仲代達矢さんが歩美(松阪桃李)に言ったことばが響く・・・
昨日は、金曜ロードショー”ツナグ”をついつい観てしまった!!
涙腺も緩みやすく・・・やはり、ウルウルきてしまった。
 
それにしても、昨日、このブログを訪ねて下さる方が急増した。
すべて”ツナグ”に関するものだった。
映画の感想と読書感想、さらに”最上のわざ”の詩に関すること。
それだけ、”ツナグ”は根強い人気があるのだろう。
 
 
 
さて、
嵐と御園のくだりは、いろいろと深く考えさせられるというか、よくわかない部分が多い。
 
原作は”親友の心得”の部分です。
”使者の心得”の中にこんなふうに書かれています。
P378~
”御園が、嵐に何をしたのかわからない。彼女たち二人の間に何があったのかも。
しかし、一つだけ、はっきりわかる。
御園奈津は、嵐美沙に一生消えない悔いを負わせた。”
また、
歩美は、御園から、【悔いのない生き方をしてね…】と言われている。
 
 
また、こんな考え方もあるのかということで、リンクを貼っておきます。
歩美と出会った御園。
もじもじしながら、青りんごを持っていた。
嵐を部屋に招き入れた御園。
ナイフで青りんごをむく。
↓↓↓↓
 
 
 
AD