sumioSLC57の鉄道情報ブログ

ブログの説明を入力します。


テーマ:

7.富士山(元富士吉田)駅

国鉄色特急189系(M51編成)を追っかけての帰路、富士山駅。この駅も

鳥居があるんですね~~!?鳥居は富士急の始発駅、大月駅にもあります。

2016年のブログより→

https://ameblo.jp/sumioc57/entry-12209960914.html

富士急の幹部?は鳥居が好きなのかな……?

1)キ・セ・キ・なダイヤ(2018/3/16迄)フジサン特急と快速富士山同時入線

懲りもせず・飽きもせずあせる、帰路も一八九ン臨時快速富士山号

(金曜16:29発)富士山駅で列車を待っていたところ、

ナント・南都・なんと・NantoポーンDASH! フジサン特急(元小田急あさぎり

RSE20000形)がやってくるのではないか叫び!?

うむむ???運用の変更はてなマーク、時刻表の見間違いはてなマーク

しかし、左前方から、ちゃんと一八九ん快速は、ちゃんとやって来て

くれましたグッド!

①平日のかつ2017/12~2018/3/16のかつ(金)のみの運転の

②臨時快速富士山号と富士急フジサン特急が

③同一方向(行き違いではなく)入線できるスイッチバック・富士山駅

のみの条件が重なったキセキの瞬間だったのです。。。

動画も撮影しましたが、一瞬焦ってあせるあせる、カメラカメラを落とどしそうになって

しましました。どうでもいい情報かも知れませんが……、フジサン特急の

壁画「フジサン・キャラクター」達も、すべてお顔が違うようなので、

要確認です。それでは、奇跡の動画をどうぞパー 

8.帰路車内(グレードアップ車両)

 復路は、1号車をキープしたところ、グレードアップ車両でしたグッド!

リクライニング角度指定席は往路で利用した6号車(27度)よりも角度が深い

32度でしたビックリマーク。シートピッチもその分広いのですが、窓と椅子のピッチが

あっていません。椅子によっては窓サッシの横にシートが来てしまう座席も

あります。。。

夜の乗車には便利な、読書灯ひらめき電球もあります。

1)旅の最後も飲鉄で

①帰路のお供は、山梨のソールドリンク「ぶう酎ハイボールサワー(本坊酒造)」。

戦後、山梨県内を中心に広く飲まれていたブドウ酒を焼酎で割って

(ブウ酎)、炭酸ガスを加えたもの。味は期待を裏切らない予想通りの味です。

②つまみは、広島まるか食品の俺のおやつ・いか天マヨネーズカール」。

これもそのネーミングを裏切らないサクサク感。このスナックが凄いのは、

袋の右上をL字型にカット出来、片手で食べれる優れものビックリマーク

ブウ酎ハイボール;https://www.hombo.co.jp/item/wine/bu_chu-hi_ball/

9.惜別最後の国鉄型特急189系

 これで、一八九んと懇情の別れかもしれません汗汗。いつも、下車する

時は、こんな気持ちで見送ります。。

1)大月駅で、富士急→JR東の運転士交代シーン

2)八王子駅で下車

横浜線に乗換え帰るべく、ここでお別れバイバイ

昭和の特急ぽっく、写真を加工してみました。。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。