足利市の里山縦走

テーマ:
足利アルプスと書いている人もいるが、駅からのアクセスがいいし、以前足利市駅を通過した際、登りたい!と思った山です

{5EFD5174-F7D3-404A-967B-C58D646DC187}

駅から渡良瀬川沿いを歩き、織姫神社へ

{D9326378-4E17-4DFD-BB55-110BD2302FF7}

{B584B048-5CAC-4C27-BD2B-DDEEDC2AEDFF}

9:13 初っ端の階段きっかったw

{3CE88585-DB14-4AF4-86CA-174F3BD11163}

{E1E6340B-983B-4337-A957-8B84D3B8CAC6}

古墳を見ながら

{1D4C7557-0E34-4F25-AB94-40FAE000F104}

岩尾根楽しい!

{327D54EA-B932-4032-ABBF-ADDC37BF3065}

巻道ありますが、よじ登っちゃいますw

{C1820CFB-02C8-489C-BABD-13CE0CD5EE12}

肉眼ではスカイツリーや、新宿高層ビル群も見えました

{595CE2BF-CE36-4948-B946-1706B8FCBF32}

両崖山は足利城があった場所

{45B7550D-B7A9-479F-9419-FD280209DE25}

気持ちいい尾根歩き

{5BAC33D9-E513-4DA9-8129-A64428E91EB1}

雪だーと喜んだが、帰りはこの階段登るんだよねあせる

{83AB93FB-3C38-47BE-83F4-1F9CDD1C6A47}

北関東道の上を通過

{97A2B9FC-75E4-412F-96C7-10CA0EE8E838}

大岩山を過ぎ

{A41E78F9-C1AD-4E3E-AB08-0EDC6121F148}

行道山見晴らし台

{FBD3E91F-8DE4-4D84-9158-8F77DB1B79DE}

ここからの眺望は素晴らしい

{E7699B01-95E8-4C6C-A746-643804185F2C}

赤城山

{31D3EACC-5E4E-4336-BD11-B729A6336DF8}

男体山

{00FFDDCD-CB41-40DA-8855-CFD9E3961301}

榛名山

実はここから先まで歩き、一度戻ってお昼を食べいたのだが、後から来たカップルがこの先に寝釈迦像がありますよと教えてくれ、またおなじ道をアタック^^;

{C5FC7704-B745-4CE1-9763-AD0EBB2095EE}

ありました

{9F10539C-26AB-4BD4-93CF-EA93C8995803}

{209857D9-88AC-4909-96D5-B4168CF1BF61}

教えてくれてありがとう!

帰りがけ、大岩毘沙門天へ

{4B0D9238-48BC-4D15-855F-54AF2788BD19}

{EA6C0602-252F-461E-B5BE-08A710781E02}

一気に両崖山まで

{7EC2D732-3EA3-4B51-9903-E6CCAB2472D7}

ここからは天狗山ハイキングコース

{B458272D-9823-48CF-941F-84DF86A74803}

道中険しい岩場

{A6E44286-A3C3-47EB-B539-AD49A07AF5A1}

{EB3A8B67-539F-4DE5-88DA-C70F7697D23A}

巻道ありますが、岩場をがっつり登りw

{32BC0B8A-A66F-4648-9EC4-D56DEBAA1359}

天狗岩から

少し歩くと天狗山

{D11B689B-CE91-4241-AD28-7B6D3D246488}

{D5CA6146-80C4-4299-BD80-BC39AB0E2C4B}

{91E5C561-E426-4583-929E-53859E52FAA5}

織姫神社方面から、渡良瀬橋も

{DA06EFFF-EA8F-47C0-B03D-22E794AE98B9}

さらに歩いて行くと富士見岩見晴らし台へ

{74A12044-6C3C-4A53-9D42-88A543376067}

素晴らしい景色!

ちょっと戻って登山道へ戻り、一気に下山

{E9C79DAB-C13B-4F64-8847-F80C737DA4F0}

{9C600950-6EBE-4D79-A762-2BC7C5077AB8}

{E71F5CD5-80FD-429A-A8A5-519E972E2F54}

15:01 常念寺脇の天狗山登山口へ

{1FF8316C-B8D9-4739-9CCD-8B330A6937E1}



13.8km
5時間48分
累計標高  登り1522m  下り1526m

PS

何が疲れたって、下山後20分後に丁度いい電車が!

夕飯の支度があったから駅まで走ったことチーン

汗だくで切符買い電車に飛び乗った

風呂入って、ビール飲みながら帰りたかったダウン

AD

初詣はしごぶらり

テーマ:
まずは湯島天神へ

{B668F4E1-8BF6-4EA2-B01D-E0FB62752B8C}

{22C45021-A157-4DB6-BD1E-479B710679B2}

{4668A3FB-7191-4B01-AE70-894C0F973F5C}

長男が高校受験の時お世話になり、その流れで3年連続

御茶ノ水方面へ歩いて神田明神へ

{74A90E56-CD4D-444F-863B-AB4C2587AE48}

{DC054161-16C2-41AA-AB9D-FA75D6B33B2D}

{06CF97B5-F50D-46F7-AAC3-7FFD11FF7449}

{5FD056C6-A896-4A76-86C2-410C7C2FA8B2}

寄る予定はなかったが、せっかくなので自分自身のための初詣

おみくじは中吉

{3FD9CB7D-2626-4476-816C-B75D21A54540}

最近の神社もハイテク

{4ABFA3FD-D63A-4EE6-90C6-AB5E5E3BF7F0}

おみくじの裏あせる

次に寄ったのは湯島聖堂

{4B648443-DA31-4548-83D3-AD687F4BBDA2}

{21B84999-196D-4281-9419-C12B059E0806}

{40B3C406-09FD-4CDF-B06C-891E5D148B6D}

{61190320-80CF-4907-8505-D3CA7E1FC1B9}

儒学に傾倒した徳川綱吉が孔子をまつり、後の近代教育発祥の地となったことから、絵馬や合格祈願なとありました

さらに歩いて、ニコライ堂を横目に

{B09D6BDF-6115-43EA-B144-68AA1CACB839}

そのまま歩き駿河台へ

高校生の頃にバイトしていた立ち食いそば屋(場所は移動し、店内も様変わり)にて、懐かしの蕎麦と天丼を食べる

昔は美味しく食べたが、歳のせいなのか味覚も肥えたのか、ふーんってな感じ

これは間違いなく歳のせいだが、天丼がしつこかったあせる

スキー用品街をぶらぶらして帰宅

高校生の頃は頻繁に通っていた御茶ノ水

また行こう〜っと
AD

沼津アルプス

テーマ:
東京駅集合で、新幹線を使い沼津へ

黒瀬口の香貫山登山口から山登り開始

{BA1B93CE-2346-423D-AFFA-E52C66D91BC8}

少し歩くと香陵台

{6F6E6BC2-B0F3-42B3-9CC6-70F21362A634}

{34510E80-A5D6-4A68-BAEE-BE14892B118C}

山頂からの眺望はなし

しかし、鉄塔脇に行くと絶景ポイント

{5F0AA1C5-9C2D-4651-AABD-00B97C50AB60}

少し行くと展望台があるけど、縦走路から外れるので今回は行かず

山頂からは下り坂で、途中舗装路を歩き、道路を渡って横山への登山口

{DC9A4971-0496-4308-BE03-D3EAB70DC1B0}

いきなり急登

{4FB29E58-BA3F-48CF-B3C2-725B55C8509D}

{5AF9D770-6A80-484F-B79D-6FA1FD860BB4}

眺望なし

{5FB837D9-44E0-40ED-810F-42E40FC66742}

急登をさらに登り、徳倉山へ

{86719EE4-47A6-4FF7-A6BD-CBCE6D0ACA52}

あいにく富士山方面は雲の中

{9966AE48-475B-404D-B9BA-052B1110F7F9}

山頂は広く、休憩には最適

{D1C1C822-F9AE-4B84-8946-9F3444756352}

山頂直下は急な下り坂

{42D4A48A-B6AB-4D31-8292-5DF0DD6E8639}

千金岩近くからは絶景アップ

{599C2F16-3ED3-4482-A7C7-C9A75BEB2D6B}

志下山

中将岩を過ぎ、よじ登るような急登を超えると、小鷲頭山

{C8B4EE71-1A89-40FF-BD42-A98B30BFBB9E}

{F292ACF0-FB10-455D-ABEB-6ABD93CEE0C5}

富士山が少し見えた

{9642780F-E2C6-4982-9285-6BF4A92C4084}

{41A0A7FB-DB39-48A2-BE5F-A75CD384B287}

鷲頭山山頂はランチや休憩に丁度いい

{3E4F9736-22BB-4205-9324-A681E63E2848}

山頂から下ると分岐があり、ウバメガシの岩尾根へ

{72D781A0-4F33-48F3-925B-B27C4CDEE0EB}

{BDC263E6-8970-44E7-8486-F1AEC7AF6863}

{50E41A78-E452-4326-8C2F-1BBD2CDAF7F8}

楽しい!

{5CFE4CDE-EEDC-4604-993D-9D8A3DE34FBF}

多比峠から大平山へピストン

{6A6FFA52-49F2-41D4-AC8F-9256CA43AEB2}

大平山からの眺望はなし

すぐ折り返し多比口へ

{90F5D716-F2FB-4FB2-B591-D974979EBDF7}

登山口から先は急な舗装路

どんな急登より、足に堪えるチーン

大寒波の影響で、風が強く体感温度は氷点下だったけど、楽しい縦走でした!

{72F4517A-4B16-47EB-9463-B71CD9FB0675}


AD