってバンバンバタ足の練習をして、片手づつ回す(水掻き)の練習をして、それから息継ぎの練習をしてって、一つずつ段階的に進んでいく気がしますが、違いますか?? 少なくとも私の時代はそうでしたが~

 

こっちは、平泳ぎとか横泳ぎとかバタフライの足とかも、全部平行してやっていく感じ。飛び込み台から飛び込みも早い段階でやってるし。

 

でも、ビート版でバタ足させたら全然なってないとか、息継ぎは犬掻きでとか、大あり!!

 

次々いろんなことを教えてもらえるので、これはこれでなかなかいいと思います。

 

ただ、見てる私としては、もっと一つ一つを綺麗に仕上げたいと思ってしまいます。

 

長男は少なくとも、途中に犬掻きを交えながらでもクロール?で25メートル行けるようになり、溺れる心配はそんなにしなくても大丈夫そうになってきた。

 

とにかく自分でプールの端までは行かれるから。

 

というわけで、ゴーグルなしで問題なく泳げるようになったので、晴れてゴーグルを買ってもらった長男でした!!

 

これで更に、泳ぎやすくなって上達するかな?

 

やっと水泳が楽しくなってきたみたいで、最近はやる気を出しています。

 

特に、この間、いつもは見学役の次男をレッスンに投入して刺激を与えてしまったので!!

 

その時の話はまた次回に。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。