ストローカータトゥー横浜の舞台裏

毎日更新中☆彫師たちがつづるTattooタトゥースタジオ日々ブログ


テーマ:
KANですドクロ

「tattooがあるとMRI検査を受けられない?」

お客さんからよく聞かれます。

ブログを始めてから2年半、ずっとご紹介したかったテーマでした。

なにせ、ネット上では色々な書き込みがありまして。。。

「断られる、ムリ!」「火傷するぞ!」「いやいや平気!」

んで、実際のところ、どうなのよ?

カラダ張って試してきました、MRI。。。

すべてを赤裸々にご紹介しますので、少し長いブログとなりますが、

お付き合い下さい(_ _)


゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

自分、健康診断を最後に受けたのは、高校の時でして、

以来、病院でしっかりと診断してもらったことが

ありませんでした。

さすがに身体に不調をきたしても不思議じゃない歳(笑)に

なってしまいましたので、人間ドックでも...と思ったワケです(_ _)

MRIの真実も気になってたからね。。。

まずは、問い合わせの電話を電話

検査の流れの説明を受けた後に、切り出してみました。

KAN「タトゥーがあるんですけど、MRIは大丈夫ですか?」

病院「あ~それですと出来ませんので、MRIのみキャンセルとなりますが...」

KAN「どうしてですかね?」

病院「刺青の色が変化したり、火傷したりしますので。」

KAN「色が変わったり火傷したりするリスクは承知してます。
   それでも構いませんので、MRIもお願いできますか?」


病院「少々お待ち下さい...................。
   それで了解いただけるのでしたら、なんとか。」


というワケで、まずは検査OKとなりました。

当然ですが、検査同意書や承諾書にはサインが必要です。



そして、待ちに待った検査当日。

心電図もエコーもCTも、これらは入れ墨があっても全く問題なく、

いよいよお待ちかねのMRI検査へ。

$ストローカータトゥーの舞台裏
病院HPより拝借...m(_ _)m
こんな機器でした↑

担当技師の方に、自分が彫師であることをお話しし、

MRIが実際どうなのか、聞いてみました。

技師の方曰く「火傷を負ったという例もあるらしいですねぇ。」

「墨が反応して、うまく撮影できないこともあるんですよ。」と、

実にあっけらかんと話してくれました(笑)

自分的には、それほど問題じゃないような印象を受けましたが、

今回のMRI検査は骨盤部ということだったからでしょうか。

いよいよスタート。

MRIのベッドに寝かされて、両手はまっすぐ下へ降ろした状態で

ベルトで軽く固定。

ラッキーにも、腰の横に両手がきてまして、

両太ももと両腕のタトゥーが強力な磁場と電波にさらされますチョキ

「15~20分くらいで終了しますから」とのこと。

狭いドーム状の空間の中、

ベースギターを調律しているような大きな音が響きます。

ガンガン、ブォンブォン...かなり騒がしい(笑)

ヘッドフォンをしてますので、それほど不快ではないですが。

検査が始まっても身体には特に変化なし。

5分ほどすると、腰周りがポカポカと温かくなってきた。。。

ん?これか!!!きたか!!!

ストーブの近くにいるような感覚。

tattooはどうだ???

両腕両ももに神経を集中させてみる。

ももは全体的に温かく感じるけど、腕はまったく熱くない。

むしろ、彫ってない尻が熱い。。。(笑)

両腕のtattooのインク量はかなり多いはずですが、

特に変化なし。

腰部の温かい感覚は検査終了まで続いていました。

「ハイ、終了です。どうでした?」と笑顔の先生。

KAN「平気でしたね!ポカポカあったかいんすね~」

電磁波の影響で温かく感じることがあるそうです。

「勉強になりました!ありがとうございました(_ _)」

とお礼を忘れず(笑)、無事MRI検査終了フラッグ



結論手裏剣

【TattooがあってもMRI検査は受けられた】
【ヤケドもしなかったし、色も変わらない】


ただし、これはストローカーで使用しているインクで彫ったtattooの、

KAN個人の結果です。

単純にTATTOO=イコールMRI検査OK?

う~ん微妙です。

実際、最初は断られましたし。。。

なぜか?

個人的な推測ですが、病院にとっても入れ墨によるMRIの医療事故が

ごく数件報告されている以上、できることなら行いたくないのだろうと...。

リスクを回避すべく、

ざっくりと線引きするなら、入れ墨はとりあえずダメとしておこうよ。

そういうことだと思います。

ただ、長い人生の中でtattooがあることによって、

不便を強いられることもやっぱりあるわけで、

その中で医療の面で不便があるとしたら、かなりツライと思うのです。

誠意を持って伝え、

たとえ断られても、他に検査してくれる病院は必ずある。

身をもって経験したことにより、

コレ↑は間違いなく言えます!


噂でもなく、ネット検索でもなく、

彫る側の人間として、お客さんの不安や疑問を

クリアにできることがあれば...と考え、

今回、MRI検査に挑戦してきた次第です(_ _)

何かの時に、このブログが役に立てば幸いですパー

長々と失礼いたしましたドクロ

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

☆Tattooブログランキング1クリ☆


いいね!した人  |  コメント(90)
PR

[PR]気になるキーワード