モリカケ、モリカケばかりか財務次官の個人攻撃まで『デッチ上げて』現政権にダメージを与えようと必死ですが、本当に hagure1945 さんの上記記事にもありますよーに

「私は今回の会談はとても大事な出来事だと思います。日本の国会は野党が低能なおかげで外交についての突込みがまったくありません」

というまさにお言葉通りで、国会では“学級崩壊状態w”本来もっと議論すべきコトが置き去りにされています

そのコトをTV新聞のマスコミは批判するどころか、逆にその片棒を担いで援護射撃するような扇動報道ばかり繰り返してします。

いえ……扇動報道それどころか“恣意的捏造”呼んで差し支えの無い――まるで

「自分たちの都合の悪いこと=虚偽
都合が悪いっていうか自分達の妄想シナリオに沿った証言じゃなきゃ虚偽! 虚偽!

自分たちに都合の良い真実を話せ!」

といわんがばかりの報道ばかりを繰り返しています!?

 

 

現状、日本のマスメディアがこのようなメディハラあったり前に成り下がり、冤罪デッチアゲも平気な有様になってんのは、ぶっちゃけいってしまいますとサヨクと特亜系在日に乗っ取られてるからでしょう ┐( ̄ヘ ̄)┌
まあ「第四の権力」だなんてジャーナリズムを勘違いしたニッポンのマスゴミは、
本来の責務である「反権力」の立場で、政府や巨大資本の不正を追及するジャーナリズム」
ではなく
特亜に都合の悪い政権を引きずり降ろし、反日売国ありきの野党をその後釜に据える」
コトをひたすら目的に、針大棒小どころか「捏造」してまでも恣意的報道を繰返している「報道しない自由」を最大限に利用し、国民を愚民扱いして扇動し誤誘導して止まない存在に成り下がっています!(怒
こーいう思い上がりを長年許して来たのも新聞やTVといった『圧倒的で一方的な発信媒体』の独占を許して来たからにあるが
ネット社会の到来と共にその“神通力”は失われつつあるw
代わりに「事実の拡散」「報道、ニュースの再検証」「過去のニュースの記録蓄積」が進み、マスメディアが「果たしてマスコミか? マスゴミか?」厳しく批評に晒されるコトになった事が大きい。
これまでのようなマスゴミ得意の手法が通用しなくなっただけでなく、「マスゴミにとって“都合の悪い真実”が広く知られるようになった――偏向報道や日中報道規制、在日特権や韓国の異様な反日から押し紙や視聴率の信憑性までw

この結果、『公正公平な判断材料』がようやく提供されるようになった結果、日本において反日売国のサヨクや野党、マスゴミ勢力の失墜がドンドン進んでいます。

また特亜在日勢力の侵略浸透北のみならず中韓の反日の異様さが広く認知されドン引きされているダケでなく、戦後自虐史観からの脱却も進み日本社会の急速な意識改革がまさに現在進行形で成し遂げられつつあるw

 

このコトは特亜という呼び名――中韓北(プラス露も?)の特定アジア諸国他の親日的な大多数のアジア諸国と区別する“新用語”の急速な広がりにも見ることはできるだろうw

 

もともと『特亜』とは2chを始めとするネット上での隠語に近いマイナーな呼び名であったが、今や日本ですっかり定着したといって過言ではないでしょう!

 

この事を促進したのはネットの普及ですが、そもそもの原因は特亜と国内のその走狗ども

「異様な反日と日本貶め」

にあったワケでまさに反日売国勢力の自滅、自業自得ですネw

 

「ヒトのイヤガルことを率先してヤリマショウ」とは小学校から戦争指導の参謀本部まで『共通した美徳w』ですが……特亜の反日や日帝史観、さらに日本国内に今まで蔓延っていた“自虐史観”はそのほとんどが『捏造デッチ上げ』強請タカリの為の道具に過ぎないことが明らかになりましたからねぇ?w

 

今度はこちらの――日本国民の番ですw

ただ「ヒトのイヤガルことを率先してヤリマショウ」ということを、特亜や国内サヨク、在日にマスゴミ勢力が「ひたすら嫌がるコト」を

 

まさしく――自虐史観からの脱却から、安部政権の対韓無視、対中包囲網形成外交から、本日取り上げている『国会における野党の異様な上げ足取り、スキャンダル頼りの政局戦術』『マスゴミの偏向報道の検証と打破』まで――まあ“真っ当”な話をただ淡々と進めて行けばいいだけですw 

 

ただそれだけで、日本社会と日本国民が戦前の歴史史観の正当な再評価と、特亜の言動日本国内の野党の行動、そしてTV新聞から雑誌までのマスコミの報道が

「果たしてマスコミュニケーションと評価すべき責務をちゃんと果たしているかどうか?」

を検証しキチンと見ていく――繰り返しますが「ただそれだけで」奴らの邪な悪意や侵略を挫く事ができるでしょう ┐( ̄ヘ ̄)┌ 

 

 

ちなみにモリカケ問題で明らかになったスキャンダルは、「公文書の書き換え」などが失格なのは失格です。

しかし失格なのは官僚と政府の関係であり、今に始まった事ではない。

問題なのはこうした官の問題を政争に結びつけて、党利党略のネタにしようとする野党と、それに追従するマスコミによる空騒ぎで、本質が隠れ、官が焼け太りし続ける現状でしょう。
ましてやその事で特亜が漁夫の利を得るなどとは言語道断です!

 

そもそも民主党政権下での「仕訳け」などを含めた一連の政治による官のコントロールの結果が「忖度」だと言うのならば「また政治は官僚にコントロールされる時代が正しい」とされ、再び官僚政治の肥大化を招く事になる。

だいたい官僚の組織防衛に大臣が責任とってたら、気に入らない大臣やめさせる工作が簡単に出来るじゃあないですか!?
結果、逆に自民党じゃない政権なってもやられかねなくなるわけだ……だが野党には目の前の安倍打倒しか目に入ってない。
そもそも以前民主党政権時に厚労省でも改竄があって、長妻辞めてないし今の野党に現政権を批判できる人間がどれだけいるというのでしょう?(棒

 

モリカケ問題も首尾一貫して普通に説明しとったやんけw
改竄問題は財務省内の問題だと、獣医科新設はミンス政権時代からの規制緩和に過ぎないとw

 

結論ありきで、なんとか『政治問題』にしようとするから話が続いているだけで不毛極まりない┐( ̄ヘ ̄)┌

逆に裏返していえば「モリカケ問題くらいしか攻撃材料が無い」んで野党もマスゴミも執拗に執着するしかなくなっている

ただそれだけのことじゃねーか相変わらずバカだね

 

そもそも政治家案件なら最初からそんな不自然な書類が存在していること自体がおかしい
誰に説明するための資料なのさ?

上に行くほど事情を知る案件でそんな資料は不必要どころか、自分たちの首を絞める害にしかならん
やる意味無えじゃんw

最初からこういう結果になるのは目に見えていただろ?w
文書の改竄だろうと土地の値引きだろうとそれを安倍なり麻生なりが指示したっていう音声テープやメールとかの証拠を持って来いよ

それがないとまた同じ事延々と繰り返すだけ(−_−#)
てか金正恩中国訪問とか貿易戦争とかよりもモリトモの話ばっかの野党やマスコミって気が狂ってるの?

ま、野党やマスゴミは「日本語が不自由な人」が多いからしょうがないね┐( ̄ヘ ̄)┌(棒

 

 

 

 

……とでも?(怒

私もhagure1945 さんも一番言いたいことはそーいうことなんですが、多くの国民も冷ややかな目で見つめるその視線を日本の野党やマスゴミは理解できないらしい

 

もうこうなると某チャーチルの言葉ではないが20歳を過ぎて左翼に傾倒している者は知能が足りない としか言いようがないでしょう(棒 ┐( ̄ヘ ̄)┌

 

このようにしか考えられねぇんですが……ドコがどう間違っているんですかね?(棒

 

まあ、間違っていないから「選挙の度に野党が議席を減らす」んでしょうケドw

 

 

タイトル鬼子っ










 

人気ブログランキング参加しました~w よしければクリックお願いします

なんか……日々生命力というか体が衰えて行っているのを実感してしまう。

五十代が目の前とはいえ、(一応)四十代の“若さ”でいうこっちゃ無いのは判るんだけど……十代二十代の頃の『若さに任せて多少の擦り傷打ち傷切り傷はヘッチャラだったw』頃と比べて――今の『少しの擦り傷でも油断してると悪化し、しかもなかなか治ってくれない(泣』とかいう現状やら。

少し動いただけで息切れする体力無さ……とかと見比べてしまうと「若さ」って「健康ーっ」って“大事なんだ”とつくづく思い知らされます(爆

 

……あと、ヤッパリ去年あたりからなんか『記憶が飛ぶ』というか?

身に覚えのない痣とか打ち傷切り傷ができていたりすることが時々あると――不安というか、恐怖を感じてしまいます(>_<)

しかもね……記憶が時々飛ぶというか、身に覚えのないケガとか行動を『取ってるらしい!?』その原因がまだ分からない!? と来たモンだから……ネェ?

 

これが脳の疾患とか若年性アルツハイマーとか(いわれても困るけどw)いっそハッキリした方が「諦めもつく」というモノかも知れませんが!?

まだ改めて検査を受けるコトになってるとはいえど、原因はよく分かりませんからねぇ?

 

一応、無理無茶な“体重増加(自業自得)”で除水量が多かったりして「透析がキツカッタ直後」にそーいう記憶があやふやな事案が起きてるんで「もう、無理な除水等の負担には(特に心臓とか)体が衰えて耐えられなくなってる」コトの現れだと薄々わかってるんだけどネ~(´□`。)

 

こう書いてて「実は原因分かってんじゃん!w」とかツッコマレそうですが……体力の衰えばかりはいかんともしがたくど~しようもないというか――弱体化にケガとか傷とかで体力維持の運動も思うようにできず悪循環というか……ムムム(x_x;)

 

いずれにしてもそう長くないか? あるいは「なんだかんだいいつつ“衰弱しながら長生き”するか?」のどちらかでしょう(´・ω・`)

 

 

まあ、人の運命なんて、寿命なんて神様が決めるモンですから、生きてる内は「痛いイタイ。苦しいクルシイ」とかいいながらも命根性汚く生に縋りついて生きていくしかないんですけどねっΣ\( ̄ー ̄;)

命冥加につきるのか?

はたまた『まだ生きて成すコト』があるというコトなのか?

少し頑張ってみようと思います……たとえ明日世界が終わりが来ようとも

 

 

まあ、シリアと北朝鮮で第三次世界大戦が……なんか、欧米西側vs中露、イランとアラブ世界の最終戦争(ハルマゲドン)が勃発しそうですけどw

しかし……シリアへの米英仏のミサイル攻撃で嘘か真か? ロシア(旧東側)製の防空システムの限界が露呈しましたが。

もしも米側の発表通り「百発超のミサイルが撃ち込まれ」それでロシアがいってるよーに「31発から70発くらい“しか”撃ち落とせ”なかった”のだとしたら……そら、中露が日本や韓国にTHHADやイージスアシェアの導入配備を「あんだけ嫌がる」ハズですわw

 

だって、ただでさえ「西側の対空レーダーミサイル網」は旧東側の中露より段違いに優秀で優位なのは間違いないですのに、THHADやイージスアシェアなんて配備されたら弾道ミサイルから通常兵器による爆撃まで西側の圧倒的有利が確立されてしまいますやんw

 

冷戦時代でも中ソ合わせても予想されていたほど核兵器を揃えれなくて実際は「弾頭数」や保有メガトン量で圧倒的劣勢であったのに、今や核兵器や巡航ミサイルにステルス戦闘機や無人機、空母艦隊なんていう“矛”だけでなく、早期警戒システムや防空ミサイル網などの“盾”でアメリカの圧倒的な優位、国家としての生存性の劇的な格差! がハッキリしようとしていますモノ!

 

ま~冷戦時代からの話ですが……ソ連はともかく中共は未だに「自国に向かってどこからか弾道ミサイルを撃ち込まれても“いったいドコの国が攻撃して来たか? ”直前”どころか撃ち込まれてからも特定するのは困難な対空監視網しか持ち合わせていない!?」

というんですから!?

 

と、いいますのも中国が例えば、東シナ海に設定した防空識別圏なんてものがありましたが、その設定をめぐり米軍が無警告で爆撃機を二機、中国が設定した防空識別圏を横切らせて飛んで見せたケド、「米側が発表w」するまで中国は全然気付かず、認識できず大恥をかきましたが……要はミサイルも爆撃機も同じです。

領空領土に本土に侵入されるまで、旧ソ連や米国、日本やNATOと違って領土領空域外の遠方への警戒監視体制を常時敷く技術力もエネルギー浪費も中共なんかは全然できていないんです。

 

見た目は立派なオモチャ(正面装備)を買い揃えてたりしますけど、パイロットの訓練時間が西側の半分程度で燃料代には手が回らなかったりするように、二十四時間弾道ミサイルや領空侵犯を警戒しての防空レーダー網をフル稼働で維持していくには莫大なエネルギーを浪費します。

しかもなるだけ遠方に、しかも観測は精密に行うには高性能のレーダーが必要です。

しかし冷戦後もアメリカを筆頭に、そーした最新で高性能な電子機器を構成する部品や素材、技術の輸出流出を中露に対して警戒し、禁じています。

 

結果、防空システム、早期監視体制において現実には日欧米の西側と中露や反欧米諸国の間には絶望的な格差が存在する……といってしまって間違いはないでしょう(`・ω・´)ゞ

 

んで、シリアの一件なんですが……たとえロシアの発表が正しかろうとハッタリだろうと、現状の巡航ミサイルや弾道ミサイルを防ぐことは東側には不可能な一方で、西側は――特にアメリカは、ある程度の被害は覚悟せねばならぬとしても、同じ核戦争に突入してもある程度は防げてしまう――だろうというコトが見えてしまうんですよねぇ?

 

無論、日本や欧州は米国を守るフロントライン(最前線)扱いでいい面の皮ですが、欧州と極東にTHHADやイージスアシェアなどを配備するコトで米国は強力な“盾”を手にする事になります。

事前にサイバー攻撃で目を潰すか?

あるいは核テロでも起こさない限り、米国をまともに攻撃を成功させる事は難しいんじゃないでしょうか?

 

まあ、軍事予算を分捕る為に「ホントのコト」をいう軍人や専門家はいませんが、これらはある意味で現代軍事の常識です(棒

 

 

 

こーした点も考えて今後の世界情勢――特に中東と北朝鮮=中露に対する日本を含む欧米西側の動きを読むと……まあ、色々と『想像がつく』んじゃないでしょうか?w

 

 

タイトル鬼子っ










 

人気ブログランキング参加しました~w よしければクリックお願いします

 


 

健康ではないこの身でも……

テーマ:

前回、血圧が下がって書きかけで

「ギブアップ」

してしまいましたが……昨日の透析でも『除水量が多く』今日も血圧が低迷し不調で唸ってます(泣

 

しかし……昼頃にようやく血圧も上向いて来てくれて、安静にしていたら――母から電話がありました。

私の母は、結構近くに住んでまして、給食調理員を退職してから、それなりに元気にやっておられます。

その一方で、齢70に手が届く年になっていますからやはり体力などが落ちているらしく、私がいうのもなんですが……心配です。

 

今日も電話をかけて来たのも「ヘルプ!」で、急に体調を崩しお腹をコワしたみたいだというのです!?

今週、先月から『御講』といってお寺の御坊さんと信者の方を招いて御受業とかといって念仏を唱えてもらうイベントがあってその用意で色々と忙しかったみたいですが――それを終えて「疲れがドッと出た」みたいです。

 

私も別にそんなに大したことはできませんが、母に頼まれ『胃腸薬』とあとおかゆや茶わん蒸しなどを差し入れで買って母の家に行ってきました。

 

 

本当にたいした事はできないんですが……それでもイザという時、

『生きていて元気でさえいれば』

何かやってあげられるんですよねぇ。

逆に私が母の世話になるコト(の方が多いかも!?)ですが、自分なりに母が困ったり、手助けが必要な時は「できうる限り」助けや協力の手を差し伸べてあげたいです。

 

無論、不甲斐ない「体の壊れた」自分自身の面倒を先に見ろ! という話であるんですが――思うようにならない自分自身の体や健康に忸怩たるモノがあります。

 

それでも「生きてる」内は、「何か為すべきコト、成せることがまだある」のだ! と信じ頑張って生きていきたいです。

 

過去に描いた絵なんかを今日は見ながらそんな事を考えました。

 

タイトル鬼子っ










 

人気ブログランキング参加しました~w よしければクリックお願いします