このブログで伝えたいことは3つです。

1.継続は力なり
2.本は素晴らしいツール
3.仕事もプライベートも充実させよう!


私は2006年に大学を卒業し、不動産会社の本社経理担当になりました。
まず就職活動中に読書をするきっかけがあり、年々読む量が増えていきました。
社会人1年目の2006年11月よりこのブログをスタートさせ、一念発起して2007年より毎日更新することを決め、2014年2月現在で連続更新は2,600日を突破しました。

その結果、得られたのは・・・

「たくさんのご縁、仲間の獲得」
「仕事もプライベートも充実した時間」
「仕事だけでは得られないチャンス」

私がしてきたのは、毎日ブログを書くことだけ。
ブログで交流した友人から誘われてセミナーに参加し、経営者やフリーランスでビジネスをされている方、同年代でがんばっている会社員の方などに出会い、刺激を受けて読書量を増やし、社外での交流も積極的にし、ブログやSNSで発信し続け、仕事にも熱心に取り組みました。

縁と運。
これは、自分が感じて、考えて、行動した量に比例して良くなっていくものであると、私は自分自身の経験から学びました。
実際にお会いするすごい人たちは、感性が豊かだし、たくさん考えているし、常に動き回っています。

私にできるのはささやかで、本を読んで、人と会って、いろいろ考えて、情報収集して、行動した結果をブログに淡々と綴っていくだけです。

1つ言えるのは、続けること自体は難しいことではないけれど、実際に続けている人というのは少数だということです。
面倒臭くなったり、後回しにしてしまったり、人間は怠惰なので自分で決めたことを守ることが難しいのです。

絶対的な1位になることは、めちゃくちゃ難しいことです。
相対的な1位になることは、案外難しくないことです。
例えば、クラスで1番になれるくらいのことが何か1つでもあれば、それでいいんです。
続けていれば、クラスで1番にはすぐになれます。

クラスで1番なら数十人に1人の存在ですよね。
これが複数あれば数百人に1人、数千人に1人・・・となっていきます。
恐らく、私と同じくらい発信を続けている人は、日本にもそう多くないはずです。

継続は力なり、とは、そういうことを意味するのだと私は思います。


<経歴>
1983年 神奈川県横浜市で生まれる
2002年 明治学院大学法学部政治学科入学
2006年 同大学卒業
    不動産会社へ入社、親会社の決算担当となる 
    アメブロ開始
2007年 ブログの連続更新を開始
    固定資産担当となり、手管理からシステム管理へ切替
2008年 親会社に加え、子会社の決算担当となる
    初めてのセミナーに参加
    「83年会」を結成
    「書評ブロガーマトリックス」掲載
2009年 会計システム切替メンバーとなる
    ブログの連続更新1,000日を突破
    アメブロプレミアムメンバーズに認定
2010年 小口精算のシステム化を実現
    勉強会やセミナーの主催を積極的に開始
    83年会の取材を受ける(NTTアド「空気読本」)
    日本経済新聞夕刊の取材を受ける
    「日経アソシエ」「日経WOMAN」「週刊朝日」掲載
2011年 大会社となり、会計監査導入のリーダーを務める
    会社で優秀社員賞を受賞
    「BIG Tomorrow」別冊に掲載
    「新刊JP」「日経WOMANオンライン」掲載
2012年 業務システムの自動仕訳構築、検証を担当
    ブログの連続更新2,000日を突破
    集英社様とスイーツ会を開催
    出版イベント多数開催
2013年 消費税対策PJを提案、メンバーとなる
    「勉強会フェス」を主催
    「ビジネス書大賞」選考委員
    「日経アソシエ」「日本経済新聞」「日経BPムック」掲載
2014年 宝島社「TJMook」掲載
    「ビジネス書大賞」選考委員


読者になる

follow us in feedly
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
July 29, 2016 23:42:42

【雑記】自分を「標準」にしてはいけない

テーマ:日々の徒然
こんばんは。

今日、日経DUALに掲載されていた、
眞鍋かをりさんの記事を読みました。

『自分の出産・育児が「標準」じゃない』
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160729-01008849-nkdualz-life

眞鍋さんは比較的安産で、
出産が楽しく感じたそうです。
そのときの気持ちのまま、
他の人に接してしまったところ、
後悔の念に駆られたとか。

なぜなら、その人が難産だったから。

また、逆に眞鍋さんの産後は、
とても苦労が多かったそうです。
すべて母乳で授乳していたため、
余計に大変な思いをされたそうです。

そのときの経験をもとに、
新米ママにアドバイスしたところ…
赤ちゃんがとてもおとなしい子で、
苦労も少なかったそうです。

大変だと思って楽だったので、
悪いことではないのですが…

自分の経験だけをもとに、
「他人もそうだろう」
と決めつけてしまう危うさを、
感じるエピソードですね。

まったく悪気はなくても、
相手がどう受け取るのかは、
コントロールができません。

しかし、相手を思いやることは、
自分の意思でできることです。

自分が標準だと思っていると、
相手のことを無視してしまい、
自分事として話してしまいます。

それが全部悪いわけではなくても、
やはり相手本位で話がしたいし、
せっかくのアドバイスや励ましなら、
相手のためになるようにするほうが、
いいに決まってますよね。

そういうことに気づいてから、
眞鍋さんはアドバイスなどをするとき、
「自分のときはこうだった」
という言い方をしているそうです。

初めてのことは不安も多いし、
いろいろなケースを知ることは、
嬉しいと感じる場合が多いはず。

変に押し付けがましく言われるより、
「私のときはこういう感じだった」
という言い方をしてもらえたら、
素直に聞くことができますよね。

あー、これはどんな場面でも同じだな。
と思い、すごく参考になりました。
私も気をつけなければ。










1日1クリック応援お願いします☆

皆さんの応援でランキングが上がります!!!

ぜひ当ブログを人気ブログにするために1票いただけるとうれしいです♪



feedlyへの登録はこちら!
follow us in feedly

ブログランキングならblogram
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
July 28, 2016 22:26:00

【雑記】無理だと思ったら、何事も絶対に無理になる

テーマ:日々の徒然
こんばんは。

先日、ある案件の資料について、
集計をすることになったのですが…
Excelファイルだけで350個もあります。

これを開くだけでも時間が…

とは思いましたが、
作戦を練って挑んだところ、
思いの外短時間でできました。

同じフォーマットの資料だったので、
1つのファイルにシートごとコピーし、
Shiftで全シートを選択すれば、
1シートの動きが全シートに反映します。

さすがに350シートは重いので、
10個ほどのファイルに分けましたが、
準備が終わったあとの集計作業は、
1時間ほどで終わりました。

最初は「うわー」って思いましたが、
きちんと考えて作業をすれば、
難なく終わる仕事でした。

「そんなの無理だよ…」とか、
「面倒くさいな」とか思うと、
1つずつ作業する方法しか思いつかず、
本当に面倒くさくなってしまいます。

無理だと思ったことで、
本当に無理になってしまう。
私は、そう思います。

実際には他にもっといい方法が、
あるのかもしれませんが。

「早いね」と言ってもらえれば、
達成感もあるものです。

仕事もせっかくなら、
「どうしたらできるか?」
を常に考えて取り組めば、
大抵の場合はうまくいきます。

ゲームを攻略するみたいな感覚ですね。










1日1クリック応援お願いします☆

皆さんの応援でランキングが上がります!!!

ぜひ当ブログを人気ブログにするために1票いただけるとうれしいです♪



feedlyへの登録はこちら!
follow us in feedly

ブログランキングならblogram
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
July 27, 2016 23:21:57

【雑記】メールはただ送るだけでは、伝わりにくいツール

テーマ:日々の徒然
こんばんは。

今や、仕事の連絡手段の中心といえば、
メールではないでしょうか。
会社の中、ましてや同じフロアにいても、
メールでやり取りをするという場面も、
決して珍しくないと思います。

履歴として残るし、
時間を問わず連絡できるので、
口頭や電話に比べてメリットも多いです。

しかし、文章と添付資料で伝えるのは、
ちょっと工夫が必要ですよね。
言葉遣いや行間など、気にし始めると、
メールに長時間を割いてしまいます。

その割に、仕事はスムーズに進まず、
何度もメールの往復が続いて、
結局時間ばかりが過ぎていく…
なんてことにも。

なので、メールを送る際には、
相手や場面に合わせた工夫が、
必要になると私は思います。


例えば、件名を送るとき、
相手がわかりやすい件名ではなく、
自分が管理しやすい件名で送る人。
毎回メールを返信してくるたびに、
タイトルをわざわざ変えてくる人。

人によって感じ方は違いますが、
私はあまりいい気分になりません。
【至急】とか【重要】とか、
勝手に入れられても困りますし。


他には、毎回のようにご丁寧に、

「○○株式会社 △△様
 いつもお世話になっております。
 株式会社□□の✕✕でございます。」

などと書いてくる人も。
それがいいと思う人もいるし、
毎回はいらないと思う人もいます。
私は後者ですが。

私は初回に送るときは書きますが、
以後は基本的に書きません。
これで「非常識だ」と言われたり、
怒られたりしたことはありません。


あと、資料を添付するだけで、
「ご確認ください」で終わる人。
何の資料で、何を確認して、
どうしてほしいのかを書くべきだ、
と私は思うのです。

資料の概要やサマリーを本文に、
記載するだけで伝えたいことがわかり、
確認も早くなりますよね。

他には、ダラダラと文章で説明せず、
箇条書きで短文で説明をすれば、
読みやすくなります。

あるいは、質問をしたいとき、
「◆ここからが質問です」
などと強調をしてみることで、
伝え漏れがなくなります。


他の人が送ってきたメールの中で、
「これいいな」「使えるな」と、
思ったことをパクっていくと、
自分のメールもいいと思ってもらえるはず。

あとは、確実に確認してもらうために、
電話で到着確認や内容確認をすることも、
アナログですが重要なことです。

便利だからこそ、メリットを活かし、
より自分にとって使い勝手が良いように
する工夫が必要だと思います。












1日1クリック応援お願いします☆

皆さんの応援でランキングが上がります!!!

ぜひ当ブログを人気ブログにするために1票いただけるとうれしいです♪



feedlyへの登録はこちら!
follow us in feedly

ブログランキングならblogram
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

このエントリーをはてなブックマークに追加 Related Posts with Thumbnails

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。