昨年、広東省の青年実業家達20名と、山形の経済界を結びつけて下さった王惟尊氏が、今回は中国の深圳市のHBCRグループの韓国・日本担当責任者の金紅花氏を山形まで連れてきて下さった。



{38B1BB4F-793D-474B-8DF5-F4F61827C888}
休日の日曜日であるが、明日、金紅花氏は韓国の平昌冬季五輪会場へ行かなければならないとのことで、今日のランチミーティングとなった。


食事場所も、打ち合わせをしながらの食事であり、中国の方々なので和食が良いと思い、「辰寿し」の鴨鍋と寿司にしたのだ。
当然、個室を準備していただく。



{438DFFF8-1980-4FCB-92F4-9892C28316B9}
東北は初めてという金さん。
とても頭が良い方で、お姉様は北京から東京大学に進み、現在は慶應大学の教授である。

お兄様は、韓国ソウル在住でメディアプロデューサー。

ご本人は、北京を拠点に、深圳、ソウル、東京を行ったり来たりされ、映画やテレビの仕事をされている。

つまり3人のご兄弟が、中国の北京、韓国のソウル、日本の東京に住んでいらっしゃる。

とても重要なトライアングルである。



{41749EBD-5DC0-4EBE-918F-E86BBE1559F0}
金さんからは、最初に、中国国際短編映画祭の説明を受けた。
彼女のメディアグループが運営している。

YMF山形国際ムービーフェスティバルとの連携の話になる。



{22AC795C-3D81-41A0-B79D-A90A12097892}
中国は、政府とメディアがしっかり繋がりながら、金さんの会社が海外とのやりとりをされている。

金さんとは、とても素晴らしい出会い。
これからの日本のメディア界、映画界の展開を感じた。
王さんにも感謝である。

映画祭のコラボレーションに関しては、ムービーオンの高橋常務が担当となる。



{2A41C277-BC60-4B35-86AD-5EFBA33A92EF}
自分からも、YMF山形国際ムービーフェスティバルやドキュメンタリー映画祭、そして、山形市がユネスコの映画都市に認定されたことを話す。

さらに、ダイバーシティメディアのコンテンツの豊富さに、興味を持たれていた。

バスケットボールやサッカーや音楽や映画。
さらにはドラマコンテンツ。



{9172540A-B7E1-45AE-BB7C-1A24DE3F88CC}
次に、深圳文博や文化産業フェアの話をいただく。

これは産業として、富裕層向けの窓口のようであり、フォロアーが数百万人に上っており、富裕層へのネット販売でもある。

これについては、ダイバーシティメディアのSNS担当の和康メディア戦略局長が担当になる。



{D9DA3B48-0DB6-4425-8D5B-D03780FC0379}
{93C1E8E4-817A-4E0C-9036-7A1E7B51A12F}
寿司も喜んで食べていただいた。

しかし、知りたいことがお互いありすぎて、約3時間強のディナーミーティングとなったのである。

辰寿司の皆さんには、ご迷惑をかけ申し訳なく思っている。



{D7ED61B4-492E-4A66-BDCC-5A4F3681FDBB}
{999A9959-0ED3-49EF-9CA7-9C6B40D977B5}
{E6F534C8-D601-4D60-8E9A-AAB8E6479AA0}
{34A9C1C1-A6CA-44CD-8DC1-5B7BF4967883}
{95E12F5F-1E35-481F-AFBD-13C301B9E38F}
鴨鍋は、みんな、とても美味しくいただく。



{772AB818-D6A4-4294-8910-B9A4DD7A21A1}
王さんは、とてもエネルギッシュな方で、誠実で信頼が持て、ネットワークは中国でもかなり広い。

みんなで、様々なカテゴリーでのコラボレーションを模索した。

金さんは、彼女のグループトップと再来日するとのことであった。

もしそうなら、中国でも、最も急成長している深圳の唯一のメディアのトップ。
ちゃんとした、ビジネスモデルを確立していなければならないと思った。



{38B31512-9CFA-4C1C-94EE-3DDD05E5C25C}
中国の深圳市。
急成長して、人口2000万人に迫る。
驚くのは、市民の平均年齢が28歳とおっしゃっていた。
中国の富裕層の二世達の町である。



{23B6A37E-0BF9-4522-9625-47A73EA68769}
そこから来た、金紅花氏。

名前の「紅花」が、山形の県の花だと伝え、ご縁を共有した。



{BAC3C20E-7112-46E2-A5B2-A1545D2F5762}
金さんは、雪を見たのは久しぶりだとか…。

空から太陽が覗き、陽の光の中、雪が幻想的に舞っていた。

果たして、この出会いが、ビッグビジネスにつながるか否か…。

もともと、友人の菊地保寿堂の社長が繋いでくれたご縁。

この後、ムービーオンをご覧いただき、午後5時の新幹線で、東京にお戻りになった。

再会を楽しみにしている。

AD
2月18日、平昌冬季五輪スピードスケート女子500メートルで、国内外で同種目24連勝中の期待の小平奈緒選手が、36秒94のオリンピックレコードをマークし、待望の金メダルを獲得した。



{F9663DB5-DE17-4ED7-98B9-D6EED2B05590}
ライバルの五輪3連覇を狙った、地元韓国代表の李相花選手は、37秒33で銀メダル。

一発勝負の短距離。
夏のオリンピックの陸上の100メートル走と同じようなもの。

小平選手は、今大会の女子1000メートルで、高木選手の銀メダルに続いて銅メダルに輝いていたが、この500メートルは、最も強さを発揮してきた競技である。



{50F147C8-2FC9-4550-AF46-84046960EA44}
スタート直前の遠くを見つめる鋭い目。



{C537D153-F6CA-4854-AACB-88559CEA2B7C}
{539E1D33-00C5-48C9-B3EA-AF02A3D3D96C}
スタート!


{1B885629-30B2-45E8-A67D-2C5700313D69}
躍動感が凄かった!
筋肉の動きが人間を超えていると、テレビのニュースでも報道されていた。



{9759A8F4-BD11-45C1-9528-8B9D3713CDFD}
{F1D3E995-7E50-4FA4-B568-CEF1527C1C52}
試合が終わって、全部出した感じの小平選手。



{C9FD7322-0D2E-41D9-9CE0-1D95BAE4BAC1}
{20D082DA-A9C9-49E1-8BDB-5B8DB5A942ED}
{079ED149-76F1-4624-A97A-B93E7414A7AC}
{3BCE0D3F-FE75-4EB0-AFDE-1A53E2B5B2FC}
セレモニーでは、ホッとした表情を、見せてくれた。

昨日の羽生結弦選手の金メダルと、小平奈緒選手の金メダル。

どちらも、凄く嬉しいし、日本中にもエネルギーをもたらしてくれた。



{C8CE87B5-0287-4E3F-88CF-E5D32921D194}
{F5D3E75E-2077-4979-A7FB-AF20D9F5D963}
{DDCBF10F-6402-4F4E-B6A0-E792C236E2BD}
2人とも圧倒的な力だった。

一夜明けて、羽生結弦選手が、痛め止めの薬を飲んで試合に臨んでいたこと。
薬を飲まなければ、右足の痛みで着地できなかったことなどが報道された。


不十分な状況でも、やり遂げる精神力が比類なきものであると、改めて証明されたのだ。

バスケットボールであれサッカーであれ、選手たちの目標になる自覚の持ち方ではないだろうか?


2人の金メダル獲得を、目の当たりにできた、今を生きる自分達は幸せである。

歴史の目撃者となったのである。

やはり、スポーツは素晴らしい!!






AD
今月の2月26日に、山形日産自動車の社長である小関眞一社長が、日本自動車販売協会連合会(自販連)の会長に就任する。

自分の事のように嬉しく、素晴らしい事だと感激している。

小関眞一社長との出会いは、1991年頃。

自分がケーブルテレビ山形準備委員会事務局長として、何度も会社設立の相談に伺った。

当時、自分は31歳。
小関眞一さんは、当時は営業副本部長で、33歳。

当時は、母親の所有していた、ボロボロの日産サニーで、各企業を回っていた。

ちょうど衛星放送が開始された時で、日産グループも衛星放送からのCMの配信を考えていたとのこと。

放送通信に当時から明るく、2つ違いの兄貴分として、お世話になったのである。

山形市長だった自分の父親も、先代の小関喜久会長とは、昭和一桁同士で仲が良く、宮町のご実家を含め、大変お世話になっていた。

ケーブルテレビ山形の最初の50者の出資者の一人であり、会社ができてから、自分は憧れの「ブルーバードsssターボ」を、眞一さん(当時は眞ちゃんと畏れ多くも呼ばせてもらっていた)から、買ったのである。
ローンも日産を使わせてもらった。



{2EBFDD37-CCAC-4BDC-933D-3D4F0CC3F5EF}
当時のブルバードsssターボは、自分が自分のために自分でローンを組んで買った始めての車である。

本当の意味のマイカーである。


自分が乗っている車は、ハイブリッドのレクサスが出るまでは、ずっと日産車を乗っていたし、その後ムービーオンの隣のモトーレン山形さんが土地を借りてくださってからはBMWとなった。
(妻の車は、犬を2匹飼った頃から、トーラスという8人乗りの中古車になる)

しかし、弟も息子も、現在も、日産自動車を愛用している。


Smile(笑顔)
Story(物語)
Speed(早さ)
Spirit(魂)

この4つの「S」を極めれば、FORCEとなる…と、山形新聞に取り上げられていた。

さすがスターウォーズの、ジェダイの騎士のような人物そのものである。


先日、日産グループや観光タクシーの社員の皆様の主体性や、お客様サービスの工夫などの事例を、弊社のグループ部長会議で聞いたばかりである。

隅々まで、行き届いた、愛情がこもった会社づくりを、これからも見習って行こうと思ったのである。


小関眞一社長の益々のご健勝と、日産グループのご発展を心から祈念したい。


そして、メディアとモータリゼーションのAIによる連携やコラボレーションの時代が間近だけに、心が弾んでいるのだある。


AD