1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-11-20 01:23:45

単なる丸暗記では相手に伝わらない

テーマ:入試

推薦試験が終わりました。

 

個別具体的なことはもちろん書けません。

 

だけれども、皆で「そうそう」と頷いた話を一つ。

 

面接の定番の質問は、志望動機です。ですから、一生懸命練習してきたんでしょう。大学・学部の特色などを調べてそれを織り込んでくれます。その努力は評価したいと思います。でも、それを台無しにしてしまうことがあります。

それは、途中で詰まったり、間違った時の対応です。

誤解している人がいるかもしれませんが、詰まったり間違ってしまうことは、こちら側は全然気にしていません。だって、緊張していることは手に取るようにわかりますから。

こちらが???と感じるのは、途中で詰まったり間違った時に、「最初から」言い直すことです。結局、理解しないで丸暗記しているだけなのね、と思ってしまうわけです。

こういうことが起きるのは、今年に限ったことではありませんけどね。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-11-16 01:23:45

そして11月になりました~推薦入試の季節です

テーマ:入試

暦も11月。今年も残すところ2ヶ月を切りました。

 

業界的には、11月は意外と忙しい。というのも推薦試験のシーズンだからです。

 

指定校推薦、一般推薦、スポーツ推薦、・・・色々な種類の推薦試験があります。

 

今年も面接にあたっています。受験生が少ないから、面接しなくて良いよ、と言われるときが来ないように祈ってます。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-02-23 01:23:45

2017年の入試も一段落

テーマ:入試

何時まで記事全文が読めるかどうかわからないけど、日経ビジネスオンラインに

 

予備校の「裏メニュー」にすがる悲しい大学

http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/report/16/021700112/022100003/

という記事があった。この「裏メニュー」というタイトルに釣られて読んだら、業界人にとってはまあ、公然の秘密ような入試ネタでした。まあ、本当にこの問題は深刻なんですけどね。



 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-02-05 22:33:44

今年の入試は

テーマ:入試
という、意味深なタイトルでも、別に秘密の暴露はありません。

今年も今のところ、例年通り着々と進んでいます。もちろん、受験生の出願数の増減はありますが。 一番の危惧は、すでに合否判定も終わった後に、入試問題に不備があった場合です。

さらには、合否判定とその歩留まりの読みも大きな懸案事項です。読みが外れて相当の定員超過になってしまうことです。

いっそ、補助金なんか関係ない、と言い切れればいいのですが。





いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-01-15 22:33:44

嵐の前の静けさ?

テーマ:入試
明日は、この業界にとっての一大イベント。

大学によって担当の仕方は色々ですね。しかし、新方式は本当にどうなるんでしょう。

それはそれとして、今年は今年。素直に、明日に備えておとなしく寝ます。

トラブルが起きませんように!
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015-11-25 22:33:44

推薦入試は及第点?

テーマ:入試
先日行われた推薦入試ですが、おかげさまで前年比でそれなりの出願がありました。いずれオフィシャルな数字はホームページにでも掲載されるので、これぐらいは良いでしょう。

近畿大学やら、明治大学やらの出願者日本一争うにはほど遠いですけれど、及第点でしょう。

でも、問題は、ほぼ毎年書いているように、一般入試の出願者数とそれによって決まる偏差値です。しかも、私学に対する助成金が入学定員に対して一定割合以上オーバーすると減らされることになるので、合否判定も一苦労です。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015-11-15 22:33:44

推薦入試の季節です

テーマ:入試

業界人はこの時期、推薦入試によって週末駆り出されている人が多いでしょう。もちろん、自分も同じです。


駆り出されずに済むということは、場合によっては受験生が少ないという、あまりうれしくない事態かもしれないわけです。ですから、この時期の週末は痛し痒しなのです。

と、毎年書いているような気もします。まあ、結局、この業界も、五郎丸選手じゃないけれど、ルーティンな業務が多いわけですね。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015-03-19 22:33:44

秘技「歩留まり率読み」

テーマ:入試
今年は、文科省により、どうにかその秘技「歩留まり率読み」を上手く授けてもらえたらしく、良い感じで定員を確保できました。

だいたい、定員充足率で、オーバーにペナルティを課すと言われたって、読みはずれてオーバーしたら、やっぱり不合格、なんて言わない限り無理だって。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015-03-01 22:33:44

文部科学省は、歩留まり率を完璧に予想できる秘訣を知っているに違いない

テーマ:入試

先日、こんなニュースがネットに出ていた。


<3大都市圏>私大の学生数抑制へ 文科省、定員超過厳格化


そりゃあ、定員割れ大学も多いかもしれないけど、入学者を厳密に定員内におさめる手法があるなら、業界関係者は全員知りたいよ。

もちろん、歩留まりを予想するときに、定員の1.2倍とか1.1倍を目標に設定することがあることは否定しないけど、仮に1.0倍を目標にしたって、その通りになる保証はない。

それとも、例えば、定員100人だったら、合格者を100人にして、手続き者がそれを下回るのがわかる度に、不足分だけ追加合格をだして、その人達の手続き状況を見てさらに追加合格を出して・・・というサイクルでも繰り返せとでも言うのだろうか。

そして、第一志望校に落ちて第二志望校に受かった受験生が第二志望校に手続きをしていても、第一志望校追加合格して第一志望校に行ったら、第二志望校は玉突きのようにさらに追加合格を出すという、考えたくないスパイラルが生じるわけだ。



いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2014-02-19 22:33:44

大学版インターンシップ

テーマ:入試
新四年生が就職活動で忙しいこの時期、大学は入試シーズンで忙しい。

大学も学生集めのためにあの手この手。オープンキャンパスでお土産配ったり、模擬講義したり・・・。最近では、そのような余所行き顔の大学ではなく、素の大学を見るようなキャンパス訪問も流行りつつあるようです。

だったら、いっそのこと学生が企業にインターンシップに行くように、高校生が大学にインターンシップで講義とか受けちゃえばいいのに、と思ったりもして。

え?大学生と違って高校生にそんな時間はない?そうですか、そこで出てくるのが昨日のエントリーの5学期ないし6学期制なのです。これらの場合は、高校生の夏休みの時期にも正規の授業があるので、彼らも聴講できるわけです。

講義を一つか二つ聞いただけで、大学生活のすべてがわかるわけではないですが、オープンキャンパスよりはわかるかなあ、と。インターンシップは基本無給ですが、この場合は、きちんと成績をつけて、めでたく入学してもらえた暁には単位として認めてしまうとかね。

いっそ、上限を決めて、他大学ともこの部分だけ単位互換を認めてしまうのもいい方法かもしれません。

そういうことやってる大学はあるのかな(調べてません)。

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。