江坂で働く社長のブログ 離婚時の家の名義変更やローン・親子間知人間等の個人間売買を低額&定額でサポート♪

離婚による夫婦間の不動産売買、親子・兄弟といった親族間の不動産の個人間売買を低額&定額でサポートする吹田不動産販売(株)・不動産の直接売買サポートセンター代表の浜口孔太郎です!吹田市・豊中市の住宅・投資不動産の仲介も行っています。


テーマ:

今日は池田市石橋にて新年会を行いました。

先月、各自が忙しくスケジュールが合わないこともあり

出来なかった忘年会替わりの新年会です。

池田市の方には悪いのですがローカルな石橋で新年会というのは

かなりレアと言えそうです。

 

もちろん、私以外が池田市在住や池田市で仕事をされている

ということもあるのが石橋で新年会となった理由ですが。

 

お店は石橋駅前の「和バル 石橋らんぷ」さんという

創作和食の居酒屋さんです。

以前、イタリアンイタリアのお店だったところを昨年、居抜きで営業を開始された

まだ新しいお店だそうです。

なので、外観はガラス張りでオシャレな感じ。(暗くてわかりにくい感じですが)

お料理の方はどれもホントに美味しいです。

 

これは牛タンの・・・忘れましたが肉厚の牛タンがすごく

やわらかくてお酒のあてとしてはサイコーです。

これは写真では何なのかわかりにくいのですが、

海老のマヨネーズソース和えだったと思います。

想像していたものと違い、海老が丸ごとカリッと揚げられています。

頭から尻尾までまるごと食べれてしまうという、これも酒のあてに

サイコーの逸品です。

これはメニューの一部ですが手の込んだ創作料理ばかりで

タイトルからだけではいまひとつどういったものなのかが分からない

といった感じです。どれも、美味しいです。

途中で料理の写真を撮ることを忘れてしまいましたが、

 

 

こんな感じです。(最後は雑な終わり方ですいません)

少しボリューム感が足りないかもしれませんが、見た目でも楽しめ、

美味しい、そしてお店も飾り気はなくシンプルなスタイルだけど

オシャレな空間ということもあり平日にもかかわらず満席状態でした。

価格もお手頃なのでなかなか石橋と言う場所に私も用事はないのですが、

行く機会があれば立ち寄りたいお店のひとつとしておすすめです。

 

今回は植田が用事で参加できなかったので、士業の方々と

その事務所に勤務の事務員さん、ファイナンシャルプランナーといった

保険、不動産、登記と各自業種が分かれています。

 

とは言えども、仕事的に繋がりがあり顧客を通じて繋がっている

部分が少なくない間柄でもあり、友人レベルでのお付き合いながら

仕事仲間でもあるといった感じです。

 

それぞれが会社の代表や事業の代表者であることから、

戦術ではなく戦略的な観点から毎回、いろいろなことを

お酒を交わしながら話すこととなります。

そもそも、同業種よりも異業種の方と話すことの方がお互いに
参考になることが多いですね。Yes

そうしたお付き合いを重ねるうちに当たり前の話ですが、気がつけば

私をはじめメンバーも35~42歳と少し差はあるもののアラフォーとなって

しまっています。

 

年を取ると話をするネタが変わります。

今回も概ね、「老後」「人工知能」「働き方」「収入」「離婚」と

多少、ネガティブなキーワードかもしれませんが以前は

気にしなかったことが話題となることも自然な流れのようです。

 

やはり、各自が商売をしている自営業者ですので商売のことが最も

関心のある話となるのは当然ですが、老後の生活や働き方という点が

その次に主な話題になることは今までにはなかったかなと思います。

「健康」に関する話が出てこないだけマシだったのかもしれませんが(笑)

 

よくよく考えると、「健康」「老後」「働き方」「収入」「年金」とあらゆる

キーワードが毎年、同じように出てきますが、結局のところ、

「ライフプラン」と「マネープラン」を自分の人生の中にいかに落とし込んで

計画通りということではなく修正しつつ、実行していくというシンプルな

ことを実行することでリスクは大きく回避できるのかもしれません。

何でもそうですが、まずは計画を立て、早めにスタートを切ることですね。

 

先日、終わったセンター試験の結果で「もっと、あの時がんばっておけば

良かった」と後悔している学生もいるとかもしれませんが、勉強も社会に出てからの

仕事、生き方も自分ひとりの力ではどうしようもない部分があり、結果は伴わない

ことも当然ながらありますが、何でもまずは「計画」「実行」「検証」「再挑戦」

という地道なサイクルに成り立っているだけなのかもしれません。

 

それにしてもローカルな石橋ですが、大阪大学のキャンパスがあることも

あってか、深夜の帰途になりましたが駅前に限って言うと人も多く、街には

活気があります。

商店街のある下町ですが、なかなか良い街です。

 

離婚時のご夫婦間、親子間、兄弟間、親族間、賃貸人と賃借人間、隣人同士と
不動産を直接売買する場合には定額&低額で仲介業務と同じサービスの
個人間売買サポートがお得です♪


吹田不動産販売(株)のホームページ♪

仲介手数料最大50%OFF♪お探しのマイホームのご希望条件のご登録はこちら♪

売却時も手数料がお得!「売却のススメ」はこちら♪

江坂で働く社長 浜口孔太郎のフェイスブックはこちら♪

 

にほんブログ村 住まいブログへ

↑ランキングサイトに参加しています♪是非、ワンクリックをお願いします♪

 

↑こちらのランキングも参加中♪もう一度、ワンクリックをお願いします♪

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

年明け早々のお仕事でお疲れの方もこの3連休で

改めてスタートを切るために少し休憩、なんて方も

おられるかもしれません。

 

さて、そんな3連休の初日(と言ってもサービス業は

土日祝が仕事です)も多数のお問い合わせを頂き、

忙しくお仕事をさせて頂きましたありがとう

 

その中で本日、午前中にお電話を頂いたA様が

ご相談のため、17時に弊社へご来店頂いた時のお話です。

 

ご相談内容はご自宅homeの売買に関してでしたが、

タイトルにある通り、何が酷かったのかというとこんな感じです。

 

1.昨年、とある不動産会社会社にてA様はご自宅の売却を依頼

2.他の不動産会社のお客様による見学などがあるものの

  申し込みには至らない状態残念ながら

3.年末を控え、方向性も検討をし直すことを考慮しA様は

  売却活動を一旦、中止

と、ここまでは普通の流れです。

問題が起きたのはそれからのことです。

 

4.以前に内覧をされたお客様の不動産会社の営業マンが

  A様の自宅が売りに出されていないことからA様に連絡がありました。

  「以前にご見学を頂いたお客様が気に入って頂いているので、

  取引できませんか?」とのこと。

  A様からすると検討を頂けるということで嬉しいお話です。にこ

 

5.営業マンからお客様の希望購入額は売出価格よりも

  1割ほどの値引きをした額ということで、大きな金額ではありましたが、

  A様は先方が良ければ売買をすることを了承する旨の返事をされました。

  

  営業マン「ありがとうございます。早々に取り決めをして3日後に

        契約をさせて頂きます」

  A様   「(内心)えっ?!3日後?!別に問題がなければ良いけど、

        もの凄く急な話だな・・・」

 

そして迎えた契約の前日、A様へ一本の電話が入ります。

電話の主はあの営業マンです。

「いや~、すいません。お客さんがやはり買わないということです」とのこと。

A様からするとこの数日間の急な展開はともかくも、何となく

この営業マンに不信感がありましたので、購入希望者の方は

ともかくも「そうしたことであれば、一度、家に来て頂き、事情を

少し説明してもらいたい」と返事をしました。

 

ピンポーン♪

営業マンがやってきました。

事情説明と言っても購入を断念されるに至った具体的な理由や

話はなく、終始、営業マンがその見込み客に対して「本当に突然で

私もこんな経験、初めてです。どんでもないお客さんです」と開き直り

とはまた違いますが、そのような話に終始する始末です。

 

A様からすると家の購入を断念されることは先方の意向であるから

仕方のないことですので、そこに問題や怒りを感じてはおられません。

ただ、ただ、どことなく腑に落ちないというのが最後まで残っていました。

 

その出来事から数日後、S様は購入するしないということではなく

購入を断念された「本当の理由」が知りたくて購入希望者の方へ

電話をされます。

 

なぜ、電話番号を知っていたのかというところですが、

これはA様のお子様と購入希望者の方のお子様が面識はなかったものの

同じ幼稚園園服に通園されていたという偶然からです。

 

先方に電話をされたS様は事の真相を知ることとなります。

先方が購入を断念された理由、なんだと思われますか?

それはA様から話を聞いた私も今までに聞いたことのない

「あり得ない話」でした。

 

それは・・・

購入希望者の方は購入を検討したいということは営業マンに伝えたが

購入希望額Yenをはじめ金額的なものは提示していないし、話を頂いてから

次々と営業マンの仕切りで決められてしまい不安も生じてきたので、

結果、お断りをすることにしたというのが実際のところだったそうです。

 

A様からすると金額の提示をされていないのに勝手に営業マンが

購入希望額を提示していたことにも驚きましたが、あの営業マンが

信用できないということがやはり購入希望者の方にとっても断念

する大きな理由のひとつであったことがわかり、その点はすっきりと

したというか読みが当たったということではっきりと出来ました。

 

A様は先方が気に入って頂けており、問題がなければ

お取り引きしませんか?ということを伝えられ、その経緯とご相談のために

弊社に見えられたということです。

内容も内容ですが、私の説明が下手で長々と書いてしまい

申し訳ありません。

 

A様としては購入希望者の方も不安な経験をされた上でのお取り引きの

ご相談となることから、先方が安心頂ける内容で無事にお取り引きが

弊社で頂けるかどうかをご相談の中で重視されておられました。

 

当然、私も購入者の方の不安は尽きないと思われましたので

良ければ、一度、弊社に来て頂き、落ち着いてご説明をさせて頂き

それでお決め頂く事でも良いと思いますということでこの日の

ご相談は終了です。

 

話を聞いていても、3日後に契約なんてそもそも、無理なお話で、

住宅ローンを利用される場合にはどれだけ間違いなく融資が

得られる属性の方でも事前審査で承認を得てから不動産の契約を

させて頂く事が通常です。

購入者でもないのに勝手に金額を決め、あることよりもないことばかり

(いわゆる嘘ばかりということになりますが)を伝え、取引を強引に

しようとしたこの営業マン、終始、マトモではないですね悪

 

A様の物件はなかなか探してもそのエリアでは出てこない価格帯と

条件の住宅と言えますので、客観的にも購入希望者様が購入される

には需要と供給のバランスからも資産性の高い、維持できる住宅と

言えますので家そのものは問題なくおススメの物件と言えますホントオススメ*

 

離婚時のご夫婦間、親子間、兄弟間、親族間、賃貸人と賃借人間、隣人同士と
不動産を直接売買する場合には定額&低額で仲介業務と同じサービスの
個人間売買サポートがお得です♪


吹田不動産販売(株)のホームページ♪

仲介手数料最大50%OFF♪お探しのマイホームのご希望条件のご登録はこちら♪

売却時も手数料がお得!「売却のススメ」はこちら♪

江坂で働く社長 浜口孔太郎のフェイスブックはこちら♪

 

にほんブログ村 住まいブログへ

↑ランキングサイトに参加しています♪是非、ワンクリックをお願いします♪

 

↑こちらのランキングも参加中♪もう一度、ワンクリックをお願いします♪

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

明けましておめでとうございます新年

本年も引き続き宜しくお願い申し上げますよろしく

 

本日より弊社の営業が開始となりますが、ポストには

たくさんの年賀状が届いておりました。

皆様、ありがとうございますありがとう

 

その年賀状ですが減少傾向ダウンが続いているようです。

ピークの2003年から比べるとほぼ3分の2に落ち込んでいるということ

ですが、3割弱減るというのはホントに凄い勢いで減っていると言えます。

極端な話、3人に1人が年賀状を全く書かなくなったことと同じですからスゴイ

 

その間に人口がそこまで減ったかと言うとそうではありませんから、

やはりSNSブログ。facebookツイッターの普及、利用者の増加が主な原因であることは間違いありません。

 

そんな昨今の年賀状事情ですが、ポストにあった年賀状の中に

今年はこんな年賀状を頂いてました。

 

差出人を見たとき、「あれっ、誰だろう?!知らない人だなぁ」と思い、

裏面を見てみると定型の印刷文以外に手書きでメッセージがありました。

そのメッセージには・・・

 

「ブログをご覧いただきありがとうございます。

 ご面識はありませんでしたがこれをご縁にご挨拶にでも

 伺わせて頂けたらと思います」

 

と書かれていました。

 

もう一度、表の差出人をよく見てみると業界は違うものの

仕事的にはつながりのある他業種の方からです。

 

今でもそうですが、SNSは情報を得る、拡散するといった点では非常に

便利ですが、本当の意味での「繋がり」という点ではほぼ希薄だと思っています。

 

やはり、人間は生き物ですからリアルな出会い、付き合い、コミュニケーション、

キザに言うと心が通わないと本当に意味のある出会いやその先の付き合い、

仕事などの発生・派生もしにくいと思っています。

 

然しながら、今回、SNSから繋がる(繋げていただいた)年賀状

とでも言うのでしょうか、デジタルからアナログへという流れは

意外と受け手である私にとっては新鮮なものに映りました。

 

日々、ネットやメールの文字、文章に触れてばかりですが、

内容はともかくそこには書き手の人となりや気持ちといったものまでは

なかなか受け手には伝わりにくいといった側面が少なからずあるかもしれません。

 

この年賀状も手書きでメッセージが添えられていることが

デジタルにはない価値を備えており、勝手ながら文章や文体から

「この人、几帳面だな」とか「この人、真面目だな」とか

「この人、マメにセールスしてくるな」とか会ったことがなくとも

勝手に相手を想像してしまいます。

 

デジタル化が進み、すぐそこにある近未来は人工知能(AI)が

「効率化」を重視して追求してしまう側面が大いにあるかと思われますが、

人のハートの部分がアナログだとすれば、そこも踏まえた研究開発による

人工知能の発展を期待したいところです。

 

さて、年初から内容も薄く不動産にも関係のない話で申し訳ないのですが

結局、家探しはアナログ的に実地での見聞が必要です。

効率化を追求しても自分にとって良い家は絶対に見つけられません。

 

今年も情報発信においては皆様にとっての「効率化」をよりいっそう、

努めて参りますが、ご相談や内覧といった対面での営業においては

付加価値を感じていただけるようにアナログ的に取り組むことで

お客様の問題解決、提案を訴求して参ります。

結果、お客様にとっても弊社にとってもより良い一年にしていければ

なによりと思っております。

では、本年も宜しくお願い申し上げます。

 

離婚時のご夫婦間、親子間、兄弟間、親族間、賃貸人と賃借人間、隣人同士と
不動産を直接売買する場合には定額&低額で仲介業務と同じサービスの
個人間売買サポートがお得です♪


吹田不動産販売(株)のホームページ♪

仲介手数料最大50%OFF♪お探しのマイホームのご希望条件のご登録はこちら♪

売却時も手数料がお得!「売却のススメ」はこちら♪

江坂で働く社長 浜口孔太郎のフェイスブックはこちら♪

 

にほんブログ村 住まいブログへ

↑ランキングサイトに参加しています♪是非、ワンクリックをお願いします♪

 

↑こちらのランキングも参加中♪もう一度、ワンクリックをお願いします♪

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。