「瞑想会セラピー」のご感想

テーマ:


夏のお盆ですね。

お盆入りした昨日、
これは、亡父からの
メッセージか・・

という出来事がありました。

母と暮らしていると、
日々、
様々な事が起こるものでして・・




さて、6月末に

「霊性の目覚め瞑想会セラピー」

開催いたしました。

出来事を大局で見定める力、

スピリチュアルな視点を持つ、

日々の心と体と魂の浄化のために、

目的は沢山あります。

参加いただいた方からの感想を
ご紹介させていただきますね。


「瞑想は、とても苦手で
やっと「今でしょう~!」という
気持ちになっています。

順を踏んで教えていただき、
少し面白さ?楽しさ?
これを続けていった先の私って
どうなるの?

というワクワクした期待で
いっぱいです。

特に、頭の先から、
肩・腕・指の先が
とても楽です。」





「日々の生活で気づかない内に、
細かでそして、
薄い皮のようなものが

体にまとわりついていた
ことに気づかされました。

そして瞑想に入る前の大切な
準備を教えていただいたので、
まずは、身に着けようと思います。

体がポカポカで軽くなりました。」



両者、東京在住(女性)の方です。


初めて開催する瞑想会、
今回は2名という

限定人数で
開催いたしました。


瞑想法を様々取り入れて
いますが、

『“今”ある心のモヤモヤを
どう捉えるか?』



誘導瞑想に際には、

同じ時を過ごしている
私達が同時に起こる

シンクロがあったり、

課題に対しての
“新しい視点”に気づかれたり、

と、

私自身にとっても、
とても有意義な時間を
過ごすことが出来ました。


根津美術館にて撮影


「フラワーエッセンスを使った
霊性の目覚め《瞑想会セラピー》」


という名づけた理由は、

ただ瞑想を行うだけではなく、
瞑想を行う心と体づくりを行い、

瞑想の深い意味を
知っていただきたいからです。


自分自身の内側にあるパワー、
霊性は、

何より“親・先生”のような存在。

内在する“霊=スピリット”は、

生かされている目的・理由を
分かっているわけで、

それは、
何より魂の成長であり、
魂の楽しみを知ることになる。


さらに言えば、

内在する霊=スピリットに向かう
ことが出来ることで、

“頼みの綱”に繋がるのです。

“頼みの綱”を英訳すると、

「Hope」

希望です。

希望とは、“光”。

光と闇は表裏一体です。



たとえ、
闇の中にいるように
感じていても、

必ず光の方向が
あるのですから。

「光に向かう」

瞑想会の大きな目的は
ここにあるのかも
しれません。

次回は、
瞑想会を通して
私自身が教えられたこと、

内なる女性・内なる男性について」

お伝えしますね。

次回の
「フラワーエッセンスを使った
《瞑想会セラピー》 」


8月末、もしくは9月初めに
開催予定です。

少数人数で開催します。

どうぞお問合せください。


いつもスピリチュアルランプのブログに
お立ち寄りくださり、ありがとうございます。

スピリチュアルケアセラピスト
百合葉

---------------------

◆ 2016年 7月のスピリチュアルランプ・インフォメーション

ご予約日程・お知らせ

「女性限定セラピー・カウンセリング」

ご予約・お問合せは、メールでご連絡ください。
(男性の方はご紹介の方のお名前をお知らせください。)

思い癖を解消し、魂が願う今世の体験をチャレンジ
するために、出会いを広げるために、
フラワーエッセンスを使ったセラピーです。

◆ 今月のワイルドフラワーエッセンス

7月のエッセンス・花の波動

「ゴッテスグラスツリー」

ご紹介しています。


◆ 9.10月期開校 フラワーエッセンス養成講座

ホリスティックケアセラピーLAMPへ

オーストラリアの力強い波動を持つ88種類の
ワイルドフラワー。

その特性を学ぶだけではなく、

私の経験から、
花瞑想法 / 魂の真の進化を目指す使い方

お伝えして参ります。


スピリチュアルケアセラピー スピリチュアランプ