このブログで伝えたいことは3つです。

1.継続は力なり
2.本は素晴らしいツール
3.仕事もプライベートも充実させよう!


私は2006年に大学を卒業し、不動産会社の本社経理担当になりました。
まず就職活動中に読書をするきっかけがあり、年々読む量が増えていきました。
社会人1年目の2006年11月よりこのブログをスタートさせ、一念発起して2007年より毎日更新することを決め、2014年2月現在で連続更新は2,600日を突破しました。

その結果、得られたのは・・・

「たくさんのご縁、仲間の獲得」
「仕事もプライベートも充実した時間」
「仕事だけでは得られないチャンス」

私がしてきたのは、毎日ブログを書くことだけ。
ブログで交流した友人から誘われてセミナーに参加し、経営者やフリーランスでビジネスをされている方、同年代でがんばっている会社員の方などに出会い、刺激を受けて読書量を増やし、社外での交流も積極的にし、ブログやSNSで発信し続け、仕事にも熱心に取り組みました。

縁と運。
これは、自分が感じて、考えて、行動した量に比例して良くなっていくものであると、私は自分自身の経験から学びました。
実際にお会いするすごい人たちは、感性が豊かだし、たくさん考えているし、常に動き回っています。

私にできるのはささやかで、本を読んで、人と会って、いろいろ考えて、情報収集して、行動した結果をブログに淡々と綴っていくだけです。

1つ言えるのは、続けること自体は難しいことではないけれど、実際に続けている人というのは少数だということです。
面倒臭くなったり、後回しにしてしまったり、人間は怠惰なので自分で決めたことを守ることが難しいのです。

絶対的な1位になることは、めちゃくちゃ難しいことです。
相対的な1位になることは、案外難しくないことです。
例えば、クラスで1番になれるくらいのことが何か1つでもあれば、それでいいんです。
続けていれば、クラスで1番にはすぐになれます。

クラスで1番なら数十人に1人の存在ですよね。
これが複数あれば数百人に1人、数千人に1人・・・となっていきます。
恐らく、私と同じくらい発信を続けている人は、日本にもそう多くないはずです。

継続は力なり、とは、そういうことを意味するのだと私は思います。


<経歴>
1983年 神奈川県横浜市で生まれる
2002年 明治学院大学法学部政治学科入学
2006年 同大学卒業
    不動産会社へ入社、親会社の決算担当となる 
    アメブロ開始
2007年 ブログの連続更新を開始
    固定資産担当となり、手管理からシステム管理へ切替
2008年 親会社に加え、子会社の決算担当となる
    初めてのセミナーに参加
    「83年会」を結成
    「書評ブロガーマトリックス」掲載
2009年 会計システム切替メンバーとなる
    ブログの連続更新1,000日を突破
    アメブロプレミアムメンバーズに認定
2010年 小口精算のシステム化を実現
    勉強会やセミナーの主催を積極的に開始
    83年会の取材を受ける(NTTアド「空気読本」)
    日本経済新聞夕刊の取材を受ける
    「日経アソシエ」「日経WOMAN」「週刊朝日」掲載
2011年 大会社となり、会計監査導入のリーダーを務める
    会社で優秀社員賞を受賞
    「BIG Tomorrow」別冊に掲載
    「新刊JP」「日経WOMANオンライン」掲載
2012年 業務システムの自動仕訳構築、検証を担当
    ブログの連続更新2,000日を突破
    集英社様とスイーツ会を開催
    出版イベント多数開催
2013年 消費税対策PJを提案、メンバーとなる
    「勉強会フェス」を主催
    「ビジネス書大賞」選考委員
    「日経アソシエ」「日本経済新聞」「日経BPムック」掲載
2014年 宝島社「TJMook」掲載
    「ビジネス書大賞」選考委員


読者になる

follow us in feedly
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
May 24, 2016 22:50:27

【雑記】人生は、無駄とくだらなさで成り立っている

テーマ:日々の徒然
こんばんは。

今夜は友人と久々のカラオケでした。
お気に入りのパセラにて。

少し遅れて、転職祝いもしてもらいました。


{7E4BA7C9-C29D-45AE-9B04-952221DE8C00}



最近は仕事と家の往復が多く、
外食なども控えめでしたが…

やっぱり、生活の変化は大事だな。
って、思うのです。

カラオケの好き嫌いはありますが、
人と会う機会であったり、
遊びの要素であったり。
そういう時間は大事です。

遊びの時間というのは、
そこだけ切り取ってみると、
無駄な時間かもしれません。
くだらないことかもしれません。

でも、オンオフの切り替えをし、
生活リズムを整えるには、
遊びはいいことだと思います。
もちろん遊びすぎはダメですが。

スポーツをする時間。
友人や家族と過ごす時間。
一人でぼーっとする時間。
お酒や料理を楽しむ時間。

仕事をしっかりしたうえで、
こういった時間を持てると、
充実した日々が過ごせますよね。

それに、無駄なことというのは、
他人との共通項になりやすいです。
くだらない話、つまり雑談は、
最近とても注目されていますよね。

雑談のネタこそ、仕事以外の経験、
さまざまな分野の情報です。

私もカラオケに行くことで、

・気分転換になる
・腹式呼吸で大きな声を出せる
・新しい歌を知ることができる
・歌の反応を見ることができる
・食事やお酒が楽しめる

といった効用があります。

たまに、カラオケに行くことを、
否定されることがありますが…

他人の行動について、
無駄だと思っている時間こそ、
無駄だなぁと思います。
くだらないと言っている話こそ、
くだらないと思います。

カラオケ以外で楽しめれば、
いいんじゃないかなって…
口には出しませんが。

今日も、無駄な時間を楽しめました。











1日1クリック応援お願いします☆

皆さんの応援でランキングが上がります!!!

ぜひ当ブログを人気ブログにするために1票いただけるとうれしいです♪



feedlyへの登録はこちら!
follow us in feedly


ブログランキングならblogram
AD
いいね!(2)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
May 23, 2016 22:30:22

【雑誌】お金に困らない生き方『プレジデント 2016年6月13日号』

テーマ:日々の徒然
こんばんは。
久しぶりに雑誌レビュー記事です。

本日発売の『プレジデント』から。


{BBB7E3E1-39BF-4303-BC04-5611E6D1E36D}



お金の話は大好きです(笑)

やはり、将来のことも踏まえて、
使うべきお金はしっかり使い、
貯蓄や投資も計画的に行い、
有意義な生活をしたいものです。

将来のことを考えるなら、
先人の成功例、失敗例を知り、
学ぶ必要があると思います。

今回の特集は、
具体的な事例がたくさんで、
つい読みいってしまうような
内容ばかりです。

ある人は、熱海に移住して、
激安快適ライフを送る人。
都心を捨てて、熱海へ。
300万円でマンションを購入し、
老後資金に余裕もあるようです。

幸せには、いろんな形が。
ある人はギャンブル好きで、
人工透析の身で老後離婚。
でも、幸せに暮らせている人。

逆に、家計が破綻してしまい、
ホームレス生活になったり、
その一歩手前になった人も。
人生にはいろいろな形がありますね。

老後人生で転落した人の話で、
印象的だったこと。
それは、住宅のことです。
皆、賃貸住宅住まいでした。

なので、資金に困ったら、
住む家がなくなってしまう。
年をとったら契約できなくなる。
そういったリスクを実感します。

では、家を買えばいいのか?
といえば、そう簡単でもありません。
ローンで家を買ったら、
返済し続けなければなりません。

収入ダウンなどによって、
ローンを返せなくなった場合、
賃貸住まい以上に悪いケースが
出てくるかもしれません。

人口が減少する日本においては、
都心部以外は住宅価値が下がります。
不動産は立地がすべて、ですね。

買うも借りるもリスクがあり、
そのメリット、デメリットが違う。
ということだけです。

人によっても、時期によっても、
どちらがいいかは変わります。
自分はどっちがいいか、ですね。
住宅以外にも、お金が絡む問題では、
全てで言えることです。

自分の今、将来のことを、
考えるいい材料になる特集でした。










1日1クリック応援お願いします☆

皆さんの応援でランキングが上がります!!!

ぜひ当ブログを人気ブログにするために1票いただけるとうれしいです♪



feedlyへの登録はこちら!
follow us in feedly


ブログランキングならblogram



PRESIDENT (プレジデント) 2016年6/13号

AD
いいね!(16)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
May 22, 2016 22:48:17

【雑記】人生を最も左右する要素は「住む場所」である

テーマ:日々の徒然
今住んでいる場所は、どのようにして決めましたか?

親や先祖代々住んでいる家に、今も住んでいる人もいると思います。
仕事の都合で、引っ越した人もいると思います。
あるいは、進学を機会に東京などの都市に出てきた人も。

大人になると、ある程度は住む場所を自分で決められますよね。
私も、社会人になって数年して、20代後半になって都内に引っ越しました。

それまでは、実家から都内某所の勤務先まで通勤していました。
片道1時間45分をかけていたのは、今思うと若かったです。
そのおかげで、読書量が一気に増えましたが。

体力面や時間的な余裕を考慮して、金銭面と相談しながら引っ越しを決めました。
初めて引っ越した場所は、文京区でした。


大前研一さんは、人間が変わる方法は次の3つしかないと言います。

「時間配分を変えること」
「住む場所を変えること」
「付き合う人を変えること」

このうち「時間配分を変えること」が、最も効果的だそうです。

ただ、住む場所を変えると、時間配分も付き合う人も、自ずと変わってくるな…
と私は思うのです。
すごい近所に引っ越した場合は別ですが。

それで、当時の職場に近いエリアで、都心で、金銭的にOKな場所が文京区でした。
どうしても人生で一度は、山手線の内側に住みたいという野望もあったので。
結果的に、それからずっと、山手線の内側に住んでいるのは、このときの判断が正しかったと私は思っています。

やっぱり、職住近接はいいなって実感しました。
通勤時間をあまり気にしなくていいので、時間的な余裕ができます。
時間的な余裕は、心の余裕も生み出します。

通勤が短くて済むということは、通勤中の消耗もしなくて済みます。
満員電車に乗る必要もなかったので、体力的な余裕もできます。

時間、心、体力で余裕が出る。
余裕が減ったのは、お金くらいでしょうか。
やっぱり都心に済むのは、お金がかかるので。
でも、工夫次第でどうにでもなるものです。

都心に住むこと、東京に住むことが正解というわけではありません。
逆に地方へ移住して、ゆとりあるライフスタイルを楽しむ人もいます。
大切なのは、自分の生活と価値観を考えることではないでしょうか。


昨年話題になった本で、『23区格差』という本があります。



23区格差 (中公新書ラクレ 542)



この本によれば、東京23区内においても、所得格差は著しく開いています。
1位の港区と、23位の足立区では3倍近く所得差があるそうです。
しかし、足立区でも、日本全体で考えれば、かなり上位にいます。

私もちょっと「港区に住みたいな」と思い、物件を探していた時期があります。
でも、条件と家賃が自分には合わず、別の区に住んでいるのですが。
生活の質を考えると、港区より今の場所のほうが高いかなと、個人的には思っています。

私が住む場所を決める基準として、いつも次の条件で決めています。

・職場まで30分以内で通える場所
・閑静な住宅街であること
・周辺に教育施設や公園があること
・交通の便がいいこと

先に立地ありきで、物件のスペックは後です。

特に重要なのが、静かな環境です。
今、この記事は、窓を開け放って書いていますが、とても静かです。
鳥のさえずりしか聞こえません。

線路から近かったり、高速道路や大通り沿いは、私は好みません。
そのため、一本入った路地だったり、駅から少し離れたりするのは問題ありません。


人によって、こういった条件や価値観は違うと思います。
職場から近すぎるのは嫌だと、いう人もいます。
駅から近いほどいい、という人もいます。
同じ閑静でも、都心より郊外のほうが好きな人もいます。

先の『23区格差』の話に戻ると、住む場所ごとの住人の傾向はわかります。
ただし、あくまで平均だということです。
港区に住む人が、全員セレブということはありません。
足立区にも、昔からの地主やお金持ちの人はいるでしょう。

ましてや、港区に住めば年収が上がるはずもありません。
住む場所を変えただけでは、人生が変わるわけではありません。

しかし、長期的に見ると、住む場所は人生に大きな影響を与えます。
生まれ育った場所が、これまでの人生を決めてきたように。

どこに住むのか、家を買うのか、それとも賃貸にするのか。
これらに絶対の答えはありません。
人によって、そのときの仕事、そのときの家族、そのときの価値観があります。
自分や家族の価値観で決めた住処が、最良の場所になるかと思います。









1日1クリック応援お願いします☆

皆さんの応援でランキングが上がります!!!

ぜひ当ブログを人気ブログにするために1票いただけるとうれしいです♪



feedlyへの登録はこちら!
follow us in feedly


ブログランキングならblogram
AD
いいね!(11)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Amebaおすすめキーワード

このエントリーをはてなブックマークに追加 Related Posts with Thumbnails

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。