マラパスクア

テーマ:

今回1/9~1/14の日程で「マラパスクア島」という島に行ってきました霧


たぶん日本人には馴染みが無いと思うので軽く説明するとフィリピン・セブ島の最北端からボートで30分くらいの小さな島です。


たぶん解りやすく言うと昨年末に起きた大型台風30号が直撃した「レイテ島」の側です。

何故行く事に決めたかと言うと、実は昨年にアメブロでも友達の「元ヘベレケダイバー」さんが

マラパスクアにショップをオープンしたって聞いて、これはお祝いに行かなければ!って事で行く予定でした。


しかし行く直前に、この被害ガーン


結局オーナーのKさん(へべれけさん)とメールのやり取りをし、キャンセルすることに・・・


ずーと心配と心残りと複雑な気持ちでニュースをチェックしていました。


何かの縁かな?と思いながら・・・


キャンセルしてから、その頃たまたま呼んでた本がコレ

激戦区のレイテの事、ゼロ戦のパイロットの事。


そして、自分の叔父ちゃんが若い時に玉砕した島でした。


たまたまが重なり、いても居られない気持ちになり、早く行きたい!と気持ちになり

ひと月もしないうちに航空券を手配しました。


Kさんには、「ただ行くねー」とだけ伝え行く事に。


夜にセブ到着便で到着するとKさんが迎えに来てくれホテルにチェックインし食事に行く事にニコニコ

2年前にパラオに一緒に行って楽しんだ以来の再開。


顔は現地人と変わらず真っ黒で元気そうに振舞ってくれましたニコニコ

セブ市でビールで乾杯し、今の現状やボランティア活動の事を色々聞きながら、その日は時間が過ぎていきました。


それからセブ市から北端を目指しマラパスクア島まで出発です。


タクシーをチャーターし3時間ほど。

ちなみにバスだと5~6時間かかりますガーン


北へ北へ走って行くと風景が変わっていきます。


そうです。屋根が無い家や修理中の家が増えていきます。



それでもだいぶ修理が復旧してるようでした。


そしてボートに乗る所に到着したのですが台風雷波なみの強風と波ガーン

立っていても飛ばされるほどに。


危ないって事で少し収まるのを待つ事に。


結局ぶらぶらしながら6時間待ちました。


でも波もおさまらず渡航することにショック!


波を頭から被りベチャベチャになりながら島に到着。


到着した頃には辺り真っ暗でした。


もちろん電気は復旧しておらず、個人個人が持っている発電機で確保してるそうです。


それでもそれはそれで、いい感じの雰囲気でした。


周りは暗くて見えませんでしたがショップに電気を灯すと、ちゃんと有りましたニコニコ


そう!

屋根とか柱は、この日だけを見れば損傷してるものの大丈夫そうでした。


この日は強風だったため軽く食事を済ませ寝る事にし、次の日が晴れることを願い寝る事にしました。



つづく



AD

札幌での極真大会も終了し、残念な結果でしたが家族全員 気を取り直しキャンピングカーを引っ張り、北海道でたくさんダイバーが集まっている積丹へレッツゴー車


連休もあり渋滞にも巻き込まれながら3時間ほどで夕方到着。

半分以上のダイバーさんも帰宅していたけど、いつも居るセルフダイバーさん達と合流しビールやらでバーべキューナイフとフォーク


翌日には娘の実習もあったので全員、夜には就寝。


当日、朝5時に息子に起こされれるガーン

そういえば釣りの約束してたのを忘れてた・・・ショック!


早速近くの漁港へ行き、竿をセットし1投目をなげると、いきなり引きがうお座

息子が嬉しそうに引き上げると「ウグイ」うお座べーっだ!
楽しく行こうぜ!のブログ
しかし、寝癖といいファッションセンスがヒドイ得意げ


それから結局この一匹のみで終了ガックリ


その後朝食を済ませ、いよいよ娘の講習最終段階へ
楽しく行こうぜ!のブログ

楽しく行こうぜ!のブログ

なんかすっかり大きくなってしまって普通のダイバーって感じですねニコニコ




下の画像は思い浮かべると初めて体験やらしたのはサイパンで小学校4年生くらいだったはず。

なのでマスクがデカイニコニコ
楽しく行こうぜ!のブログ
あれから4年が経って・・・早いものですね・・・カゼ



そんなんでCカードゲットです音譜

楽しく行こうぜ!のブログ


まだまだダイビングライフが続きそうです。




AD

連休のアレコレ=極真大会

テーマ:

7/14 息子くん。 久々の大きな極真空手大会柔道 5年生でのエントリー


1回戦目 シードで対戦なし


2回戦目 勝ち上がってきた選手と対戦。  

      開始10秒ほどで下突き1発で相手が戦意喪失で1本勝ちグッド!


3回戦目 バシバシ打ち込み 判定5対0で勝ちグッド!


決勝戦  優位に進めるが判定2対0で延長戦

      身体は小さいが体力と力でイイ感じで勝つ予感ニコニコ

      しかし相手の下腹部に蹴りが入る。

      でも股間では無いのに相手がうずくまる。(相当効いてる模様)

      そのまま続行し腹部を狙う。 また腹部決まったと思ったら相手が何故か股間に手を押える

       (周りの観戦者も え!?って苦笑いむっ  役者だな)

       結局 審判に減点をつげられ負けショック!



でも今回は自分も息子も大きな収穫はありました。


自分自身も空手を始め、一緒に稽古して解ったこと。


あれだけ辛い稽古しながら息子は、かなり成長していたこと。


突き、蹴りを100パーセントの力を受けきると相当痛いですガーン


なので今回の相手選手は相当痛かったはずです。


結果は準優勝だったけど、内容は勝っていたので初めて息子を褒めましたニコニコ


来年は2人でもっと稽古して息子と全国大会に行こうと思います。


だって小学生最後ですから・・・


オヤジも身体に湿布貼りながら頑張ります。


押忍グー


AD