6月26(日)、山形市総合スポーツセンター第二体育館にて、「ムービーオンカップ・山形市エアロビックフェスティバル」が開催された。

ムービーオンカップは、初めてから9回目となる。

抽選会では、ムービーオンの招待チケットが当たるのた。




すべてのスポーツの、基礎を担うスポーツと言っても、過言ではないのがエアロビックである。

心身ともに鍛えて、こういう場で競いあって欲しいと話す。



次の時代を担うみんなの顔や眼が、輝いていた!



今年も、参加者は300人を越えていた。

やはり、休日は、体を動かし、爽快な気持ちになるのである。



AD
今日は6月26日の日曜日。

5月末日からのパスラボ山形ワイヴァンズの増資は予定通り募集が進み、資本金が1億円になって、一段落…。

しかし、6月中旬からは、株主総会が目白押し。

結局、いつも、なにかしら多くの課題があり、新たな目標が出てくる。

なかなか、疲れがとれない!



そんな時こそ、ドーパミンを出すものが必要なのだ。




今日は、日曜日の休日だが、午前中から、エアロビックフェスティバルが山形市の総合スポーツセンターで開催され、大会会長の挨拶。




昼は、東根市のサクランボの里「天香園」での、食のイベントに参加する。




午後からは、山形ビックウイングで開催中の「すこやかフェア」に、ダイバーシティメディアとムービーオンがブースを出しているので、激励に顔を出す。


そして、今、自宅への車中で、ブログを書いている。



ムービーオンの藤木支配人も…。


パスラボ山形ワイヴァンズの武田テクニカルダイレクターも、少々お疲れ気味であらる。

6月は、祝日がないし、梅雨の時期で、体力が落ちる。

仕事も忙しいし、みんな疲れているのである。

体と心を休める癒しの存在が、やはり必要である。




東海大山形高校の理事長室の花のある場所だったり…。



映画を観たり…。





最上亭の鉄板ステーキなど、美味しいものを食べたり…。


それぞれが、本格的な夏に向け、ドーパミンを出し、心身ともに癒すことが大切である。


昨日、このブログを読んでくださった、7426人。

多くの読者の方々も、梅雨の時期は、知らず知らず体が疲れていらっしゃるのではないだろうか…。

是非、美味しいもの、ステキな場所、笑える映画など、休日は、元気の源に触れてほしい☆
AD
40歳を過ぎてから、幼き頃からの近所の後輩のような、親戚の弟分のような、さらには街のやんちゃな気の合う仲間のような存在と出会うことは稀である。



初めて会ったのは、今から約13年前。

東北ケーブルテレビネットワークを法人化しようとしていた頃。

そして、ホリエモンと出会い、これから様々なビジネスモデルを作り出そうとしていた頃。

さらには、YMF山形国際ムービーフェスティバルを始めようとしていた頃。

そんな、自分にとっては、現職市長だった父が亡くなり、新たな航海に踏み切ろうとした時期であった。



彼は、30代後半。

まだまだ、血気盛んな頃であり、天下を相手に大儲けしてやろうという野心や大望があった。

今のスマートテレビと同じ、インターネットテレビを当時は独自レベルで開発していた技術力を持った会社を経営しており、東北のケーブルテレビ局との連携を考えていた。

その後、ホリエモンも加わったが、時代より、10年ちょっと早かった。

そんなことを皮切りに、お互いがいい距離感を持って今に至る。









たまには、二人きりで、美味しいものを食べながら、雑音抜きで、突っ込んだ話ができた。



総料理長の林浩生さんの、流石のフルコース。

特に、「アワビのヴァプール肝ソース」と、「牛フィレのグリエ  プランスミュラ」は、最高だった。



彼と自分が、それぞれ悩み苦しんでいた8年前くらいに、夜中のファミレス・ミルキーウェイで、コーヒーを飲みながら、午前3時頃まで話していた。

あれ以来…。

あの時、自分の秘書のユタカに、増岡社長はご自身の腕時計を外し、増岡社長の代わりに、専務(当時自分は専務だった)を守ってくれと、高額の腕時計を与えた。

それが、その後のユタカのモチベーションになり、今でも、その時計をつけている。




二人の夕食のあとは、ミッション別担当者が待つフェイスへ。


ちょうど、店の女の子の誕生日だった。



その後、増岡社長がYMF山形国際ムービーフェスティバル以来だというパセオに行く。

様々な物語を、ここ1年でどこまで進められるか?

本番が近づいている!
AD