ライブドアブログにお引越ししました。

「まだお片付けしてないの?」 です。

私、ネット世界でちょっと放浪癖あるかも。

ライブドアの新天地でやり直そうって思ってるの。今度はもっと思い切ったこと言おうって。

今までは自分を知ってる人を想定して書いていたのね、私ってこういう人なのって分かってもらいたくて。でももういいかな。
自分と同世代の人に向けて「もう時間ないでしょ、お片付けして、お家綺麗にして、自分も大人可愛くなって残りの人生を過ごさないって?」そう思ってる人に語りかけていこうって。
実社会では曾祖父がそうだったらしいのよね。妻子を捨て日本各地を彷徨い最後は鎌倉のお寺で住職となって亡くなってる。建長寺のわりと近くのお寺に眠っていてたまに鎌倉行く理由にしてるけど。

私にもその血が流れてるって思いたい。全てを片付けて日本各地放浪するのが最後の夢です。

AD

「お片付けしてたらおしゃれになって可愛くなったって本気で言ってるの?」と、お思いでしょうが、いたって本人は真面目にそう思っています。

服を持たなくなったらおしゃれが楽になったのは本当です。

スタイリストさんが書いた「おしゃれ本」には大概「おしゃれになりたかったらクローゼットを整理しなさいとか、まず服を処分しなさいとか書かれているけどそれは本当だと思う。

 

だいたいおしゃれって何?女の人を永遠に悩ます問題なのに、誰もちゃんと教えてくれないのよね。おしゃれって結局は自分がおしゃれだと思う服を着ればいいってことでしょ。

だって、ほとんどの人が自分で服を作っているわけではなくて、誰かが作った服を着てるわけだから、問われているのは選択するセンスのみ。自分の求める要素とデザインとお金の条件から最適なモノを選んで着てるだけ。

若ければコーディネイトのセンスが問われると思うけど、50過ぎたら大抵のコーディネイトは変。着ているアイテム数が多いほど見た目は変になっていく・・・。色も柄も重ねれば重ねるほど変。って思うのよね。

雑誌の世界の人なんて現実では見たことない!

よく街で見かける50代のコーディネイトも雑誌で見たことない!

一体何を参考にしてるんだろうってたまに不思議に思う。

おしゃれにするにはおしゃれだなと思う服だけを着る。とにかく着るアイテム数を減らすことに限るのだと思う。

自分と同年代で素敵だなって思うのはスーツ、もしくはセットアップをきちんと着ているキャリアな人かな。自分はそういう働き方はできないので、だからスーツは着ない。何か特別な事情が起きれば別だけど、たぶんもうスーツは買うことも着ることもないなあ。

 

で、自分が選択してコレクトしたものはワンピース10枚とジャケット類5枚だけ。毎朝どのワンピにどのジャケットにするか決めるだけだもの、どう組み合わせてもそこそこ大丈夫、なはず。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD

ワンピース今10枚

テーマ:

お片付けしてたら私、おしゃれになって可愛くなったったという54歳のたわ言の続き。

ワンピースは7枚から3枚増えて今10枚。ワンピースが増えた分他を処分したのでほんとうにワンピースしか持ってない。総ハンガー数も30とちょっと。ワンピースにジャケットとかカーディガンとかをプラスするだけ。といってもジャケット×4とカーディガン×3だけなので、毎朝どのワンピースにどのジャケットを合わせるかを決めるだけになったので悩むことも時間をかけることも殆どなし。 

ワンピースの半分はフィフィーユ(FIFILLES)のジャージー素材のもの。良く知らなかったけど、インポートものらしい。しわにならないし、洗濯機で洗ってすぐ乾くしほんと便利なのでセールの時に買うようにしてる。半袖のワンピースをあと2枚くらい増やそうかな。

 

で、どこがおしゃれなのかって思うでしょ?ただフィフィーユ(FIFILLES)のワンピ着てるだけなの。だからここのワンピがおしゃれなのね。

 

さて、今日は娘の大学の入学式の付き添い。スーツは持ってないないし、持つ予定もないので、フィフィーユ(FIFILLES)の半袖ワンピにジャケット(23区)を合わせてパールのネックレスをプラスして出席してきた。このワンピース、夏になったら普通に着ちゃうつもり。特別な機会なんてもうないもの。式に参列するってもうほんとないのだなあって、ちょっとしみじみしてしまった。

 

 

 

AD
 ブログ書くの久しぶり。
ブログって定期的に面倒くさくなって、定期的にまた書こうかなって気になる。仕事じゃないし、個人のブログなのでね、まあこれもありかと。

ブログを書くのをお休みしていた間もお片付けは続けていて、ミニマリストで行こうかと思っていたけど気が付いたら、私、おしゃれになって、可愛くなったような気がする。
まあ、54歳のたわ言と思っていただいていいのだけど。

だからね、54歳のたわごと書きたくなったの。いくつになっても「可愛い人」でいたいって傍から見たら可笑しな話ではあると思うけど、本人としてはいたって真面目というか、約1年半かけてやってきたことだしね。
今から1年半程前に「私、綺麗になりたいの」って言った時は確かに「何言ってんの?頭大丈夫?」って思われることが多々あったように思うけど、最近では久しぶりに会った人が私って分からないことが多いし、まじまじと驚かれることが多くなったな。あと、40代の人から、「その年になってもそういう雰囲気でいる人見ると自分もまだまだ大丈夫って思える」って言われることが多くなった。

だからね、いくつになっても女の人は「お片付け」で変われる、綺麗になれる、おしゃれになれる、可愛くなれるって言いたいなあ。

なんでブログかというと、実際に会った人ってあまり聞いてくれないから。お片付けのこともそうだけど、なんで私に聞いてくれないんだろう・・・・・・。

おしゃれになって可愛くなることと、お片付けの因果関係に興味がないのかな。なのでこのブログで自分が変わっていったこと書いてまとめておこうと思ってるの。興味があったら読んでください。


 クローゼットのミニマム化進行中。

「私、ワンピース7枚しか持ってないの」って話をすると、かなりの確立で「フランス人の服10着みたいだね」って言われる。この本の影響力ってすごい!!

でも「ほんとに7枚なの?」とか、あまり信じてもらえない。このブログで書いていても誰も驚いてくれなくて、つまらないので試しにバイト先で写真見せてみたのね。

「うわぁっ!マジで」ってやっと驚いてくれた。やっぱり私、ミニマリストでいいんだ!

同僚「これだけ?秋冬モノだけじゃなくて?」

私「うん、そうだよ。ほんとにこれだけなの。だから100パーセント稼働してる。服に不自由してる人には見えないでしょ。」

同僚「まあ、本人目の前だしね。でも、ワイドパンツ切ってハーフパンツにしたとか、シャツの袖切って半袖にしたとかの話聞いたときは、服持ってないのか、ちょと変な人なのかとは思ったけど。」

私「それらの服ちゃんと着てるもん。そんな、おかしくないよ。」

同僚「下の箱には何が入ってるの?服?」

私「ううん、服は出てるだけ。下の箱にはアルバムとか思い出の品。30代、40代の写真はほとんど処分してるけど。」

同僚「思い切りがいいなあ。まあ、真似する気も起きないし、勝手にやってって感じかな。」

私「うん。そうする。驚いてくれただけで嬉しいから。」

ミニマムなクローゼットにしてから毎日全開して風と光を入れてる。これしかないお洋服だからとても大事にするようになった。一日着終わったら、きちんとブラシしてハンガーに掛けて戻すようになったし、お洗濯したらきちんと畳んでディスプレイしてる。

いずれはクローゼットの中に自分の持ちモノ全て収めたい。

自分としてはこれで必要十分だと思ってる。さすがにこれ以上減らそうとは思わないけど、いずれワンピース10枚だけにはしてみたい。