ステイヤーズステークスの予想2017│出走馬データ、傾向を分析。

ステイヤーズステークス2017の予想をブログで公開しています。出走馬の詳しいデータや、レースの傾向などを分析して書いております。


テーマ:
12/03(土)中山11R・芝3600mにて
《ステイヤーズステークス》が開催されます。





国内最長距離の平地重賞であり
とにかく特殊度合いが高いレース。


今後の長距離戦線を占う意味でも
注目度の高い一戦。


果たして2016年の覇者に輝くのは
一体どの馬なのか!?




まずは出走馬を見ていきましょう。


=============
ステイヤーズSの出走馬
=============


枠 馬番 馬名 斤量 騎手
1 1 サムソンズプライド 56 吉田豊
2 2 ウインインスパイア 56 松岡正海
3 3 アルバート 57 ムーア
4 4 タマモベストプレイ 56 津村明秀
4 5 プレストウィック 56 戸崎圭太
5 6 ジャングルクルーズ 56 四位洋文
5 7 ファタモルガーナ 56 蛯名正義
6 8 モンドインテロ 56 ルメール
6 9 マドリードカフェ 56 川島信二
7 10 プロモントーリオ 56 北村宏司
7 11 マイネルメダリスト 56 柴田大知
8 12 サイモントルナーレ 56 内田博幸
8 13 カムフィー 56 田辺裕信


以上、出走馬13頭になります。


⇒本当に狙うべき◎はコレ!


==============
人気上位が予想される注目馬
==============


アルバート

昨年の同レースを圧勝。

無尽蔵のスタミナを誇る。

アルゼンチン共和国杯は2着だったが
休み明けだし、2500mでは距離が短い。

3000mを超えないとこの馬の
本当の実力は発揮されない。

来年の天皇賞・春を狙える器で
あることをココで証明したい。


モンドインテロ

ディープ産駒らしい末脚の持ち主。

1番人気に支持された前走の
アルゼンチン共和国杯は4着止まり。

これまで重賞3戦で6、5、4着と
ジワジワと着順を上げてきている。

まだまだ伸び盛りの4歳馬。

鞍上にはルメール騎手を用意したし
重賞4度目の正直に期待したい。




カムフィー

昨年の2着馬で長距離適性は高い。

5ヶ月ぶりとなった前走の
天皇賞・秋は13着。

ただ、寒い時期の方がいい馬で
今の状態は文句なしのデキ。

鞍上の横山典騎手はこのレースで
現役最多、歴代2位の5勝を挙げている。

重賞初制覇の期待がかかる。


ファタモルガーナ

スタミナ自慢のベテランホース。

目黒記念3着以来6ヶ月ぶりだが、
ココを目標にしており不安は無い。

昨年のステイヤーズS、
そして今年のダイヤモンドSと
この路線は簡単には譲れない。

三度目の正直での重賞初制覇を狙う。


ジャングルクルーズ

昨年はジャパンカップで4着に
入る激走を見せた。

が、今年は勝ち星が無く、
OP特別3着がやっとの成績。

夏場にじっくりと力を蓄えたので
そろそろ復活を見せたいところ。




============
過去10年のデータ考察
============


まずは過去10年の各種データを見ていきましょう。


~~~~~~~~~
人気データ考察
~~~~~~~~~

1番人気【4-1-1-4】
2番人気【0-3-2-5】
3番人気【1-0-1-8】
4番人気【1-3-2-4】
5番人気【1-0-1-8】
6番人気【1-1-0-8】
7~9番人気【2-1-1-26】
10番人気以下【0-1-2-54】


穴馬の好走があり波乱傾向。

ただし、単勝オッズ100倍以上の
大穴は過去10年きていない。

基本的には長距離で実績のある馬が
スタミナ勝負で好走する。




~~~~~~~~
枠データ考察
~~~~~~~~

1枠【2-0-2-10】
2枠【1-1-3-12】
3枠【1-0-0-16】
4枠【2-1-2-14】
5枠【3-2-1-14】
6枠【0-1-0-19】
7枠【0-3-2-15】
8枠【1-2-0-17】


この距離なので枠順による有利不利は
特に気にする必要はない。

中山の内回りコースを2周するため、
長丁場を耐え抜くスタミナが要求される。


~~~~~~~~~
脚質データ考察
~~~~~~~~~

逃げ【0-2-0-10】
先行【6-5-1-19】
差し【3-3-6-38】
追込【0-0-1-46】
マクリ【1-0-2-3】


切れ味よりも先行力が優先される。

勝ち馬は全て4コーナーで5番手以内に
つけた馬なので早めに先団に取りつける
先行・差し(マクリ)が有利。

ただし、逃げは相当なスタミナが必要なので
不振な結果に終わる傾向が高い。


⇒本当に狙うべき◎はコレ!


==========
予想情報局の総括
==========


平地最長距離の競走であるステイヤーズS。


と言えば、春の天皇賞との関連が
想像されるところだが、
ハッキリ言ってたいして関係は無い。


むしろ、下級条件からG3クラスの馬でも
勝負になるG2戦とさえ言えよう。


昨年はすべて前走準オープンの組で
馬券を作っている。


今年のメンバーをみても、
前走・前々走でオープン特別に
出ている馬が多い。


ただし、ローテーション的に
ジャパンカップの翌週とあって、

そのステップレースからこちらへ
向かった実力馬は結構信頼できる。


有馬記念への最終ステップと
考える馬がいれば、そちらも要注意。


実際のところは、条件上がり以外では
AR共和国杯組が着順にかかわらず好調だ。




本命は【アルバート


昨年が準オープン勝ちからの
このレース制覇。

そして今年はAR共和国杯2着からの
参戦とココで勝ち負けする要素を
しっかりと備えている。

さらに、昨年500万下から4連勝で
G2ホースとなった勝負強さと、

春一戦級で好勝負した能力が加わり
馬券の一番手にふさわしい。


対抗は【ファタルモガーナ


2012・14年と2度このレースで2着がある。

ダイヤモンドSでの好勝負もあるし、
この春の天皇賞でキタサンブラックと
0.5秒差7着なら大威張りできる。

昨年7着は休み明けもあっただろうし
年齢的な衰えにはまだ早い。

叩き2戦目の得意舞台という事もあり期待。


そして【プレストウイック


ここへきて急速に力を付けている。

下で積み上げた力が爆発するか。


以上を加味した馬券戦略は

◎3.アルバート
◯7.ファタルモガーナ
▲5.プレストウイック
☆8.モンドインテロ


3からの馬連流しか、オッズ次第では
4頭の馬連ボックスで勝負。


⇒本当に狙うべき◎はコレ!



その他の競馬の最新ニュースはコチラから

【無料アプリ】
http://keiba-headline.com/mobile-app/

【Facebook】
http://keiba.simple-url.net/ads/facebook

【Twitter】
http://keiba.simple-url.net/ads/twitter


また新たな情報を入手しましたら、ブログ更新させて頂きます。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。