1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-06-29 09:00:00

アンの青春16章48

テーマ:アンの青春16章
"I don't like picking fowls," she told Marilla, "but isn't it fortunate we don't have to put our souls into what our hands may be doing? I've been picking chickens with my hands but in imagination I've been roaming the Milky Way."

pick:(毛を)むしり取る
fowl:家禽,ニワトリ
fortunate:幸運な
roam:あちこち歩き回る
Milky Way:銀河,天の川

「鶏の毛をむしるのは好きじゃないわ」とアンはマリラに言った、「でも、手がやっていることに意識を向けなくてもいいのは幸運じゃない? 両手で鶏の毛をむしっているけど頭の中では天の川を散策しているのよ」
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-06-28 09:00:00

アンの青春16章47

テーマ:アンの青春16章
That night John Henry Carter and Davy between them contrived to execute the two white roosters, and Anne dressed them, the usually distasteful task glorified in her eyes by the destination of the plump birds.

contrive to:どうにかして~する
execute:~を死刑にする
rooster:雄鳥
distasteful task:面白くない仕事
glorify:栄光を与える,称賛する
destination:目的
plump:丸々太った

その夜、ジョン・ヘンリー・カーターとデビーは二人して2羽の白い雄鶏を絞め、アンがその下ごしらえをする。丸々と太った鳥がどうなっていくのかを考えると、いつもなら嫌な作業が名誉なものに映る。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-06-27 09:00:00

アンの青春16章46

テーマ:アンの青春16章
and so they always kept their cellar stairs scrubbed and never forgot to sweep under the beds. I should have a guilty conscience if I thought this closet was in disorder when Mrs. Morgan was in the house. Ever since we read 'Golden Keys,' last April, Diana and I have taken that verse for our motto too."

cellar:地下室
scrub:~を磨きあげる
sweep under:~の下を掃く
guilty conscience:良心のとがめ
in disorder:取り散らかして

だからあのヒロインたちはいつも地下室への階段を磨き上げ、ベッドの下まで必ず掃除する。モーガンさんがこの家に来られたとき、このクローゼットが散らかっていると思うと罪悪感を持つわね。この4月に『黄金の鍵』をダイアナと一緒に読んでからは、私たちもその詩をモットーにしているの」
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。