酔竜の館 新館

FC2の酔竜の館本館をこちらに移転して新館となります。車ネタは今まで通り酔竜の館みんから版、カープネタはスポーツナビでやりますが、それ以外をメインにこちらでやります。バリトンウクレレを広めたいです。

NEW !
テーマ:

何を思ったのかバッティングセンターに行きたいというので、息子2人を連れて行きました。

 

子供たちのことは置いといて(汗)自分も打ってみたのですが、ネタと称して135キロのところに入りました。まあどうせ打てないだろうと。そしたら意外と当たりました。ホームラン性の当たりなんてありませんが、ピッチャーライナーとかサードライナーとかそんな当たりがちらほら。

 

最初の5-6球あたりでふと思ったのですが、無意識のうちに下半身を使って打っていて、そういう時がうまくいっているような気がしました。その後は腕を振る意識なく、下半身に意識を持っていくようなあまり考えないで打つような、そんな感じでやりました。

 

135キロで打つのは30年ぶり以上ですが、昔より当たったような気がします。これは間違いなくゴルフのおかげです。そしてちゃんと下半身を使って打っていたんだなあ、と意外にできた自分をほめてやりたい気分になりました。

 

30球しか打ちませんでしたが、ふくらはぎとか太ももの裏とかに結構な疲労感がありました。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今使っているヤマハインプレスX410Vドライバー(DGR200)はかなり気に入ってはいるのですが、たまに出るプッシュスライスだけが気がかりです。意識的に捕まえようとするとアイアンまでおかしくなりそうなのでそれはしたくありません。

 

ということで同じヤマハで少しつかまりがよさそうなこのドライバーを買ってみました。ゴルフクラブ数値.comを見てみるとフェース角は少しオープンですが重心角がやや大きめ、重心距離がかなり短いというように3つの要素のうち2つがつかまり方向にあります。ちなみにtypeSが付かないXD201はフェース角が少しクローズドになり、重心角がかなり大きくなっています。

 

打ってみたところ少し右に飛び出して結構(20-30yくらい?)フックしました。つかまえないようにと意識するとドローと言ってくれそうな軽いフック。飛距離は43インチほどのX410Vプラス5ヤード(汗)。

 

気を取り直して今度はDGR200を入れて打ってみようと思いますが、爆音系というのがどうにもなじめそうもありません。X410Vは打っていてものすごく気持ちいいのですが、同じインプレスなのにこうも違うのかという感じです。

 

今日はX410Vドライバーは3-4発打ちましたが完璧、アイアンも軽いトップや軽いダフリはありましたがシャンクとかチョロはゼロでした。やはりスタンス狭めはいいです。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ほぼ週1ペースのラウンドを5回やって今は小休止です。スコアは103、116、97、94、109ですから平均するとほぼ平年通り(汗)。

 

ラウンドを増やすと何か見えてくるものがあるかと思ったのですが、今のところはアプローチで練習場とのギャップを感じただけです。練習場より強めに打たないとショートするということで、たったのこれだけ?

 

以前と違って最近は練習場と本番とのギャップに苦しむことはなくなりました。練習場で10球打って1球ミスする程度のスイングの調子だと、本番ではそのミスが5-6球になるという感じだったのが、最近ではその半分くらいになったと言いますか(汗)。

 

練習場でもまだまだやることがあるという感じなので、今後は練習場主体に戻します。先日の練習ではスタンスを狭くして打ってみるともう少しアイアンが安定することがわかりました。あとバックスイングをゆっくり上げて、トップ浅めで切り返すとうまくいく感じ。

 

ドライバー200y弱、アイアンが7番で130y強という飛距離は世間的にはショボいのですが、ドライバーはこんな感じでいいです。あまり飛んでもボールが追えませんし、OBも増えるでしょうし。アイアンはできればもう10y、ですがフットワークが使えるようになればこれは十分可能かもしれません。このままでもラウンドには不都合はないのでOKではあります。

 

パワートルネードがいいような悪いような、という感じなので、狭いホールのセカンドショットは何か別のユーティリティを使った方がいいのかもしれません。これも現状でも大きな問題とまでは言えないのですが。

 

私のゴルフの最終目標、安定して100を切る、たまに80台、たまに100オーバーという感じには近づきつつあります。ラウンドを増やして近づくのもいいのですが、しばらくは練習場で工夫してみます。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

アイアンは可もなく不可もなく。いい感触こそ味わえなかったものの結果としては特に問題ないのでラウンドに支障があるというほどではありません。そういえば一発シャンクがありましたが、体が温まっていなかったからかもしれません。

 

ドライバーはだいたい200y弱と飛距離的にはよかったのですが、右に出てスライスというのが二発ありました。10数球打った中での二発ですから、ラウンドではもっと確率が増えるでしょう。OBになるかどうかは微妙な感じです。特につかまえようと意識して打ったわけではないのですが、つかまえようとすると左へのミスが増えるでしょうし保留。

 

最近週1回ペースでラウンドしていますが、結構しんどいのでペースを落とそうと思っています。ツーリングの季節でもありますし。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

中1番434yPAR5→6(2) 1W当たり悪い引っ掛けFW、打ち上げ44U◎だがバンカー、残125y8I〇ラフ、残27y8I転がし〇オン。5y上りを2パット。
中2番308yPAR4→10(4) 1W引っ掛けラフ(左ドッグレッグをショートカットする感じでやや危険)、残155y77U引っ掛けて木に当たり落ちる(いい方向へのキック)、残40-50y左足下がりSWチョロ、バンカー越えSWチョロバンカー、SW出た、残18yPTで7yにオン→1.5y→外す→外す。
中3番139yPAR3→3(1) 打ち下ろし7I◎右手前カラー、7y→30cmにオンし1パット。
中4番331yPAR4→6(2) 打ち下ろし左ドッグレッグ1Wテンプラ右ラフ、残155y77U◎だがなぜか大ショート、残45ySW強く入り奥カラー、14y→4yにオンし2パット。
中5番345yPAR4→7(3) 右ドッグレッグ1W大きく右に出てラフ(斜面OB方向でヒヤリ)、残145y木がすぐそばなので木の下を6I転がしとするが少し右に出てOB杭をかすめるが結果的にはナイス、残55ySWザックリ、残45ySW〇オン。9y上り→2.5y上り→外す。
中6番472yPAR5→6(2) 1W〇まっすぐ出てフックFW(右のバンカーをうまくよけた)、44UゴロFW、44U少し右に出て少しスライスラフ、残55ySW◎オン。6y上り→50cm。
中7番159yPAR3→5(3) 4I引っ掛けフック木に当たりラフ(暫定球は力ないスライスでバンカー)、残60y打ち上げSW◎オン。12y下り→6y下り→1y→入る。
中8番358yPAR4→6(2) 左にほぼ直角に曲がるドッグレッグ1W引っ掛け斜面に当たり戻るラフ、残170y打ち上げ8I刻みダフリチョロ、残110y打ち上げ8I◎奥にこぼれカラー付近のラフ、PTで24y下りを3y下りにオンし2パット。
中9番341yPAR4→6(3) 打ち上げ1WフックFW、残175y打ち上げ44Uゴロでイノシシで荒れた地面で食われてあまり転がらず、残100y打ち上げ9I◎オン。8y下り→2y下り→外す。

 

東1番307yPAR4→7(2) 打ち下ろし1W◎右ラフ、残90y打ち上げディボット跡AW〇だがバンカーのあごをぎりぎり越えずバンカーに戻る、AWあごに当たり出ず(距離があるのでSWを使わなかったが裏目)、AW出た、残20yをPTで1.5yにオンし2パット。
東2番172yPAR3→4(2) 44Uフックしてラフ、残18y無理やりPTで6yにオン→30cm。
東3番502yPAR5→10(2) 1W当たり悪い右FW、44UフックOB、暫定球を打っていないのでそれらしい場所(軽い崖下)から2ペナ扱いでPWで出す〇、残90yAW当たり悪い引っ掛け、残50yAWチョロラフ(SWを持っていなかった、バンカーに落ちそうだったのでラッキー)、残40yAW◎オン。2.5yを2パット。
東4番395yPAR4→5(2) 打ち下ろし1W〇左ラフ、残り多分200y以上55U左に出て木に当たる、残115y8I◎奥にオン。11y下り→30cm。
東5番170yPAR3→5(2) 44U右に出てラフ、左足下がりSWショート、8y上りをPTで3y上りにオンし2パット。
東6番368yPAR4→5(2) 打ち上げ1W◎低い弾道で軽いフックでFW、残190y打ち上げ44U◎、残35ySW◎オン。6y下り→50cm。
東7番361yPAR4→9(2) 1W引っ掛けフック木に当たり真下に落ち幹のすぐそば、8I転がし〇FWに出す、44Uダフリ、残150y打ち下ろし6I低い引っ掛けフックラフ、SWチョロ、SWショート、SWチップパット◎オン。3y上りを2パット。
東8番498yPAR5→6(2) 1W〇右ラフ、44U◎少し右に出てラフ、残150y5Iダフリショート、残35y8I転がしオン。8yを2パット。
東9番316yPAR4→4(2) 1W◎まっすぐFW(今日一番の当たり)、残100y軽い打ち上げ9I◎少し低い球でオン。4y上りを2パット。

 

得意と思っていた京覧カントリーですが、今回はビッグイニングが何回もあって過去最悪の109(54+55)というスコアでした。

 

ドライバーの前進具合は153y、176y、200y、188y、166y、217y、?(395yで残りが多分200y以上)、178y、?(木に当たった)、216yでした。方向性は最近の中ではかなり悪いですが、スコアの足を引っ張ってはいませんでした。危険な球はあったもののOBはゼロ。

 

ウッド系は44Uはチョロ、ゴロ、フックOB(打った時はやばいとは思わなかったが危険なレイアウトだった)、と最近の中では悪いですがまあ仕方ないです。55Uはあまり使いませんでしたが44Uと大差なし、77Uは大ショートと引っ掛けでいいところなし。

 

アイアンは今回シャフトが届いたので4Iを組み立てラウンドデビューさせたのですが、中7番で暫定球を含めて2回ティアップで打ち2回とも不満な結果でした。5Iは1回だけ地面から使ってダフリましたがまあ今日の調子ではこんなものでしょうか。6番7番はまずまずで8番以下は最高に近いです。

 

一番悪かったのが40y付近のアプローチです。50-60yの時は多少強く入ってもいいやと思って打てるのですが、40y近辺ですと手加減してしまって大ミスがたくさん出ました。あとショットが悪いせいで左足下がりの傾斜地からアプローチをすることが多かったので、それも原因の一つです。

 

そういえばいつもはもっと意識的にゆっくり振っていたかも。最後の方に思い出してチップパット(25yくらい?)をやって成功しましたので、30yとかでいいやと思って40y以下はチップパットにするのも手です。傾斜地からできるでしょうか。

 

パットは22+18の40パットでしたがいつもほどはよくなくて、まあこんなもんでしょうか。3回連続で90台が出たら本物と思いましたがあえなく撃沈。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

昨日夜練習してきたのですが、最初のうちはハーフトップ傾向、慣れてくるともう少しましになりましたが、たまに軽いダフりになったりと決して絶好調ではなかったです。ヘッドスピードテスターは忘れて行ったので飛距離は不明。

 

ドライバーは相変わらず絶好調でした。合計7-8球くらいだったでしょうけどミスショットゼロ、OBかもという球もゼロでした。44Uも55Uもいい感じ。77Uだけちょっと重く感じましたが、鉛をたっぷり貼ってあるので調整するだけです。

 

そしてこのたびMOI測定器のキャリブレーションスティックを発見したので5年ぶり(!)にキャリブレーションしました。そしたら全く別物の数値になってしまいました。

 

NS950GH-Rの入ったヤマハインプレスX V forged2代目の7番アイアンが2588くらい、今使っているタイトリストZ・Bforgedが2580前後、ドライバーが2720くらいという具合に今までより100くらい値が低くなりました。

 

ファルコンまつばらさんのブログにある数字を見る限り、Z・BforgedはPWも含めて全番手シャフトカットをしていることを考えるとどうやらこれで合っているんだと思います。

 

そもそも絶対値は気にせず基準のインプレス7番との比較でやってきたので影響はないのですが、(最近)ここに絶対値を載せないでよかったと思いました。ただ過去には載せているので絶対値は無視してください(汗)。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ベストスコア93を出したのが2007年ですから、それから10年になります。あの頃はまだ若くて(40歳前)、ドライバーの飛距離は220yくらい、アイアンの飛距離も今より10yかもうちょっと出ていたようです。ちなみにその時のシャフトはドライバーがGT700、アイアンがNS1050GH-R。

 

93を出した時はドライバーがたまたま当たったようですが、飛距離は大半が200y前進以下で今と変わりなく、2-3ホールくらいでそれ以上の飛距離が出ていたようです。ちなみにそのラウンドの前後のスコアは109と115で、ドライバーが全然ダメ。93は完全にまぐれだったようです。詳しくは酔竜の館ホームページのゴルフ日記2005-2009で。

 

2011年12月にクラブ慣性モーメントマッチングを導入したのがかなり大きな転換期でした。2-3年前からお勧めいただいていたのですが有用性がわからず、やっと導入しました。導入した直後から激変というわけにはいきませんでしたが、これなしでは今はありません。

 

スイングとしては2013年に2か月間で7回だけですがレッスンを受け、リストターンがうまくできていなかったことに気づきました。そしてレッスンの補助として家での練習で左わきにタオルをはさみ「振り幅小さいフルパワースイング」をやったのは今のスイングに大きくつながっています。しかし2013年5月に五十肩になりレッスンを中断、2013年9月にバイク事故と災難が続いて2014年までは完全に停滞してしまいました。

 

2015年に入り「アプローチのようなショット」の原型ができて、本格的に運用をはじめたのは2016年の途中からのようです。オープンスタンスでSWで50-60y打つイメージで他のアイアンを打つというだけですが、これがはまりました。飛距離はせいぜいフルショットの5y減ほどで、大きなミスがかなり減りました。とうとうドライバーもこれで打つことに。バンカーショットもあまりミスしなくなりました。

 

そして2017年、しばらく使ってきたNS系から離れてTrueTemper系にチェンジ。ドライバーは4回とも好調で、ドライバーからウエッジまでうまくセッティングできた今回の4ラウンド目に結果が出ました。

 

クラブ調整とスイング、どちらが欠けても今回の結果は出なかったでしょう。ゴルフを始めたのが2000年ですから17年も経ってしまいました。すごい回り道ではありますが、この運動オンチの私にしてはよくやったと思います。もっとも次あたりは100を超えるんでしょうけども(汗)。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今回タイトリストZ・Bフォージド+DGR300が一発もチョロもシャンクも出なかっただけでなく、大きく右に出たり引っ掛けたりもありませんでした。せいぜいハーフトップして想定通りの距離が出なかったくらいでしょうか。しっかりとヘッドがターンしてまずまずの精度でボールとコンタクトしたということです。

 

今年の最初の2回のラウンド(竹原と本郷)ではキャロウェイX-18pro+メンフィス10'98が大荒れでした。3/11の記事の本郷の方はラウンド直後は恥ずかしいラウンドメモのアップはできませんでしたが、せっかくですので追記します。

 

3回目のラウンド(京覧)ではワンレングスアイアンを使ったものの、少しましになった程度でした。これはシャフトがダイヤモンドライフルで、一度使ってみたかったからという不純な動機で入れたもので、今回の結果を考えるともう戻る気にはなれません。戻るとしたらDGR300を入れるしかありませんね。

 

世間的にはダイナミックゴールドというと重すぎて使う気になれないという風潮でしょうけども、スペックを見なければそんな感じでもありません。私が基準アイアンとしているヤマハインプレスX V forged2代目の7番アイアン(シャフトNS950GHフレックスR)と比較してみます。

 

インプレスX V forged 36.75インチ(カタログ値) 414g D2.0(カタログ値D0)

Z・Bforged インプレスより0.25インチ程度短い 433g D0.6

 

20gほど重い数字を見ると誰もが「重いなあ」と思われるでしょうけども、クラブ全体の慣性モーメントの値はほぼ同じだったりします。つまりゴルフバッグから抜いて構えるまでは重量感があっても、振るとそんなでもないということです。練習場でDGR300のアイアンを打った直後にNS950GHのに持ち替えても普通に打てました。

 

今回はドライバーとUTにDGR200/300を入れていて、こちらも大きなミスはゼロでしたのでおそらく自分に合っていてアイアンとの調和もとれていたのだと思います。もしかするとこのウッド系のままでアイアンだけNS950GH-Rのセットを入れてもうまくいったりして、なんて思います。掟破りのシャフト重量逆フロー。

 

これだけ結果が出たセットはいじりたくありません。ウッド系は仮組みなのでもう一度組み立てないといけませんが、それもちょっとやりたくないです。次のラウンドで同じような結果が出てくれれば本物かもしれませんが、どうでしょうか。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

東1番307yPAR4→6(3) 打ち下ろし1W右へ出る〇、残105yディボット跡8I◎だがショート、残30yをPTで14y上りにオン△→2y→外す。
東2番172yPAR3→5(2) 172yピン奥44U〇右バンカー方向に飛んだが出たのかラフ、残21yをPTで10yにオン△し2パット。
東3番502yPAR5→7(3) 1W◎軽いフック、44U右の斜面に当たり戻る(弾道が高ければOB)、残170y55U左へ出てバンカー(これもOBの危険があった)、SW◎オン。14y上り→1y→外す。
東4番395yPAR4→5(2) 打ち下ろし1W右へ出てカート道そば、残205y(教えてくれた)44U〇少し左に出る、残40y(歩測で44y)SW◎オン。5y下り→50cm→入る。
東5番170yPAR3→3(2) 55U当たり悪い低い球だがオン。11y上り→1.2y上り→入る。
東6番368yPAR4→5(2) 打ち上げ1W〇(少しヒールか)FW、残180y打ち上げ44U〇少し右に、残50y(歩測で60y、こんなに残ったのは謎)SW〇奥にオン。8y下り→40cm→入る。
東7番361yPAR4→5(2) 1W◎少し右に出てFW、残170y打ち下ろし55U軽く振ってしまいショート、残30ySWショートするがオン。15y→50cm→入る。
東8番498yPAR5→6(2) 1W低い球でまっすぐFW、44U◎右ラフ、残165y55U◎、残27yディボット跡8I転がし強く入り奥にオン。13y下り→2.5y上り→入る。
東9番316yPAR4→5(1) 1W〇少しスライスFW、残165y打ち上げ55U右へ、残20ySWショート、PTで13y→3y上りにオン→入る。

 

西1番335yPAR4→6(3) 1Wトップだがまっすぐ、残170y結構な打ち上げ55Uダフリショートバンカー、SW◎オン。6y上り→50cm上り→ショートし外す(集中力の問題か)。
西2番359yPAR4→5(2) 1W〇まっすぐ(ヒール?)、残170y77U〇低い球で少し左に出て少しスライス手前ラフ、SW◎オン。4y下り→70cm下り→入る。
西3番311yPAR4→6(2) 打ち上げ1W右に出てかなりスライスOB(力んでしまった)、プレ4から残80y打ち上げAW◎オン。11y上り→1.5y上り→入る。
西4番557yPAR5→6(2) 1W◎FW、44U狭いと思ったが少し左へ出てラフ〇、左ドッグレッグで狙いが難しい場面で44U〇左に出過ぎでOBかもと思ったがナイスFW中央、残60ySW◎オーバーだがオン。10y下り→2y上り→入る。
西5番149yPAR3→4(3) 149y+4yピン手前かなりの打ち下ろしアゲ5I〇少し右に出てオン。8y上り→強く入り1.5y下り→外す。
西6番330yPAR4→5(3) 1W少し左に出てフックFW、残130y打ち上げアゲ77U◎オン。10y上り→2.5y→外す。
西7番326yPAR4→4(2) 打ち下ろし1W◎結構転がった、残85y打ち上げ9I◎オン。7y下り→2y下り→入る。
西8番144yPAR3→5(2) ピン手前5Iトップし手前バンカー、SW出ただけ(距離が少しあった)、7yラフ上りをPTで3.5y上りにオンし2パット。
西9番431yPAR5→6(2) 1W〇FW、打ち上げ44U左へ出て斜面に当たり戻るラフ、残130y打ち上げアゲ6I左に出て低いフックでラフ、残20y8I転がし7yにオン→50cm→入る。

 

2週間ぶりの京覧カントリーで、東コースは前回も回りましたが西コースは2年ぶりです。東コースはおおらかなんですが西コースは1-4番あたりまで結構トリッキーです。

 

1-4番の4ホールの合計スコアは2年前はプラス5で今回はプラス6と最近はスコア的には全然悪くなかったのですが、5年前は4ホールでプラス9と大たたき警戒ホールです。そして2年前は狭く感じたようで西1番と西2番は3番アイアンでティショットしていました。あと今回唯一のOBを出してしまった西3番はセカンドで結構打ち上げがきつく同伴者は苦労していて、プレ4でよかったかもと思ったくらいでした。

 

ドライバーはヤマハインプレスX410V+DGR200ですがよかったです。PAR4での前進は202y、190y、188y、191y、151y、165y、189y、OB。200y、241y(例外)、という具合でまずまずいい感じです。フェアウェイは3回外しただけでキープ率は78%でした。もうこれ以上は望みません。

 

今回ウッド系はパワートルネードの44(19度)、55(22度)、77(25度)の3本を入れました。シャフトはいずれもDGR300の.350チップで、44と55がProspec(形はEspecとそっくり)、77がEspecです。左右のぶれはOBを覚悟したケースもいくつかありましたが、まあこんなもんでしょう。チョロが一発もなくて結果は過去最高でした。

 

アイアンはタイトリストZ・Bフォージド(5I-PW)+DGR300ですが、チョロはゼロで大満足の結果でした。ダイナミックゴールドがよかったのか、ドライバーとのバランスがよかったのかは不明です。特に実力が変わったわけではありません。

 

AWとSWは2009年にオーダーしたオリジナルコンボアイアンにDGR300を入れて使いましたがこちらもよかったです。バンカーショットを心配しましたがノーミスでした。SWのアプローチは短いのがショートするミスはありましたがまずまず。あと8番転がしを久々にやりましたが距離感がわからずオーバーしてしまいました。

 

パットはいい感じでした。ショートパットが入ってくれてダボとかトリになりそうなのがボギーやダボになってくれました。時々打ちすぎたり打てなかったりはしますがまあそれはそれで。19+21の40パットはまあこんなもんです。あとラフから結構強引にパター(さくらゴルフL字)を使って芝に食われてショート気味に乗ることもありましたが、パター以外ではさらに悪かったと思いますので仕方ないです。

 

スコアは47+47の94と、2007年(10年前!)に出したベスト93(43+50)に迫るスコアが出ました。京覧カントリーは相性がよく、2012年5月に103、2015年5月に101、そして2週間前の97といういいスコアが出ています。今後これよりいいプレイができるかというと想像できませんが、まぐれがあった時に90が切れそうな気がします。それで十分です。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

この間の116を叩いた時ですが、アイアンがひどかったことは書きました。激しくトップしてゴロとかチョロとか、大ダフりしてチョロとか、こんなのはいくら簡単なアイアンを使っても救済されないでしょう。ではそうではない時のアイアンって果たして救済機能が働いているものなんでしょうか。

 

失意の中いろんなホームページをチェックしていて、アナライズのT島さんの記事にたどり着きました。「もう一度買いたいあの名器・・・」というタイトルなんですが、衝撃の事実?がありました。マッスルのスイートエリアが半径3mmだとして、セミキャビティは半径5mm、簡単系アイアンは半径8mm、そして半径8mmの恩恵を受けられるのはハンデ18くらいとのこと。がーん。

 

私はハンデ18相当のショット力を得ることが最終目標なので、そこにたどり着くまでは何を使っても一緒なのかもしれません。実際問題2015年のはじめにミズノMP-37というマッスルを使っていたのですが、練習場では普通にいい感触を味わえていて、ミスばかりという感じではなかったです。ラウンドで2回使いましたが、記録を見ると今この結果が出れば楽に100が切れるんじゃないかと思うくらいです。

 

おそらくアイアンで一番大事なのがウッド系と調和がとれていて、変に調整することなく無意識のスイングで全番手が打てることです。つまりシャフトなどヘッド以外の要素の方がはるかに重要で、これがうまくいっていないと救済どころではないミスが出ます。

 

で、そのあたりがクリアできていても私のレベルではマッスルと簡単系アイアンの違いが出ないとしたら・・・さすがにハーフトップがナイスショットになったり、スライスが半分の幅になったりすることはあってくれないと困ると思うのですが。

 

鹿又さんの「スコアアップできない原因の50%は間違いなくあなたのクラブです」という本にはマッスルでも6番(ロフト31度前後)以下は難しくないと書いてありました。確かに難し目アイアンが思ったほどは難しくないという意味ではT島さんの説はある程度納得がいくのですが。

 

結局のところ4番5番のところはどんなアイアンでも難しくて、UTを入れるのが正解なのかもしれません。そして6番以下はマッスルで(汗)。もっとも4番5番というのは少しシャフトをカットしてバランスを落として振りやすくした状態と比較しないといけないとは思いますが。今後いろいろ試してみます。

いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。