山本ユキHP エネルギーの学校

ブループリント協会

YEメソッド

 

 トウキョウ 死者の書10まではこちら👇

http://nefer.cocolog-nifty.com/isis/cat24024518/index.html

 

2016/6/30

  

  

消灯後、

まだ、東京の街には早い時間でも、

病院内は、既に向うの世界の扉が開き始めている。

 

私は、そちらの世界に行く時に一人で寂しくないように、

高層ビルの灯りに照らされた父の手を握っていると、

どうして、こんなにみんなが俺のことを好いてくれるんだろうなぁ」

と父。

私は、

「パパのことを嫌いになる理由がないからね」

と、返してみる。

「俺は親父のことを憎み続けてきたからなぁ」

と、父。

私は、

「パパは今世界一愛される父親だね」

と手の甲を撫でてみる。

 

父は、深いところからゆっくりとため息をつき

微笑んでいた。

  

 

父は、小さい頃の自分の家族のことを話したことがなかったけれど、

ここ数ヶ月、夜になると心の奥にしまいこんでいた「思い」

を話すようになっていた。

今まで抑えこんでいた力が尽きたのかもしれないし、

アストラルの世界が、

物質的な日常を覆い始めてきたのかもしれない。

 

 

それはまるで、

死後の自分の人生回帰をするようだった。

 

そして、まだ手放しきれない「思い」は、

ストーリーを作って、夢や幻想の中に繰り返し現れる。

 

そして、そのストーリーを朝になると私に話してくれる。

それもまた、死の扉の向こう側に存在するアストラルの世界である。

 

 

私はただ、

それを元の場所で滞らせないように、

YEメソッドの要領で、

「わかるわかる。そうだよね」とエネルギーの流れの中に流していく。

 

 

父が、向こうに行ってその幻想の世界の中に入ってしまわないように。

 

 

 

 

AD