sumioSLC57の鉄道情報ブログ

ブログの説明を入力します。


テーマ:

1.復活!189系シーハイル(上尾発コース)

1)望郷の上越国境

 夢にまで見た、189系による雪雪の上越国境を在来線で

超えるチャンスが遂に、やってきたビックリマーク

あまりにも有名な、川端康成「雪国」に登場する

上越国境(清水トンネル;谷川岳)。

その峠を子供の頃、父に連れられ、

特急いなほに乗って、上越国境を越えて

鶴岡の親戚の家に行っていたようですが、

ほとんど、在来線で通過した記憶はありません。。

2)快速シーハイル

新幹線スキーが一般的になっても、

根強い人気があった快速シーハイル「上越」号。

大宮~湯沢・石打間をスキー用快速として、

運転されていました。

そんなシーハイルが今年、1日だけ復活DASH!

リーフレットはこちらのブログ↓

http://ameblo.jp/sumioc57/entry-12242283066.html

リーフレットには、

「国鉄塗装車(M51編成)で運転予定ですが、

場合によっては185系で運転する場合もあり、

その場合も旅行代金はお返しません爆弾

なんて、脅し文句もあり、

来る日も、来る日もM51編成が、元気な姿でSumioの前に

現るのを待ちわびる日でした。。。

2.宮原駅誤降車(滝汗

「高崎支社さん、なんで大宮始発じゃないんだョパンチ!~~」と、

文句タラタラで(小心者のSumioが実際に言える訳ではありませんあせる)、

横浜5:25発の東海道(上野東京ライン)線に乗って、

臨時シーハイル始発の上尾(6:40改札集合)に向かったSumio。

大宮駅を過ぎて、ボー――っとしていると、ホームの反対には、

イター━━━(゚∀゚)━━━ー!!!

飛降りて、撮影開始カメラ

カッチョ良すぎますョ、一八クンパー

ヘッドマークが「団体」なのがかなり残念ですが、

大興奮DASH!でSumioが撮影してると、冷静なM氏が

「Sumioさん、次の電車でも上尾駅に間合いますよね……?」

え━━━(゚o゚〃)━━━!!! Whato do you say?Mr.M !」 

そう~、降車駅は上尾の1駅手前、宮原駅だったのです叫びあせる

高崎線は、同時期に「15両化+橋上駅舎化」されたのか、

2面3or4線のホームが標準で、各駅そっくりなのです……。。

一八くんは、上尾駅の撮鉄様の混乱を避けてか

上尾駅に入線せず、1つ手前、宮原駅で時間調整中でした。。。

超、焦りましたが、次の電車でも出発時間には間合うことを確認して、

撮影開始。

カッチョよすぎる特急Tマーク(シンボルマーク)

151系(ボンちゃん)の特急こだま(東京~大阪)から付けられた様で、

国鉄特急の象徴です。

現在は185系(踊り子号)と583系(2017年春廃止報道あり)と

この189系(M50,M51編成)だけしか、現存しない

のではないでしょうか?

ただし、JR西日本381系特急やくもは

シールで頑張ってますひらめき電球(現在乗りたい電車NO2)。

時間があるので、上りホームで下回りも。。

全6両がすべて入りますグッド!

後ろ髪も、カッコイイ。

高崎線宮原駅のエスカレーターに、面白い塗装がビックリマーク

見事にE5系の先頭とESCの先端が合ってますグッド!

3.出発駅上尾

出発7分前に着き、集合の改札口に行っている暇はありません。

ホント、宮原駅と似てるでしょ?(Mさん、言い訳ですm(_ _ )m)

6:58発

時刻が早いせいか、上尾駅のせいか

そんなに大混雑でもなかったです。

4.車内内装チェック

一八くんの内装は、このブログで何度か登場してますが、

改めて、

シートは、簡易リクライニング(写真は越後湯沢にて)。

リクライニング角度は27~28度!

新幹線(25度?)以上ビックリマーク

イスのピッチは、700系新幹線より狭いですが、

ご覧の通り、ヒーター付台座に、つま先が入る工夫があり、

足の1/3が入るのでこれで10cm程度の拡大効果があります。

エアコンは、現在皆無の分散型クーラー。

ピンぼけですみません。洗面台。

回転式水栓(多分)からコック式に変更されています。

そして、toilet of Japanese styleというか

和式便所。

なんとなく、ボカシ入れてみました口笛。。。

5.高崎線(上尾~高崎間)車窓左

埼玉出身のSumioが言うのもなんですが……、

高崎線は、関東で一番退屈な線ではないでしょうか?

トンネルもありません。

大橋梁も群馬の県境までありません。

県庁所在地もありません。

(大宮、熊谷も高崎も県庁所在地ではないですからあせる…)

逆に言えば、どこまでも続く大大関東平野が分かります。

そんな中、何度、静岡・山梨を訪れても

昨年の鉄活で全くご縁の無かった

富士山富士山が車窓左に見えてきます。

会いたいと願って、こちらからお伺いしても会えず……

向こうから、待ち人はやって来てくれましたアップ

但し、埼玉県は山梨側の眺望です。

富士山富士山の眺望に関して、関東では、

距離ではなく、天気晴れが大事ということが言えます。

高崎線は基本、野丁場というか

住宅地と同じ高さに敷設されているので、

家と畑しか見えませんが、時々、立体交差で高架橋に上がると

こうして、秩父の山々が見えてきます。 

写真はありませんが、鴻巣以遠、高崎線は北西に進路を変えるので、

冬の晴れた日は、冠雪した日光連山が見える車窓右の方が綺麗

だと思います。

熊谷駅7:27発

を過ぎると、熊谷貨物ターミナルが見えてきます。

 今年、正月に訪れた西武線横瀬駅で見た

武甲山のセメントがここから秩父鉄道からJRへバタンタッチされて

全国に運ばれるのでしょうか?

「秩父セメント」は現在大手「太平洋セメント」の傘下に入っています。

武甲山セメント記事↓

http://ameblo.jp/sumioc57/entry-12244856800.html

6.高崎駅到着(8:09)

高崎駅構内に入ってくると、上信電鉄の

「富岡製糸工場・世界遺産登録記念電車」が見えてきました。

次回は高崎駅出発からです。

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。