“ Ackee ” の ブログ

“ 当 Site ” のご紹介

【 Blog Site BGM 】
< Song > “ Baseball Legend ”
< Artist > “ Kunio Kubota ”

【 Profire Site BGP 】
“ 楽天 Kobo スタジアム ( Kobo スタ ) 宮城 ”
( 宮城県仙台市宮城野区 )

野球野球野球野球野球   野球野球野球野球野球

2016パシフィック・リーグ 公式戦
【Kobo スタ 宮城 (ホーム) & 主催試合】

--------------------------------------------------------------------

09月02日 (金) 18:00 VS ソフトバンク

09月03日 (土) 14:00 VS ソフトバンク

09月04日 (日) 13:00 VS ソフトバンク

09月06日 (火) 18:00 VS 西武

09月07日 (水) 18:00 VS 西武
--------------------------------------------------------------------

楽天イーグルスの実況中継は、

『TBC POWERFULL BASEBALL』

http://www.tbc-sendai.co.jp/rakuten/index.html#pp_radio

試合終了後は

『イーグルス ラボ』

http://www.tbc-sendai.co.jp/02radio/pb_plus/

で、お楽しみ下さい。

http://www.tbc-sendai.co.jp/

テレビ D1(19)ch  ラジオ。 1260kHz
【東北楽天ゴールデン・イーグルス】

http://www.rakuteneagles.jp/ 野球試合速報は、こちらへ !!野球

http://www.rakuteneagles.jp/radio/#header

めざせ 狗鷲 V2 !!野球

■■■■■ 夢と感動で、掴め頂点 !!グー
--------------------------------------------------------------------

第26回 定禅寺ストリート・ジャズ・

■■■フェスティバル (JSF) in 仙台 !!サックス

【開催】

09月10日 (土)

09月11日 (日)

[ストリート演奏] 11:00~18:00

[ナイトステージ] 18:00~20:00

開催まで、あと『10』日 !!

【JSF in 仙台】 http://www.j-streetjazz.com/

--------------------------------------------------------------------


テーマ:

当地、石蔵山でのアマチュア無線による、

Expedition Service(移動運用) を終えて帰路の途、

当地にコミュニティーFM局の送信施設がある事を運用前から知り、

透かさず寄り道をする事にした。

今回訪れたのは、 一関市を中心としてサービスを行っている、

コミュニティFM局 『エフエム あすも』 の石蔵山送信所 である。

筆者が運用した場所から約100m程、

石蔵山の山頂に位置している。

( 一関市コミュニティーFM局

『エフエム あすも』 の送信アンテナ。

八木型 7素子2段1面。o(^▽^)o)



(局舎は、簡易式タイプのボックス型局舎。

しかし局舎には、放送事業者を示す様な、

プレート板は据え付けられていない。(  ゚ ▽ ゚ ;))


直下の駐車場に車を停め、

ここから徒歩で送信所がある山頂まで、

移動する事に…。出発して凡そ5分程で到着。

初めて見るコミュニティーFM局の送信施設であるが、

放送局にある様な局所名や設置者名を記す、

設置板の様なものはない。

一瞬、何も分からない諸氏から見れば、

「何のアンテナなのか?」 思われても致し方ない処である。

エフエム あすも・石蔵山送信所は、

平成24(2012)年04月29日に開局 した。

当初は旧一関市と、

その周辺のみを対象とした放送サービス だったが、

『平成の大合併』 に伴い、平泉町(西磐井郡)を除く、

東・西両磐井郡が一関市に編入合併となり、

市域の面積も拡大した。

このため、サービスエリアも合併前の旧町村にまで拡大 した。

因みに コミュニティーFM放送は、

創生期当初の最大出力の上限は、

10Wまでしか認められていなかったが、

所謂、国の規制緩和政策と絡み、

現在の最大出力の上限は20Wまで 認められている。

(全国全てのコミュニティーFM局に適用。)

(パンザマスト中間に据え付けられている、送信アンテナ。

室根山中継局向け。四角型平面アンテナ。(^-^)/)



(局舎の外側に据え付けられていて、

電波が確実に発射されているか監視している、

モニター用のアンテナ。(・∀・))


また コミュニティーFM局の中継局施設も当初は、

送信のみの一箇所だけが通例だったが、

現在は前出の通り、 『平成の大合併』 に伴って、

自治体の管轄域も大幅に変更となり、

更には情報通信の多様化や昨今のネットラジオ等の普及、

管轄域に於ける全ての住民への、

きめ細かな情報の提供の必然性が

当たり前となり、従来の様な方法では対処出来なくなってきた。

このため、 コミュニティーFM局でありながら、

中継局を設置してカバー放送するケースは、

珍しくなくなって来ている。

石蔵山送信所の送信アンテナ(空中線)は、

一関市街地向けに八木型2段で送信 している。

またここから 各中継局へは、

UHF帯の無線方式の自営回線で送信 している。

石蔵山送信所は、

山のほぼ三角点の位置に設置されているが、

周囲は雑木林になっており、

局の関係者しか分からない畦道となっている。

但し、直下の駐車場からは、アンテナ群の一部は見えている。

(局舎を横にしているBlog 筆者。(・・。)ゞ)


【エフエム あすも 一関(石蔵山)送信所 データ】

(会社名) 一関コミュニティFM株式会社

(放送局愛称) エフエムあすも

(コールサイン) JOZZ2BD-FM

(周波数) 79.5MHz

(出力) 20W

(演奏所) 岩手県一関市大町4番29号

 <なのはなプラザ4階>

(送信所) 岩手県一関市大字川崎町門崎字石蔵山

(送信設備) 八木型(7素子2段1面)

(局舎設備) 簡易式ボックス


【中継局】 送信出力は右側。

[凡例] <>内の局所名は、受信親局。

花泉<はないずみ>中継局<一関> 20W

室根山<むろねやま>中継局<一関> 20W

東山<ひがしやま>中継局<室根山>  20W

千厩<せんまや>中継局<室根山>  20W

津谷川<つやがわ>中継局<室根山> 20W

大籠<おおかご>中継局<室根山>  20W


※…受信周波数は、全エリア共通。


【エフエム あすも】

■…Siteはこちらです。

http://emus.jimdo.com/

■…Twitter Site

https://twitter.com/fmasmo?lang=ja

JG7MER / Ackee

AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

今季2度目となる、 『Expedition Service (移動運用) 奮戦記』

のBlog更新と参ろう。

今回、07月24日に移動運用してきた場所は、

岩手県南の玄関口・一関市(JCC;#0304)(※1) である。

一関市と言っても嘗ては、

一関市の旧市街地を中心にした市域だったが、

全国的に話題となった 『平成の大合併』 にの波に乗り、

ここ一関市の行政区域の面積も倍増した。

宮城県から岩手県南から入る場合は、

高速道路、一般道路(国道、県道、市道)、

鉄道(新幹線、在来線)は、必ず一関市を通る事になっている。

言わば、岩手県南の玄関口 となっている。

今回訪れたのは、 新一関市地域となった合併前の、

旧 東磐井郡川崎村(現 一関市川崎町)に位置 する、

『石蔵山(いしくらやま)』 からの運用サービスである。

以前から同じハム局で県内に在住している局から、

数10年前に教えて頂いた場所であるが、

中々移動する事が出来なかった。

今回は、折角の機会でもあり、ロケーションがダメ元でも

先ずは現地を目視確認調査する意味も兼ねて、

サービスを実行する事にした。

(今回移動したのは、岩手県一関市。

平成の大合併で市域の範囲もかなり大きくなった。

今回の目的地は、嘗ての旧東磐井郡川崎村。

現在は、一関市川崎町に所在地が替わった。)



(今季、2度目のExpediton Serviceは、石蔵山。

嘗ての旧東磐井郡川崎村と旧一関市との境界。)



(標高は、355.2mHで、南側は宮城県で仙台平野を望み、

遠方には、奥羽山系や北上山系を望み、

頂上からは一関市街地を始め、

北上川や川崎地区集落を望む事が出来る。

同市最東端の室根山と並び、

電波伝搬通信実験には持って来いの場所。)


事前に運用のInformationも告知済し終え、

07月24日(日)深夜に自宅を出発し、現地へと向かった。

明け方の04:00過ぎに現地へ無事に到着。

暑くもなくこの時期にしては、珍しく湿気もなく過ごし易い陽気。

しかもこの時間は、山頂付近から下界は雲海状態で、

到着時点での下界の街の様子は伺う事は出来ないが、

上空は雲の間から青空も覗く、絶好のコンディション。

しかも  ロケーションも同市東側にある、

最高峰・室根山(磐井富士)よりは、

標高は低いものの高さは申し分なし。

到着するや否や、

早速、何時もながらの機材設定の作業に取り掛かる。

1時間弱を掛けて、機材セッティングと調整、

試験電波の発射も完了し、

予定をやや過ぎた05:05から運用を開始。

(毎度、お馴染みのスタイルで、

岩手県一関市からの運用を開始。)



(開始から、3時間経過した、08:00過ぎ辺りから、

駆け込みパイルの状態に…。)



(周囲の景色を眺めながら、

ロケーションのインフォメーションを交えて…。)


すると待っていましたとばかり、

早朝の時間にも拘らず応答(QSO)(※2) して来た局が…。

先ずは快調の出足でのスタート…。

まだ早朝なので受信している局もポツポツ程度だったが、

07:00を過ぎた辺りから、徐々に応答局数が増えて行く事に…。

08:00台に入る直前には、

今回のExpedition Service(移動運用)で、

Informationして頂いた、

ハム局からも応答を頂き、先ずは一安心。

気を取り直して運用を続けて行くと、

エリア外(東北以外)からの応答がない事に気が付く。

「本日は、伝搬状況は×かな…。」(´□`。)

こんな事をブツブツと独り言の様に呟きながら交信している時、

09:00台に入ると、突然エリア外からの応答が入る。

再度確認すると、相手局はなんと新潟県からだ。

受信状態が不安定(QSB)(※3) ながらも、

なんとか届いている様だ。

この時刻になると、天気も快晴に近い状態となり、

一関市街地や眼下の川崎町地域や室根山、

奥羽山系の栗駒山、

船形山、北上山系の種山、早池峰山、

室根山を望みながらのサービスが続く。

(今回運用した箇所は、

石蔵山でも一関市民の憩い場となっている、

『市民憩いの森』 から運用。

因みに記念石碑は、

合併前の川崎村時代に建立されたもの。)



(時間もリアルタイム経過と共に、

曇天ながらも心地よい陽気のまま、

下界及び遠方が一望出来る様に…。)


11:00過ぎた辺りになると、

態々当局に会いに来てくれたハム局と

アイボールQSO(※4) する事に…。

アイボールQSOもExpedition Serviceをしている時に遭遇出来る、

楽しみのひとつである。

1時間近くのアイボールQSOを終えて、

再び運用を再会する事に…。

途中での中挫にも関わらず、

再び各局からQSOパイルを受ける事になる。

終了時刻予定の14:00頃で、

まだ応答して来る局がある事を見据え、

事前に告知していた通り、

Extended Service(延長サービス)を実施する事に…。

定時をややOverして、14:15に全ての運用を終了した。

今回、初めて訪れた場所にしては先ず先ずの出来で、

交信総局数も53局だった。

今回、運用した 石蔵山は、

旧一関市と旧川崎村の境目に位置している山 で、

下界近くには、JR大船渡線と砂鉄(さてつ)川が通る。

ロケーションは、南側が平野部で宮城県側に相性が良く、

コンディションが良ければ、

関東(1)エリア、新潟(0)エリアまで届く。

山頂付近には、旧川崎村時代に開設された

「村民憩いの森(現 市民憩いの森)」があり、

コテージ等も含めたキャンプ場が備え付けられている。

道路事情も山頂まで舗装路で、

各所に駐車場があり問題はない。

当地から見通しが良い日には、

一関市街地や奥羽山系や北上山系の山々を始め、

下界周辺の山々や集落を望む事が出来る。

また お盆の期間中には、旧 川崎村時代から続く

「かわさき夏まつり 花火大会」が毎年実施 されて折り、

帰省中の観光客等で会場周辺は賑わうが、

石蔵山は、気仙沼市(宮城県)寄りにある、

旧室根村(現 一関市室根町)の室根山と並び、

絶好の花火大会の観覧ポイント にもなっている。

( 『第35回 ペデイション・デー』 にエントリーしたBlog筆者。)


≪用語解説≫

※1…JCC;昭和37(1962)年07月に、

日本アマチュア無線連盟(JARL) が制定したもので、

自治省(現総務省)が昭和43(1968)年に制定した、

行政事務用の市町村コードとは異なるものである。
JCCの正式名称は、Japan Century Cities。

国内全ての市を指す。

但し、東京23区は特別区に指定されており、

一般市と同じ、JCCに指定されている。


『追記』 

他に国内全ての郡の名称は、

JCG(Japan Centuty Guns)と呼び。

政令指定都市にある行政区“区”の名称は、

AJA(All Japan Awards)と呼ぶ。

頭「03」は、岩手県のコード、

後ろ『04』は、一関市のコードナンバーを意味する。

■…47全都道府県の市郡区コードナンバーを

ご覧に成りたい方は、下記のURLからお入り下さい。

http://www.jarl.org/Japanese/A_Shiryo/A-2_jcc-jcg/jcc.htm   


※…2 QSO:Q符号(Q code)の一種で、

国際的に無線通信に於いて、

用いられるQを頭文字とする、

3文字の略記号の事一種で、

お互いに通信した事を確認した事に使う。

[例]

≪問い掛け≫

そちらは,……(名称又は呼出符号)と直接、

又は中継で)通信することができますか?

≪答え&通知≫

こちらは,……(名称又は呼出符号)と直接、

(又は……の中継で)通信する事が出来ます。


※…3 QSB;:Q符号(Q code)の一種で、

国際的に無線通信に於いて、

用いられるQを頭文字とする、

3文字の略記号の事一種で、

無線局の移動や時間経過により、

無線局での電波の受信レベルが変動する現象の事で、

「フェージング(衰調)」とも言う。


[例]

≪問い掛け≫

こちらの信号には,フェージングがありますか?

≪答え&通知≫

そちらの信号には,フェージングがあります!


※…4 アイボールQSO;アマチュア無線用語で、

お互いに実際に会う事を指す。

実際に眼(球)を見ながら交信(QSO)する事からで、

俗語の一種。

【運用者からのメッセージ】

各局各位、何時も大変お世話になっております。

先般、7月24日(日)に岩手県一関市(JCC;#0304)より、

Expedition Service(移動運用)を実施致しました。

早朝より、

各局の皆様から多数の応答を頂きました事、

主催者の立場から改めて御礼を申し上げます。

当日は、早朝からやや曇天だったものの、

蒸し暑さになる事もなく、

絶好のコンディションに恵まれました。

また、エリア外からも応答頂きました事、

大変ありがとうございました。

これからもバンド(周波数)防衛と、

アマチュア無線の活性化のため微力ながらも、

また次回もQRV致しますので、

今後共宜しくお願い致します。


TNX FB NICE QSO。HPE CU NEXT AGN Best 73!


JG7MER / Ackee

≪Expedition Information (移動運用情報) ≫

【運用日】 平成28(2016)年07月24日(土)

『第35回 Expedition Day (ペディション・デー)』

http://www.out-door.jp/p-day-info.html

【運用者】 JG7MER “Ackee”/7

【周波数】 144MHz

【運用型式】 FM(F3E)

【出力】 50W

【空中線】 八木型(10素子2列1段)

【鉄塔仕様】 支線式単体鉄柱

【送信機】 TH-78(KENWOOD)

【付加装置】 WB-2770VR

(ワールド・システム・エンジニアリング)

【安定化電源】 GSV-3000 (DIAMOND)

【供給電源】 発動発電機(AC 100V)

【運用地】 石蔵山(いしくらやま) <三角点;355.2m>

北緯38度56分19秒 東経 141度13分50秒

【所在地】 岩手県一関市大字川崎町門崎字石蔵山

【JCC】 #0304[一関市]

【LOC】 QM08OW

■…今回運用した、石蔵山(岩手県一関市)は、

下記のURLでご覧になれます。

Google Mapの黄色の☆印が今回の運用場所です。

地図と航空写真両方で閲覧出来ます。
https://www.google.co.jp/maps/@38.9346484,141.1962537,13z


【JG7MER / Ackee の Expedition Information】

http://6900.teacup.com/inuwashi_10/bbs

JG7MER / Ackee

AD
いいね!した人  |  コメント(2)

テーマ:

今月最初のBlog更新と参ろう。

前回の更新に引き続き、

またまた悲しい知らせが、

日本列島を駆け巡る大きな激震が走ってしまった。( ̄□ ̄;) !!

大相撲で史上3位の優勝31度を誇り、

平成元(1989)年に角界で初の国民栄誉賞を受賞した、

元・千代の富士 九重親方 が亡くなった。

昭和50(1970)年秋場所で初土俵を踏み、

その精悍な顔つきから 『ウルフ』 の愛称で人気を集めた。

(横綱・千代の富士の土俵入り)

<昭和57(1982)年5月・夏場所>



(九州場所3日目に寄り切りで、

    大関・貴ノ花を破った、関脇・千代の富士)

 <昭和55(1980)年11月>


現役時代、千代の富士 は時代の 『HERO』 だった。

身長183センチ、

体重は横綱になっても125キロ前後と小兵ながら、

大型力士をなぎ倒し、引き締まった身体は筋肉に覆われ、

眼光の鋭さは迫力十分で、

日本列島に 『ウルフフィーバー』 を巻き起こし、

老若男女を魅了した。

度重なる両肩の脱臼に苦しみながらも、

一日500回の腕立て伏せをこなし、筋肉で強化した。

取り口も一気の速攻を身に付けて出世街道を走り、

昭和56(1981)年の名古屋場所後に第58代横綱に昇進 した。

優勝31度は、史上3位で、

平成02(1990)年には史上初の通算1,000勝 を果たした。

(昭和56(1981)年07月、日本相撲協会の使者から、

満場一致で、横綱に推挙された旨の伝達を受ける。)


(横綱昇進伝達後、記者会見する、大関・千代の富士)

<名古屋市の九重部屋>


昭和63(1988)年夏場所からの53連勝は、

日本中を熱狂の渦 に包んだ。

角界初の国民栄誉賞に輝いた 「小さな大横綱」  は、

平成03(1991)年夏場所限りで現役を引退した。

決断のキッカケとなったのは、

後の大横綱貴乃花(当時 貴花田)に敗れた一番だった。

「角界のプリンス」 と呼ばれた、

人気大関・貴ノ花(後 二子山親方/故人)を引退に追い込み、

その息子で 「若貴ブーム」 の主役だった、

貴花田(後 横綱・貴ノ花)に敗れた事が、

土俵を去るキッカケ になった。

(関脇・千代の富士が優勝決定戦で、

横綱・北の湖を上手投げで破って初優勝。)

<昭和56(1981)年01月 初場所>



(千秋楽で、横綱・北の湖(左)を寄り切った、

大関・千代の富士。)
<昭和56(1981)年07月の名古屋場所>


千代の富士には、この親子との世代交代のドラマがあった。

若い頃の千代の富士は100キロに満たない身体で、

強引な投げを打っては、肩の脱臼を繰り返していた。

その後、左前まわしを引いての速攻相撲に変貌し、

頭角を現した。

迎えた昭和55(1980)年九州場所・3日目。

三役に定着し、

大関の声も掛かり始めた25歳の千代の富士は、

30歳の大関・貴ノ花を一方的に破った。
 「たばこを止めれば体重が増えて強くなれる」 と、

同じ軽量で苦しんだ貴ノ花にアドバイスを受け、

禁煙したと言うは有名なエピソードだった。

名大関だった貴乃花は、翌年昭和56(1981)年初場所で引退し、

一方の千代の富士は、優勝決定戦で横綱・北の湖を破り、

初優勝と大関の座を掴んだ。

(史上初の通算1,000勝を達成し、

    花道で花束を受ける横綱・千代の富士)

<平成02(1990)年春場所>



(平成元(1989)年09月、国民栄誉賞を受賞し、

海部俊樹首相(右・当時)らと写真に納まる、

横綱・千代の富士) <首相官邸.>


それから10年後の平成03(1991)年夏場所、

31度の優勝を数えた千代の富士も既に35歳になっていた。

そして初日に、日の出の勢いの貴花田との対戦が組まれた。

貴花田は当時18歳。

千代の富士は終始後手に回り、若武者の寄りに屈した。

その2日後の3日目、貴闘力に敗れて引退を表明。

出世のキッカケを作ってくれた、

 「恩人」 の息子を後継者 と見定め、

千代の富士は潔く土俵を去った。
記者会見で千代の富士は、言葉を詰まらせ絞り出した声で、

「体力の限界、気力もなくなり、

引退する事になりました、以上です。」 と述べた。

この言葉は、今も相撲ファンの記憶に深く刻まれている。

(平成03(1991)年05月の夏場所初日で、

前頭筆頭・貴花田(手前)に敗れた、横綱・千代の富士)



(平成03(1991)年05月、引退発表の記者会見で涙を拭う、

横綱・千代の富士)

<東京都墨田区の九重部屋>



(平成04(1992)年02月、断髪式で師匠の九重親方(当時)に、

大銀杏を切り落とされる、横綱・千代の富士)

<両国国技館>


引退後は日本相撲協会理事を務めるも、

平成26(2014)年の理事候補に落ちる不遇を味わった。

翌年、 平成27(2017)年05月には、東京・両国国技館で、

還暦土俵入りが行なわれ、真っ赤な綱を締めて、

現役時代と同じ 雲竜型 を披露 した。

しかし同年の夏に膵臓がんが発覚して手術を受けたものの、

既に末期状態で他の臓器へ転移していた事が判明。

今年の07月の名古屋場所の4日目から体調不良を訴えて

休場し入院していたものの、

07月31日午後05時11分、

東京都文京区の病院で、帰らぬ人となってしまった。

(還暦土俵入りを披露する元横綱・千代の富士/九重親方)

<平成27(2015)年05月、東京・両国国技館>



(54連勝を達成後、九重親方(左)と握手する、横綱・白鵬)

<東京・両国国技館>


負けん気の強さ、並外れた闘争心で土俵人生を支え、

同部屋の兄弟子、横綱・北の富士が、

「ウルフ」 というニックネームを命名した事にも納得がいく。

大相撲の歴史にその名を刻し、また大相撲の枠を超えた、

昭和・平成の国民的スター が、

波瀾万丈の人生に静かに幕を下した。

謹んでご冥福をお祈り申し上げたい…。 合掌。


『元横綱・千代の富士 活躍の記録動画』


【大関・貴ノ花 対 前頭5枚目・千代の富士】

※…幕内前頭時代の取組です。

https://www.youtube.com/watch?v=QcpE7CxoHFI  

【前頭筆頭・貴花田 対 横綱・千代の富士】

※…千代の富士引退の一番となった取組です。

https://www.youtube.com/watch?v=7wDW5E1vKgQ  

【誕生 横綱・千代の富士】

※…昭和56(1981)年、 『NHKスペシャル』 で、

放映されたものです。

「パート 1」

https://www.youtube.com/watch?v=XyADfZZmzK8  

「パート 2」

https://www.youtube.com/watch?v=3Sc0uKXV3gI  

「パート 3」

https://www.youtube.com/watch?v=Eal7rw66ims


【千代の富士の天皇賜杯】

https://www.youtube.com/watch?v=M7-ERVNXcH4  


【横綱・千代の富士 前人未踏 1045勝の記録】

※… 『NHKスペシャル』 で放映されたものです。

https://www.youtube.com/watch?v=hRSmK_3lGYI  


【横綱・千代の富士 53連勝の記録】

※… 『NHKスペシャル』 で放映されたものです。

「パート 1」

https://www.youtube.com/watch?v=LPxoh6Z6HGY  

「パート 2」

https://www.youtube.com/watch?v=bBBlWipDSmE

「パート 3」

https://www.youtube.com/watch?v=z3_wx2JJkrs

「パート 4」

https://www.youtube.com/watch?v=pj6CYn-oSb0

「パート 5」

https://www.youtube.com/watch?v=2aV4HaXBMok

【千代の富士 プロフィール】


千代の富士 貢(ちよのふじ みつぐ)

第58代横綱

(本名) 秋元 貢

誕 昭和30(1955)年06月01日

寂 平成28(2016)年07月31日


北海道松前郡福島町出身

歴代3位・通算31回の幕内最高優勝を果たした他、

歴代2位の通算勝利数(1045勝)と同3位の幕内勝利数(807勝)。

昭和63(1988)年05月場所7日目から、

同年11月場所14日目までの53連勝(取り直し制度導入後歴代3位)等、

数々の栄光を手にした史上有数・昭和最後の大横綱である。

小兵ながら速攻と上手投げを得意にして一時代を築いた。

 体格で上回る力士との差を埋めるために、

土俵上では凄まじい集中力を見せ、

本場所で負けた相手に対しては相手の部屋に出向いて稽古、

攻略法を身につける努力家。

廻しを緩まぬようにきっちり巻く事により、

四つに組み相手の指が廻しに掛かっても腰の一振りで払いのける、

など体格差を感じさせない取り口で、

全盛期に見せた相手の頭を押さえるような独特の上手投げは、

「ウルフスペシャル」としてつとに知られた。

このウルフスペシャルは、

「横綱になったら勝った相撲は新聞に載せてもらえない。

それなら勝っても取り上げて貰える様な相撲を取ろう」

という思いから編み出されたという。

鍛え抜かれた腕力を生かした廻しの引き付けには、

驚異的なものがあり、重い相手も腰を浮かせた。

また、体の芯が異常に強く、

常に軸がぶれずに堂々とした相撲を取った。

横綱土俵入りは四股も美しく、

全体として気合の入った土俵入りでかなり上手い。

重い横綱を付けた状態で上げた足が、

頭より高い位置に達するのは、他には例がない。

取組前の入場時には両手で下がりを持ち、

制限時間いっぱいになった時には、

頭を下げて廻しを右手で叩いてピンク色のタオルを受け取り、

必ず左右の腋の下の後に顔面の汗を拭くなど、

几帳面に見えるほど礼儀作法を重んじている。

立合いの踏み込みの鋭さは歴代屈指のもので、

短距離走のスタートにも例えられた。

鋭い立合いがすぐに得意の左廻しを奪う事、

重みに優る相手にも当たり負けしない強さを可能にしていた。

休場明けの場所に強いことも特徴で、

実に6度も休場明けの場所で優勝している。

特に30代に入ってからが顕著で、

休場の度に限界が囁かれながらも翌場所に優勝して、

不死鳥とも言われた。

その強さもさる事ながら、

均整のとれた筋肉質の体格(183cm・126kg、体脂肪率10.3%)、

逞しさ漂う風貌でも人気を集めた。

幕内から大関、横綱へ一気に昇進してからは、

絶大な人気を誇った。


【通算成績】

■…通算成績:1,045勝437敗159休

      (通算勝ち星は歴代2位) 勝率.705

■…幕内成績:807勝253敗144休

      (幕内勝ち星は歴代3位) 勝率.761

■…横綱成績:625勝112敗137休

       (横綱勝ち星は歴代3位) 勝率.848

■…通算在位:125場所

■…幕内在位:81場所(引退当時歴代3位、現在10位)

■…横綱在位:59場所(北の湖に次いで歴代2位)

■…大関在位:3場所

■…三役在位:5場所(関脇2場所、小結3場所)

■…年間最多勝:3回

■…連続6場所勝利 83勝

   (昭和63(1988年)05月場所~平成元(1989)年03月場所)

■…通算幕内連続勝ち越し11場所

       (昭和61(1986)年05月場所~昭和63(1988)年01月場所)

■…幕内連続2桁勝利 9場所

       (昭和56(1981)年11月場所~昭和58(19839年03月場所、

       昭和59(19849年09月場所~昭和61(1986)年01月場所)

■…幕内連続12勝以上勝利 5場所

       (昭和56(1981)年11月場所~昭和57(1982)年07月場所、

       昭和61(1986)年05月場所~昭和62(1987)年01月場所)


平成28(2016)年07月31日午後05時11分、

膵臓癌のため東京大学医学部附属病院で死去。享年61歳。

戒名は、千久院殿金剛貢力優梢禅大居士

(せんくいんでん こんごう けんりき ゆうしょうぜん だいこじ)

JG7MER / Ackee

AD
いいね!した人  |  コメント(2)

テーマ:

今月最後のBlog更新、そして芸能関連のBlogと参ろう。

今月の20日に昭和のテレビ界に大きく貢献した、

タレントの 『大橋巨泉』 さんが逝った。

中高年の世代の方なら、

大きな影響を与えた存在と言っても過言ではなく、

戦後の高度経済成長期を代表する逸材でもあった。

大橋巨泉さんは、

昭和09(1934)年03月22日に東京・両国で生まれ、

日本大学第一高校時代に 俳号 『巨泉』 を名乗っていた。

(戦後の高度経済成長時代に軽妙な語り口で、

テレビの人気者となった、大橋巨泉さん。)



(音楽評論家から司会者への第一歩として歩み出した、

大人の深夜番組 『11PM<NTV系>』 で人気者に。

釣り、麻雀、ゴルフ等。

当時の中高年世代の方なら、ご存じの筈。)


ジャーナリストを志して、

早稲田大学政経学部新聞学科に入学するが、

中退して 『ジャズ評論家』 として名を上げた。

終戦直後、一気に米国文化の中で、

巨泉さんが最も影響を受けたのがジャズ。

「束縛からの解放」 の時代、

その象徴とも言える音楽の評論活動を通じて、名を売った。

昭和28(1953)年テレビ放送が始まると、

音楽を通して番組制作に関わりを持つ様になり、

新しいメディアであるテレビの可能性をいち早く見抜き、

放送作家として活躍した後、

昭和41(1966)年に司会者に転身した。


(昭和44(1969)年から、

翌年・昭和45(1970)年に掛けて放送された、

『巨泉×前武ゲバゲバ90分!!!<NTV系>』  。

前武こと前田武彦さん(右/故人)と共に、

お茶の間を笑いの渦に…。)


初司会となった 「11PM(NTV系)」 では、

硬派なテーマを扱う傍ら、麻雀や競馬、

ゴルフ等の娯楽を解説、

時にはお色気や政治問題にも切り込む等して、

大人の支持を集めた。

当時、日本が高度経済成長の道をまっしぐらに歩んでいた時代、

スポーツや趣味を積極的に取り上げ、

「仕事と遊び」 の両立 を呼び掛けた。

低俗番組との批判を他所に、

経済繁栄に続くレジャー時代を先取りしたと言える。

(巨泉さんの知名度を一気にあげたのが、

パイロット万年筆 「エリートS」 のCM。

当時 『はっぱふみふみ』 のナンセンス造語が、

若い世代に受けひいては、

ボールペンに押され気味だった、社業再建に繋がった。)



(巨泉さんのCM人気は、留まる事知らず…。

ハウス食品の「本中華」のCMでは、

『なんちゅうか本中華』 のナンセンス造語が流行に…。)


その後、 「お笑い頭の体操(TBS系)」、

「巨泉×前武ゲバゲバ90分!!!(NTV系)」 を始め、

自ら番組の構成に関わる司会者として活躍。

「クイズダービー(TBS系)」「世界まるごとHOWマッチ(TBS系」

「巨泉のこんなものいらない!?(NTV系)」、

「ギミア・ぶれいく(TBS系)、「巨泉の使えない英語(ANB系)」

等、数多くの番組を手掛けた。

氏らしい豊富な知識や、独創的な発想で流行語も数多く、

当意即妙な受け答えで、一躍人気者になり、

「野球は巨人、司会は巨泉」、「はっぱふみふみ」、

「なんちゅうか、本中華」、

「倍率、ドン!」 等、数々の名言を残した。

特にこの世代の方達にとっては、

「みじかびの、きゃぷりてぃとれば、すぎちょびれ、

すぎかきすらの、はっぱふみふみ」

この言葉は今でも有名である。

当時パイロット万年筆のCMで唱えたこの短歌調のフレーズは、

巨泉さんのアドリブから生まれたと言う。

たった3ヶ月間のCM放送だったにも関わらず、

ナンセンスな造語が当時の若者の間で大ヒットし、

ひいてはホールペンに押され気味だった社業の再建に繋り、

放映から数ヶ月後には、会社のパーティーに招かれ、

社長と労組委員長の双方から感謝されたと言う。

(昭和43(1968)年から昭和50(1975)年まで、

土曜日の夜07時30分から放送されていた、

『お笑い頭の体操<TBS系>』 の司会を担当。

現在放映されている 『笑点<NTV系>』 の人気コーナー

『大喜利』 の原型ともなった。

出演者も歌手や俳優、女優等多数が出演した。)

<左から、佐良直美、フランキー堺(故人)、

一人置いて、ビーバー。>



(お馴染みの 『クイズダービー<TBS系>』 。の司会を担当。

この番組から生まれた言葉は、 『倍率ドン!!!』 )



( 『世界まるごとHOWマッチ<TBS系>』 の司会も担当。

この番組から生まれた言葉は、 『HOW マッチ!』 。)

<左のアシスタント・西村知江子さんは、

元ニッポン放送のアナウンサーで、

大橋巨泉事務所に所属するフリーアナウンサーだった。>


また初司会となった 「11PM」 でコンビを組んだ、

相方・朝丘雪路さんの豊満な胸を音感語で 「ボイン」 と表現。

氏の著書である 『ゲバゲバ70年!』 では、

「ボクの造語では 『はっぱふみふみ』 が 有名だが、

自分では 『ボイン』 がうまいと思っている」と振り返っている。

「クイズダービー」でも出演者にニックネームを付けるのが上手く、

レギュラー解答者だった、竹下景子さんには 『三択の女王』

はらたいらさん(故人)には 『宇宙人』 。のあだ名を与える等、

番組共演者からも慕われていた。

正しくこの世代を過ごし来た中高年世代にとって巨泉さんは、

テレビ黄金期を支えてきた 『流行を生むTVの申し子』 でもあり、

新しいライフスタイルを常に提示してきた、

『時代のパイオニア』 でもあった。

(ご存じ 『笑ゥせぇるすまん』 の喪黒福造。

このモデルとなったのが 『大橋巨泉』 さんだった。

喪黒福造の生みの親である、

漫画家・藤子[A]不二雄氏とは、生前40年の付き合いだった。)



(平成13(2001)年の参議院選挙に、当時の民主党の依頼を受け、

比例代表で党公認比例名簿1位で立候補し、初当選。

登院ボタンを押す、大橋巨泉さん。)


平成02(1990)年03月に長寿社会の到来に伴い、

シニア生活の在り方が問われる様になると、

「56歳になったし、身を引いて司会業は長くやるものではない。

体力のあるうちに余生を楽しみたい」と

完全には引退せず適度に仕事をする、

『セミリタイア宣言』 を発した。

平成13(2001)年、

参院選に当時の民主党から比例代表で出馬し、

当選はしたものの、

党の運営に対する不満から僅か半年で辞職。

その後は、

出版やテレビ出演等メディアを通じての発言を続ける等、

社会との関わりを保ちながら、

『自らのライフスタイルは守り通す』 という生き方を実践し、

晩年は、オーストラリアやカナダに居を構え、

季節毎に生活拠点を移す等して、

中高年世代に多大な影響を与えた。

(晩年、テレビのとある対談番組に出演した、大橋巨泉さん。

この頃から、病を患う事が多くなった。)


しかし、平成17(2005)年に胃がんの手術を受けてから、

その後は、中咽頭がんや腸閉塞等、

度々病を発症する様になり、

入退院や手術の繰り返しだった。

体力の低下を感じて今年の年03月27日に再入院し、

04月05日に一旦退院して在宅介護に切り替えたものの、

在宅介護の医療機関によるモルヒネ系鎮痛剤の誤投与により、

極端な体力減退に陥って、04月11日に都内の病院に緊急入院し、

05月下旬には集中治療室に入っていた。

週刊現代で連載していたコラムも06月27日発行号掲載分で、

容態悪化を説明し「気力も体力もない」と連載を終了。

07月12日午後09時29分、急性呼吸不全のため、

入院先の千葉県の病院で帰らぬ人となってしまった。

テレビをこよなく愛し、氏の持論は「テレビは生」。

「常に新しい番組、新しい文化を世に送り出した」

という自負があった。

自由で機敏で豊かな発想に溢れたテレビは、

氏にとって誇りを持って語れる存在だった。

奇しくも巨泉さんが亡くなる直前の07月07日には、

ラジオをこよなく相手していた作家の永 六輔さんも他界。

昭和の高度経済成長期に活躍した、

放送界の「巨人」を相次いで失った事は、

氏の活躍を目の当たりにしている直撃世代として、

正しく昭和のひとつの時代の象徴の終焉を意味する事になる。

謹んでご冥福をお祈り申し上げたい。 合掌。

(巨泉さんが亡くなる13日前にはラジオ界の申し子、

作家・永 六輔さん<左>が他界。

昭和を代表する放送界の「巨人」を相次いで失ってしまった。)
< 『徹子の部屋(ANB系)』  に出演。>


『大橋巨泉さんの名言集』


①…「真ん中にいたらダメだ!!!」

集団の真ん中にいたら、絶対にダメだ。
どうせなら、ビリを走れ。
時代の風が逆から吹いたら、

自分がトップに立てる。


②…「人間の欲」

人間の欲は無限であるから、
あれもこれもと思うのはわかる。
でも結果はアブハチ取らずになるのが関の山だ。
そんな時、こう考えることにしている。
「今回の人生ではやめておこう。」


③…「感謝の気持ち」

日本人ほど「ありがとう」という言葉を、

口にしない民族はそうそういませんね。


④…「才能だけじゃない!」

「どんなに才能があっても、毎日出ていて、

同じようなことをやっていれば飽きられるのは当然だ」


⑤…「助言」

「人に助言を与えることにも用心深くしよう。

賢い人はそれを必要としないし、

愚かな人は心に留めないだろうから」


⑥…「充電の仕方」

仕事がうまくいかなくなると充電と称して、

アメリカへ行ったりするタレントがいるだろ?
馬鹿なんだよね。だってよく考えてごらん。
電気カミソリの電気がきれてから、

充電しても間に合わないんだよね。


『大橋巨泉さんを偲ぶ、懐かしの出演動画』

【大橋巨泉のコント風景】昭和44(1969)年

■…白黒テレビ時代の、珍しいコント映像の一コマです。

(出演者) 大橋巨泉、うつみみどり、左 卜全(故人)。

https://www.youtube.com/watch?v=II6vstEM5uU  


【巨泉×前武ゲバゲバ90分(NTV系)】

昭和44(1969)年&昭和45(1970)年。

■…当時アメリカNBCで放送されていた、

コント番組 『ラフ・イン(英語: Rowan & Martin's Laugh-In)』

をモデルにしたものです。

ハナ 肇(故人)の 「アッと驚く為五郎」 や、

巨泉の「うーしししし」は、流行語にもなりました。

https://www.youtube.com/watch?v=st6Iu5KBbmE  


【ゲバゲバ90分 メインテーマ】(追記)

■…番組のオリジナルテーマとして使われていたものです。

作曲者は、宮川 泰氏(故人)です。

お馴染み、 キリン「一番搾り」 のCMソングとしても使われました。

また全国の小学校での運動会に於いては、

入場行進曲としても使われています。

[OPENING]

『 アイキャッチ/ゲバゲバピー

         (番組オリジナル Version) 』

http://www.nicovideo.jp/watch/sm29335879  

[ENDING]

『 エンディング (番組オリジナル Version) 』

http://www.nicovideo.jp/watch/sm29336381  

[OPENING]

『 ミュージック・オンリー 

            (キリン「一番搾り」CM Version) 』

http://www.nicovideo.jp/watch/sm29336229  


【お笑い頭の体操(TBS系)】

              昭和50(1975)年05月10日 放送。

■…当時、TBS系列で、

土曜日の夜07時30分から放送されていたゴールデン番組。

現在の 『笑点』(NTV系) 『大喜利』 の原型とも呼べる番組で、

歌手やタレント等も多数出演。

ロート製薬が番組のスポンサーでした。

音声のみでお聴き下さい。

https://www.youtube.com/watch?v=W-9LFrfoJnU  


【クイズダービー(TBS系)】

                      昭和60(1985)年04月以降。

■…土曜日のゴールデンタイムの人気番組。

お馴染み 「倍率 ドン!!!」 の流行語は、この番組から。

レギュラー解答者は、篠沢秀夫、山崎浩子、

はらたいら(故人)、竹下景子。

ゲスト解答者は、大島 渚(故人)。

https://www.youtube.com/watch?v=NzgeXWkQ12g  


【世界まるごとHOWマッチ(TBS系)】

                                    昭和62(1987)年。

■…ゴールデン・タイムの人気番組。

レギュラー解答者は、石坂浩二、ビートたけし、

ケント・ギルバート。

ゲスト解答者は、マリアン、島田伸助。

「パート 1」

https://www.youtube.com/watch?v=ynckb_cfyBA  

「パート 2」

https://www.youtube.com/watch?v=ntm1Wj2-IEw  

「パート 3」

https://www.youtube.com/watch?v=MKtVbp-gmQc  

「パート 4」

https://www.youtube.com/watch?v=E2C0sQ6dH8M  

「パート 5」

https://www.youtube.com/watch?v=5SmTzDbhm0s  


【パイロット万年筆 『エリートS』】

                                   昭和44(1969)年。

■…有名な 「はっぱふみふみ」 の流行語を生んだ。

パイロット万年筆のCM フィルムです。

このヒットでパイロット万年筆の業績回復の一因となり、

万年筆ブームの火付け役となった人気のCM フィルムです。

「ヴァージョン 1」

https://www.youtube.com/watch?v=xqmnfjIybKk  

「ヴァージョン 2」

https://www.youtube.com/watch?v=41xGjcQxw04  


【ハウス食品 『本中華』 CM】

                                   昭和54(1979)年。

■…有名な 「なんちゅうか本中華」 の流行語を生んだ、

ハウス食品のCM フィルムです。

所謂、 「ノンフライ麺」 人気の創生となったCMです。

https://www.youtube.com/watch?v=d0EvnQDoXAk  


【大橋巨泉 プロフィール】

放送作家、エッセイスト、評論家、

実業家・芸能プロモーター。

(本名) 大橋 勝巳(おおはし かつみ)

誕 昭和09(1934)年03月22日

寂 平成28(2016)年07月12日


東京府東京市本所区(現:東京都墨田区)両国生まれ。

日本大学第一中学校・高等学校を卒業し、

ジャーナリストになってアメリカへ行こうと、

早稲田大学政治経済学部新聞学科(後に廃科)へ、

進学するも中退。

後に「早稲田大学を中退したタレントは出世する」

という伝説の走りとなった。

大学在学中に俳人としての活動もしており、

『巨泉』 という芸名はこの時期に付けた俳号である。

早稲田大学の学生時代から当時ブームだったモダンジャズ、

コンサートの司会者として活躍。

テレビデビューとなった 日本テレビ 『11PM』  、

TBS 『クイズダービー』MBS・TBS 『世界まるごとHOWマッチ』

等の司会で名を馳せる。

「野球は巨人、司会は巨泉」のキャッチフレーズ通り、

競馬や野球、麻雀の評論でも活動する。

平成02(1990)年03月に、

「56歳になったし、身を引いて司会業は長くやるものではない!」と、

TBS 『ギミア・ぶれいく』 以外の、

テレビ・ラジオの全てのレギュラー番組を降板。

メディア業界から「セミリタイア」した。

その後11月から翌年04月までオーストラリアとニュージーランドに、

06月から09月までカナダに滞在し、

経営するギフトショップの管理の傍ら、

太陽の動きに合わせ、

居住地を移動する「ひまわり生活」を送り、

ゴルフを楽しむなどの生活を送る。

平成13(2001)年に、当時の民主党から出馬を依頼され、

比例代表候補として立候補し、党内第1位で当選。

しかし当選後すぐにアメリカ同時多発テロ事件が起き、

これをを巡っての当時民主党代表ら、

当時の党執行部との考えの違いが鮮明となり、

僅か半年限りで辞職に。

平成17(2005)年05月に胃がんを患っていたことが判り、

同年06月に摘出手術を行った。

その後、病を次々と発症する様になり、入退院を繰り返す。

平成28年(2016)年07月12日午後09時29分、

急性呼吸不全のため、

入院先の千葉県の病院で逝去。享年82歳。
戒名は、
『巨泉院釈克導』 (きょせんいん しゃくこくどう)


JG7MER / Ackee

いいね!した人  |  コメント(2)

テーマ:

前々回のBlog更新に引き続き、

旧 白川信号所を後にして、いよいよ最後の訪問地へ…。

最後に訪れたのは、

フラワー長井線 『宮内(みやうち)』駅 をご紹介しよう。(^-^)/

起点となる赤湯駅からは、3.0キロ。

前後となる赤湯寄りの、南郷市役所駅からは、2.1キロ。

今泉寄りの、おりはた駅からは、1.4キロに位置する駅 である。

南陽市の中では、

起点で山形新幹線の停車駅と並ぶ赤湯駅と同様に、

南陽市を代表する駅のひとつである。

同駅は、大正02(1913)年10月26日に開業し、

長井軽便線・宮内町(みやうちまち)駅 として開業 した。

その後国有化され、戦後の旧国鉄を経てJRに民営化後、

旧国鉄の再建に絡み、

同駅を通る長井線が第3次廃止対象路線に選定されたため、

第3セクター・山形鉄道への移管により、

昭和63(1988)年10月25日に駅名を 『宮内町』 から、

現在の 『宮内(みやうち)』 に改称 し、今日に至っている。

(宮内駅の本屋。木造モルタル造りで、

大正浪漫の薫りを感じさせる造りである。(・∀・))



(駅舎の軒先には、 アニメ好きにはお馴染み、

鉄道むすめ 『鮎貝りんご』 と、

宮内駅の 白うさぎ駅長 『もっちい』 との、

コラボレーションした幟 が立っている。(^O^))


島式のホームで1面2線の交換設備を持つ駅であるが、

平成09(1997)年10月23日に、

全線列車集中制御装置(CTC)の導入 に伴い、

翌年、平成10(1998)年04月01日には無人駅となったが、

平成22(2010)年08月01日に再び、有人駅 となった。

それは、 当時全国ニュースでも話題となった、

『うさぎ駅長』 誕生の地 がここ宮内駅 なのである。(^-^)/

( 宮内駅は、熊野大社への参拝の入口 ともなっている。

熊野大社に祀られている、うさぎ伝説 もあり、

その象徴に相応しい駅でもある。(°∀°)b )



(ホームから本屋に向かうと、 

『もっちぃ』 駅長 がお出迎え。(‐^▽^‐))


この誕生の経緯には、この様な事情があった。

長井線は、大正時代に敷設されたローカル線ではあるが、

モーターリゼーションの発達に伴い、利用客も年々減少。

昭和43(1968)年当時の旧国鉄時代には、

赤字廃止対象100路線の中の廃止対象候補に上がるなど、

度々見え隠れ していた。

昭和55(1980)年に旧国鉄再建法に伴い、

長井線は第3次廃止対象路線に認定 され、

第3セクター運営による路線存続  しか道がなくなった。ヽ(;´Д`)ノ

山形鉄道による経営移管により、

徹底した経費削減を行いながら、

攻めの経営方針を掲げその中で有名なのが、

平成16(2004)年に公開された

映画 『スウィング・ガールズ』 (主演;上野樹里) のロケ地 として、

一躍全国区 になった。

(平成16(2004)年に全国一斉ロードショーで公開された、

『スウィング・ガールズ』

そのロケが、ここフラワー長井線の沿線で行われた。

全国一斉公開開始後、一気にフラワー長井線の知名度は、

全国的に知られる事 になる。)



(映画のワンシーンの中での一コマ。

映画やテレビ等でご覧になり、

ご記憶の読者の方も多い筈。(^-^)/)




( 『スウィング・ガールズ』  ブームに伴い、

当時山形鉄道では、

ブームにあやかりラッピング列車も運行 された。

運転席最前部と車輛横には、

『スウィング・ガールズ』 関連のロゴマーク が…。)


しかしそれも一時凌ぎにしかならず、

廃止のウワサが絶えなくなった。ヽ(;´ω`)ノ

そんな最中、山形鉄道の職員募集の求人採用を見た女性が

「駅にミニ動物園をつくりたい」 との事で、

鉄道に興味を持ったと云う。

山形鉄道に採用後、様々な困難にぶつかりながらも、

少しずつ動き始め、当初はここ宮内駅ではなく、

『白兎(しろうさぎ)』  にうさぎを配置する予定だった。

しかし無人駅のため待合室も狭く、

うさぎを置くスペースもなかった。

そこで物置同然でうさぎとは何の所縁もない、

宮内駅に配置される事になった。

しかしここで大きな動きが起こる。

宮内駅の玄関口には、

熊野大社がありここにはウサギに纏わる伝説がある。

熊野大社本殿の裏手の彫刻にうさぎ3羽が、

功名に隠し彫りされており、

『全てを見つける事が出来たら幸せになれる』 という伝説 だった。

奇しくも、 宮内駅とうさぎ駅長がここで一つに繋がった 訳である。

しかし 一向に利用率が上がらない最中、

ここで大きな転機となるサプライズ が起こる。

普段、列車を利用している地元の利用客から、

「フラワー長井線のチラシを配りたい」 と協力する旨が現れた。

当初この計画に反対していた車内の公務部員も協力し、

平成22(2010)年08月01日に再び、有人駅 となり、

ここに、うさぎ駅長 『もっちぃ』 が就任 した。ヾ(@^▽^@)ノ

(宮内駅特命駅長に任命された 白うさぎの 『もっちぃ』

地元の子供達はもとより、

地域住民や駅に降り立つ観光客から大人気。o(^▽^)o

3.11東日本大震災のショックで、

洋服や帽子を着用するのを嫌がる様になり、

現在はうさぎ本来の姿のままで、

特命駅長の任務 をこなしている。

着用の帽子は全てお手製のもの。)



(宮内駅のシンボルとなった。

特命うさぎ駅長と特命うさぎ駅員達。)

<左> ぴーたー、<中> もっちぃ、<右> てん。(^∇^)



(こちらは、宮内駅特命助役の 『かめ吉』 。)


駅員は、もっちぃの兄弟、 「ぴーたー」「てん」

助役に 「かめ吉」

実はこの 亀は、3羽のうさぎ伝説を教えてくれた、

宮内駅前の 蕎麦処『三浦屋』 さんが飼っていた亀で、

この女性社員の思いに共感し、快く貸してくれた のだと言う。

『うさぎ駅長・もっちぃ』 就任に伴い、

宮内駅はたくさんの子供たちで賑い 、

もっちぃ、人気に火をつける事に。
更に、手作りの 『もっちぃラッピング電車』 が登場する等、

人気を呼んだ。

その結果、年々減り続けていた利用客は、

この年に僅かながら増加に転じた。(o^-')b

しかし、 平成23(2011)年03月11日に発生した、

東日本大震災の影響で、宮内駅も震度5弱を記録し、

この影響で ショックを受けた 『もっちぃ』 は、

駅長服や帽子を身に付けてくれなくなった と言う。

しかしそんな 『もっちぃ』 を励まそうと、

多くの地元の人々や観光客が今も宮内駅を訪れていると言う。

(著名人の方達も宮内駅を訪問し、

メッセージを残している。(°∀°)b )

< 『六角精児』 さんと 『山田まりあ』 さん>



(こちらは、山形出身の訛ドル、

『佐藤 唯』 さんも当駅を訪問。(=⌒▽⌒=))



(山形鉄道から、白うさぎ 『もっちぃ』

特命駅長の任命を授与した任命証書。ヘ(゚∀゚*)ノ)


ウサギは同駅待合室の改札口近くに、

約4平方メートルのブースを設け、

白1羽と茶2羽の計3羽を飼育。

山形県立置賜農業高校 で、

平成22(2010)年5月に誕生した子ウサギで、

それぞれ 「もっちぃ」(白)「ぴーたー」(茶)

「てん」(茶) の名前 が付いている。

白ウサギが 駅長 で、茶ウサギが 駅員  という“辞令”が出た。

企画した山形鉄道・営業部営業課営業係の女性職員は、

「ウサギがいる駅にして、子供達で賑やかにしたい」 と語る。

「爪が鋭いので抱っこは駄目だが、触る事はOK」 だという。

(駅の待合室内には、

宮内駅のオリジナルグッズが多数販売されている。(°∀°)b )



(ホームから見た、宮内駅本屋。)



(下り、おりはた方<今泉、長井、荒砥方面>。)


(上り、南陽市役所方<赤湯方面>。)



(宮内駅の乗降ホーム。

昔にタイムスリップした感に、

時間の感覚を忘れさせてくれる。(・∀・))


また 同駅待合室には、

沿線住民から譲り受けた中古の絵本約250冊も展示し、

文庫 『いっぷく堂』 が設置 されている。

宮内駅は、 『宮内熊野大社』  の玄関口の駅 で、

当時はたくさんの参拝客を要し、

旧国鉄時代には、

当駅止りの臨時列車が運転されていた事もあった。(^-^)/

(現在、フラワー長井線では、

 『もっちぃ列車』 が運行中。(°∀°)b )



(駅名標を横にしている、Blog筆者。(*v.v)。)

【宮内駅 データ】

(駅名) 宮内(みやうち)

(旧駅名) 宮内町(みやうちまち)

(改称) 昭和63(1988)年10月25日

(所在地) 山形県南陽市大字宮内

(所属事業者) 山形鉄道

(路線名) フラワー長井線

(電報略号) ミウ

(キロ程) 3.0キロ

(駅構造) 地上駅

(ホーム) 島式1面2線

(開設) 大正02(1913)年10月26日

(情報) 有人駅(曜日による)

(運行情報)

下り(荒砥方面)列車 12本

上り(赤湯方面)列車 12本


■…フラワー長井線・宮内駅の所在地はこちらです

http://map.goo.ne.jp/map/latlon/E140.8.18.163N38.4.5.427/zoom/8/  


■… うさぎ駅長 『もっちい』 及び、

うさぎ駅員 『ぴーたー』『てん』

助役 『かめ吉』 の見物時間は、

平成27(2015)年04月より、

10:00から17:00までの見物になります。

また毎週、水曜日はお休みになります。

また上記の時間帯以外でも、

変更が予想されますので、

詳細は下記の山形鉄道のWeb Siteで、

ご確認下さい。

【山形鉄道】

■…山形鉄道のWeb Siteはこちらになります。
http://flower-liner.jp/  


【うさぎ駅長 もっちぃ Twitter Site】

https://twitter.com/yr_mochii  


【お知らせ】

山形県置賜地域関連に於ける、

一連のBlog関連記事は全て終了となります。

ご購読を頂きまして、

ありがとうございました。('-^*)/

JG7MER / Ackee

いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

いつも当 Blog Siteへお越しを頂きまして、

ありがとうございます。(^-^)/

昨日で、プロ野球公式戦前半 が終了 致しました。

7月15日から16日までの 『2016 プロ野球オールスターゲーム』

開催に伴い、

本日 07月14日から、7月17日までの期間、

『2016 プロ野球 オールスターゲーム Version』 を実施 致します。

期間内のBGMは、 1999年代にヒットした Euro Beat Music。

アリス・ディジァイ(Alice Deejay)

『Back In My Life』 を採用 致します。

尚、 お掛けする曲のVersionは、 Standard Version ではなく、

Extended Hit Vocal Version と、

同じ Versionの Instrumental Version を採用 致します。

尚、 期間は4日間の短期間Version となるため、

BGMは、 一日毎に交互に入れ替え を致します。

( 『オールスターゲームVersion』 は、当 Blog Site初登場。

アリス・ディジァイ Euro Beat Music Version で、

お楽しみ下さい。)


尚、背景画像は、

『2016 東北ゴールデン・エンジェルス』 を採用させて頂きます。

短期間のVersionとはなりますが、

期間内は 『2016 プロ野球 オールスター・ゲームVersion』 で、

暫しの間お楽しみ下さい。

尚、 背景画像(BGP)は、 2日毎で2回の更新 となります。

また、 終了後のリメイク版による、

アップロードはございませんので、予めご了承 願います。

尚、07月18日以降からの 『2016 プロ野球Version』 のBGMは

後半戦Version  に自動更新 とさせて頂きますので、

引き続きお楽しみ下さい。

尚、 前回07月02日のBlog更新時の際の

次の通常のBlogの更新は、07月18日頃 となりますので、

今暫くお待ち下さいませ。(^-^)/

いつもたくさんの皆さん方のご訪問に、

心より感謝を申し上げますと共に、

今後共、Siteの質の向上を目指して、

楽しめるBlog Siteに努めて参りますので、

今後共どうぞ宜しくお願い申し上げます。('-^*)/


(期間中、BGPは、

『2016 東北ゴールデンエンジェルス』 の皆さん。

Euro Beat Music のコラボレーション で、お楽しみ下さい。)


※…2016 東北ゴールデン・エンジェルス

のサイトはこちらです。

【東北ゴールデン・エンジェルス】

http://www.rakuteneagles.jp/expansion/entertainment/cheer/  


※…お掛けする曲は下記の通りです。


≪2016 プロ野球 オールスターゲーム Version≫

【Blog Site BGM】

①…Back In My Life

(Extended Hitradio Full Vocal)

https://www.youtube.com/watch?v=2Ba_x7xduhE


②…Back In My Life

(Extended Hitradio Instrumental)

https://www.youtube.com/watch?v=iqIy427u-vw


【Artist】 Alice Deejay (アリス・ディジァイ)


■…曲は一日毎に交互に入れ替わります。

尚、期間中BGMをお聴き逃した方には、

次回のBlog更新時に併せて、

曲名の下段にMusicをアップロード致します。

JG7MER / Ackee

いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

今月最初のBlog更新である。

先月からの引き続きで、

前回、前々回と川西町山岳周辺の取材を終え、

帰路の途に着く途中、寄り道を決行した。

今回の寄り道の第1弾は、

JR米坂線と山形鉄道・フラワー長井線の分岐路に位置する、

『旧 白川(しらかわ)信号所』 を訪れた。

起点の米沢(よねざわ)駅からは、24.8キロポスト。

同信号所を起点にして、

米沢寄りの今泉(いまいずみ)駅からは、1.8キロ。

坂町(さかまち)寄りの萩生(はぎゅう)駅からは、2.5キロ。

山形鉄道・フラワー長井線の時庭(ときにわ)駅からは、

0.9キロに位置する場所 にある。

(旧 白川信号所の本屋、現在は無人化されている。

左やや中央に信号所専用の短いホームは、今でも健在。

左端に、ATS装置を監視する赤外線装置が建立している。)

<フラワー長井線側より、撮影。>


(赤湯行のフラワー長井線の単行気動車が、

旧 白川信号所を通過する。)


戦前の省線と呼ばれていた、

旧 国営鉄道時代に設置された信号所であるが、

現在は、 JR今泉駅構内の一部 に編入され、

信号所としての機能は役目を終えている。

旧 白川信号所は遡る事、大正03(1914)年11月15日に、

現在のフラワー長井線の創生期にあたる、

当時の長井軽便線の梨郷(りんごう)―長井(ながい)の、

延伸開業に始まり、今泉と時庭の区間は開通したが、

この時点では、米坂線側のルートは未だ開通していなかった。

遅れる事16年8ヶ月後の、昭和06(1931)年08月10日に、

今泉から三つ、坂町寄り先の手ノ子(てのこ)まで、

米坂線の路線が延伸され、

この時点で現在の供用区間が生まれ、

白川信号所 が誕生 した。

創設当時は共に省線と呼ばれていた国営の鉄道路線であり、

当時は全く独立した有人式の信号所であった。

(旧 国鉄時代の白川信号所付近を通過する、

SL・キュウロク(9600)型に牽引された、

旧型客車2輌と貨物車1輌の混合列車。

左端の高い信号機は、米坂方。

低い信号機は、長井方。)

<白川橋梁 (白川(信)-今泉)>


戦後に入り、

特殊法人の日本国有鉄道(国鉄/JNR)の発足に伴い、

高度経済成長期の、

昭和47(1972)年の蒸気機関車(SL)無煙化までは、

SL・キュウロク(9600)型の旅客・貨物列車が交互に、

米坂・長井両線を行き交い、

また、 仙台-新潟を結ぶ、

直通気動車急行列車 ( 『あさひ』 、『べにばな』 ) が通る箇所 として、

また隣接している今泉駅も当時は、

旅客・貨物等を取り扱う駅として、

米坂・長井両線の乗り換え駅としても栄え、

山形県・置賜地域に位置する駅としては、

米沢駅、赤湯(あかゆ)駅と並ぶ交通の要所として、

賑わいを見せた。

所謂、 白川信号所 は、

今泉駅の補助的役割 を果たしていた側面 が高い。

(今泉方から見た、旧 白川信号所。

転轍器(ポイント)右側は、フラワー長井線<時庭方>、

左側は、米坂線<萩生方>。

建設の歴史として長井線が一番早く、米坂線はその後となる。

このため米坂線の線路が先に分岐をしている構造に。)



(昭和45(1970)年10月01日付けダイヤ改正で、

翌年、昭和46(1971)年03月20日付けで訂正補正した、

当時の国鉄米坂線の列車ダイヤプログラム。

○の中に×印がついているのは、現役当時の白川信号所。

旧国鉄時代、白川信号所は秋田鉄道管理局管轄で、

白川信号所から先<萩生方>は、

新潟鉄道管理局の管轄だった。)


しかし、モーターリゼーションの発達に伴い、

貨物輸送の減少に加えて旅客利用数も右肩下がりの状態となり、

更には旧国鉄の債務超過も重なり、

合理化の波が押し寄せる様になった。

昭和57(1982)年03月11日に同信号所から、

米沢方(西米沢-白川(信))に、

列車集中制御装置(CTC)が導入された。

(米沢-西米沢は、東北・上越新幹線本格開業の後、

西米沢駅の交換設備撤去後、

同年11月14日からCTC化による運用開始)

更に翌年、昭和58(1983)年02月28日には、

同信号所から終点の坂町まで全線がCTC化された。

このため、 次第に信号所自体としての存在意義も薄れ、

翌年、昭和59(1984)年02月01日には、

今泉駅構内にある、今泉CTCセンター』 に統合され、

同信号所は今泉駅構内の一部に編入され、

役目を終えて廃止 となった。

(フラワー長井線は、平成09(1997)年10月23日に全線CTC化完了)

(白川の土手沿いから見た、旧 白川信号所の構内全体。

左側の線路の真ん中ににATS<自動列車停止装置>が

設置されている。)



(白川の土手沿いから見た、今泉方。

旧 信号所から所謂、

米坂線とフラワー長井線の共用区間となっている。)



(フラワー長井線、荒砥行の単行気動車が、

旧 信号所を通過して行く。)


現在の旧信号所は完全に無人化となったが、

当時の 信号所としての建物の本屋は、当時のまま現存 している。

また信号所に相応しく、

信号所としてのミニホームはそのまま健在 である。

現在は、今泉駅の一部に編入されたが、

米坂線とフラワー長井線の供用区間を要し、

しかも重要分岐路である事から、

『JR今泉CTCセンター』 の関係者が社用車で現場に赴き、

転轍器(ポイント)操作や信号系統に異常がないかどうか、

立ち回り点検し、列車等の進入に関しては、

自動列車停止装置(ATS)や赤外線感知器等で、

二重の管理 をしている。

因みに 白川信号所の名前の由来は、

今泉方に位置し、旧信号所に入線する直前に掛かる、

白川橋梁下を流れる、

最上川水系・一級河川 『白川』 から命名 されている。

(線路脇の土手には、最上川水系「白川」の標柱が。

信号所の命名はこの河川名から来ている。)


念願の旧 白川信号所の全てを見届け、次の取材地へ。

次回は、かわいい動物と共生している駅をご紹介する事に…。

この続きは次々回のBlog更新まで…。('-^*)/


【旧 白川信号所 データ】


(信号所名) 白川(しらかわ)

(所在地) 山形県長井市大字時庭字水口

(所属事業者) 日本国有鉄道(国鉄/JNR) 秋田鉄道管理局

(路線名) 米坂(よねさか)線、長井(ながい)線

(電報略号) シカ

(駅区間)

今泉-萩生 (現JR 米坂線)、

今泉-時庭 (現フラワー長井線)

(キロ程) 24.8キロ (米沢起点)

(駅構造) 地上駅(信号所)

(ホーム) 島式1面2線(米坂方、長井方 各1線)

(開設) 昭和06(1931)年08月10日

(廃止) 昭和59(1984)年02月01日

(稼働日数) 19,168日 (52年5ヶ月22日)


■…同信号所は、

JRに分割民営化される前の、

旧国鉄(JNR)時代に廃止されています。

よってここのデータは、旧JNR時代のデータを掲載しています。


【旧 白川信号所 所在地】

※…赤十字印が、旧信号所の所在地です。

http://map.goo.ne.jp/map/latlon/E140.2.4.494N38.3.56.532/zoom/8/

【お知らせ】

旧 白川信号所は現在無人化され、

現在は、

JR今泉駅構内の一部に成って折ります。(^-^)/

同施設内へは 『JR今泉CTCセンター』 の関係者が、

転轍器(ポイント)や信号機器関連の、

保守点検のための立ち回りをしています。

撮影は全て、望遠レンズを使用しています。(^-^)/

≪動画≫

【旧 白川信号所定点地点】

※…フラワー長井線・荒砥行の単行気動車が通過する映像です。

https://www.youtube.com/watch?v=dqxf_PLT5pA

※…JR米坂線・坂町行の2輌編成気動車が通過する映像です。

最後の方でポイントが切り替わります。

https://www.youtube.com/watch?v=FBdrqsZpUnA


【山形鉄道・JR米坂線共用区間 (今泉駅構内) 】

※…今泉駅から時庭駅までの区間です。

白川橋梁を渡ると、旧白川信号所でJR米坂線と別れます。

https://www.youtube.com/watch?v=vIa8UACw7W0

JG7MER / Ackee

いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

アマチュア無線関連の、

Expedition Service中の休憩時間の合間を利用して、

お馴染みのテレビ中継局の局所訪問を敢行した。

今回訪れたのは、

嘗ての旧アナログテレビジョンの中継局 だった。

『長井(ながい)中継局』 をご紹介する事にしよう。(^-^)/

実は、 今回のアマチュア無線関連の、

Expedition Serviceと絡めての

最大の目的はこれ である。σ(^_^;)

既に この中継局は、平成23(2011)年07月24日を以って、

アナログ放送は終了しているが、

NHK-FM放送の中継施設を併設している関係上、

NHKの局舎は、

アナログテレビジョンの受信関連施設を撤去したのみ、

局舎自体はそのまま現存 している。

またもう一箇所、

嘗ての YBC・山形放送の眺山(ながめやま)中継局 の局舎は

この地点から南へ約100m程の地点にあった。

但し、現在は完全に局舎撤去の後、

管理道路等は使用が不要状態のため、

雑草がかなり生い茂りの状態で、

跡地の状態を確認出来る様な状態は確認出来ない。

(現在のNHK 旧長井テレビジョン中継局。

アナログアンテナは撤去されたが、

FM放送の中継施設が設置されているため、

引き続きアナログ中継局時代の局舎は稼働中。)



(地上アナログ放送時代のNHK 長井中継局の全景。

上端部は教育テレビジョン<旧6ch>、

下端部が総合テレビジョン<旧3ch>の送信アンテナ。)


旧長井テレビジョン中継局 は、

昭和36(1961)年12月26日に、

米沢・置賜圏域初のVHF中継局として、

NHKの単独先行局として開設 された。

その 11ヶ月後の翌年、昭和37(1962)年11月1日に、

2波目の教育テレビジョンが開設され、

同年11月20日には、山形県内初の民放局である、

YBC・山形放送の中継施設が設置 された。

因みに アナログ中継局時代の局所名は、 NHKは 『長井』 だが、

旧YBC・山形放送は、山の名前と同じ、

『眺山』 の局所名を使用 していた。

アナログ VHF中継局時代、ここの送信搬送波はアンテナを

垂直にして送信する、垂直偏波方式 でサービス されていた。

その理由は、 嘗ての仙台親局のアナログ波の送信chである

1chのTBC・東北放送と3chのNHK総合<仙台>が、

水平偏波による山岳回析による越境受信で、

山頂付近で受信出来る環境 だったためである。

しかも 旧長井(眺山)中継局のch割り当てプランは、

1chがYBC・山形放送、3chがNHK総合<山形>。

6chがNHK教育<山形>と3チャンネル分割り当て られていた。

しかも 仙台親局の1chと3chは、

同中継局(長井/眺山)のch割り当てプランと重なるため、

仮に同じ水平偏波による搬送方式では当然、

受信障害がエリア内で発生 してしまうのだ。

このため 越境電波による受信障害を避ける意味で、

サービスエリア内のアンテナを垂直にして、

仙台からの越境受信による電波障害を防いでいた のである。

(嘗ての旧YBC 山形放送・眺山テレビジョン中継局

のアナログ施設。<旧 1ch>

現在はアナログ放送終了と共に、施設関連は全て撤去された。

このため現地跡地へは、管理道路使用が不要となり、

雑草等がかなり生い茂り、進入不可能の状態になっている。)


昭和44(1969)年に、

山形県に第2次民放割り当てプラン局に充てられ、

同県初のUHFテレビ局、YTS・山形テレビ の開局により、

置賜地区へのサービスエリア拡大のため、

同地への中継局設置のための現地調査 が行われた。

しかし、 同地は標高が低い事が災いし、

また西蔵王送信所のUHFの電波受信状態が不可能だったため、

UHF中継局の設置は、不適格の地と認定 されてしまった。

このため以降この地に執って替わる中継局として、

米沢市にあった 旧米沢アナログ中継局 の設置場所だった、

『笹野山(ささのやま)』 と、

西置賜(にしおきたま)郡白鷹町の西部、

『三麺峰(さんめんほう)』 にある、

西白鷹(白鷹/長井)中継局 に置賜地域は、受信サービスエリアが、

北部と南部に分割される事 になった。

(局舎の脇には、畦道が…。\(゜□゜)/

管理者の勘で、

「これはFM波の受信アンテナがある方向か?」

と察知。( ̄□ ̄;) !!

早速、確認で調査してみる事に…。)



(正しく、管理者の勘が的中。ヾ(@°▽°@)ノ

設置されていたのは、FM放送波の受信アンテナ。(‐^▽^‐)

『八木型<5素子1段2面>』 。)


以後、 地域放送格差是正の一環として、

国の後押しによる全国的規模での、

民放局の多局化が推し進められ、

山形県もアナログUHF局による、

民放多局化(4局化)促進の波に乗じ、

その影響で次第に サービスエリア内でVHFのみの、

アンテナを設置している受信世帯数も徐々に減少 した。

そして所謂、 テレビジョンの地上デジタル化に伴い、

旧アナログ中継局の淘汰も含めた、

局所設置の再編も推し進められる 事になった。

このうち 北部の白鷹地区エリアは、

アナログとデジタル同一地点、

(局所名は、NHKは『西白鷹(にししらたか)』 、

民放4局は『白鷹長井(しらたかながい)』 に改称) となったが、

南部の米沢地区はやや受信点に難がある点が発覚し、

更なる良好な受信地点確保のため、

笹野山から山岳スキーで知名度のある、

天元台(てんげんだい)へ中継局を移設する事になり、

局所名も 『米沢天元台(よねざわてんげんだい)』) に、

改称された。

このため、 長井(眺山)中継局 も、

米沢または白鷹両サービスエリア双方から、

囲い込み出来る様にした のである。

しかし、同中継局には、

FM放送の中継施設が設置されている観点から、

FM放送関連の施設等を残し、

平成23(2011)年07月24日の地上アナログ放送の終了を以って、

YBC・山形放送の眺山中継局 と共に、

アナログ波中継関連施設は全て撤去 された。

(NHK-FM 長井中継局の送信アンテナ全景。)



(送信アンテナ部を拡大すると、上下三角状の

菱型のアンテナが見える。

『双ループアンテナ<2L2段3面 / VHF用>』 )



(アナログ放送時代は、

テレビ用とFM波用二つの中継施設を持った。

現在は、右側のFM送信鉄塔のみになった。)


現在の 長井中継局 は、

FM放送関連の送受信アンテナと鉄塔、

旧NHKのアナログテレビジョン時代に共有していた、

局舎 のみが残る程度 である。

同地は、中継局に通じる道路を挟んで、

東側が東置賜郡川西町、西側が西置賜郡飯豊町となっている。

また界隈には、飯豊山麓牧場やゴルフ場も隣接している。

国道113号線、国道287号線からアプローチが出来、

山頂付近は舗装路になっている。

(旧アナログ局、現FM中継放送所局舎を

バックにしている。Blog管理者。(/ω\))


アマチュア無線関連のExpediton Serviceと

旧アナログテレビ中継局施設の現地取材も無事に終えて、

これにて、眺山(ながめやま)周辺関連の、

現地取材は全て終了。(^-^)/

この後、山を下山して、

次は嘗ての鉄道施設があった場所へ取材場所を移動する事に…。

この続きはまた次回のBlog更新まで、暫しのお待ちを…。('-^*)/


【旧 アナログテレビ中継局 データ】

≪NHK<山形>≫

【局所名】 長井 (ながい)

【局所コード】 602202

【設置所在地】 山形県東置賜郡川西町大字下小松字眺山

【受信親局】 山形(西蔵王)

【局所規模】 小規模局

【送信チャンネル】 3ch<総合>、6ch<教育>

【受信チャンネル】 8ch<総合>、4ch<教育>

【出力】 100W

【送信偏波】 垂直偏波

【運用開始日】

昭和36(1961)年12月26日<総合>

昭和37(1962)年11月01日<教育>

【運用停止日】

平成23(2011)年07月24日<全局一斉>
【送信アンテナ】

スーパーゲイン・アンテナ(4段1面、2段3面<一式>)

※…総合と教育各送信ch、単体専用アンテナ。

【受信アンテナ】 八木型 (8素子1段1面)

※…総合と教育各受信ch、単体専用アンテナ。

【送信鉄塔】 自立式四角鉄塔 25mH.

【局舎構造】 鉄筋コンクリート局舎


≪YBC・山形放送≫
【局所名】 眺山 (ながめやま)

【局所コード】 NHKと同じ
【設置所在地】 NHKと同じ

【受信親局】 NHKと同じ

【局所規模】 NHKと同じ

【送信チャンネル】 1ch

【受信チャンネル】 10ch

【出力】 NHKと同じ

【送信偏波】 NHKと同じ

【運用開始日】 昭和37(1962)年11月20日

【運用停止日】 NHKと同じ

【送信アンテナ】 NHK仕様と同じ

※…YBC送信ch、単体アンテナ。

【受信アンテナ】 NHK仕様と同じ

※…YBC受信ch、単体アンテナ。

【送信鉄塔】 自立式四角鉄塔 28mH.

【局舎構造】 NHK仕様と同じ

※…YBC単独局舎


【FM放送波中継局 データ】

≪NHK-FM(山形)≫

【局所名】 長井(ながい)

【局所コード】 602202

【設置所在地】 山形県東置賜郡川西町大字下小松字眺山

【受信親局】 山形(西蔵王)

【局所規模】 小規模局

【送信周波数】 84.6MHz

【受信周波数】 82.1MHz

【出力】 100W

【送信偏波】 垂直偏波

【運用開始日】 昭和41(1966)年01月21日

【送信アンテナ】 双ループアンテナ(2L2段3面)

【受信アンテナ】 八木型(5素子1段2面)

【送信鉄塔】 自立式四角鉄塔 25mH.

【局舎構造】 鉄筋コンクリート局舎

※…旧アナログテレビジョン施設と共用


■…旧 長井テレビジョン中継局(現 長井FM中継局)の

送信場所は下記のURLの地図で見る事が出来ます。

http://map.goo.ne.jp/map/latlon/E140.1.44.063N38.0.47.681/zoom/8/


【お知らせ】

旧 長井(眺山)アナログテレビ中継局の関連施設は、

全て撤去されています。

但しFM放送波の中継施設が設置されている関係上、

NHKの旧アナログ局舎とFM放送関連施設は、

引き続き稼働中となっています。(^-^)/

尚、旧 YBC 山形放送・眺山中継局は、

局舎撤去後、保守管理道路が使用不要となり、

跡地への進入は雑草等の発生により、

通行が不可能のため、

旧 アナログ時代の局舎のみを掲載しています。

尚、当地に地上デジタル波中継局は、

設置されて折りません。


JG7MER / Ackee

いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

久々の 『アマチュア無線・移動運用』 編 Blogの更新である。

先般、06月05日(日)に今季初となるExpedition Serviceを実施した。

今回、実施したのは、

山形県南部、置賜(おきたま)地域に位置する、

東置賜郡(JCG;#05006)川西町(05006A) である。

深夜01:00に自宅を出発。

何時もの事ながら、高速道路よりは、一般道。

しかも国道よりは、

県道または市町村道を経由して目的ににいつも行く小生にとっては、

久々のサービス運用である。

夜明けの時間帯もこの時期は、

03:30辺りになると東の空は薄明に成りかかる。

『とにかく1分でも早く目的地に到着して、

多くの(アマチュア)局に中々サービスポイントとして、

各局が取れない市町村を取れる様にしてあげる』

のをポリシーとしている小生にとって、流行る心を抑えながら、

目的地へのポイントへと車を走らせる。

(今年最初のExpedition Serviceは、山形県南部。

置賜地域の川西町へ移動。)


今回、訪れたのは、 川西町中心部から西側にある小高い山、

『眺山(ながめやま) / 三角点;324.6m』 からの運用である。

この山、相当以前から目星をつけていた山である。

嘗ては、テレビのVHF帯のアナログ中継局が設置されていた山だ。

現在は、FM放送局だけの鉄塔になったが、

嘗ては、仙台からの電波が越境受信出来た場所である。

本来であればもっと早く来るべきではあったが、

アマチュア無線バンド帯関連との兼ね合いで、電波の抑圧による

干渉障害で十分な運用が出来なくなる事を予測し、

アナログ放送終了以降に実行しようと以前から決めていたのだ。

(機材関連設定も全て完了。

この後、発動発電機にガソリンを給油して、

さぁ、いよいよ稼働開始。)


03:40頃に無事に目的地に到着し、

早速アンテナの組立、機材設定の作業に取り掛かる。

何時も様に事前に今回の運用は、

各Web Site等を通して、告知拡散していた。

04:30近くに全ての組立、機材設定を完了し、

発発の稼働に取り掛かる。

昨年07月の岩手県奥州市でのサービスでは、

発発の起動トラブルが発生する等肝を冷やしたが、

今回はその障害もなく一発で稼働。

開始前の間に電波の伝搬チェックをすると、

宮城県内のFM放送波2波とも、了解度3~4まで入感。

アマチュアのリピーターも、

宮城県広域と仙台ローカルの2局が入感している事を確認。

「やはり間違いなく届きそうだ。」と確信を持って、

05:00丁度に運用を開始。

すると待ってましたとばかり、

何時もの常連局から立て続けのQSO(交信)の連発。

(開始早々、早速コンタクト続出。

果たして何処まで延びるのか…。)


途中やや交信が途切れたものの、

出足良く応答があり先ずは一安心。

ここから先はのんびりムードで、

タイムアップまで何局釣り上げる事が出来るかである。

宮城はもちろん県内山形を始め、隣県の福島からの声が掛かる。

順調に局数を重ねて行き、11:00を回った所で思わぬ処から、

何と新潟県の長岡からの応答が…。

アンテナ方向まるっきり正反対なため、

(お馴染みの移動スタイルで、

ぶっ通しで13:30までのロングランサービス。)


どうやら蔵王の山岳反射で、

新潟の中越地域まで飛んで行っている様だ。

よもやのサプライズに浸っている間もなく、

タイムアップまで運用を続ける。

しかし終了間際になると、

電波の伝搬状況もかなり落ちた模様で、

定刻通りの13:30を以って運用を終了した。

交信総数34局。

山形県内局15局。宮城県内局13局。福島県内局5局。

新潟県内局1局。 という内訳だった。

今回の運用場所、全くの未開の地での運用で、

先ずは運用は無事に終了。

「川西町、1st QSLにつきQSLカード(交信証明証)の交換希望」

局も数局程いた。

(交信総局数は、34局。アマチュア局が少ない中、

まずまずの応答か…。)


今回運用した場所は、

前出の通り嘗てのアナログテレビジョン中継局の近くだが、

他にも飯豊(いいで)山麓牧場もあり、

転向の良い日には、朝日岳や飯豊連峰も見渡せる場所である。

初見参した置賜地域でのExpedition Serviceもこれにて一件落着。

そしてこのあとは、恒例のここ置賜(おきたま)周辺域の、

漫遊記取材に赴く事に…。

この辺は次回のBlog更新で…。


(運用した道路を挟んでの向かい側は、飯豊山麓牧場。<上下>

この日はやや風が強かったものの、飯豊山や朝日岳も見えた。

この日は、牧場で農業まつり関連のイベントが実施されていた。)


【運用者からのメッセージ】

アマチュア無線局各局各位、

何時も大変お世話になっております。

先般、06月05日(日) に実施致しました。

山形県東置賜郡川西町のExpedition Serviceに、

各局の皆様、QSO頂きまして、

大変ありがとうございました。

運用開始早々から、

たくさんの皆様方のコールバックに改めて、

感謝を申し上げます。

ご存じの通り、アマチュア局も昨今の高齢化に伴い、

ご多分に漏れず、

運用局の減少が以前から叫ばれています。

当局もExpedition Serviceを開始して、

今季で24シーズン目に突入です。

そのうち、3シーズンのみ一時期お休みを頂きました。

移動する局も全盛期から比較すると、

右肩下がり傾向にあるのは確かです。

しかしアマチュアバンドの防衛確保のためには、

使用頻度を高めないといけません。

そのため今後、スポット的にではありますが、

アマチュア局の立場として、

バンドプランの防衛と活性化のため、

今後も必要に応じて、QRVして参りますので、

今後共宜しくお願いを申し上げます。

≪Expedition Information (移動運用情報) ≫

【運用日】 平成28(2016)年06月05日 (日)

【運用者】 JG7MER “Ackee”/7

【周波数】 144MHz

【運用型式】 FM(F3E)

【出力】 50W

【空中線】 八木型 (10素子2列1段1面)

【鉄塔仕様】 支線式単体鉄柱(5.68m)

【送信機】 TH-78 (KENWOOD)

【付加装置】 WB-2770VR

(ワールド・システム・エンジニアリング)

【安定化電源】 GSV-3000 (DIAMOND)

【供給電源】 発動発電機(AC 100V)


【運用地】 眺山(ながめやま) <三角点:324.6m>

       北緯38度00分58秒 東経140度15分13秒

【所在地】 山形県東置賜郡川西町大字下小松字眺山

【JCG】 #05006[東置賜郡]

【LOC】 QM08AA


■…今回運用した、眺山(山形県東置賜郡川西町)は、

下記のURLでご覧になれます。

Goo Mapの赤印が今回の運用場所です。

http://map.goo.ne.jp/map/latlon/E140.1.44.063N38.0.47.681/zoom/8/

【JG7MER / Ackee の 『Expedition Information』】

http://6900.teacup.com/inuwashi_10/bbs

JG7MER / Ackee

いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

今月最初のBlog更新と参ろう。

国内角地には、色々な 『ご当地ラーメン』 が数多いが、

今回は、ちょつと変わったご当地ラーメンをご紹介しよう。(^-^)/

北東北は、 秋田県鹿角(かづの)郡小坂町に、

一風変わったご当地ラーメン が存在している。

その名は、 『かつらーめん』 である。\(゜□゜)/

ここ 秋田県の北東部、

青森県境と接し十和田湖観光の入り口となっている小坂町。

嘗ては、鉱山の町 として栄えた。

現在は、回転式舞台小屋である 『康楽館(こうらくかん)』 で、

有名になっているが、ここ小坂町では、

地元グルメ起こしの一環として、

『かつらーめん』 の町 として知られている。

(小坂町 『かつらーめん』 発祥の地として、

地元では、知る人ぞ知る 『奈良岡屋』

元々は、日本料理店だが、

地元の夏の祭典準備で、

この店に集まった若衆達の何気ない、

注文した二品(カツ丼とラーメン)が、

今日の地元グルメである、

『かつらーめん』 創生のキッカケとなった。(°∀°)b )




( 『奈良岡屋』 の店内に掲げられているお品書き。

左側・ラーメン部門の下から5番目に確かに

『かつらーめん』 の文字が…。(・∀・))



(これが、奈良岡屋謹製の一品、 『かつらーめん』

カツを玉子で綴じ、醤油ベース で仕上げた、

正に元祖中の元祖、究極の一品。(‐^▽^‐))


昨今のB級グルメブームも手伝って、

秋田県内はもちろん東北各県にも知れ渡っている。

その 『かつらーめん』 発祥の店は、

地元・小坂町では知る人ぞ知る、

『奈良岡屋(ならおかや)』 である。

店の看板には、日本料理と書いてある。

何故、ここが 『かつらーめん』 発祥なのか?

遡る事、30年前の昭和60(1985)年頃である。

お客さんの注文で、2代目の店主の頃に、

夏にご当地の祭りとして行われている、

『小坂七夕(こさかたなばた)』 と言う、

山車を繰り出して町内を練り歩く代表的な祭りであるが、

祭開始前の制作の諸準備で、1ヶ月は掛かると云う。

その時、地元若衆達が夜食を食べにここ 『奈良岡屋』 に集まった。

ラーメンだけでは物足りず、あるお客さんが、

「カツ丼とラーメンを一緒に食べたい」 と言い始めた。

そこで当時の2代目店主が、

ラーメンの上にカツ丼の具をそのまま載せた と云う。

(こちらは、 「とんかつ 栗平」 謹製の 『かつらーめん』

こちらはシンプルにカツをそのままラーメンの上に乗せて、

醤油ベースで仕上げている。

お店独自の拘りを持った、究極の一品。(‐^▽^‐))


そこから裏メニューとして確立していったと云う。

発祥当時の方は、現在でも食べに来られると言う。

そして 平成26(2014)年から 『かつらーめん』 を使った、

町興しのスタート になったと云う。

つまり、 『かつらーめん』 は、

そのままズバリ"カツ丼とラーメン"だったのである。

小学生が考える夢のメニューみたいなものが、

何10年も続いたのである。

小坂町の裏メニューとして、

町民に親しまれてきたメニューとして続いている

『かつらーめん』 であるが、

現在は、 小坂町のご当地グルメの町興しの代表格として確立 され、

また昨今のB級グルメブームも重なり、

現在は、 町内に7軒の 『かつラーメン』 が食べられるお店がある。

(こちらは、 「みんなのお店 わいわい」 謹製の 『かつらーめん』

味付けは、塩味ベースでさっぱりとしている。o(^▽^)o)


因みに メインである 「とんかつ」 は、

小坂特産の 「桃豚」 を使っている。

「桃豚のとんかつがラーメンに乗っている事」 が定義 と云う事で、

味わいはお店それぞれなので味比べするのも良い。
醤油ラーメンをベースに、

かつ丼の具が乗っている 『かつらーめん』
ふわふわ卵と玉葱抱いたとんかつの甘さと旨さ。

その下で待つ、ラーメンをずずっといく。 
食べているとスープにかつ煮の旨味と甘さが染み出てきて、 
食べ始めと最後ではスープの味がおいしく変化していき、

しかも重たくない上に、意外にもペロリと食べられてしまうのだ。

「かつ丼とラーメンを一緒に食べたい」という、

(こちらは、 「伊勢家 大昌園」 『かつらーめん』

こちらは味噌ベースのかつらーめん。

寒い時には何か暖まりそうな一品。(^∇^))


何気ない発想から生まれたものだが、

現在は、 醤油ベースの他にも、味噌ベース、塩ベースの

『かつらーめん』 も登場 し、

新たなご当地ラーメンとして、売り出し中である。(^-^)/

地元若衆の何気ない一言から、生まれた 『かつらーめん』

十和田湖観光地を持つ、小坂町の代表グルメ である。(^-^)/

( 『小坂 かつらーめん』 をご賞味されたい方は、

この赤い幟の加盟店が目印。(^-^)/)


【『小坂・かつらーめん』 提供店舗】

※…提供しているお店は下記の通りです。

詳細をお知りになりたい方は、

お電話で各店舗へお問い合わせ下さい。

何れも 『かつらーめんBOO会 加盟店』

になります。(^-^)/



『お食事処 奈良岡屋』 (かつらーめん発祥店)

〠 017-0202

秋田県鹿角郡小坂町大字小坂鉱山字栗平19-5

☎ (0186) 29-2040



『伊勢家 大昌園』

〠 017-0202

秋田県鹿角郡小坂町大字小坂鉱山字栗平11-1

☎ (0186) 29-2475



『みんなのお店 わいわい』

〠 017-0202

秋田県鹿角郡小坂町大字小坂鉱山字栗平23-1

☎ (0186) 29-2061



『とんかつ栗平』

〠 017-0202

秋田県鹿角郡小坂町大字小坂鉱山字栗平11-29

☎ (0186) 29-3461


『ドライブイン下野』

(国道282号線沿い /

鹿角<かづの>市毛馬内<けまない>方面)

〠 017-0201

秋田県鹿角郡小坂町大字小坂字大稲坪64-1

☎ (0186) 29-5343


『滝の茶屋 孫左衞門』

(県道2号線<十和田大館樹海ライン>沿い /

道の駅『こさか七滝』内)

〠 017-0203

秋田県鹿角郡小坂町大字上向字藤原35-3

☎ (0186) 29-3777


『赤煉瓦倶楽部』 

〠 017-0202

秋田県鹿角郡小坂町大字小坂鉱山字古舘34-5

☎ (0186) 25-8225


■…今回ご紹介しました、

秋田県小坂町のホームページはこちらです。

当 Blog Siteは、

秋田県鹿角地域(小坂町)を応援しています。(b^-゜)


【秋田県 小坂町ホームページ】

http://www.town.kosaka.akita.jp/



JG7MER / Ackee

いいね!した人  |  コメント(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。