LEO幸福人生のすすめ

幸福の科学一信者のブログです。
幸福の科学での学びを中心として、
読んだ本や、観た映画の感想などを書いています。
面白くて~わかりやすく、ためにもなるブログを目指しています!


なでなで~~~


アメンバー申請に関してのお願い
http://ameblo.jp/space-people/entry-12153423224.html

アメンバー申請は、親しい人からの申請の場合のみ、一時的に開いて受け付ける状態にしばらくさせていただきますね~。ちょっとアメンバー記事が増えそうなので。
メッセージなどで希望の旨伝えてもらえれば、親しい方の場合は承認いたします(笑)。
親しくない方の場合は、親しくなってから承認いたします。


*基本、なんらかの交流をしばらくの期間、わたしレオと取ってから以降の申請にしてくださいませ~。
今までまったく交流が無い方、当人のブログにプロフィール記載もない方は、どんな方であるのか、わたしにはまったく知る方法がありませんので。

しばらくコメントをたびたびしてもらうとか、信頼関係が築けて以降の申請にしていただけると助かります。
<(_ _)>

いいね!を頻繁にずっと押してくれてきた方は、かなりの確率で通ります(笑)。

すでにアメンバーになっている方の<推薦>があれば、承認いたしま~す。
NEW !
テーマ:
堕天使が地獄に堕ちた原因は、嫉妬心でした。で、嫉妬の心は当然、地獄の心なんですが、
自分が偉大になりたいという野心と、それが満たされないがゆえに、現に偉大である存在に対して嫉妬や憎しみの炎を燃え上がらせるわけですが、

基本こうした嫉妬の心の大本には、やはり自己中心、自己愛、エゴイズムの心があるのでしょうね。
本来はもっと評価されたい自分であるのに、十分な評価が得られない。得られないとどうなるかというと、一般的には、自分より評価を得ている人に嫉妬したり、恨んだり、そういったマイナスの思いを持ったりするし。

あるいはまた、評価の得方に関しても、手っ取り早く高い評価を得られないかといって、なんとか手軽な方法で一足飛びに悟れないか、とか、奇を衒った行動を取って注目を浴びようとか、こういった、正統でない方法に頼ろうとしたりする人もいますね。

本当は、王道というのは常に、地道で淡々とした道のりを、生まずたゆまず歩み続けることでしか、歩き通すことは出来ないはずだし、これが学問に王道なし、という言葉にもなるわけだし、
総裁先生も自分自身、非常に地味に、地道な勉強をただひたすら淡々とやってきた、と学生時代のことを振り返って話されてましたが、


本物というのは、一歩一歩着実に、静かに淡々と、努力精進を積み重ねていった結果、いぶし銀のような光を発するようになってゆく人のことであって、

手っ取り早い道で、早く脚光を浴びたい、とか、こういった結果主義的な考え方は取らないんですよね。
天狗や仙人系統は得てしてこういった結果主義に走りやすく、いかにして手早く結果を出すかを考えて、自身が脚光を浴びようと変わった発言や行動をしたがりますが、
こういう生き方は、魂の底力が鍛えられていないので、いざとなると簡単に転んだりするのだろうと思うんですよね。

氷山は水面下の部分が大きいから安定するといい、この水面下の蓄積の部分が大事であって、これが陰徳というか、他の人には見えない努力精進の部分なのに、これを嫌って地道な学問を怠けて、手っ取り早く悟りたいとか、そういう邪道に走る人がときどきいるわけですが、これはまさに邪道ですね。

地道な淡々とした努力の蓄積を嫌がる、やらない。やらないから、精神的な足腰が弱いのであって、そうした状態で苦難に遭えば、あっという間に転がるわけでしょう。

そしてまた、考え方が非常に結果主義的で、動機よりも結果がすぐに出たかどうかばかり考えて、結果主義な方向へ考えが引っ張られる傾向がある。
良い結果が出ればいいが、ダメなら、あーこりゃダメだといって簡単にあきらめる。忍耐力がなく、うまずたゆまず努力し続けるという、時間を待つという視点が基本的に欠けているんですよね。


先ごろ、舎利弗の霊言を再読していたんですが、
さすが智慧第一の舎利弗です。
仏道から離れ批判する人間の過ちが奈辺にあるのかを指摘し、仏教の本道はどのようなものであるのか、明白に語ってくれています。



だから、「持続して、努力・精進していく」という、仏陀がずっと説き続けておられる教えをまったく学んでいないですね。
仏教の基礎は、実は、精進であり、耐え忍びなんですよ。徳の完成は、最後は耐え忍びにあります。コツコツ努力して耐え忍ぶなかに、真実のものが光っていき、徳が完成してくるのです。仏陀が説いておられたことは、そういうことなのです。
仏陀は、もちろん、超能力的なことや神秘的なことも説かれましたが、基本的には、人間としての完成を説いておられました。「人間として努力し、人格を磨き、指導者になる」という、そのような王道をきちんと説いておられたのです。




うまずたゆまず努力し続ける中で、時間を耐える、忍耐の心を持ちつつ永遠の大道を歩んでいかんとの心構え。これが真の仏道修行者の立場であるのだと、仏陀は教えてくださっていたのだと。
超能力を獲得して一躍スーパーマンになって解脱すべし、と教えたわけではないのだということ。
あくまでも、人間完成の道を教えたのであり、その途上で霊的な体験や神秘体験をすることがあろうとも、基本的な教えはやはり、自助努力の精神と、忍辱の心、精進の心なんですよね。
ここを忘れて、手っ取り早い頓悟的な悟りを求めたり、超能力を求めるような態度は、仏教にあらず、ということでしょう。

そしてまた、信仰は100パーセントを要求する、ということの意味も、舎利弗は教えてくれています。



すでに、『仏陀再誕』という本が出ているはずです。そのなかに、「信仰は百パーセントを要求する」ということが述べられているはずですよ。
信仰には百パーセントが要求されるのに、「自分に都合のよい教えだけをつまみ食いし、都合の悪い教えは外す」というようなことをしていると、そのうち、自分のほうが上に立っているような気になってくるのです。
そして、自分のほうが上になっているような気持ちでいると、その心の隙に悪魔が入ってきて、乗っ取られていくのです。
そういうシステムがあるので、「百パーセントを要求する」と言っているわけですね。


私は、やはり、信仰は百パーセントを要求すると思います。新聞やテレビ、週刊誌等が、その時代の価値観でいろんなことを言ったとしても、あるいは、法律から見て間違っているように見えたとしても、宗教は、それらよりも、もっと先んじていることが多いし、 … 




宗教が世の中を変えんとするときに、既成のこの世的な価値観や、さまざまな勢力とのぶつかり合いが生じることがあるのだけれども、
価値観の革命を行なおうとする力と、既存の体制を現状維持したいという力とが出会う以上、そこに軋轢と対立が生じるのは当然のこと。

ルターが、バチカンの考えに対立して立った時にも、このような旧勢力と新勢力の考えのぶつかり合いがあったわけでしょう。

その時に、この世的な常識や、今までの既成概念を優先し、改革精神を見失ったのなら、それは凡庸なる生き方を選んだということであって、革命精神を持つ者にあらず、ということになるでしょう。
信仰は100%を要求するというのは、どのような障壁に出会ったとしても、信仰を揺らすことなく、付いていくことだと私は思います。

仏教的精神の王道を、淡々と歩んでいきたいものですね。そこに自分の生き筋を見出すのが本道ではないかと、いまの私は思います。


舎利弗の真実に迫る (OR books)/大川 隆法

¥1,620
Amazon.co.jp

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。