一昨年の「第10回YMF山形国際ムービーフェスティバル」にて、開催以来初めての選考委員の満場一致でのグランプリ作品となり、圧倒的な評価を受けたのが、山本亜希監督作品「ネクタイと壁」であった。



これまでは、選考委員も務めるザフールの古賀プロデューサーが、パリ在住の山本亜希監督と、メールや電話でやり取りしていただき、昨年はシナハンを日本でやったと聞いていたが、今回、古賀さんが同席のもと、初めて山形でお会いしたのである。



お会いして、一緒に食事をした場所は、レストラン「AKIYAMA(アキヤマ)」



相変わらず、美味しいディナーをいただく。「本マグロと柴海農園」



自分の興味の一番は、山本亜希監督の自分史。

何故、当時40歳の女性が、あの完璧で素晴らしい「ネクタイと壁」という作品を作れたのか?

それも、フランスのパリで…。



美味しいワインを、山本亜希監督はかなり飲まれ、自分の歴史を語り出す。



中学時代は、「三國志」オタクだったこと。

大学は東洋文学を学び、中国旅行に行っているうちに、世界旅行になり、フランスのパリに住み着いたとのこと。



フォアグラ入りのとうもろこしスープ。



ディナーは、山本亜希監督の魅力的なトークと、古賀さんの軽妙トークで盛り上がる。



メインの伊達鶏は、とても美味しかった。



今回の出会いで、これから映画にする本も決まった。

いよいよである。

インディーズではなく、約1億円をかけて作る長編になる。




いつもの、まかないカレーは、サプライズ。



時間をかけてゆっくり話せて良かった。



この素晴らしい「ネクタイと壁」についても、何度も話したのである。

京都映画祭でもグランプリをとった力作である。


父との何とも言えない距離感が、心を掴む映画である。




二次会での話題は、様々な人間の物語についてである。

さて、まずは、どんなプロットやシナリオが完成するのか楽しみです。

今年は、山本亜希監督から目が離せないのである。

AD
東京には、日本一強い男である手塚高弘がいる。

真武産業代表取締役社長で、手塚道場を主宰し、「PRIDE」や「K1」に、多くの門下生を排出している。

物心がついた時には、すでに地球上の霊長類では、「一番強い存在になる」との夢を追いかけ、今も実践している。

彼とは、共通の友人が亡くなったことにより、出会い、親交を深め、今では様々な繋がりを持っている。
今では、自分の弟分の一人である。


彼には様々な逸話があり、「スーパーサイヤ人」を目指す少年の心を持ち、強さの中に優しさを持つ、愛情豊かな人間である。



手塚社長からは、自分の主宰しているYMF山形国際ムービーフェスティバルにも、協力してもらっている。

そんな中、昨年のフェスティバル終了後から、東京で、多くの映画関係者を集め、夕食を共にしたり、飲んだり、一緒に遊んだりしてくれている。

みんなが、なかなか美味しいものが食べれない中、彼がいろいろご馳走してくれているのだ。


自分が応援している役者に、浅野社長の「T アーティスト」に所属している結城貴史がいるが、彼も手塚社長から、よくお世話になっている。

そんな彼等から、「山形に行って、結城の彼女を紹介したい!」と、話があり、とても嬉しく待っていたのだ。

それも、この2ヶ月で、アボイントが2回流れ、中なかなか会えなかったが、この度は、間違いないとのことだった。





老舗料亭「亀松閣」へ連絡をし、「大切な東京の弟分たちがやって来て、彼女を連れてくるらしいから、山形名物の芋煮鍋と、お祝いの料理を出して欲しい!」とオーダーしていた。



もちろん、祝酒も山形の名酒を準備していた。

ホテルも、駅西ワシントンホテルのスイートルームを予約。



そして、紹介を受けたのが、「前チン」という髭面の役者。

「…え?」「結城はそうだったんだ!多様性の時代だから、そういう選択もありか…。」と、半分疑問に思いながらも、「あなたが結城の彼女さん?」と聞いたら…「スイマセン!撮影が急に入ってこれなくなったんです!代役の前チンです!」とのこと。

まぁしょうがない…と思いつつ、「今日は特別メニューを準備したから、前チン君は、スイートルームまで、結城の彼女役をしてね!」との流れになったのである。







亀松閣さんからは、本当に素晴らしい料理を作って頂き、恐縮している。



女将さんや社長にも、お詫びをして、彼女が撮影で来れなくなった旨を話した。

しかし、「前チン」という役者も、なかなか大したものであり、学習院大学卒業で、結城とオダギリジョーと三人コンビで20歳から養成所で一緒だったらしい。

そんな「前チン」は、二次会のパセオでも、彼女役を振る舞ってくれた。

「前チン」こと前川正行。

手塚社長からも、お世話になるが、結城も、前チンも、これから、まだまだ活躍してくれるように、応援していきたい。

と言うことで、弟分たちのおめでたい席は、「おあずけ」となったのである。
AD

驚いた☆「野菜の贈り物」

テーマ:
今日の午前中、自宅に段ボールいっぱいの野菜が届いた!

國井からの贈り物であるが、開けてビックリ!






新鮮な野菜がいっぱい☆

「北村くらた農園」とある。

ネットで調べてみると、酒田市農園を営んでいる、北村孝志さんが生産した野菜らしい。



直販所に、國井が頼んだらしいが、とても心が躍った!



農業県山形に住んでいるのに、とても嬉しい!

野菜も、こだわる分だけ、愛情をかけた分だけ、美味しくなるのを知っている。



庄内の広大な自然のなかで、太陽の光を燦々と浴びて育った野菜。

食べるのが楽しみである。

真理ちゃん、ありがとー!
AD