このブログで伝えたいことは3つです。

1.継続は力なり
2.本は素晴らしいツール
3.仕事もプライベートも充実させよう!


私は2006年に大学を卒業し、不動産会社の本社経理担当になりました。
まず就職活動中に読書をするきっかけがあり、年々読む量が増えていきました。
社会人1年目の2006年11月よりこのブログをスタートさせ、一念発起して2007年より毎日更新することを決め、2014年2月現在で連続更新は2,600日を突破しました。

その結果、得られたのは・・・

「たくさんのご縁、仲間の獲得」
「仕事もプライベートも充実した時間」
「仕事だけでは得られないチャンス」

私がしてきたのは、毎日ブログを書くことだけ。
ブログで交流した友人から誘われてセミナーに参加し、経営者やフリーランスでビジネスをされている方、同年代でがんばっている会社員の方などに出会い、刺激を受けて読書量を増やし、社外での交流も積極的にし、ブログやSNSで発信し続け、仕事にも熱心に取り組みました。

縁と運。
これは、自分が感じて、考えて、行動した量に比例して良くなっていくものであると、私は自分自身の経験から学びました。
実際にお会いするすごい人たちは、感性が豊かだし、たくさん考えているし、常に動き回っています。

私にできるのはささやかで、本を読んで、人と会って、いろいろ考えて、情報収集して、行動した結果をブログに淡々と綴っていくだけです。

1つ言えるのは、続けること自体は難しいことではないけれど、実際に続けている人というのは少数だということです。
面倒臭くなったり、後回しにしてしまったり、人間は怠惰なので自分で決めたことを守ることが難しいのです。

絶対的な1位になることは、めちゃくちゃ難しいことです。
相対的な1位になることは、案外難しくないことです。
例えば、クラスで1番になれるくらいのことが何か1つでもあれば、それでいいんです。
続けていれば、クラスで1番にはすぐになれます。

クラスで1番なら数十人に1人の存在ですよね。
これが複数あれば数百人に1人、数千人に1人・・・となっていきます。
恐らく、私と同じくらい発信を続けている人は、日本にもそう多くないはずです。

継続は力なり、とは、そういうことを意味するのだと私は思います。


<経歴>
1983年 神奈川県横浜市で生まれる
2002年 明治学院大学法学部政治学科入学
2006年 同大学卒業
    不動産会社へ入社、親会社の決算担当となる 
    アメブロ開始
2007年 ブログの連続更新を開始
    固定資産担当となり、手管理からシステム管理へ切替
2008年 親会社に加え、子会社の決算担当となる
    初めてのセミナーに参加
    「83年会」を結成
    「書評ブロガーマトリックス」掲載
2009年 会計システム切替メンバーとなる
    ブログの連続更新1,000日を突破
    アメブロプレミアムメンバーズに認定
2010年 小口精算のシステム化を実現
    勉強会やセミナーの主催を積極的に開始
    83年会の取材を受ける(NTTアド「空気読本」)
    日本経済新聞夕刊の取材を受ける
    「日経アソシエ」「日経WOMAN」「週刊朝日」掲載
2011年 大会社となり、会計監査導入のリーダーを務める
    会社で優秀社員賞を受賞
    「BIG Tomorrow」別冊に掲載
    「新刊JP」「日経WOMANオンライン」掲載
2012年 業務システムの自動仕訳構築、検証を担当
    ブログの連続更新2,000日を突破
    集英社様とスイーツ会を開催
    出版イベント多数開催
2013年 消費税対策PJを提案、メンバーとなる
    「勉強会フェス」を主催
    「ビジネス書大賞」選考委員
    「日経アソシエ」「日本経済新聞」「日経BPムック」掲載
2014年 宝島社「TJMook」掲載
    「ビジネス書大賞」選考委員


読者になる

follow us in feedly
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
May 26, 2016 23:47:40

【雑記】お金について、もっと積極的に話したほうがいいと思う

テーマ:日々の徒然
こんばんは。

今夜は、目黒で友人と会食でした。
手頃な値段でおいしくいただける、
大衆ビストロにて。


{B116365E-1BEB-47B3-8D8A-E62CC5BC4198}


いろいろな話題が出ました。
仕事のこと、家庭のこと…
その中で、最も印象的だったのは、
お金の話をしたことです。

私はわりと、お金の話は、
オープンにするタイプです。
でも、今日ご一緒した方々は、
「新鮮だ」と言っていました。

確かに、お金の話について、
オープンに話す機会は、
あまりないのかもしれません。

家庭のお金の管理。
住宅事情や生活費のこと。
実家や相続の問題。

こういう話というのは、
話さないと情報が入ってきません。
本やネットでわかる情報は、
それだけだとあまり役立たない
レベルでしかありません。

やはり、実体験レベルの情報が、
本当に役立つ情報です。
これは、人からしか入ってきません。

先日ご紹介した本
『とことん調べる人だけが夢を実現できる』
によれば、情報というのは、
情報を持っている人のもとに
集まってくる性質があるといいます。

情報を仕入れて、それを発信すると、
さらに情報が入ってきます。
つまり、まずは話さなければ、
情報は入ってこないということです。

お金の問題は、とても重要です。
重要だからこそ、情報が貴重です。

話す人やタイミングについては、
選ぶ必要があると思います。
そのうえで、気の置けない人には、
お金の話をするといいと思います。

実は、似たような悩みを、
誰かも抱えているかもしれませんよ。











1日1クリック応援お願いします☆

皆さんの応援でランキングが上がります!!!

ぜひ当ブログを人気ブログにするために1票いただけるとうれしいです♪



feedlyへの登録はこちら!
follow us in feedly


ブログランキングならblogram



とことん調べる人だけが夢を実現できる (Sanctuary books)

AD
いいね!(6)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
May 25, 2016 22:54:05

【読書日記】問題解決のアイデアは、自分の中に潜んでいる―『インクルージョン思考』

テーマ:読書日記
こんばんは。
本日の1冊はコチラ↓


『複数の問題を一気に解決する インクルージョン思考』 石田 章洋 大和書房

問題が次から次に発生する。
問題がこじれて解決が見えない。
意見が他人と対立ばかりする。

一向に解決しない問題に対して、
いらだちや焦りを感じて、
さらに解決が遠のいてしまう…

問題を一気に解決してくれる、
画期的なアイデアがあればいいのに。
思考は停止していくばかり。

八方塞がりになっている。
そう感じる場面であっても、
解決する手段はあります。

本書で紹介されている、
「インクルージョン思考」は、
そのための思考法です。

インクルージョンとは「包括的」という意味。

つまり、複数の問題を一気に解決する、
包括的なアイデアを生むための思考法が、
インクルージョン思考です。

そのような言い方をすると、
画期的な発想法に思えてきますが、
全くそんなことはありません。

今、身近にある材料の中で、
複数の問題を一気に解決できるのが、
インクルージョン思考なのです。

そもそも、なぜ複数の問題は、
起きてしまうのでしょうか。
ここが分かれば、問題の発生を
防げるかもしれません。

『少し離れた場所から全体を見てみれば、じつは目指すところは同じで、「顧客を満足させることで売上を上げる」ことであると気づけるはずです。つまり、問題をミクロにとらえている限り、マクロな視点での問題は見えないのです。』(P35)

物事の見方は重要です。
そもそも問題を捉えられないと、
解決の糸口は見つかりません。

現実をきちんと見ずに、
ひらめきやアイデアに頼って、
強引に解決しようとすれば、
迷宮入りは必至です。

アイデアを考えているのに、
思い込みに囚われてしまう。
だから、本当は目の前にある、
当たり前の解決策でさえも、
目に入って来ないのです。

こういった思考の障害を、
まずは取り除く必要があります。
実際の価値あるアイデアとは
あまりにも当たり前に思えることで
ある場合も多いのです。

つまり、思考の障害となっているのは、
他でもない自分自身なのです。

『「オレはこうしたい」と考えている限り、永遠にインクルーシブなアイデアは発想できません。なぜならインクルーシブなアイデアは「世界をもっとよいものにしたい」「多くの人を笑顔にしたい」といった"利他"の精神から生まれるものだからです。一方、そうでないアイデアの多くは"利己"の精神から生まれています。』(P55)

問題を解決できるアイデアは、
自分がしたいことではなく、
他人も納得できるアイデアです。

では、具体的に、
インクルージョン思考とは、
どのような手順で行うのでしょうか。

「インクルーシブなアイデアへの4ステップ」として、

①高次の目的を決めて旅立つ
②目的に従って材料を集める
③異なる分野の材料をつなげる
④手放して「ひらめき」とともに帰ってくる

以上の4つがあります。

特にポイントになってくるのは、
「③異なる分野の材料をつなげる」
ではないかと、私は思います。

なぜなら、アイデアというのは、
既存情報の組み合わせだからです。
どのように組み合わせるか?
というのが、最大のポイントです。

組み合わせる材料となるのが、
他でもない自分自身です。

『そもそも、インクルーシブなアイデアは、まったく関係のないもの同士が突然、くっついて生まれるケースがほとんどです。(中略)あなたがこれまでの人生で「おもしろいと感じたこと」や「衝撃を受けたこと」、「感動したこと」や「興味を持ったこと」など、潜在意識のなかで眠っている材料が最後のかけらになれば、あなたにしかつくり出せない、オリジナリティの高いアイデアとなります。』(P123)

問題を包括的に解決するのも、
他人をあっと言わせるアイデアも、
自分の中にヒントがあります。

それに気づけるかどうか。
アイデアを生み出せるかは、
自分自身に懸かっています。

ぜひ本書を読み込んで、
インクルージョン思考を身に付け、
周囲をあっと言わせましょう!









1日1クリック応援お願いします☆

皆さんの応援でランキングが上がります!!!

ぜひ当ブログを人気ブログにするために1票いただけるとうれしいです♪



feedlyへの登録はこちら!
follow us in feedly


ブログランキングならblogram



複数の問題を一気に解決するインクルージョン思考

AD
いいね!(7)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
May 24, 2016 22:50:27

【雑記】人生は、無駄とくだらなさで成り立っている

テーマ:日々の徒然
こんばんは。

今夜は友人と久々のカラオケでした。
お気に入りのパセラにて。

少し遅れて、転職祝いもしてもらいました。


{7E4BA7C9-C29D-45AE-9B04-952221DE8C00}



最近は仕事と家の往復が多く、
外食なども控えめでしたが…

やっぱり、生活の変化は大事だな。
って、思うのです。

カラオケの好き嫌いはありますが、
人と会う機会であったり、
遊びの要素であったり。
そういう時間は大事です。

遊びの時間というのは、
そこだけ切り取ってみると、
無駄な時間かもしれません。
くだらないことかもしれません。

でも、オンオフの切り替えをし、
生活リズムを整えるには、
遊びはいいことだと思います。
もちろん遊びすぎはダメですが。

スポーツをする時間。
友人や家族と過ごす時間。
一人でぼーっとする時間。
お酒や料理を楽しむ時間。

仕事をしっかりしたうえで、
こういった時間を持てると、
充実した日々が過ごせますよね。

それに、無駄なことというのは、
他人との共通項になりやすいです。
くだらない話、つまり雑談は、
最近とても注目されていますよね。

雑談のネタこそ、仕事以外の経験、
さまざまな分野の情報です。

私もカラオケに行くことで、

・気分転換になる
・腹式呼吸で大きな声を出せる
・新しい歌を知ることができる
・歌の反応を見ることができる
・食事やお酒が楽しめる

といった効用があります。

たまに、カラオケに行くことを、
否定されることがありますが…

他人の行動について、
無駄だと思っている時間こそ、
無駄だなぁと思います。
くだらないと言っている話こそ、
くだらないと思います。

カラオケ以外で楽しめれば、
いいんじゃないかなって…
口には出しませんが。

今日も、無駄な時間を楽しめました。











1日1クリック応援お願いします☆

皆さんの応援でランキングが上がります!!!

ぜひ当ブログを人気ブログにするために1票いただけるとうれしいです♪



feedlyへの登録はこちら!
follow us in feedly


ブログランキングならblogram
AD
いいね!(15)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Amebaおすすめキーワード

このエントリーをはてなブックマークに追加 Related Posts with Thumbnails

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。