犬の保育園・ペットホテル Casa di Spink ☆スピンクの家☆

静岡県熱海市の犬の保育園です。
パピートレーニング・マナートレーニング(犬のしつけ)
ホテル・一時預かり・オヤツ・フード・ペットグッズなど。
保育園生の日々の様子やイベントについてもUPしていきます。



$CASA  DI  SPINK    ☆スピンクの家☆


URL2スピンク合財帖 音譜
講談社刊・発売中


 SPINK,CUTIE&SEEDの凸凹な毎日


講談社刊・発売中



HP立ち上げましたURL2SAVE わんにゃん.COM
Mobile Blog始めましたURL2TUNA.BE☆SMILE DOG☆

今日も、ぽちっとクリックお願いしますダウン


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆




犬の保育園・ペットホテル
CASA DI SPINK ☆スピンクの家☆


OPEN/AM11:00~
CLOSE/PM 6:00
不定休

スタンダードプードル・SPINKとCUTIE
ミニチュアプードル・SEEDの看板犬がいる
犬の保育園・ペットホテルとDOG GOODS SHOPです。
大切な家族であるペットの
TOOTAL CARE はお任せください。
パピートレーニング・成犬マナートレーニング
24時間対応のペットホテル(猫にも対応出来ます)
ひとくせあるGOODSやペットの健康に留意したフード、
体に良いオヤツも多数ご用意しています。


熱海市咲見町1-23
電話・0557-81-7676

Casa di Spink

NEW !
テーマ:

 

{A21A8A42-6C71-49C3-9763-BD92A6038DBC}


「頑張ったから今がある!

 

あなたもスゴイ飼い主になるセミナー・初級」

       

1014日スタート
毎月第2金曜日
全6

時間・13時~1630

 

   会場・小田原駅徒歩5分
Lea Lea HULA CAFÉレアレア・フラカフェ


250-0011
神奈川県小田原市栄町1-10-4香蘭マンション1

 

  レアレアさん特製デザートプレート・ドリンク2杯つき

 

募集開始は91日より

 

お申込み、料金のお問い合わせは

Casa di Spink町田敦子

     メール renraku@save-wan-nyan.com

☎︎ 0557-81-7676

      

 

{5E7D87B0-82DC-48DC-9156-C42D4FE038A3}


 

 

初級コースを通じてお伝えしたい事

 「しつけ・トレーニングより大切な事」

  「罰は使わない」

  「犬のしつけとは、犬を育てること」

 

1014日 13時〜14時半・鷲山伸一

     「犬を迎えて編」(仮タイトル)

     14時半〜15時半・町田敦子

      「犬の気持ちになってみるワーク」

     15時半〜16時半・シェアタイム

 

1111日 13時〜14時半・鷲山伸一

     「遊び・ケア編」(仮タイトル)

     14時半〜15時半・町田敦子

      「犬の言葉を聞いてみるワーク」

     15時半〜16時半・シェアタイム

 

129日 13時〜14時半・鷲山伸一

     「お散歩編」(仮タイトル)

     14時半〜15時半・町田敦子

      「犬の言葉を聞いてみるワーク・2

     15時半〜16時半・シェアタイム

 

113日 13時〜14時半・鷲山伸一

     「問題行動・トレーニング編」(仮タイトル)

     14時半〜15時半・町田敦子

      「犬に言葉を伝えてみるワーク」

      15時半〜16時半・シェアタイム

 

210日  13時〜14時半・鷲山伸一

     「ふりかえり編」(仮タイトル)

     14時半〜15時半・町田敦子

      「場面ごとのコミュニケーションワーク」

      15時半〜16時半・シェアタイム

 

310日  13時〜14時半・鷲山伸一

     「まとめ・中級編のご案内」(仮タイトル)

     14時半〜15時半・町田敦子

      「犬とのコミュニケーション・まとめ」

     15時半〜16時半・シェアタイム

 

{53954042-C1D5-44AA-BE8E-B833D915F4BA}

 

 

 

☆このブログに関してのお問い合わせご質問はこちら☆

 Casa di Spink☆スピンクの家☆

renraku@save-wan-nyan.com

TEL 0557-81-7676

 

 

                                         今日もぼちっとダウン

 
          
 
                               日々の出来事・リアルタイム入荷情報は、
               毎日更新のモブログ
               リンク☆SMILE DOG☆で、
                 ご覧ください

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

{CB99D199-7814-4FB5-B05B-63875E4CB7C4}


「トレーニング・しつけとオヤツ」には皆さん関心が高いですね。

 

質問も多数頂きました。

 

返信を頑張っている所ですが、いくつか共通した質問がありましたので

 

ブログでもシェアしたいと思います。

 

 

まず、「〇〇と言う行動を止めるためにオヤツを使う」という事についてです。

 

窓の外に向って、または外で向こうから来るヒトやイヌに対して

 

どうしても吠えてしまうと言う場合に、名前を呼んでも反応が薄い。

 

なので、そこでオヤツを出して「〇〇!! ほらオヤツよ!!」と

 

アテンションをとって食べさせてしまう。

 

口にオヤツが入って実際に吠える事が出来ないし

 

食べた事で「アレ?」と気がそれて一瞬吠え止む。

 

でも、毎回同じ事の繰り返しでその先に進めないんです。というご質問。

 

この「吠え」が「噛み」のバージョンもありましたが

 

それらのご質問にまとめてお答えします。

 

それって「そこはオヤツの出番じゃありません」という事なんです。

 

「オヤツを使ったトレーニングはイヌにやさしい」と言われていたりします。

 

でも、何でもかんでも「オヤツを出したら解決」にはなりません。

 

間違った使い方で逆効果になってしまうのはオヤツも同じです。

 

まず前回の記事でも書いた「学習理論」に則ってご説明します。

 

行動の後に良い事があるとその行動は強化される。増える。

 

その行動の後に嫌な事(悪い事)があると、その行動は弱化される。減る。

 

というのが学習の原理です。ということは・・・

 

吠える・噛む行動の後にオヤツが出てくる→行動の後に良い事がある

 

となると行動はどうなりますか?

 

・・・そうなんです。強化される。増える。んです。

 

今、「あちゃーーーーー」と言う声が聞こえたような気がしますが

 

いつまでも吠えや噛みが減らない場合に、

 

それを強化しているのは、保護者自身の行動かも知れないのです。

 

 

 

{25C27855-1CE2-4A64-A149-6FF5D9D05BD1}

 

 

じゃあ、行動を弱化。減らす。には

 

行動の後に嫌な事、悪いことが起こればいいんだ!!

 

と思った方、ちょっと待ってくださいね。

 

ここで金属の灰皿やフードボールを投げたり、

 

空き缶にコインを入れて投げたり、絶対にしちゃいけません。

 

これらの方法は「天罰法」などと言われ、「びっくりさせるだけ」

 

言われますが、イヌはそんなにバカじゃないので「天罰」を下しているのが

 

神様じゃなく、あなたである事にすぐに気がつきます。

 

そして、一番考えなくてはいけない事は、吠えや噛みが出る時に

 

「あなたが声をかけても反応しない」というくらいに

 

まだあなたとイヌの間には距離があるんだと言う事です。

 

ということは、そんなヒトに「びっくり」させられたら、

 

イヌはどう感じるんでしょう。

 

「あなたが信用出来ない」「あなたの行動が怖い」

 

そして「あなたの事が嫌いになる」

 

という問題に直結してしまいます。

 

問題は「色々な方法を使っても吠え・噛みが止められないこと」よりも先に

 

「あなたが声をかけているのに反応出来ない」事にあるのです。

 

あなたが「〇〇〜」と呼んだ時に、いつ、どこで、どんな時にでも

 

「え?なぁに?」と反応出来たなら「吠えないよ」「噛まないよ」

 

というあなたの声が届くはずです。

 

「呼び戻し」はいざと言う時にお互いの命を守る大切なトレーニングですが

 

訓練競技会に出るのでもなければ、

 

ことさら「コイ」「カム」を訓練しなくても

 

「〇〇〜」と呼んだら、隣の部屋にいても「え?なぁに?」と

 

やって来る関係になっていれば問題はないはずです。

 

訓練・トレーニング・しつけ、と考えるより前に必要な事は

 

あなたと愛犬の間に「信頼関係」が築けているのかどうかです。

 

微妙ですが、「信頼関係が築けている」ことと「イヌが懐いている」ことは

 

別問題だと言う事にも注意してくださいね。

 

まずこの土台作りから始めないと、グラグラした土台の上に

 

何を積み上げても崩れてしまいます。

 

 

 

 

 

{C05277AA-D315-4C33-BF10-E9F406F85840}
@stanpoo
 
ヒトが困ると感じている事をイヌにやらせたくない、と言う場合は
 
一度落ち着いて考えてみる必要があります。
 
まず、「その行動って本当に悪い行動なんですか?」ということです。
 
イヌがイヌらしくあるためにイヌとして正しい行動をしていても
 
たまたまヒト社会で受け入れがたいと言う場合に
 
イヌを、またはイヌの行動を悪と決めつけるのはちょっと待ってください。
 
イヌがイヌとしてイヌらしく生きられる環境でさえあれば、
 
堂々とやれる行動を、ヒト社会であるために止めさせるのであれば
 
その止めさせ方はイヌにとって「嫌な事」「悪いこと」ではなく
 
「良い事」「嬉しいこと」で止めてあげたいと思いませんか?
 
イヌなんてどうでもいい、ヒトの都合に合わせて当然!と言う方は
 
わたしのこのブログを読んではいないと思うので
 
このブログを今読んでくださっている方に
 
お願いしたいと思っている事は
 
「手っ取り早いこと」「簡単で手軽な事」で短いイヌとの生活を
 
片付けてしまわないでください。と言う事です。
 
ちょっと頑張って「楽しいこと」と「嬉しいこと」とで
 
イヌとの短い生活を満たしてあげませんか?
 
つまり、あなたの愛犬にとってあなたに「名前を呼ばれる事、
 
話しかけられる事、触れてもらうこと」が最高に
 
「良い事」「嬉しい事」にしてあげられれば、
 
それで行動を止める事が出来る、と言う事です。
 
イヌがイヌとして当たり前にする行動に対して
 
止めさせたいとばかり思うあまり、「嫌な事」「悪いこと」ばかり
 
与えすぎているために、いざ愛犬に「〇〇〜おいで〜」と
 
声をかけたら、愛犬はそそくさと逃げて行った。という生活は
 
あなたが愛犬と一緒に送りたいと思っている理想の生活でしょうか?
 
 
 
{7D27014F-A9F9-4F5F-B562-5221A5BABF1D}
@stanpoo
 

「あぁ〜。じゃあどうしたらいいんだろう?」と

 

感じてくださった方に、

 

こんな「つい勘違いをしている本当の事」を直接学べる講座を

 

開催する事になりました。

 

「頑張ったから今がある!

あなたもスゴイ飼い主になるセミナー・初級」

 

10月14日スタート
毎月第2金曜日
全6回


時間・13時〜16時30分
 

会場・小田原駅徒歩5分
Lea Lea HULA CAFE (レアレア・フラカフェ)
〒250-0011
神奈川県小田原市栄町1-10-4香蘭マンション1階

 

*料金等はお問い合わせください↓

 

☆☆このブログに関してのお問い合わせ・ご質問はこちら☆☆

Casa di Spink☆スピンクの家☆

renraku@save-wan-nyan.com

TEL 0557-81-7676

       

 

 

  今日も、ぽちっとクリックお願いしますダウン

 

 日々の出来事・リアルタイム入荷情報は、

毎日更新のモブログ
 
 リンク☆SMILE DOG☆で、ご覧ください

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

image

 

 

 

「オヤツを使うとイヌと保護者が利害関係になる」

 

「オヤツを使ってトレーニングすると、オヤツなしでは出来なくなる」

 

「オヤツを使ってトレーニングすると保護者よりオヤツが大事になる」

 

「イヌは報酬という概念がないのでオヤツを使っても意味がない」

 

「オヤツを一度使うと一生使い続けなければいけなくなる」

 

「保護者の動向よりオヤツの在処を気にするようになる」

 

「オヤツを使ってトレーニングすると食べ物に卑しくなる」

 

「オヤツで釣っているだけなので信頼関係が築けない」

 

「オヤツを使ってトレーニングすると保護者の顔よりオヤツを見るようになる」

 

「オヤツを使ってトレーニングするのはかっこわるい」

 

「オヤツで釣っているだけなので指示を理解した訳ではない」

 

 

 

・・・と、「オヤツ伝説」は、まだまだあるとは思いますが、

 

うちの教室でも「オヤツを使わないでトレーニングしたいんです」と

 

おっしゃる保護者の方はたまにいらっしゃいます。

 

もちろん、食べ物のアレルギーを持っていたりすれば

 

当たり前なんですが、だいたいは「謎の精神論」「都市伝説」です。

 

そもそも「トレーニングにオヤツを使う」ってどういうことなのか?

 

時々プロと言われる方でも誤解されている場合があります。

 

「オヤツはモチベーションとして使う?」

 

「ヒトの言う事を聞いた報酬(ご褒美)?」

 

「オヤツが食べたいなら言う事を聞け!という交換条件?」

 

どれも本当は間違いだったりします。

 

「オヤツを使っても行動は変えられない」

 

「オヤツを使っても行動は止めさせられない」

 

と言われる場合、それは「使い方が間違っています」

 

 

 

 

image

 

 

よくやってしまうのが、オヤツを手に持ってイヌに見せながら

 

「ほら、オスワリして!」などと行動を教えようとする場合。

 

オヤツを見た瞬間、食べるのが好きなコは大興奮。

 

何か教えようとしているヒトの意図など聞く耳も持たないでしょう。

 

行動を教えたいヒトの方は

 

「ほら、オスワリだってば! オスワリ!やらないならオヤツあげないよ!」

 

などと、イライラし始めたりしますね。

 

もちろん、すでに「オスワリ」の言葉と行動が結びついているコなら

 

少々ヒトがまずい指示の出し方をしたとしてもやれると思いますが、

 

目の前においしそうな食べ物をチラつかされ、

 

意味の分からない指示を出され、なかなかオヤツをくれない、となると

 

イヌはイライラします。興奮も高まります。

 

見えているオヤツに飛びついたりして強奪しようとしたり、

 

「早くよこせ!」と噛み付いたりするコもいるでしょう。

 

「オヤツを使うトレーニングはよろしくない」と言われる要因は

 

こんなところにもあったりするのかなぁ。と思います。

 

 

そもそも動物が何かを学習するために必要な条件とは何でしょう?

 

それは「学習理論」という理論で説明出来るのですが、

 

かなりザックリと説明してしまうと

 

「行動の後に良い事があるとその行動は増えて、

 

行動の後に嫌な事があるとその行動は減る。」と言う事です。

 

まず、イヌが行動した後・それも3秒以内良い事=好子・コウシ

 

が現れるか、悪い事=嫌子・エンシ が現れるかで、

 

その行動の出現率が変わってくる、

 

というのが「学習理論」での説明になります。

 

ここで言う「良い事」「悪い事」もイヌほんにんにとっての

 

「良い事」「悪い事」なので、それぞれみんな違うはずです。

 

我が家で言えば食欲魔人のシードにとっての「良い事」

 

何よりも「食べ物=オヤツ」ですが、

 

偏食大王のスピンクにとって「食べ物=オヤツ」はたいして「良い事」

 

でもないですし、食欲なし子のキューティーにとっては

 

「食べ物=オヤツ」を差し出される事は「悪い事」だったりします。

 

興奮しやすい性格のチビッコちゃんにとっても「食べ物=オヤツ」

 

平常心でいる時には「良い事」ですが興奮してしまうと「たいした事ない事」

 

に格下げになったりします。

 

まず、それぞれの「良い事」が何かを考える所からがトレーニングで

 

「オヤツを使うか、使わないか」ではないのが本当の所です。

 

そして、「オヤツを使うと止められなくなる」と言われている場合は

 

オヤツに頼っているヒトの側に原因があります。

 

 

image

 

 

「褒めてあげてください」と言うと「うちの子、褒めたって喜びません」

 

というお返事を頂く事がちょいちょいあります。

 

「私が褒めるよりは食べ物の方が喜びますから」と言う場合は

 

「入り口は食べ物=オヤツ」でいいのですが、そこで止まってしまうと

 

「オヤツがないとやらない」「オヤツが止められない」になります。

 

入り口が食べ物=オヤツでも、そこからが頑張りどころなんです。

 

「保護者に名前を呼ばれることや話しかけられる事」

 

「撫でられたり、触られること」

 

「食べ物=オヤツ」よりも「嬉しいこと」「最高の良い事」にする。

 

そこまで頑張ってこそがトレーニングです。

 

オヤツやオモチャで入ったとしても、そこで終わりではありません。

 

最後に「オヤツなんか必要なくなった」という所がゴールです。

 

 

 

image

 

ここではかなりはしょってしまいましたが、

 

こんな「プロでも勘違いをしている本当の事」を学べる講座を

 

開催する事になりました。

 

「頑張ったから今がある!

あなたもスゴイ飼い主になるセミナー・初級」

 

10月14日スタート
毎月第2金曜日
全6回


時間・13時〜16時30分
 

会場・小田原駅徒歩5分
Lea Lea HULA CAFE (レアレア・フラカフェ)
〒250-0011
神奈川県小田原市栄町1-10-4香蘭マンション1階

 

*料金等はお問い合わせください↓

 

☆☆このブログに関してのお問い合わせ・ご質問はこちら☆☆

Casa di Spink☆スピンクの家☆

renraku@save-wan-nyan.com

TEL 0557-81-7676

       

 

 

  今日も、ぽちっとクリックお願いしますダウン

 

 日々の出来事・リアルタイム入荷情報は、

毎日更新のモブログ
 
 リンク☆SMILE DOG☆で、ご覧ください

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

image

 

 

秋から小田原で始めるセミナーに関して

 

興味を持って頂けた方が予想以上だったので大変嬉しいです。

 

巷に喧伝されている「しつけ」「トレーニング」には

 

「ありえなくない??」と首を傾げたくなる物もたくさんあります。

 

でも、それは自分が学んで正しい知識を持ったから言える事です。

 

「これはいいよ!」と言われて試してみるがピンと来ない。

 

じゃあこれは!? 次はこれは!?と、自分が情報に振り回されてしまうのは

 

「本当の事」を学んでいないからなんです。

 

都市伝説的な間違った接し方をしてしまったせいで、何もしなかった時より

 

イヌとの関係が悪化してしまった保護者の方とのカウンセリングを

 

ここのところたて続けてに受けていましたが、

 

目の前の問題に対して「しつけ」「トレーニング」を選択する前に

 

「保護者自身が正しい、本当の知識を身につける」事が先だと実感しました。

 

 

{B798C9F8-3458-468D-8F9A-B2E84F105B86}
 
そんなカウンセリングのうちのひとつを、許可を頂いたので
 
書かせて頂こうと思います。
 
大型犬を迎えて、ベテラントレーナーのもとで熱心に
 
トレーニングをされていた方なのですが、
 
元々問題だと思っていた事が改善されないばかりでなく、
 
新たな問題も出て来てしまって
 
「もしかすると、今のやり方は違うのかも知れない」と感じた時に
 
わたしのブログをみつけて頂いてカウンセリングに来て頂いたのです。
 
トレーニングに参加出来ない家族のために、動画を撮っていた
 
と言う事なので、わたしも見せて頂きました。
 
大型犬で、若くて元気な男子だったのですが、お悩みは
 
お散歩が苦痛になるくらいに、引っ張る、あちこち行く、
 
勝手に動き回ってコントロールが出来ない、との事でした。
 
そのベテラントレーナーは
 
「これは、飼い主よりイヌが偉くなっているから、飼い主の言う事を聞かない。
 
イヌがアルファ(権威症候群)だから、普段の生活から見直して
 
イヌにヒトより下ってことをわからせないと。」と言われたんだそう。
 
なんのこっちゃ???でした。
 
ここでも何度か書いていますが、「イヌの成長過程」
 
を考えてみたら分かるはずの事なんです。
 
小学生くらいのヤンチャな男子、お出かけとなると嬉しくてはしゃぎ回り
 
走り回ったり、跳ね回ったり、大声を出したり。
 
「周りの人に迷惑だから」と親が言って聞かせようとしても
 
もはやテンションが上がりすぎていて興奮がおさまらず・・・
 
って、わたし達の周辺でもよく見る光景ではないですか?
 
この子供を見て「親を下に見ている」「自分の方が偉いと思っている」
 
「家族の中でトップに立とうとしている」とは、まさか考えませんね。
 
そして誰だって「まだ子供だしな」と思うはずなんです。
 
若いイヌがヤンチャなのは、もうそれはデフォルトです。
 
大型犬だと力負けする事もあるでしょう。それだけの事です。
 
 
 
{A06F8A95-7237-4C83-B51C-75E970EB0D02}
 
だからといって、そのままほっておけと言っているのではありません。
 
ヒト目線の間違った罰や叱りは、イヌには通用しないんです。
 
イヌはヒトに負けないくらいに感情が豊かです。
 
でも、思考回路は全く違いますし、価値観だって違うんです。
 
ヒト目線の罰や叱りは、逆効果でこそあれ、意味がありません。
 
動画を見せて頂いて、ベテラントレーナーのリードワークはどうあれ
 
わたしはそのイヌに注目していました。
 
イヌは「ワン。ワン」としか言いませんが、実におしゃべりなんです。
 
ボディランゲージを見る事が出来るようになれば、ほぼ会話になります。
 
わたしはボディランゲージと言う言葉を使っていますが、
 
サイン、シグナルなどと言う言い方もします。
 
どれもイヌの使う言葉の事で、ほぼ同じ事を言っています。
 
イヌはそう言う形の言葉を使いますし、文章的な表現もします。
 
ベテラントレーナーは「イヌはヒトより格下と言う事を分からせる」と
 
リードを使って罰を与えていましたが
 
わたしが読んだイヌの言葉はこうでした。
 
「え!? 何!? このヒト挨拶もなしにいきなり攻撃してきた。
 
怖いな、嫌だな、キレやすいヒトなのかな?
 
このヒトを落ち着かせよう。ちょっと落ち着きなよ! 」です。
 
イヌにいきなり大声で「NO!」と言ったり
 
リードで罰を与えたりするトレーナーの意図は、イヌには
 
全く伝わっていませんでした。
 
「ボクがいけなかったから、このヒトはボクに正しい事を
 
教えようとしてくれているんだ。このヒトに従おう」なんて
 
イヌは決して考えません。むしろ逆です。
 
「ちょっと、あなた、大丈夫?落ち着いた方がいいんじゃない?」と
 
危ないヤツ扱いをされてしまうだけなんです。
 
保護者の方には、罰を与えられたイヌの動作が、
 
トレーナーに媚びているように見えたそうなんですが、違います。
 
イヌはカーミングシグナルを送って、テンション上がり過ぎだと判断した
 
トレーナーをなだめようとしていたんです。
 
そのベテランのトレーナーはそれが分からず
 
「このイヌはかなり頑固だから、ビシッとしつけ直さないとつけあがる」
 
とまで言ったんだそうで・・・恐ろし過ぎます。
 
じゃあ、そのベテラントレーナーさんは
 
なぜこんなに分かりやすいイヌからの言葉がわからないのか?
 
ですが、第一点は勉強不足です。
 
昔なら自分自身の経験以外に頼るものはなかったのかも知れないですが、
 
今は各所で色々な研究がなされていて、イヌの行動も日々解明済みです。
 
そういう新たな情報を自分に入れる事をせず、かたくなに自分の経験に
 
頼っていると、真実が見えなくなります。
 
動物行動学でも行動分析学でも、ちゃんと勉強する機会は作れます。
 
「自分には経験があるから」と新しい知識に背を向けるヒトには要注意です。
 
「イヌとヒトは主従関係が大事」「イヌとヒトの上下をしっかりつけないと」
 
「イヌは服従する事に喜びを感じる」「イヌは命令されないと動けない」
 
「イヌに自己判断をさせてはいけない」「全てヒトが決めてイヌを従わせなさい」
 
・・・等々のワードが出たら、ちょっと注意が必要かもしれません。
 
そのトレーナーのスキルはアップデートされていないのかも知れないです。
 
「昔ながらの・・・」は命相手には通用しません。
 
 

 

 

{E2A59B8D-ECA4-4E1C-A270-999AD489DEF0}
 
もうひとつは「フィルター」です。
 
「イヌと言うのはこういう動物」「イヌにはこうするのが最善」
 
「自分の経験ではこれが正しい」「こうやってずっとやってきた」
 
などなど。自分にフィルターがかかっていると目の前の事が
 
全く見えなくなってしまいます。
 
どうしても「思い込み」と言うものが邪魔をしてしまうのです。
 
この「フィルター」は実は誰にでもあります。
 
「うちのコはこういうコ」とか「ブリーダーがこういっていたから」
 
「トレーナーにこういわれたから」「獣医さんはこう言ってた」
 
「前いたコはこうしたら良かった」「このコにはこうするのがいい」
 
と、一度自分で思い込んでしまうと、目の前に違う事実があっても
 
不思議なくらいに見えなくなってしまうのです。
 
目の前にいる我が子をきちんと見ましょう。と言うと
 
「ちゃんと見てますよ!!」ってお返事を頂くのですが・・・全然違う。
 
そんな時はだいたい「フィルター」や「思い込み」が邪魔をしています。
 
どんなに知識が豊富でも、「フィルター」や「思い込み」を自分から
 
はずす事が出来ないと、やはり間違った判断の元に行動してしまいます。
 
例えば、上から2番めの写真、キューティーとチビッコちゃんは、
 
大好きなホームセンターで、大好きなカートに乗って
 
楽しくて笑顔なんでしょうか?・・・実は違います。
 
このふたりの表情にはストレススマイルが強く出ています。
 
わたしがこの写真の直前まで、探し物をしていて
 
家族にカートを任せて、その場を離れていたのです。
 
「やっと戻って来たー!」と「不安だったー!」が出ている表情なんです。
 
「大好きなホームセンターで、大好きなカートに乗って、笑ってる」と
 
思い込んでみてしまうと間違ってしまう部分です。
 
image
 
そんなお話も、もっと掘り下げて出来るように、
 
今、秋からのセミナーに向けて考えています。
 
「なんだか面白そう!」と感じてくださった方は
 
お問い合わせくださいね。
 
 
 
 
 
☆☆このブログに関してのお問い合わせ・ご質問はこちら☆☆

Casa di Spink☆スピンクの家☆

renraku@save-wan-nyan.com

TEL 0557-81-7676

       

 

 

  今日も、ぽちっとクリックお願いしますダウン

 

 日々の出来事・リアルタイム入荷情報は、

毎日更新のモブログ
 
 リンク☆SMILE DOG☆で、ご覧ください

 

 

 


         

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
{AA9E30DF-7694-4576-BCB3-D877244812C9}
 
  毎月の恒例となったドッグ・カイロプラクティック。
 
東京から岡村ミワ先生をお呼びしてのスペシャルイベントなんですが、
 
日々の仕事に追われて、ブログでのご紹介をしていませんでした…。
 
音符お問い合わせがあったので、岡村ミワ先生の
 
ドッグスクール・クーをリンクします右矢印 http://www.dog-queue.com
 
大好きなボール投げもしなくなり、お散歩でもすぐに帰ろうとするし、すぐに尻餅をつくスピンクに、
 
不安を感じてお願いしたのが最初でした。
 
月1で定期的に施術していただいているおかげで、スピンク店長もすっかり元気に!
 
写真でアレン君が腰に巻いているものは、マナーベルトじゃありません。
 
ヒト用の腹巻なんです。
 
暑くても冷房の効いた部屋に一日中いると、内臓の冷えから不調になるそう。
 
本当にいつも勉強になります。
 
{A85A22E9-6D20-4A8B-9E04-7579AB9A1AC9}
 
スピンク店長も、おともだちのアレン君(上の写真↑)も、
 
人前で横になったり、お腹を出すなんてとんでもない!っていう男気満天タイプ。
 
ところが一度施術して気持ちが良いとわかると、自分からサッサとマットに横たわって、
 
まだかまだかとミワ先生の施術を待つように…。
 
ちゃんと分かるんですねぇ。
 
{AD51A3BC-A35F-4615-8913-180B6C91FF4D}

 
よく知らないヒトに身を委ねるなんて、絶対に無理!なキューティーもこの通り。
 
 
{1090D8AC-FD13-449B-AF4C-F0EEDCE88F87}
 
{A72FDDA5-DDF9-496E-9E5D-FBE6D9A7D8E1}
 
{8C918AFD-744C-4CAB-92C4-3EBEB6DEFAFD}
 
{AEA4E601-4C37-4D1C-A901-A7A6C7B8377E}

 
みんな幸せそうな顔をしています。
 
実際、歪みやコリをほぐしてもらうと、見た目で分かるほど変わります。
 
肩の位置、腰の位置など一目瞭然です。
 
落ちていた腰が上がったり、歩く際に足が高くあがったり。
 
散歩中、爪が擦れる音がする場合は要注意なんだそうです。
 
どの足かを引きずり気味に歩いている、という事なんだそうです。
 
確かにその音、スピンク店長とのお散歩で聞こえていました。
 
{FB34D9EF-415E-4D24-91E3-EEB70D384A65}


今月は8月17日水曜日開催です。
 
興味を持たれた方は、ぜひ、お問い合わせ下さい。
 
動物は痛みや不調をギリギリまで見せません。
 
ヒトが気がついた時には重症化しています。
 
そうなってから病院で治療するよりは、日頃からメンテナンスをしてあげましょう。
 
特にシニアには必須です。
 
シードも尻尾の上げ方が不自然になって、気になって施術して頂いたところ、腰痛を抱えていたようです。
 
今年で12歳のシードも、早めのメンテナンスで、元気にシニア生活を送って欲しいと思っています。
 
 
☆☆このブログに関してのお問い合わせ・ご質問はこちら☆☆

Casa di Spink☆スピンクの家☆

renraku@save-wan-nyan.com

TEL 0557-81-7676

       

 

 

  今日も、ぽちっとクリックお願いしますダウン

 

 日々の出来事・リアルタイム入荷情報は、

毎日更新のモブログ
 
 リンク☆SMILE DOG☆で、ご覧ください

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

{49FE3722-320A-41C2-B2F3-715254202880}

 

 

やっぱりというか、何というか、やはりブログアップの時間がなく・・・

 

 

いきなりのお知らせがたまってしまっています。

 

まず一つめは トリミング を始めます。

 

9月中に出来たらいいですが、工事もこれからなので

 

10月スタートになるかも・・・

 

トリミングもイヌにとって苦痛な時間では可哀想です。

 

イヌにとって快適な時間を過ごせるように考慮したトリミングを

 

して行けたらと思っています。

 

興味を持って頂けましたら、下記のお問い合わせより、

 

お問い合わせをお待ちしています。

 


 

 

 
{6817CD4C-A860-4A35-8E01-17C90B373397}
 
2番めのこの秋始動の新たなプロジェクトですが、
 
わんわんお茶会@熱海、お茶会@小田原、と
 
続けさせて頂いて、一番感じている事があります。
 
イヌと暮す方々の間で
 
本当に大事な事が全然知られていない!!
 
という事なんです。
 
情報なんていくらでも手に入る現在、逆に言うと
 
全く信頼性のない都市伝説のような話に踊らされてしまっている
 
という事も多々あります。
 
イヌと暮す上で本当に大事な事
 
を、本気で伝えるセミナーをやる事にしました。
 
開始は9月下旬から10月上旬予定。
 
場所は神奈川県小田原駅周辺。
 
月一回・金曜日
 
全6回
 
になります。
 
今、巷で言われている「しつけ」「トレーニング」
 
というものが、ピンと来ない、何か違うと
 
感じている「正しい感性」をお持ちの方、
 
是非、「本当の事」を学んで頂いて
 
一緒に広げていきませんか?
 
今回は全6回が初級編となります。
 
終了して頂いた方には、中級編・上級編があります。
 
そこらの「プロ」を凌駕してしまうくらいの
 
「スゴイ保護者」を目指してみませんか?
 
そして、本当に幸せなイヌとの暮し方を
 
どんどん広げて行きましょう。
 
 

 
{81E3080B-7F5A-4668-AF6B-D0B63C7B3FF5}
 
トリミングサロンの工事の様子、
 
また、セミナーの詳しい内容については、
 
随時UPして行きたいと思います(本当かな・・・??)
 
 
 
       ☆このブログに関してのお問い合わせご質問はこちら☆

           Casa di Spink☆スピンクの家☆

           renraku@save-wan-nyan.com

              TEL 0557-81-7676

       

 

 

        今日も、ぽちっとクリックお願いしますダウン

 

 

          日々の出来事・リアルタイム入荷情報は、
               毎日更新のモブログ
               リンク☆SMILE DOG☆で、
                 ご覧ください

 

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
{188711D6-60D1-4828-B181-B9F8066AEDDA}

 



 
7月の15日、16日は熱海来の宮神社の例大祭・こがし祭りです。

町内ごとに所持している、または毎年手作りする山車があるのですが

サンビーチ前の特設会場で、山車コンクールが開催されます。

山車は熱海の町を練り歩きますし、交通規制もあります。

お祭り期間に熱海を訪れる方は、

いつもより移動に時間がかかりそうです。

時間に余裕を持って予定を立ててくださいね。




そして、夏のホテルの予約も込み合ってきています。

今までは、店頭でのご案内しかしていなかったのですが

熱海に旅行に来てのご利用とのお問い合わせも来ているので

ご利用の際のご案内をしたいと思います。



Casa di Spink ☆スピンクの家☆のホテル利用は

基本はケージレス・フリースペースですが

ヒトや他のイヌと過ごす事は無理、というコには個室もあります。

また、フリースペースをご希望の際にも、

落ち着かせる、休ませる際には、サークル、ケージ等も使用します。

なるべく普段通りの環境で過ごさせるため、

ベッド・食事などの持ち込みは歓迎です。

「普段は一緒に寝ているから、就寝時もフリーで」

「普段はサークル(ケージ・バリケン)

で寝かしているからいつも通りに」

というご要望にそって対応します。

そのために、かなり詳しいドッグカルテを作成しますので

すでにご予定のわかっている方は、事前に質問事項をご記入の上

お早めにFAXでお送りください。


料金は、体重別の 1時間ごとの料金ですが、

ご利用は 8時間以上でお願いしています。

現在、8 時間以下の時間のお預かり、

ショートステイはやっていません。

猫・一時間250円

犬・1~5kg 一時間250円

5~10kg 一時間300円

10~20kg 一時間400円

20~30kg 一時間500円

30kg以上 一時間600円

となります。

お預かりの時間、お迎えの時間に関しましては

24時間対応しますのでご相談ください。

ただし、完全予約制のため、当日の受付はしていません。


生後 3 ヶ月から 16 歳までの、幅広い年齢のイヌが集まります。

またフリースペースでの接触もありますので

賛否両論ある狂犬病予防接種・ワクチン接種については

基本的には「必要」とさせて頂きます。

証明書のコピーをお持ちください。

高齢、持病などで免除されている場合はかかりつけ獣医の

診断書のコピーをお持ちください。

ノミ・ダニ対策をされていらっしゃらない場合は、

お断りする場合もあります。

最近はハーブ等の虫除けをご利用の方もいらっしゃるのですが

こちらで虫を発見した場合は、薬剤にての処置を

させて頂く場合もあります。


全て、当店を起点として蔓延させないためです。

「うちのコは大丈夫」であっても、当店ご利用のコには

パピー、高齢、持病がある、など免疫力の低いコもいます。

ご利用の際には、ご理解とご協力をお願いいたします。


食事につきましては、お任せの場合

ナチュラルハーベスト・オリジン・ソリッドゴールドから

そのコに合ったものを選ばせて頂きます。

小型犬用一食 300円

大型犬用一食 500円

それ以外のお食事は、ご持参ください。

☆スピンクの家☆では、飲料水は水素水(人間用)です。



 
{8AF9C586-27D2-437C-BC37-549A1F28C869}

 



 
直接のご来店が難しい場合は、

以下のドッグカルテに記載する質問事項を記入の上

FAXにてお申し込みください。

(すでに満室の日時もございますので、お断りする場合もあります。)


飼い主様 / お名前(ふりがな)・ご住所・通常連絡先・緊急連絡先

愛犬・猫 / 犬種・猫種・お名前・カラー・体重・性別・生年月日

かかりつけの獣医

去勢避妊の有・無 (ヒート中の♀はお預かり出来ません)

普段の食事時間

食事に関する注意事項

病歴・ケガ・アレルギー等

普段夜寝ている場所

毎日の留守番時間

排泄場所・外のみ・トイレシートのみ・両方・その他

お散歩・一日何回・何分・時間帯

お散歩中の注意事項(〇〇が苦手・〇〇に攻撃する・など)

攻撃的な行動 / なし・家族のヒトに対して・家族のペットに対して・

他人に対して・他のペットに対して・その他

特に苦手なもの

普段の生活について / 食欲・ある・普通・ない

お散歩が好き・好き・普通・嫌い

ハウス・好き・普通・嫌い・使用しない

オヤツ・好き・普通・嫌い・使用しない

オモチャ・好き・普通・嫌い

家族以外のヒト・好き・普通・嫌い

同居犬以外のイヌ・好き・普通・嫌い



 



 

施設の見学も大歓迎です

見学をご希望の際は、お電話の上ご来店ください。

トレーニング中などは、ご覧頂けない場合があります。

 

 

 

 

      ☆このブログに関してのお問い合わせご質問はこちら☆

           Casa di Spink☆スピンクの家☆

           renraku@save-wan-nyan.com

              TEL 0557-81-7676

       

 

 

        今日も、ぽちっとクリックお願いしますダウン

 

 

          日々の出来事・リアルタイム入荷情報は、
               毎日更新のモブログ
               リンク☆SMILE DOG☆で、
                 ご覧ください

 

 
 
 
 
 

 

 

 


 

 


 

 







日々の出来事・リアルタイム入荷情報は、
毎日更新のモブログ
リンク☆SMILE DOG☆で、
ご覧ください
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

第4回、イベントお茶会@小田原・ドッグカフェ moi moi!

 

「愛犬ともっと楽しく生活するためのコミュニケーション術!」のお知らせです。

 

最近、朝7時でもうすでに暑いですし、夜は21時でも暑かったりと

 

お散歩に行く時間も考える必要がでてきている、そんな暑い最中ですが、

 

今回は「犬が喜ぶ、犬目線のお散歩」というテーマでお話しさせていただきます。

 

しつけの本やしつけ教室では、

 

飼い主さんの横にピッタリくっついて歩くのが良い散歩だと言われていたりします。

 

飼い主さんを見上げて歩く・・・。不自然だと思いませんか?

 

ずっとこの歩き方をしているワンちゃんの首は辛そうだとは感じませんか?

 

ワンちゃんにとって自然で嬉しいお散歩とはどんなものなのだろうか?

 

ということをお話しできればと思っています。

 

 

 

第4回日程

          

           日時:7月28日(木) 14:30~16:30

 

          料金:3,000円(税込・ケーキ、ドリンク付き)

   

           ※お支払いは当日現金にてお支払いください

 

             店員:6名(先着順の受付となります)

 

   主催:Casa di Spink 町田敦子 / 犬のしつけ Nuzzle(ナズル) 鷲山伸一

 

              場所:ドッグカフェ moi moi

 

        お問い合わせ先 Casa di Spink TEL:0557-81-7676

 

       お申込み先 ドッグカフェモイモイ TEL:0465-48-4708

              (定休日:火・水、及び第3木)

 

 

※14:30~というちょうど暑い時間帯からとなりますので、

 

今回はワンちゃんをお連れにならないようにお願い致します。

 

※このお茶会を通してお伝えしてしている内容のポイント

 

・体罰や天罰法、リードショックは使用しない

 

・犬との信頼関係を築いていく

(犬に信用してもらえるような飼い主になる)

 

・いろいろな物に慣らしたり、

飼い主との関係づくりのためにオヤツ(食物)も使います。

 

 

       
      
      ☆このブログに関してのお問い合わせご質問はこちら☆

           Casa di Spink☆スピンクの家☆

           renraku@save-wan-nyan.com

              TEL 0557-81-7676

       

 

 

        今日も、ぽちっとクリックお願いしますダウン

 

 

          日々の出来事・リアルタイム入荷情報は、
               毎日更新のモブログ
               リンク☆SMILE DOG☆で、
                 ご覧ください

 

 
 
 
 
 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 
{375331CC-F56C-4842-92BB-951F6100119A}
 
 
予定としては、イヌ目線の愛すべきヒトについて書いていたのですが、
 
例のアマゾンのCMについての反響が大きくて、急遽その事について。
 
ご質問もこの記事でのお答えにさせてください。
 
 
 
あのCMの流れは、
 
最初のシーンで庭で赤ちゃんと遊んでいる両親を部屋の中から見ている背中。
 
そして部屋の中に戻って来た赤ちゃんに、浮き浮きとご挨拶に行ったら
 
赤ちゃんに泣かれてしまって、慌てて退散、そして部屋の外から
 
切ない表情でじっと見ている、それに気がついたお父さんが
 
赤ちゃんの好きなライオンのぬいぐるみとそっくりになるように
 
イヌにかぶり物をさせて、再度赤ちゃんと対面。
 
そして、平和にご挨拶が出来て、めでたし、めでたし・・・って感じですか?
 
あんな切ない、寂しそうな顔をしているイヌがいたら、
 
かぶり物の前にかまってやってよ、という感想と
 
イヌにかぶり物をさせるというのは、あまりにニンゲン中心、
 
結局イヌのためじゃなく赤ちゃんのためにやったのだから
 
あの飼い主はイヌはどうでも良いのでは?という感想に分かれましたね。
 
まずあのゴールデンのコの表情が良すぎるんですね、よくぞ探して来たというか。
 
どちらも共通点は「あれは、イヌが可哀想」って言う事なのかな?と
 
思いますが、まぁ確かにそんな感じの演出がされている事は間違いないです。
 
あのゴールデンのコが演技がうま過ぎてしまうので、うちの連中に
 
置き換えて考えてみたのが、前回の記事です。
 
あれは究極のイヌ目線です。
 
・・・と言う事で、ちょっと詳しく解説してみます。
 
 
 
 
{4E11133C-116F-478B-9B4E-33AEE234B0BA}
 
 
我が家の天然アイドルのキューティーは究極のビビりです。
 
どれくらいビビりかというと、
 
キューティーが床に寝ている時に、近くの床の上に何気なく
 
荷物を置いたのですが、その「コト」という音にびっくりして飛び起きて、
 
置いた荷物に向っていきなり「ワン! ワン! 」と吠えたかと思ったら
 
硬直してそのまま倒れ、意識を失って癲癇の発作を起こす・・・
 
というくらいのビビりなんです。
 
そんなキューティーが暮している家に、ある日突然赤ちゃんが現れたら
 
どんな態度を取るだろうか、と考えると、もう最初からビクビク
 
なのは間違いありません。知らないモノ、その上生きているらしい、
 
動いたり、声を出したりするし、その動きも、声も、今までに
 
見たり、聞いたりした事がないものだったら、腰は引けまくります。
 
でも、自分の家にいるので、なんとかして確認もしたい。
 
だから、姿勢が低くなったままでも匂いを嗅ぎたくて、
 
赤ちゃんに近寄って行きます。・・・で、赤ちゃんにじっと見られて、
 
その直後に激しく泣かれたら。。。。あのゴールデンのコがTVでやっていたように
 
そそくさと足早に去って行くでしょう。
 
でも、内面は違います。TVの演出では、赤ちゃんを泣かせてしまった
 
後悔やばつの悪さで立ち去ったように描かれていましたが、
 
キューティーの場合は「やっぱり怖い!!! あのイキモノは危険だ!!!」と
 
慌てて「逃げた」という行動になります。
 
なので、その後部屋の外からじっと見ている行動も
 
「あの危険なイキモノが、自分に危害を加えないだろうか?」と
 
心配でじっと見ている、というコトになるだろうと思います。
 
なので、そこでヒトが介入の仕方を間違えてしまった場合は
 
本当に「危険」な事にもなってしまうと思うのです。
 
例えば、「完全警戒モード」に入っているキューティーに
 
「ほらほら、赤ちゃんよ~。可愛いでしょう?
 
これからずっと一緒なんだから、仲良くするのよ~。」なんて近づける。
 
実際には、結構これをやってしまっている方が多いんです。
 
赤ちゃんは、目の前にモコモコしたぬいぐるみみたいなモノが現れて
 
動いたりしているのですから、好奇心を刺激されない訳がありません。
 
イヌの目や鼻に指を入れたり、耳やしっぽを引っ張ったり、口の中に手を入れたり、
 
パンパンと叩いてみたり、口に入れて齧ってみたりしたくなります。
 
親目線では可愛い、微笑ましい行動でしょうが、
 
例えばキューティーのようなキャパ極狭な、ビビりのイヌだった場合
 
そんなコトをされても平気でいられるでしょうか?
 
「やめてよ」のうなりくらいは出るでしょう。
 
・・・が、相手は赤ちゃん、通じるはずもないのです。
 
次にはイヌが赤ちゃんに歯をあててしまうかもしれません。
 
 
 
 
{A2E87C39-4EA7-4770-A306-29D2DC75765C}
 
 
実際にそんな経緯で、小さいお子さんがいるという理由から
 
それまで室内フリーで暮していたイヌが、ケージ飼育になったり
 
室内でもずっとリードにつながれている、という例をたくさん見て来ました。
 
オトナのニンゲンにとっても、言葉のコントロールが出来ない赤ちゃんと
 
イヌという組み合わせは、それぞれの心理状態や感情を読み違えてしまうと
 
思いがけない事態に陥る事を、キモに命じていなくてはなりません。
 
よくYoutubeに上がっている「可愛いでしょ?」動画で見ていられないのが
 
赤ちゃんとイヌを一緒にさせてヒトが黙ってそれを撮影しているものです。
 
イヌの方はカーミングシグナルが出まくりだったりすると、この後の
 
イヌと赤ちゃんの関係が心配になってしまいます。
 
イヌやネコに「弱い物を守るという正義感」などをニンゲンの都合良く
 
求めてしまうのは間違っています。
 
小さい子供が苦手なイヌやネコは、むしろ大変多いのです。
 
予想不可能な動き、甲高い声、突然触られたり、追いかけられたり。
 
例え体の大きさはイヌの方が勝っていたとしても「怖い、危険」と
 
感じてしまう事は少なくありません。
 
だからといって、イヌに「小さい子供に優しくしなさい」と命令しても
 
「怖い訳ないでしょ!怖がらないの!」と叱っても意味がありません。
 
「イヌに愛されるヒト」の記事にも書こうとしていた事なのですが、
 
イヌが恐怖から取る行動に対して、叱りは禁物です。
 
恐怖心に突き動かされて吠えている、唸っているという行動に対して
 
「NO!」と怒鳴ったり、大きな音が出るもので脅かしたり、
 
「気付きを与えるため」と称してリードショックや
 
電気ショックカラーなどの
 
肉体的なショックを与えたり、といった方法で
 
その行動を押さえ込む事は、実際には可能です。
 
ただし、単なる力で押さえ込めるのは、ほんの一瞬の事です。
 
イヌもニンゲンと同じ、感情を持つ動物だという事を
 
忘れてはいけません。
 
怒鳴られたからといって、殴られたからといって、
 
あなただったら、苦手なモノ、怖いモノを克服する事が出来るでしょうか?
 
{78F05BFD-0873-415D-94F4-D5AB78032E35}
 
例えば、あなたがこの世で一番嫌いな、たまに現れるあの黒いヤツ、
 
ツヤツヤしてて、カサカサかなりの早さで動いて、そして、たまに飛ぶ。
 
そのGですが、「刺す訳じゃないし、毒もないんだし、カブトムシと
 
同じなんだから、手のひらに乗せてみなよ」と押し付けられたらどうですか?
 
「やめてよ!!」ってかなり本気で怒りませんか?
 
それでも「ほらほら、大丈夫だから~」と無理矢理触らされそうになったら
 
「やめろっつってんだろ!!」とキレませんか?相手の差し出した手を
 
叩くかも知れないし、相手を突き飛ばすかも知れない。
 
そうしたらGを強要して来た相手は、逆ギレしたかのように
 
怒鳴りまくり始め、殴ったり、蹴ったり、暴力をふるった。
 
・・・納得出来ますか?
 
・・・そんな相手を好きになりますか?
 
そして、そんな事をされて、その経験でGを好きになるでしょうか?
 
自分だったらとんでもないと思う事を、相手がイヌだからと
 
やってしまってはいないでしょうか?
 
恐怖を感じている本人が、恐怖心を克服する事をしないで、
 
「怖がる行動」だけを力でやめさせたり、押さえ込む事なんて出来ないのです。
 
仮に一瞬出来たように見えたとしても、別の行動となって必ず現れます。
 
恐怖心自体を克服していないのですから、その感情は
 
例えば、震え、尾追い、舐め壊しなどストレス反応として出るかもしれません。
 
または、転嫁行動として、恐怖心からの噛みになるかもしれません。
 
恐怖心を取り除く事、またほんにんに克服させる過程を経ずに
 
力で押さえ込もうとした結果、その相手に対する信頼を失って
 
誰も触れなくなってしまった、という相談は、とても多いのが現状です。
 
怖がっている相手に「何が怖いの?怖くなんかないわよ!」と言って
 
相手の恐怖感を取り除く事が出来ない事は、人間同士の間の出来事で
 
誰でもが経験しているはずの事なのです。
 
それをまず、思い出してみて頂きたいな、と思います。
 
言葉が通じる人間同士でもそうなのです。
 
まして、言葉の通じないイヌが相手であれば、
 
もっともっと慎重であってしかるべきなのではないでしょうか?
 
 

 

 

{C4FC83BB-35FE-425C-9DB7-0EF6DC677690}
 
・・・という点をふまえて見ると、あの場面でキューティーがかぶり物をして
 
赤ちゃんの前に現れる事にしたとしたら、それにもちゃんと意味があります。
 
最初の出会いで突然泣かれた事で、キューティーには赤ちゃんに対して
 
恐怖心があります。再度泣かれたら、きっと決定的になってしまいます。
 
かぶり物をしていた事で赤ちゃんが落ち着いていられたり、
 
むしろ好意を抱いていたら、キューティーには少し余裕が生まれます。
 
相手を近くで観察したり、においを嗅いだりする事が出来ると
 
恐怖心がそれ以上高まる事もありません。
 
その場合に大事なのは周囲のヒトの対応です。
 
赤ちゃんに対して「ほら、ワンワンだよ、触ってご覧」←やる方、多いです。
 
と、赤ちゃんの手を取って触らせたり、
 
イヌに対して「ほらほら、赤ちゃんだよ、可愛いね。」と
 
体に触れて近づけたり、←これもやる方が多いです。
 
といった介入をしてはいけない、と言う事です。
 
あくまでも、赤ちゃん自身、イヌ自身が
 
自分のタイミングと自分の距離感でいる事、を守ってあげてください。
 
そして、どちらかがびくっとしたら、もうそれ以上無理をさせない事です。
 
「えぇ!?そんなコトで慣れるの!?」と思ったあなたは、
 
ちょっと思い浮かべてみてください。
 
あのGを手のひらに乗せて、微笑む自分になるのには
 
どれくらいの時間が必要でしょう?
 
「あ、それ、絶対に無理!!」と思ったとしたら、
 
それを言葉で言い表せない、小さい子供やイヌにとっての
 
「あ、それ、絶対に無理!!」についても、考えてみてあげてください。
 
 
 
       
 
 
 
        ☆このブログに関してのお問い合わせご質問はこちら☆

           Casa di Spink☆スピンクの家☆

           renraku@save-wan-nyan.com

              TEL 0557-81-7676

       

 

 

        今日も、ぽちっとクリックお願いしますダウン

 

 

          日々の出来事・リアルタイム入荷情報は、
               毎日更新のモブログ
               リンク☆SMILE DOG☆で、
                 ご覧ください

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:
{0C540DA8-A942-4A25-A082-F600C5147E95}
 
また間が空いてしまいそうなので、
 
以前書いてUPしていなかった記事を貼っておきます。
 
イヌはいつだってヒトに寄り添ってくれている。
 
それを忘れないようにしたいですね。
 
 
 

 

 

 

{9A2055CE-9536-4D4A-A841-529D2BF531EC}
 
 

ボクはイヌ。

 

朝から「今日は、お散歩に行けるのかな?」

 

「いつになったら行けるのかな?」とそわそわ。

 

さて、お散歩に行くとなると、カラーやハーネス、リードを着ける。

 

それが大好きなコもいるけど、ボクはカラー、

 

ハーネス、リードを身につけるのが大の苦手。

 

でも、絶対に着ける。ニンゲンの法律で決まっているらしいから。

 

お出かけの時は、抜け毛をまき散らさないようにってお洋服を着たり、

 

雨の日にはレインコートを着たりもするけど、本当は苦手。

 

でも、嫌だなんて言わないよ。

 

ヒトと一緒にお散歩に行きたいし、一緒にどこへでもお出かけがしたいから。

 

そして、ヒトと一緒に外へ出たら、どんなに嬉しいからと言っても、

 

好き勝手に駆け出してはいけない。

 

走り回ってもいけない。

 

転げ回ってもいけない。

 

大好きな近所のイヌを見かけても、

 

いきなり飛びかかってプロレスゴッコを始めてはいけない。

 

いつも撫でてくれる大好きなヒトを見つけても、

 

駆け寄って飛びついてはいけない。

 

だからといって、ちゃんとじっとオスワリしてたって、

 

大嫌いな音がするバイクとか、傘をさしてるニンゲンとか、

 

威張ってていつも嫌な目つきで見てくる近所のイヌに、

 

「こっちに来るなよ!!」って吠えてもいけない。

 

いつもの公園まで、リードで結ばれている二足歩行の足の遅いニンゲンを、

 

早く連れて行ってあげようとして、

 

ボクがグイグイと引っ張ってもいけない。

 

風のように駆ける事が出来る素晴らしい4本の足を持っていても、

 

その実力を発揮しないで、のろのろ歩きのニンゲンの横に、

 

ぴったりとくっついて歩かないといけない。

 

ぬかるみの泥の上にゴロンゴロンと転げ回って、泥だらけになったり、

 

土の香りのミミズの上に寝そべって自分の体に匂いをつけたり、

 

他のイヌや近所のネコたちからの、大切なオシッコの手紙を読んだり、

 

水たまりにざぶんと飛び込んだり、

 

道ばたの草をサラダバー代わりにむしゃむしゃと食べたり、

 

ボクはそんな風にお散歩がしたい。

 

でも、それはニンゲンが嫌がるから、いつも我慢、我慢。

 

お散歩から帰ると、玄関で足を拭かれ、

 

せっかく、ひかえめに大好きな土や草にこすりつけて、

 

外の匂いをたくさんつけた体をごしごしと拭かれ、

 

その上、ブラッシングまでされても、じっと伏せていなくてはいけない。

 

間違っても、「やめてよ!!」なんて言ってはいけない。

 

そして、朝ご飯。大好きなんだけど、とっても楽しみなんだけど、

 

いつも同じ硬くてカリカリした丸い粒。

 

たま~~にもらえるお肉やお魚っていうとっても美味しいやつは、

 

どんなタイミングでもらえるのか、ボクには分からない。

 

いつもドキドキして期待するんだけど、

 

その時は忘れた頃にしかやってこないよ。

 

ご飯は一瞬で食べ終わる。

 

でも、その後に藥を飲んで、目薬を差して、歯みがきをするんだ。

 

藥はニンゲンがへたくそだと、オエッとなったり、

 

舌の真ん中に置かれて苦かったりするんだけど、

 

嫌だと言ったら絶対にいけない。

 

目薬もさっとやってくれたらいいのに

 

「マテ!マテ!!動かないで! 動いちゃいけない!!」とかって、

 

なかなかうまくいかない。

 

もちろんそんな時には、ますます絶対に動いてはいけない。

 

そして、昼間の退屈な時間。

 

気になる音がしても、窓の前を大嫌いなヤツが通っても、

 

ボクは絶対に吠えてはいけない。

 

退屈だからって、家の中の家具の足とか、

 

スリッパとか靴とか、噛んではいけない。

 

もちろん、絨毯を掘って穴を開けたり、

 

クッションを齧って綿を引っ張りだしたり、

 

どんなに楽しくてもやってはいけない。

 

そして、トイレは四角いコーナーのシートの上にしなくちゃいけない。

 

はみ出たり、はずしたりするのも、絶対いけない。

 

間に合わなかったら、きっとすごく怒られる。

 

 

 

 

そろそろ陽が暮れる。

 

夕方のお散歩はまだかな?

 

そして夕ご飯には、あの美味しいモノは今日も出てこないのかな?

 

 

 

ボクはイヌ。

 

ニンゲンと暮す事は大変なんだ。

 

 

 

 

{17C460D2-3C0C-4647-B78C-55E2B6E48FB8}

 

 
      ☆このブログに関してのお問い合わせご質問はこちら☆

           Casa di Spink☆スピンクの家☆

           renraku@save-wan-nyan.com

              TEL 0557-81-7676

       

 

 

        今日も、ぽちっとクリックお願いしますダウン

 

 

          日々の出来事・リアルタイム入荷情報は、
               毎日更新のモブログ
               リンク☆SMILE DOG☆で、
                 ご覧ください

 

 
 
 
 
 
 
 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(2)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。