5月23日(月)、またまた、レストラン「アキヤマ」で、ディナーをとった。

今回のメンバーは、友人の、日本テクトホールディングス社長の増岡厳氏と、「A-line」取締役の岸本京子氏と、初めてしっかり話ができたオフィスウォーカー社長の岡本伸章氏と、ダイバーシティメディアグループのスタッフたち。




オフィスウォーカーは、松崎しげる、葉加瀬太郎、そして昨年、YMF山形国際ムービーフェスティバルで『シネマアーチスト賞』を受賞した SuG(サグ)の事務所であり、ハウンドドッグの大友康平さんも、レーベルに所属している。

まだ、38歳の若き社長の岡本氏。

レストラン「アキヤマ」の秋山オーナーシェフとも、同じ歳である。

かなり、魅力的なスキルが高い人物だった。



この日も、アキヤマを訪れていた方から、「このブログを見て、やって来ました」と、ご挨拶を受けた。


前回来たときも同様のようなことがあり、多くのブログ読者の皆さんが、レストラン「アキヤマ」を盛り上げてくださっていることに感謝である。




アミューズは、コンソメロワイヤル。
なめこのソースとのマッチングは流石である。



前菜は、カルパッチョ(平目の昆布締め、イワシのマリネ、ブリの炙り)であるが、ひとつひとつが美味しい。



自分が大好きな、フォアグラと黒米のリゾット。



真鯛のポワレ。




和牛のホホ肉が、メインである。
タケノコなど、野菜も美味しい。



増岡社長も、「どの料理も、手を抜いていない!すべての本気が伝わってくる!」と大絶賛!



白のシャルドネと、赤の癖のありすぎるワイン。

パリを拠点に仕事を展開している、京子ちゃんが、選んでくれた。





みんなから、アキヤマの奥さんのセンスも絶賛される。



サプライズの、玉ねぎとトマトのカレー。



デザートは、クレームダンジュ。

最高のディナーであった。


岡本社長との出会いは、これからの可能性のフィールドを広げてくれた。

様々な、話題を呼びたいものである!


しかし、レストラン「アキヤマ」の人気が高いのを知り、嬉しい限り。

是非、美味しい食事と出会いたい方は、アキヤマへ。
AD

「花みずき」へ感謝。

テーマ:
ときどき伺う店に、山形市七日町の「花みずき」がある。

ママと娘さんが切り盛りしている店で、ママは娘の瑞希ちゃんの名前から、「花みずき」としたとのこと。

女手ひとつで、精一杯頑張っている姿は、大したものであり、娘の瑞季ちゃんも、一生懸命家族を支えている。




打ち合わせや二次会で伺う機会が時々あるのだが、いつも、パスラボ山形ワイヴァンズのポスターや、全日本プロレスのポスターを、張っていてくれる。

本当にありがたいことだ。

昨夜、花みずきのトイレに行った。




用を足していたら…、「んー!なんだこれ?」と、驚いてしまった。



よく見ると、ムービーオン山形が産経新聞に掲載された、MX4D導入の記事であり、トイレに張ってあるのだ!

満面の笑顔の自分が写っており、少し恥ずかしくなったが、「花みずき」さんの心づかいは、ありがたい限りである。

この親子のポリシーは、とことん「一生懸命」であり、そういう人を、応援し続けてくれる。

商売を度外視しているのだ。

だからこそ、先日の20周年は、約180名の方々が、集まったのである。

その心意気と、情厚き人柄に、感謝である。
AD
5月20日(金)、今年2回目の全日本プロレス・イノベーションの取締役会が開催された。

今回は決算取締役会の為、諏訪間専務も参加してくれた。







昨年11月末、全日本プロレス・イノベーションと、オールジャパンプロレスリングの関係を、分離したのである。

それまでは、全日本プロレス・イノベーションの100%子会社が、オールジャパンプロレスリングであり、興業はすべて一体でやって来たのだが、秋山潤社長の強い要望により、興業は秋山社長率いる、オールジャパンプロレスリングが担うことになったのだ。

全日本プロレスリングは、ファンクラブやホームページの支援、コンテンツの支援、さらには、営業支援なども、依頼され、今後も秋山社長並びに全日本プロレスを支援していくつもりである。





専務である諏訪魔選手も、復活に向けたリハビリに全力をかけている。





その後の懇親会は、四山楼のお蔵。

山形では「鯨汁」といわれる深い味の味噌汁をいただく。













明治12年、伊藤博文公が、四方の山々を見渡し、「四山楼」と名づけた。



最近、ブログ出演数が、多いと言われる、東京オフィスの新井チーフ。

これからも、山形からも、東京オフィスからも、様々な発信をしていきたいと思う。
AD