Sunny and Rainy

precious days in Ghana, in Vietnam


テーマ:

学級に、

何気なく、しかししっかりと意図して貼っている


世界地図と

ガーナの写真。

セネガルも入っていますが~。


先日


「先生ってさ、ガーナってとこ行ってたんだよね?

これってさ、その写真?」


と聞いてきてくれた子がいました。


よくぞ気づいてくれました!


そんなくだりの中で、



「えっ、ガーナってさ、どこ?」


「見てみよ!!」



世界地図に走り出す。



数分後。



「あった!え?!・・・ちっさ!!とお(遠)!(驚)」




みたいな。


何気ない一コマだけど、そういうの大好きです。





あっという間に

ホーチミンでの生活も2年目に入って

ガーナで生活していたのはもう一年半も前のことだなんて信じられない。


ほんとに。



去年は、社会科の担当だったということもあって

中学生というお年頃集団と過ごさせてもらった1年は

彼らに、とにかく色んな世界をバーチャルでもいいから知ってほしいという一心で

色々と世界の話やガーナの話を折々混ぜて話してみた。

色々見せても見た。

全くうまく話せてないけど。

色んな物の見方や考え方を知ってほしかったな。

伝わったかどうかナゾだけど。 


今年はがらりと変わって小学校3年生の学級担任ということで

ガーナのことや世界のことを話すというよりは、

ガーナで常々思っていたことを自分が実践できる立場になりました。


どういうことかというと、


例えば

学習用具をビシっとそろえる。

とか


例えば

繰り返し練習する。できれば楽しく。


とか


例えば

いかに先生がしゃべらず授業をするか。


とか。


他にも

先生が暴力を振らなくても

子どもたちはしっかり自分で判断できる分別がある。

殴らないしつけもある。

とか。


ガーナでの二年間、色々考えていたけど、

よく考えていたのはこんなんでした。


ガーナでは偉そうに「こうだったらもっとよくなるのにな」と思っていました。

ペーペーなのは見て見ぬふりをし、偉そうに指図もしていました。



しかし、まさに今、ガーナの人たちに


「じゃあお前やって証明してみせろよ」


と遠くから言われているようです。


ガーナで思ったこと、考えたこと、

無駄にせず今年は実践していきたいと思います。



二年目はもっと記録できるように心の余裕もあるといい!(切実に)
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


週に2回、

細々と(ほんとにほそぼそと)ベトナム語を習っております。



しーかーも。


プライベートレッスン、


かつ、


先生が自宅まで来てくださるという最上級VIPな待遇。



そんな至れり尽くせりな状況で学んでいるベトナム語。



上達の程は・・・



う~ん。残念。




(´・ω・`)



費用対効果の均衡がまったく釣り合っておりません!



涙・・・


しかし、

ゼロよりマシだ・・・

継続は力なり・・・


と、自己暗示というか催眠術をかけ、だましだまし、

とりあえずは年度末までがんばります。



そんな私のベトナム語の先生は、

日本語も超~ペラペラなチャン先生♡







超かわいい!

超やさしい!

超しっかり者!


そして、チャン先生、

見ての通りかなり若いんだけど、


自分よりも年が若い人に、何かを教えてもらうことって

これまでの人生でなかったので

そして普段は教えてばっかりで、

逆に何かを勉強することって久しぶりなのでとても良い経験!



そんないいとこ尽くしな先生と

そんな先生のやさしさに甘えっぱなしの出来の悪い生徒(ええ、それは私です)との

世間話の中で、



「今ホーチミンでとても流行ってるの!」


と、先生が教えてくれた食べ物がありました。


聞いた時には




「なんじゃその食べ物は?!」


と、ぜ~んぜんピンと来ませんでしたが



後日、家の近くを歩いていると


おばちゃんが売っている姿が見え、



何の気なしに「な~に売ってんだろ~」と見てみると、




先生との世間話で出てきた食べ物の形状そっくり!






おお、発見!!!!!!!!!!!!!!!!!





そして速攻お買い上げ。お値段8000ドン。約40円。やっすー!笑




それがこれ。








ライスペーパー(水に戻す前)を短冊のように切ったのと、

ピーナッツ、乾燥エビ、チリオイル、ウズラの卵、香草、

熟れてないパパイヤの千切りをとにかくまぜまぜしただけのこの食べ物。






「・・・おいしいの?」






そう思った方、



はい。私も同感です。笑



半信半疑で食べてみましたが。



しかし、意外と?これおいしい。



サラダみたいなかんじで。



しかし、解せないのが「流行ってる」ってとこ。




流行るほどのもの?



んなこたぁねぇだろ~!



だって別に普通だし!



そう思いながら食べ終えました。





そして。



数日後。



それはつまり今です。



この記事を書くために

この食べ物のことを思い出しています。




するとなんと不思議なことでしょう。




今。



むっしょーに、むっしょーに


それが食べたい!!!!!!



そして気づく。




先生の言う通り、これは間違いなく流行ってる・・・と。




アイドルグループの中で


「別に特別かわいいってわけでもないんだけどなんか気になる!」


みたいな子のような。


そしてその子を目で追っている!

じわっと少しずつだが、

しかし確実に、その子は俺の頭の中を占めている!!


そして、気づいた時には

はっ


俺ずっと考えてるじゃん!!


めっちゃはまってる!!


てか俺、めっちゃ好きじゃん!!


いつの間に?!



みたいな。


まさにそういう感覚で、今めちゃめちゃ食べたいです。


私が思うのだから、きっとホーチミンの人々もそう思っていることでしょう。


そうだったのか~こういう感覚でみんなはまるのか~納得~


と、


流行るもの、それは、ある種中毒性のあるもの(仮説)




しょーもないことからなんだか一種の普遍性を見い出した気になって

(しかも別に大したことない)

何の変哲もないこのホーチミンで流行ってるこの食べ物が

なんだか神々しく思えています。



そんなホーチミンで流行ってる食べ物。


なんか材料を工夫すれば日本でも作れそうですね。



食べてみたくなった方はぜひ食べてみてください。


本当に材料切って和えるだけ!!!

私でも作れる!!


まだまだ発見していないことだらけです。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
ガーナでの二年間を経て、

ベトナムのホーチミンに移ってから早半年以上経ちました。



ブログを定期的に書かなくなった今でも


なんとな~く


懐かしい気持ち半分、

自分で当時の自分にヒキながら、

でも思い出に浸りたい、

なんか・・・これ、自己満?な気持ち半分で


たまにガーナで書き綴ったブログを読み返したりしています。



そして思う。



良くも悪くも、


やっぱりガーナでの日々を書き綴っておいてよかった、と。


読んでいて、

自分がどういうところでつまずいて、

どういうことが楽しくて、

○○なことを考えたから、○○な行動を起こして

結果、△△な結果に行きついた

みたいなことが

ほ~んとに、客観的に手に取るようにわかりました。

しょーもない日記もたくさんありました。笑


今じゃ、とんと自分の思いを書きとどめる作業をしなくなったおかげで

自分の頭の中を整理することがなくなったように思います。


なぜ書かなくなったかというと、


それはただ単に、


ベトナムでの日々なんて、

ガーナに比べたらエキセントリックじゃないから、

書いたところで、、、んで?何?とか


ふと我に返って、「ブログを書く」ってことを考えると

「芸能人じゃあるまいし・・・」みたいな、

なんだか気恥ずかしい、


とか、


そういう思いが強くなっていって、

書くのが億劫になっておりました。



「自分の考えたこと、思ったこと、日々のこと」を

文字に起こすということがなくなった今、


結局今の自分はどんな具合かというと、


ただただ、たちはだかってくる目の前のことを

ひたすらぶった切るのに一生懸命で


「はっ!いつのまにかこんなに時が経ってた!」


みたいな状況に陥ってしまっています。


日々目の前のことに忙殺されていて、

ふと振り返ってみると、


どんなものに出会って、

自分がどんな風に考えたとか、

どんな思いを経て今こうなっているという過程が、とんとわからなくなる。


ってか全っ然思い出せない。


ということに気が付きました。


あの時の新鮮な気持ちも、

時がたてば別に大したことないものに変わり、

あの時の、びっくり衝撃的な出来事も

「そんなことあったっけ?」みたいに忘れ去られてしまいます。


実際、ホーチミンに赴任して、最初の三か月は

それまでのガーナでの生活が一変して

一番色々なことがあったはずなのに、

本当にわけがわからず日々のことに忙殺されていたおかげで

今、その時のことを思い出せと言われても

全く(ほんとに全く)思い出せません。


どうせ忘れていく生き物なのだから

思い出せないなら、それはそれで仕方ないとか

所詮はそれくらいの些細なエピソードだったんだと思うけど

一瞬一瞬、一日一日、

その時は、自分にとって印象に残っていた日が、

結局忘れ去られていくのは、

私はなんだかもったいないような気がしました。


もちろん、自分の頭の中に自分の考えや思いを

整理して記憶できたら一番いいんでしょうけど

そんなことできるほど優秀な頭じゃないのでできません・・・。無念。


そう思うと、改めて、書くというか、何かに残すって行為は

私にとって大事なことだと思いました。


書くためにも、日々色んなことを考えて、

また自分の糧にしたいなと思うので

お時間あればまたお付き合いください。


しかし、ホーチミンは今日も暑い!!

AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:
photo:01



季節の食べ物を、
時季に合わせて食したり、

季節に合わせて、
自分の装いや、
部屋の中の調度品を、
変えたり加えたり減らしたりすること、

季節の移ろいを実感して、
生活を心豊かなものにしようとすること、
さらにその行為が美しいと思えるのは、
改めて素敵なことだと思いながら過ごす春。

あたかもそんなことしてる風に書きましたが、全くできてないんですけどね笑


薄ピンクの桜も、

真っ黄色の菜の花も美しかったけど、

野に咲いてるお花たちも
それはそれは可憐で素敵だった。

ババァになったもんです、全く。

ガーナでも、

何ヶ月も雨が降らなくて、
やっと来た雨季が嬉しいとか、

マンゴーの時期万歳!!

とか、季節の移ろいというものは多少あったけど、

季節の移ろいや、季節それ自体を、
“美しい”と思う事は、
そういや一度もなかった。

そう思うと、

日本は美しい。


そんな春。


「日本ではね」

「春は、始まりの季節なの。」
別れの、そして出発の。」

「春が?面白いね」

「それはとても東洋的だね」

「植物のサイクルと同じだ」

とある小説の下りですが、


そんな会話の状況に多分に漏れる事なく、

私も、そして一緒にガーナで過ごした隊員の仲間たち、

訓練所で過ごした同期たちも、

日本海外問わず、あちこちに散り
(ホントに世界津々浦々!)

新たなスタートを切ることになりました。

新たなスタートを切ることができること、それ自体本当にありがたいこっちゃです。

新しいことを始めるというのは

多かれ少なかれ、心もとなく不安なもんですが

ホントに、
こんなちっぽけな私ですが、

私以外に私の道を切り拓いてくれる人はいないので、
不安ですが楽しみたいと思います。

協力隊を終える時も書きましたが、

どんな状況であれ、

自分が行動を起こすこと、
悩んでもいいけど、最終的には自分が決断すること、

自分がした選択を肯定して、
ベストを出せるよう努力をすることは
これからも忘れないでいたいなと思います。

こんなん当たり前のことで、
はいはいって感じ、かつ中二病満載発言で申し訳ないんですが、
甘ったれなもんで、
文字にして自分に戒めるつもりで書き、そして公表してみました。


ガーナでもそうだったように、
ベトナムでも、色んなことをまた学んで、精進していきたいです!

では新しいステージ、
張り切って行ってきます!



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
中国に行く前、

かなり日本で大きく取り上げられていたニュースが二つ。


それは日本の尖閣諸島国有化に伴う

中国国内で起きている反日デモの様子。


もう一つは、

首都北京とその近郊の大気汚染のすごさ。


もっとあったかもしれませんが思い出せず、

ここでも自分の残念な感じを露呈していますがあしからず。


特に行く直前は、大気汚染がやばい!

というニュースがあちこちで取り上げられていて

手を変え、品を変え、

とにかく、も~う!と、に、か、く!!!

中国の大気汚染レベルが尋常じゃない、

そこでマスクもせず生活している中国人、

ありえない!!

そして「日本では考えられない汚染レベル」に対して

環境対策が後手になっている中国、

遅れてる!



・・・みたいな感じで報道しているように感じました。


超~主観的ですが許してください。



そして案の定、この報道を見て、


私を含め私の周りは


「本格的なマスク買っていかなきゃ!!」


みたいな超警戒モード。


本格的なマスクって・・・毒ガス用ってこと?笑



あとは「肺が冒されるぞ!!」とかね。



大丈夫だろうと思いつつも、

恐る恐る北京に上陸したわけですが



実際の北京は、

単純に、日本の10倍以上の人口を抱える国の首都なわけで

そりゃその人たちを養う機能が
(養いきれているかどうかは別で)

首都を始めとする大都市に集中しているし、

その分人も住んでいるので、
(東京の人口の二倍が北京にいるとな!!すごい!)

そりゃ~ねぇ~

その人たちが毎日移動するだけでも

日本以上の排気ガスも出るわな~って感じだったけど

春節(お正月)ということもあって、静かな首都で、

「息もできぬ・・・」程

すごい排気ガスでもなかったかな~ってかんじです。


しかしそれ以外にも、北京は、

地理的に一年を通して乾燥している所だし、

もともと、なかなか雨も雪も降らないそうなので

常に埃っぽくスモッグがかかっているのは

一概に工場や車の排気ガスだけのせいでもないらしいです。


素直な感想としては、


あれ?そうでもないじゃん!

ってか工場だけのせいじゃないんじゃん!


って割と呑気でした。




それよりも!!!




ビル!ビル!ビル!



環状線!環状線!


地下鉄ー!!!


三( ゚Д゚)






とにかく北京の発展具合がすごくて、


ほんと、どんどん勢いに乗って国力を上げているのを

手に取るように感じました。

高層ビルとか建てることが

決して国力の象徴になるわけではないんでしょうが


どうしてもインフラというか交通網が整えられているとか

商業用の施設があちこちに建っているとか

そういう外見的は所は、外国人からしてみたら

やっぱり一つの発展の指標として映ってしまいます。


日本ではその発展の裏側というか

貧富の格差ばっかりを取り上げているように思いますが

北京に行ったのは初めてだったので、昔と比較できないけど

素直に北京の発展具合は称賛に値すると思いました。


上からですが


「いや、よく頑張ってるよ中国~(´ー`)」


みたいな。


ほんと何様・・・



上海とか香港はもっとすごいんだろうな~。



上海や香港にはまだまだ劣るかもしれませんが、

それでも十分テクノポリスな様子を呈している北京を見て、


「環境云々の段階ってまだそういう次元じゃないんだな」


と思うと同時に


日本だって、今でこそある程度発展を遂げて

じゃあ環境の事考えていきましょう

もっと持続的に発展していくための手段を考えましょうと

次の段階の事を考えていけるようになっているけど、


これがやっとこさ世界基準に追いついてきている段階だったら


「うるさい、環境なんて言ってる場合じゃねんだよ、

こちとら1億以上も国民がいるのに

それ養うための国力つける方が先なんだよ」


ってなるだろうな~って、

中国の肩持つわけじゃないけど、そう思ったりしました。


でも、


「だからって環境対策を怠るとか後回しというのは

21世紀のこの時代違うよな」とも思いますけど。


そういう意味で、

ただ、やっさやっさと、発展、発展だけを求めていた時代は終わったので

今、やっとこさ、発展発展となっている新興国は

何を取捨選択し、優先するかですけど、難しいですね。



そして中国をやたら馬鹿にしているガーナ人は

ほんっと(強調)恥を知ってほしい!!

ヽ(`Д´)ノ



お前ら「チャイナフォンはすぐ壊れる!」とか

「日本はいいけど中国はやだ」とか

そんなこと言える筋合いじゃないっての、マジで!!!


って北京のビル群を見て思いました。



その後。日本に帰って、


「どうだった?!大気汚染!!やっぱすごいの?」


みたいな質問攻めを食らう中、



「いや~もうそれがやばくてさ!!」



っていう反応をうちの家族は期待していたみたいなんですが


「いや~別に普通だったよ~」


と言うもんだから拍子抜けしてました。


そんで、日本のマスコミが中国へ行って、

未だに、なんやらの装置を振りかざして

「中国の大気汚染が云々」と報道している番組を見て


母は


「な~んか・・・

こういうのってす~んごい大げさなのかな~。

こんな風に中国の事環境に悪い悪いっていうけど、

これで中国旅行する人減ったらかわいそうだよね~

日本がなんぼのもんなんだろね~」


と悟ったらしく、ぼそりと言ってました。



まさにそれ!!!


なんか中国から帰ってきて、

改めて日本の中国報道を見ると、

何かにつけ、悪いとこばっか強調するよな~

いやに煽ってるように見えるな~

でも煽ってどうしたいんだろう?とか

私は個人的に思うし感じます。


どうなんだろうか?



実際そうでもないけどな~と今は思いますが、

でも行かなきゃわかんなかったことなので勉強になりました。



行かなきゃわかんなかったこともうひとつ。


普通にお祭りの的屋で売られていたおもちゃ!!


$Sunny and Rainy



よくよく見ると

Sunny and Rainy


こんな反日のスローガンが堂々と・・・!!


なんじゃこりゃ!マジか!!


これは素直に衝撃!



煽っているのは日本だけじゃなかった!

しかもこんなにも直接的だなんて!




これって中国はどういうスタンスなんだろうか?



気になったのでした。




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。