本日、9月23日(金)、老舗料亭「嘯月」にて、東海山形高校の全面改築工事に伴う「顔合わせ会」が行われた。



自分が、いつもお世話になっている、本間設計事務所、市村工務店、東北電化工業、弘栄設備工業、そして、東海大学山形高校の、主だった人達が集まり、未来に向けた校舎作りに、心をひとつにしたのである。





まるで、何処かの襲名披露の様であるが、この老舗料亭「嘯月」の「鶴の間」の美しさ、「床の間と畳」の素晴らしさを、改めて感じる伝統的な「薫風和堂」の世界である。



学校の現場の責任者と、建築関係者が、お互いを知り、考えを知ることにより、施主と建築業者の垣根を取り払い、全員が同じ方向を向いて、心をひとつにすることができたと確信したのである。





「縁」や「繋がり」、「夢」や「志」、そして、多様性が溢れ、それぞれが自分の花を咲かせられる環境作り…それが、みんなで作る学校だと、改めて感じた。




余談だが、懇親会が始まったらすぐ、「嘯月」の当代の中山史人社長が、自分にボトルを寄越してくれた。

ワインかシャンパンだと思いきや、これが、高級烏龍茶なのであった。

自分がアルコールが飲めないことを知っているのだろう。

その心遣いに感激した。



その後の二次会は「エスプリ  ドゥ  カンパニュー」に行く。



初めて行ったが、素晴らしい店であった。

ここでは、明日から始まる「Bリーグ」や「パスラボ山形ワイヴァンズ」のことなどを話す。

様々な思いを、心に刻み、この歴史的な新校舎を、後世に誇れる宝として、作り受け渡す責任が、自分達にはあると確信した夜であった。

「契約」より「縁約」
目に見えるものではなく、目には見えないもの。
お金ではなく、心の通いあい。
繋がり。
現象と本質。

本間弘さん、市村清勝さん、会津圭一郎さん、舩橋悟一さん。

これからも、みんなで力を合わして、「新東海大学山形高等学校」を素晴らしい校舎にしたいと、強く思ったのである。
AD
ついにBリーグが開幕した。

新しいプロバスケットボール、日本のスポーツ文化の扉が開いたのである。















フジテレビも生中継。

広瀬姉妹や田臥選手など、テレビ中継を盛り上げる。







川淵会長の挨拶、大河チェアマンの開会宣言。

そして、オープニングセレモニー。

パスラボ山形ワイヴァンズのロゴマーク等も、旗や床や、様々な所に見える。





パスラボ山形ワイヴァンズを含め、35チームが、今週末の9月24日(土)から正式開幕。







二日前の今日、琉球ゴールデンキングスと、アルバルク東京(トヨタ)が、開幕試合を行う。

NBLリーグの最高勝率チームだったトヨタアルバルク東京と、bjリーグのチャンピオンチームの沖縄琉球ゴールデンキングスとの頂上決戦である。







開幕戦に相応しい、素晴らしい試合であった。





フロアがすべてLEDで、凄い演出であり、これから、間違いなくバスケットボールも、野球やサッカーに並ぶ、ビッグスポーツになると確信した。

代々木体育館のように、9000人を越える集客ができ、こんなエンタテイメントができるアリーナが、山形県にも欲しいと思った。

まず、東日本には存在しないだろう。

これから、まだまだ夢は膨らむのである。

まずは、土曜日の、開幕戦である群馬との試合を勝つために、全力をあげる!

多くの方々から、記念すべきBリーグ開幕戦に来てほしい!



AD
9月14日(水)、パレスグランデールにて、パスラボ山形ワイヴァンズの「ティップオフ・パーティー」が開催された。



今年は、Bリーグ開幕の記念すべき年。



「チーム創設以来、まだ3年しかたっていないのに、予想以上の早さで、NBL、NBDL、bjの3リーグが統一され、全国45チームが、1部から3部まで振り分けられ、パスラボ山形ワイヴァンズは東地区の2部からのスタートとなる。

Bリーグが9月24日(土)から開幕するが、
まだまだ、チームとしても未完成であるが、ヘッドコーチに棟方公寿氏を招き、Bリーグ2部の東地区で優勝したい。」と話す。



山形県の細谷副知事からは、チームへの激励と、「つや姫」が贈られた。



また、山形県バスケット協会の九里会長からは、米沢市の方だけあり、上杉謙信公や、「成せばなる」の上杉鷹山公の、上杉軍の勝鬨で盛り上げていただく。



そして、山形県体育協会理事長の武田浩一氏より乾杯の音頭。



今回、パスラボ山形ワイヴァンズの公式ブランドアドバイザーとして、今、人気急上昇のサグ(SuG)のメンバーが紹介される。





サグ(SuG)が、ワイヴァンズの為に作ってくれた楽曲「フライ・ワイヴァンズ」も披露された。

9月24日(土)には、サグ(SuG)も会場に来て、「フライ・ワイヴァンズ」も流れる。



ワイヴァンズガールの「ゆうな」も紹介される。



また、全日本プロレスの「諏訪魔」も駆けつけてくれた。



コーリー、マットと、ゆうな、諏訪魔の豪華ショット!















会場は、多くのワイヴァンズ関係者、ブースター、ファンクラブ、スポンサーなどで賑わう。




チアリーダーも、毎日、遅くまで練習をしてくれている。
チアを率いるチサキからのコメント!





最後に、棟方ヘッドコーチからの、今シーズン優勝の決意が述べられる。

そして、チームの誓い!




パーティーのエンディングは、ANTHEMへ勝利を全員で祈ったのである。
AD