1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-03-18 17:19:13

マカオ

テーマ:美術・アート
マカオのカジノホテル、ウィンの中に飾られた我が絵画の模様。

他にもある筈なので、スタッフに連絡したところ、現在バケーションで東京にいるという。

そんなこんなでそのうちに全貌を。

マチダ
AD
いいね!(3)  |  リブログ(0)
2016-03-13 16:37:01

昨年末から最近まで仕事一覧

テーマ:美術・アート
スノーボードブランドUMLAUTより己の絵画を落とし込んだボードが三種発売されました。日本のスノーボード界のレジェンドUE氏プロデュースによるシリーズ。クオリティー世界最高峰。知的な大人が楽しめるボードです。





知的な、ってのは、タモリ倶楽部の冒頭でFor sophisticated people(知的な人々のために)ってあった気がしたので書いただけです。いや、しかし、知的であり素敵な人に似合うボードだと思います。



べガスの某ホテルに壁画も描いた。オリジナルの波絵画はかなりシャープなエッジの効いたラインなのだけれど、今回はそれをスプレー缶で。

描き始めた頃は、カラフルなラインで波って何だよ、と、我ながらニヤリとしたものですが、だってあり得ないでしょ、色付きの波なんて、って感じで。



それから、遂にアジアデビュー?です。マカオのカジノホテル、Wynnの高級日本料理店に我が絵画作品五点が飾られております。





壁画で言えば、もう一つ。ワールドマーケットセンターという巨大な会社があり、そのオフィスの壁に描きました。初日からぎっくり腰になってしまい厳しかった。

これはサンクスギビングホリデー中にコンプリートする(仕上げる)予定が、バスト(ぎっくり)したバック(腰)のお陰でポストポーン(延期)、社員のアウェイ(帰宅)する18時頃(午後六時頃)にすこすこと参上&御絵描き、で一人で結果にコミットしました。全体像は載せませんが、二十メートルくらいでしょうか。

どうでしょう?ふざけているだけですよ。本気で横文字乱立したわけではナッシングぅ。



あともう一つ。地元ラスベガスに美術評論家デイブヒッキー (Dave Hickey)が講義にやって来たヨ。彼の教える大学院へ進学したのが16年前。この画像、なんだかまだ説教されてるみたいで、良い写真。スタッフが撮影してくれました。

デイブはマッカーシー賞(通称天才賞)を受賞した方で、頭はかなりキレます。人格は、楽天の野村監督そっくり笑 

怖いという印象もあるようですが、己は好きですね。嘘が無くて良い。

最近なぜかFacebookも始めて、二週間で制限である五千人の『友達』ができ、最近ではポストを一般公開しつつ、デイブヒッキーだけにヒッキー籠りつつ、考えを書きまくり&公表しております。

無料の授業ですよ。

彼は正直なもので、ストレートな表現に読者から反感を買ったりと、かなり敵も多いです。

個人的には至極当たり前の事を言っていると思うのですが、偽善で成り立つ昨今の社会、正直者が愚か者の集団に攻撃される訳ですよ。

♫思った事も言えない、こんな世の中じゃ、ポイズン、、、

そう、グレートティーチャーヒッキーですね。

評論家や作家さえも権力に媚び諂う腐った世の中ですが、腐った中で新鮮でいるには真っ直ぐに生きなければいけません。嘘は即ち、黴である。カビは繁殖し、最終的にはジ・アルフィーならぬジ・エンドですよ。

野村監督ならぬ野村ヨッちゃん率いるザ・グッバイ、ですよ。なんつって。

そういった意味で、嘘の無いデイブの様な人は、宝だと思う。

最近は出版ラッシュですが、残念な事に和訳されておりません。日本語で出版されている美術評論本など皆無です。日本市ね!とは言いませんが、これから、生きましょう。未来あるのみ。おしまい。

マチダ
AD
いいね!(0)  |  リブログ(0)
2015-11-02 04:29:42

壁画完成お披露目会。

テーマ:美術・アート
ここんところ、この様な感じでございます。テレビも無ぇ、ラジオも無ぇ、そもそもネットを繋いで無ぇ、といったオラこんな医者嫌だぁ、具合な日々、やっと、通り越した気配と秋の空。

知り合いが社長をする巨大でホテルのような素敵病院。患者を人として扱ってくれる病院です。いつも駆け込む、保険会社の紹介してくれる病院は本当に酷くて、入院した途端、透明人間。マネーだけは巻き上げられるけど。

芸術も医学も、商売にした途端、アウトですね。質が下がる。数字だけでは、駄目なんだ。

壁画が完成しました。鯨、遊園地、金魚の三面。他に鳥ちらし、らくだ、森っこ動物、といったもの。





他にもあるが、この三つの壁がメインなり。二十メートルと十メートルの長さ、高さは確か3メートル。次の巨大絵画は更に更にまた更に進化するでしょう。

壁画お披露目会のレセプションがありました。体の調子は然程良くなかったが、勿論出席。

地元政治家や、なんだか偉い人達が来てスピーチをして、なんだかリボンをカットするといった模様を皆様の前で披露し、それをニュース番組のテレビカメラが撮影していました。ちなみにその番組は観ていません。

よーく観てご覧、手に持つハサミを。式典用の巨大なハサミ、偽物かと思いきや、非常に鋭利で、リボン等スパンと簡単に切れるのデスよ。

日本親善大使のキャスリーンさんにお越し頂き、素晴らしいお褒め言葉なスピーチを頂きました。そして感謝状のようなものを表彰して頂きびっくりです。とても有り難いです。

友達にも沢山来て頂きました。ココには書けないようなセレブな知人達も。日本人の友達も。知らない人も多く来て頂いたけれど、みんなと話す時間が無いのが、なんとも申し訳ナッシング。

いわゆる現代美術という枠の中にハマらない作風ですが、普通の中の普通なのに新鮮クールで個性的の方が奇を衒うより一億倍難しい、という己哲学を貫くとこうなります。

言葉は要らない。言葉を要するならば、絵画は要らない。

美術は学問では無いですからね。学問にしたがる人が多いのは理解できますが、それを超越しないと、良いものは生まれない。答えが出た時点で、美術の存在意味が無いですから。もっと、人間的な、数字や言葉では表せない何かこそが、アートなんだ。

と、思います。

だって、哲学やコンテクスト、概念が重要ならば、本を書けば良いだけで。まあ、美術作家などは所詮哲学書を書ける頭は無いわけで。あったら哲学者や科学者になっているわけで。賢ければ優待制度でハーバードやイェールへ入るわけで。

そうならないのも才能です。だから、その才能をアートに活かすわけです。

と、悪態付きつつも、その前に、健康が一番ですね。長生きしないと自分の納得いく作品など、創れない。人生は短過ぎるのですヨ。

そんなこんなで本日は久々にスターバックスから御送り致しました。ばいなら、ばいなら。

マチダ



AD
いいね!(7)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。