スワーダ・アル・ムダファーラ


ある日オマーンに友好の交流の為行くことになり!!!

当時オマーンは私が歴史で知る日本の明治から大正と変わる頃のような文明文化の境目!!!

そして又、突然オマーンに移住。。。。

その上またまた、私が大嫌いだった学校を設立する決心。。。。

【オマーンでの経歴】

1990年

オマーン文部省の許可のもと、アザン・ビン・ケイス・プライベートスクールを設立

校長として、日本式の教育をオマーンで行なうことにより、世界トップクラスの生徒を毎年輩出する。


2010年

短期間に近代化されたオマーンに、日本と同様に子どもの心の成長に異変が起こりつつある不安を感じ、20年の経験を生かし、さらに多くの青少年の為に役立てる為、カウンセリングオフェィスを設立の為、校長引退。



スワーダ・アル・ムダファーラの講演依頼

ハブマーシー 

HP:http://www.havmercy.co.jp/  

MAIL:hav@havmercy.co.jp

までお問い合わせください。

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017年01月15日(日)

2017年1月14日 卒業生と共に…

テーマ:今日のスワーダ

今日は2011年の女子生徒卒業生が、初ランチ会を企画しご招待を受けました。

これは、彼女達の 高校そして大学卒業後初めてのギャザーリング(集合)でした。

 

卒業生の殆どは海外の大学に留学し、2016年からそれぞれ大学を卒業し、すでに就職している子、この1月に卒業し就職活動をしている子、医学部を目指した生徒はもう一年、そして大学院に入った子 それぞれ活発に活動している様子を聞き、とても嬉しく思いました。

 

現状のオマーンは大学卒業後の職探しはとても厳しい状況ですが、皆が就職出来ていることを聞いてとても安心しました。そして、学生の頃からビジネスを手がけている生徒もいて、とても頼もしく思いました。

 

スワーダの学校は幼稚園の2年 そして小学校から高校までの12年生、計14年間の一貫教育をしてきました。 そしてスペシャルニード(障害)の生徒も一般のクラスで 共に教育をしてきました。

 

実はこのクラスメイトの中に、ひとりダウシンドローム(ダウン症候群)の女子生徒(Fさん) が幼稚園から9年生まで一緒に過ごしました。

 

過去のスペシャルニード(障害)の例ではオマーンの高校卒業統一テストを合格し、その後、大学に進んだ生徒もおりますが、ケースバイ・ケース(その時の状況)で一般教育を進めるか、技術指導を進めるか 9年生をひと区切りに スワーダの指導のもと生徒の方向を決めていました。

 

その女子生徒 Fさんは インターナショナル・テスト(IGCSE) の数学のテストは合格しましたが、本人の興味が学科に無いため、無理をすること無く技術的能力を伸ばす方向へとアドバイスしました。 勿論テストを合格しても、残念なことにスムーズな会話を交わせるわけではありませんが、幼い頃からクラスメイトは、彼女の勉学の手助けをし、常に一緒にグループに引き込み学校生活を送ってくれました。

 

彼女Fさんは 9年生でクラスメイトと離れましたが 今日のギャザリングにクラスメイトは 同席するように Fさんを誘いました。それを伝えられたスワーダ・・・・・❣(とても感激しました)

 

レストランでの再会・・・・クラスメイトはまず Fさんとハッグ(挨拶) し、 「Fさん元気? 今何しているの?」 とみんなと同じように声をかけているのです。何と暖かな応対・・・・

驚くことに Fさんは皆の名前を覚えていて、その思い出も彼女なりに伝えていました。

 

それを目の前で見つめたスワーダ❣ 何と涙ぐんでしまいました・・・・

 

障害のある生徒を一般のクラスに入れることは、事実上大変なことです。それはクラスメイトの理解と思いやりを指導するとともに、生徒たちの両親も説得しなければなりません。勿論教える先生方も説得が必要なのです。(それは当校には特殊学級はありません、先生も一般の先生なので)

しかし、その結果は障害を持つ子どもの思いがけない進歩と、一般生徒の思いやりと理解を育てることが出来きるのです。

 

そして今日は その結果を見る事が出来、”間違えていなかった” とスワーダは確信、とても感激しました。クラスメイト達は学校内だけの対応ではなく、今日までその心が育っていること、そして更に驚いたことには医学部に入学し 医者になることを考えていた ひとりの生徒が ヘルスサイエンスに進路を変更、彼女は特殊教育をしたいと夢を持っていたのです。

 

特殊教育の教育課程を受け その道に入るのとは違い 医学の道から 医学大学で学び特殊教育の道に入る指導者はこれからは重要なポストだと思いました。

 

もしクラスメイトに Fさんと言う友達が居なければ、思いつくことはなかったかもしれません。

教育と言う仕事にオマーンで携われた喜びを改めて神様に感謝致しました。

 

感激の涙はモディラ(校長先生)とクラスメイト皆の宝物でした・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2017年01月02日(月)

新年のご挨拶 ❣

テーマ:今日のスワーダ

皆さまへ、

 

明けましておめでとうございます。

 

2017年、政治経済すべての物事が転機を迎えているのか?

世界が大きく変わろうとしているのではないでしょうか?

 

私達一般人が きっと同じように求めていること、

それは平和で住みやすい環境ではないでしょうか?

 

国や世界を変えることは一般人には難しいことだと思います、

でも身の回りの、出来ることに目を向け、手を差し伸べ・・・・

住みやすい平和な環境づくりは、心がけさえあれば 

それは誰にでも出来ることではないでしょうか?

 

小さな心配りを・・・大きなハートを持ち心がけたいと思います。

 

そして、大人の社会でおこる虐めや、嫉妬を無くし、

円卓を囲み暖かな会話が耐えない家庭環境作りをめざす・・・・

その身近な心がけと、行動が大きな輪となってゆき・・・・

平和環境つくりの基礎となるように思います・・・

 

2017年、生きる原点を見直し、健康で幸多き年になります様に・・・

皆さまと共に心がけてゆきたいと思います。

 

スワーダ・アルムダファーラ

 追伸: 毎年1月1日に感じたことをその夜、新年のご挨拶として書いております。 

上記は昨晩(1月1日)友人各位にメールで配信させて頂きました、2017年度のご挨拶でございます。 皆様のご健康とご幸多き年になりますように心からお祈り申し上げます。

そして世界の子ども達が 伸び伸びと成長できる平和な環境造りを心から望んでおります・・・

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年01月01日(日)

2017年 元旦

テーマ:今日のスワーダ

明けましておめでとうございます。鳥

長らくご無沙汰致しましたが2017年、新年と共に改めて宜しくお願い致します。

 

さて今年はどんな年になるのかしら? 

と思いながら誰もかれも、心の底に夢と希望を託し今日1月1日をお迎えのことと思います。

如何ですか?。 

 

実はスワーダがブログをお休みしてしまったのは、世界の平和についてとても深く考えてしまい、平和に、幸せに過ごせる自分の幸運を考えると、ブログに重みを感じてしまったのです・・・

それは・・・・・何故、この地球上に住む人々が仲良く、楽しく、手を取り、助け合いながら、人間の限られた生命という時間を過ごせないのかと、残念ですがその答えは見つかっていません

 

しかし、スワーダは物事大きく考え過ぎ、解決法の無い事に心を取られていたと気付きました。一人の人間が出来ることには限りがありますが、ひとりでも多くの身の周りの人々を暖かく包み込み、手を差し伸べ、理解すること、その和を広げることは平和への一歩で有るかもしれないと思いました・・・・

 

2017年、皆様方の健康と幸多きことを願うとともに、世界の全ての子どもたちに笑顔が耐えないことを神に祈りながら・・・・

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年08月13日(土)

2016年8月13日 世界で起こる事件‽

テーマ:今日のスワーダ
ここ数ヶ月、世界の至る所で不可解な事件が起こり、それらはテロの犯行、精神異常者、そしてその国の過激派グループ等と報道されていますが、これらの事件に巻き込まれた大人も子どもも含め、数多い一般の方々が命をおとされ、そして負傷されております。
(被害にあわれました皆様方に心よりお見舞い申し上げます)

残念な事に又もや “タイ” で木曜日の深夜から金曜日にかけた 24時間の中で、多地区にわたり、複数の爆撃が起こりました。それも観光客に
人気のある場所ばかりでした…

実は毎週木曜日に近づくと、スワーダは何の事件も起こらない事を願う様になっています。
それは不審な事に、ほぼそれらの事件が、ほとんど木曜日から金曜日にかけて起っているのです。(中東の時間帯で)・・・

金曜日はモスリム、土曜日はユダヤ、日曜日はクリスチャンの礼拝日ですが、どういう訳か木曜から金曜日にかけて起こることに違和感があるのです。

日本に細かなニュースは行きわたっていないと思いますが、
イスラエル、パレスチナ、シリア、イラク、イエメンの戦地等は毎日の様に爆撃され人々は苦しんでいます。。。。そして政府緊急事態のトルコ。。。正直荒れ果てている中近東・・・

これら内政不安定な国々から 更に平和だった国々へ、今不安を与える自爆、銃撃そして新たにナイフと言う凶器と人種差別で人を犯していく事件が相次いで起こりつつあることはとても残念で、許しがたい事です。

安全と言われた国々に起っているこれらの事件は、いったい何が目的なのかと考えなければならない状況にある様に思います・・・・

まず人々を不安におとし入れ、隣の人は誰ぞやと疑わせ、信頼させず、行動範囲を狭め、個人主義に導き孤立化させていく・・・・そこで弱い者達は安らぎを得る為に、安らぐ言葉に導かれ・・・その導きに従ってしまう(洗脳)・・・・

何だか恐ろしい事を考えてしまいますが、世界で起こっている無差別殺人には共通点があり、誰かに仕掛けられている様に思えてならないのです・・・・

ちょっと驚いた事に、今日本の若者は早く死にたいと思う傾向があると知り、それは意外な言葉でしたが とても危険なことだと思いました。彼らの満たされない心は、簡単に判断力を失い 悪い事を良い事だと思う様にたやすく導かれてしまいます。

通常(常識?)と異なる行動を取ったり、考えを述べたりすると、精神に異常在りと判断されますが、指導(洗脳)された行動を取る事は 実は精神に異常がある と言うこととは 別のものだと考えます。

その理由は簡単で、例えば教科で “指導” された答えは正しいと・・・それを否定すれば “異常” と思われることではないですか?。

“精神に異常あり” の判断基準を改めて見つめる必要性が出てきた時代の様に思います。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年07月27日(水)

2016年7月26日 洗脳‽ それとも 連鎖反応‽

テーマ:今日のスワーダ
恐ろしい事が遂に日本で起きてしまいました‼ お亡くなりになられました方の ご家族の皆さま方には心からお悔やみ申し上げます。

今、世界の何処に安全があるのでしょうか? 考えてみて下さい‽ 至る所で突然起こる凶悪な無差別殺人事件、ついに日本で起こってしまいした。そして一昨日はアメリカで14歳と18歳の少年による無差別殺人・・・ドイツで女性の首切り殺人、この2件、テロとは関わり合いが無いと発表されていますが・・・?

これらここ10日間の間に起った世界の 無差別殺人恐怖事件です・・・

相模原市の知的障害者施設で起こった事件・・・スワーダが気が付いたことをどうしても書き留めたいと思います。まず、この事件の容疑者を「大麻精神病」、「妄想性障害」などと診断し精神異常で処理して欲しくないのです・・・・

今回の事件が起こる前に、容疑者が意思表示をした内容を重視し、殺害状況の検証結果、そして事件後にネットに書き込んだ内容、それら全てを総合し、この恐ろしい事件を調査して頂きたいのです。容疑者は洗脳されたと考えられます・・・

調査は精神障害を検査する以上に、容疑者の普段の行動、コンタクト先(インターネット)等その
経緯から・・・実は容疑者がいつ考えをまとめ、行動を起こした実態は・・・意外と繋がるかもしれないので、しっかり調査をして頂きたいのです。

日々の生活に何処か満足感を持たない若者達が、これから先、誰かに洗脳されない様に注意を払うべき時が・・・日本に及んでいるように思うのです。
若者をネット上で洗脳しょうとする現実が起こっていることは事実・・・・

ネットに夢中で、外部との会話が少なく個人主義、目的意識が薄く、自分の人生に不満があり、心の弱い(逆に言うと優しい)若者は洗脳されやすいのです・・・ 

平和な日本の国を守る為に、そして次の事件が起こらない様に防止する為にも、今回の事件は考える必要性がある様に思います。


テロを起こせる要因のある場所とは違う日本で、人々の不満、人間不信、恐怖感そして混乱を起こす為に起った初の事件である様に思えてなりません・・・

こう考える理由は・・・「重度の障害者は生きていても仕方がない…」、殺害の方法がナイフで首元を切った(スローター)、声明文まがいに「世界が平和になります様に・・・Beautiful Japan 」なんですかこれは!? 洗脳‽ それとも連鎖反応‽

日本は平和で、いざと言う時 人々の団結力は素晴らしい国民、テロや戦争反対、排除、これについては国民みんなの意見は一致しています・・・そんな平和な人々を恐怖に追いやり、混乱させ、人々の信頼や絆を絶やすには、危険がいつ身の回りに襲うか分からない 
❝隣の人は誰?❞ と恐怖心を持たせるために起こされた事件のようで・・・

普通だった若者が実は洗脳されていく・・・そう思えてならないのです。そして大麻を何処で手に入れたか❓ これは重要なポイントです! 自爆者は事前に大麻を使っていると言う現実があるのです。

過去安全であった国々が今、安全確保の為に銃を掲げた軍隊や警察が 空港や街中を護衛しているのです。それは世界を混乱させようと・・・
そんな力が知らない所で浸透し始めている恐怖・・・とても怖いことです・・・

以上、個人の想定として述べましたが・・・
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。