LEO幸福人生のすすめ

幸福の科学一信者のブログです。
幸福の科学での学びを中心として、
読んだ本や、観た映画の感想などを書いています。
面白くて~わかりやすく、ためにもなるブログを目指しています!



アメンバー申請に関してのお願い
http://ameblo.jp/space-people/entry-12153423224.html

*基本、なんらかの交流をしばらくの期間、わたしレオと取ってから以降の申請にしてくださいませ~。
今までまったく交流が無い方、当人のブログにプロフィール記載もない方は、どんな方であるのか、わたしにはまったく知る方法がありませんので。

しばらくコメントをたびたびしてもらうとか、信頼関係が築けて以降の申請にしていただけると助かります。
<(_ _)>

いいね!を頻繁にずっと押してくれてきた方は、かなりの確率で通ります(笑)。

でも今からあわてて押し始めてもダメっすよ。今までの蓄積が大事なんですから。
NEW !
テーマ:
国のつくり方―明治維新人物学 -
国のつくり方―明治維新人物学 -

平成12年発刊の対談本。これ、文庫化されてるかなぁ。

司馬遼太郎の霊言では、司馬遼太郎の小説が面白いのは、やはりその人物論のところにある、とのことでした。

で、この対談本では、渡部さん・岡崎さんという二人の碩学が、縦横無尽に明治維新の著名人たちを、語り尽くしています。

頭の方で大きく取り上げられているのは、西郷隆盛勝海舟のお二人です。この二人のスゴさを、渡部さんと岡崎さんが、それぞれの視点から述べているのですが、
面白いのは、互いに自分の持論がしっかりとあって、その意見が食い違っていても、持論をそう簡単には曲げずに、あくまでも持論を展開してるんですよね、お二人とも。
渡部さんが、これこれ、こう思う、と述べても、岡崎さんは、いや、わたしはそう思わない、わたしはこう観察します。
みたいな感じで、結構たがいに異論あり(笑)、けれどもお互い尊敬し合って一目置いているので、ケンカにはならず、なるほどね、などと相槌を打ちながら、対談が進んでいくわけです。

他に取り上げられている人物としては、

大久保利通、伊藤博文、板垣退助、井上馨。

この人たち、いまはみな、幸福実現党の中にすでにいるような方ばかりです。
それから、岡崎さんが外交官ということもあってか、

陸奥宗光、小村寿太郎

この二人が取り上げられています。

人物論だけでなく、後半は、日清・日露戦争についても、詳細な議論があったりして、読みごたえは十分なんですが。

日露戦争で勝利した日本は、満州の地に権益を得るわけですが、このとき、アメリカの鉄道王ハリマンから鉄道を共同で経営しないか、との提案があったんですよね。
で、この提案は、伊藤博文ほか、多くの日本側重臣も賛成して、日米の共同経営が実現する直前まで行ったんです。

けれどもこれを、外務大臣の小村寿太郎が反対して、ハリマン提案を蹴ってしまう。

この時に日米が組む流れが出来ていたら、のちの日米戦争はなかったろう、といって、渡部さんも岡崎さんも、このハリマン提案を蹴ったのは間違いだった、と指摘しています。

2013-10-001.jpg

面白いのは、リバティ2013年号に、霊言を読んでの識者の覆面座談会があるんですけれど、そこで、この小村寿太郎の話が出てくるんですよね。

小村寿太郎がハリマン提案を蹴ったのがいけなかった、というのが、かつてからの渡部さんと岡崎さんの持論だったわけですが、

日本外交の鉄則 -
日本外交の鉄則 -

これを受けて、小村寿太郎本人の霊は、霊言で、
「ハリマンの提案を受けて満州を分割していれば、アメリカと仲良くできて、戦争にならなかった、という言い方もあるけれども、満州まで進出したら、アメリカが日本を侵略するのは簡単だったろうね」
と、発言しているんですよね。
ハリマン提案を蹴るなんて、ありえない。そんなことをやってたら、アメリカに結局、日本を獲られる第一歩になっていただけだ、と反論しているんですよね。


で、覆面座談会の参加者の一人は、この小村寿太郎発言を取り上げて、あの発言が面白かった、と述べています。わたしもここ読んだ時、小村寿太郎の立場からしたらそうなるのか、と思って面白かったし、当時ブログ記事でも書いてます(笑)。

さらには、別の参加者の方が、この引用に対して、

「そういう乱暴なこと、言うかもしれない。ふつう言わないからね、これ霊言かなって思った。小村はおっちょこちょいだからね。」

と発言しています。
おっちょこちょいな小村寿太郎なら、いかにも言いそうな発言、だそうです(笑)。

このお二人が誰なのかは不明ですが、たぶん〇〇さんと△△さんだったのかなぁ、などと思いつつ。


この小村霊言が出たのちの、渡部昇一さんの著書では、ハリマン提案に関しての著述部分で、この小村霊言をふまえての発言になっていますから、面白いですよ。
そういう意味で、霊言の影響力、その信憑性、霊人たちの発言の意義・価値というのは、計り知れないものがありますね。

この覆面座談会では、龍馬暗殺のことにも触れられていて、あれ、霊言で龍馬が述べている暗殺の時の話は、今までにない新説じゃないか?

とか、そんな話も出てましたね。

リバティ、ずっと購読していると、こういった面白い記事も読めるので、やはり購読し続けることが大切ですね。ひとつも見逃せないわ!って感じ。

西郷さんのことについて書こうと思ったら、ぜんぜん違う記事内容になってしまった。
ということで、西郷さんの話はまた別の機会に、ということで。<(_ _)>

AD
いいね!(7)  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。