臥薪嘗胆(がしんしょうたん)

高校軟式野球の指導者です。長男は少年野球最終年。次男はサッカーを頑張っています。

苦しいこともあるだろう 言いたいこともあるだろう 不満なこともあるだろう 
腹の立つこともあるだろう 泣きたいこともあるだろう 

それらをぢっとこらへていくのが 男の修行である
 by GENERAL YAMAMOTO

テーマ:
イチロー選手、通算安打世界記録

おめでとうございます。






あっさり達成してしまうあたりが、

イチロー選手ですよね。 ただ、

この3年くらいは衰えを指摘され、

苦しかったと思います。


正直、ピート・ローズ越えは無理だろう。

私もそう思っていました。



4257本目のヒットを打った後の

インタビューで、印象に残ったところ

がありました。



以下、抜粋

「僕は子供の頃から人に笑われてきた

ことを常に達成してきているという自負は

あるので、例えば小学生の頃に毎日野球を

練習して、近所の人から『あいつプロ野球

選手にでもなるのか』っていつも笑われてた。


だけど、悔しい思いもしましたけど、でも

プロ野球選手になった。何年かやって、日本

で首位打者も獲って、アメリカに行く時も

『首位打者になってみたい』。そんな時も笑われた。


でも、それも2回達成したりとか、常に人に

笑われてきた悔しい歴史が僕の中にはあるので、

これからもそれをクリアしていきたいという

思いはもちろんあります」


以上、抜粋終わり。


目標を達成できると信じ、それに向かって

自分を高め、頑張り続けることができた

こと。


これがイチロー選手がご先祖様から

授かった才能だったのかも知れません。


自分を信じることと、努力をし続ける

こと。そして、人とのいい出会いがある

こと。 


今、あからさまに私と息子を笑っている

人もいますし、心の中で笑っている人も

いるでしょう。


あんなに朝から何やってるんだよ。


「オリンピックにでも出るんですか?」


と呆れ顔で聞かれたこともあります(笑)



ですが、応援してくれる人もいます。

今、まさに自分たちが試されている

ときだと思います。


イチロー選手のことばを励みに、

息子たちも頑張ってほしいなと

改めて思いました。
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
少年野球の頃から、ずっと「そんな身体で長打を

狙うな」「フライを上げるな」と叱られ続け、

長打を打つとあてつけのようにバントや

バスター、エンドランをさせられていた

長男ですが、ようやく野球界から、ホームラン

を打つ練習をすることが間違っていな

かったことを証明してくれる本が発売

されました。





「まず、ゴロを転がすバッテイングは禁止」


日ハム大谷選手が推薦、そして侍ジャパン

U15の監督さんがこのように書いておられる

影響は大きいと思います。


長打を打てる選手を育てることこそ、

最大のチームバッティングなのです。


日本代表に入りたいなら、またプロ野球

選手になりたいのなら、当てるだけで

シングルヒットを狙うバッティングでは

不十分なのです。


さっそく購入して、読んでみようと思います。


レビューは後日!
AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

テーマ:
ソフトバンクの和田毅投手が、

西日本新聞に連載記事を寄せています。


その1回目、皆さんも読んでみて下さい。


今日はその記事を抜粋したいと思います。


以下、抜粋


 5年ぶりに過ごすヤフオクドーム。お客さんの数が
 減っているとは感じませんが、野球人口は引き続き、
 減少傾向と言われます。では、なぜそうなってしまうのか。

 小1で少年野球チームに入りました。
 親がチームに連れていってくれたのでしょうが、
 確かなのは、野球がやりたかったということ。

 野球を始めるきっかけって、球を遠くへ投げたい、
  速い球を投げたい、遠くへ打ちたい、速く走って
 盗塁をしたい…とか、そういう純粋な動機のはずで、
 実際、僕もそうでした。

 でも野球って、チームに入ってみると、やりたいこと
 ができなかったりする。球拾い、グラウンド整備、
 声出し、ひたすらランニング。それをやって一人前で、
 はい上がって、ようやくボールを持てる。

 それが日本人の美徳というか、昔ながらの「やらせる」
 指導だと個人的には思います。

 それが、僕らの時代は当たり前だった。子どもの数が
 多くて、ただ待っていてもチームに入ってきて、どうか
 すると削らなきゃいけない。

 でも少子化が進んで、スポーツや趣味が多様化した今は、
 競技が「選ばれる」時代になった。では、昔ながらの
 野球の指導のあり方は、今の子どもたちに合っているでしょうか。

 球に触れない、上下関係が厳しい…そういうイメージで、
 野球から遠ざかってしまうことがあるかもしれない。

 親御さんも、そういうところに入れるよりは、子どもが
 やりたい、楽しくやってくれるところに入れたい。


 いかに子どものときから、質の高い競技環境があるか。


 例えばサッカー。僕の見方ですが、初めからボールが蹴られる。
 上下関係はあっても不必要には厳しくない。年少世代からの
 トッププロまでの育成システムも整備されています。


 僕が運が良かったのは、最初に入ったチームの仕組みが
 良かった。学年で分かれていて「1、2年はC」「3、4年はB」
 「5、6年はA」。Cは1年生だけでボールを投げたり、打ったり
 して、球拾いだけじゃなくて楽しかった。

     
 僕は体が小さくて、線も細かった。そのチームの中では、
 小3からAチームに入れてもらいましたけど、単に足が速くて、
 肩がちょっと強かったから。背が低かったんで、しゃがんで
 四球を取って、二盗、三盗…みたいな選手でした。

 中、高では最初から球に触れはしなかったけど、中学も
 シニアじゃなくて軟式野球だし、高校も、いわゆるしごきが
 あって、上下関係がめちゃくちゃ厳しいところではなかった。
 恵まれていたと感じます。その代わり、めちゃくちゃ強い
 チームではなかったですが。

 35歳になりましたが、今、少年野球を指導する年代って、
 僕と同じぐらいか、前後ぐらいでしょうか。「俺はそうやって
 育ってきた」と思うなら、それは仕方ない部分もある。
 僕も自分の環境を全て美化するつもりはなくて、技術や栄養面など、
 当時からもっとちゃんとしたことを学べれば、もっと上にいけた
 のでは…という思いもあります。
 
 野球をする目的もいろいろ。
 みんなプロになりたいわけじゃない、体力づくりや、社会で
 生きる上での人間形成のために、親御さんが勧める場合も
 あるでしょう。単純な話じゃないですが、大前提として、
 野球って楽しいな、こんなに魅力があるんだと、
 子どもたちに伝えたい。それを野球に関わる者みんなで、
 役割分担こそ違っても、一緒にやれたらいいな…というのが、
 僕の勝手な思いです。


 どれだけ子どもたちのモチベーションを上げられるか。

 それは、どんなプロ野球選手であるか、そしてどんな
 少年野球チームをつくるか、にかかっていると思うんですよね。 


以上、抜粋終わり。



皆さん、少々長くなってしまいましたが、これを読んで

なにをお感じになるでしょうか? 真剣に現状を憂慮して

おられるプロ選手もいると知り、私は少しだけ希望が

見えてきた気がしますが、まだまだ現実は厳しいです。
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
私の住む県では、昨年から小中学校で

月1回の土曜授業がはじまりました。


この土曜授業が、クラブ活動や各大会に

思わぬ影響を与えています。


土日連続で大会の日程が取れなくなった

ため、大会が2週、3週にわたって行われる

ことが多くなりました。


2日間で4試合や5試合するということが

できなくなったため、子供達の身体への

負担は減っているように思います。


特に、ピッチャーは土日の連投にならない

ため、かなりの負担軽減になっている

と感じます。


また、エースの子が毎週いい状態で

投げられるため、人数が少なくても

無理なくピッチャーを回すことが

できるようになりました。


マイナス面は、ただでさえ多い大会の

スケジュール調整が難しくなり、

中止せざるを得なくなった大会が

ちらほら出てきているということ

でしょうか。


ゆとり教育で土日が休みになり、

土曜日を持てあます子供たちを

スポーツで健全育成するという

目的でスポ少が増え、大会もそれに

併せて長年行われてきた。


今が過渡期のように思います。学業と

スポーツのバランスをもう一度考えなおす

いい機会です。


クラブチームでも、強豪校から

特待がもらえたのに、土曜日の学校行事

をしばしば欠席し、学校での態度も

良くなかった子が、中学から推薦を

もらえなかったという話を聞きました。


結局自分とその家庭が悪いのですが、

こういうことも少しずつ是正されて

いくようになって行ってほしいですね。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
長男の部活動が始まりました。


やはり、毎日楽しいようです。


同期の部員は今のところ5名。

あと1人入らないと、秋の新人戦

は合同チームの活動になるそうです。


私が中学生だった頃は、3年生の

中にも背番号がもらえない部員が

いました。20名はいたでしょうね。

それを考えると隔世の感があります。


そもそも同級生の男子は18名

しかいない上、クラブチームで

野球・サッカー・卓球をしている

こたちは創作部という名の帰宅部

に所属しています。


学校の部活は、このままの現状が

続けばもはや成り立たない時代に入った

と感じます。


男子が入れる運動部は、ソフトテニスと

野球。 ソフトテニスはほとんどの子が

中学から競技を始める上、初期費用は

2万円ほど。 ところが野球はというと、

初期費用が6万なにがしと記載されて

いました。しかも初心者が多いと

秋はまず試合にはならないでしょう。


そのうえ、「保護者会で練習試合の

送迎をお願いしたい」という一文まで

あります。


お金がかかるうえ、楽しみが味わえる

ようになるまで時間がかかる、親まで

負担が増える競技。


それが野球だ、と言われても仕方がない

現実がそこにありました。


実際に目の前に現実を突きつけられると、

「親が野球をさせたくない」

という理由がわかる気がします。


実際、野球がしたかったのに、

ソフトテニスに入った子がふたりいた

そうです。


野球をするなら、お金がかかるのが

当たり前、初心者が多ければ楽しめない

のが当たり前、親が試合の送迎をするのが

当たり前。 すべて子供のためだから。


そう考えている野球人が多すぎませんか?


野球は土日は終日練習のところが多いですが、

サッカーやソフトテニスは半日が多い。


野球も半日で強くなる方法を考えていくべき

時にきているのではないでしょうか。


とにかく、このままでは早晩息子の中学校

の野球部はなくなるでしょう。


体罰・暴言を廃し、練習時間を短くし、

道具はリユースできるようにし、辛さ

よりも野球本来の楽しさを味わえる部活

にしていく。なおかつある程度試合には

勝てるようにし、親の負担は0にする。


中学野球の部活動の現場に突き付けられた

課題はずっしりと重く横たわっています。


部員の親として、私自身が何ができるか。

考えて実行していきたいと思います。

野球部のOBとして。
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。