油を売る日々

油を売ってみたり、買ってみたり。原油相場のことを需給を中心に考察する雑記帳。投資は自己責任で。

NEW !
テーマ:

原油相場は4営業日振りに小幅反落です。前日レンジ圏の上限に迫ったことに対する修正と期近限月交代による鞘滑りで軟化しました。

2月22日の NYMEX WTI 原油先物の終値は前日比74セント安の$53.59/bblで、引け後の時間外取引は$53/bbl台後半です。

 

引き続き OPEC 減産の遵守を伝える報道が行われていますが、やはりそれだけで$50/bbl大台後半に向かうことはできないようです。

市場には踏み上げを誘うような売り玉もなく、しばらくは往来を継続することになるのでしょうか。

 

インド石油天然ガス省によると、1月の同国の原油処理量は日量499万バレル相当の2,111万トンで前年比1.5%減少です。16か月振りの前年比マイナスとなりました。

 

 

インドの原油需要は、処理能力の限界もあって日量500万バレル程度で頭打ちとなっています。

 

引け後に米国石油協会 (API) が発表した週間統計によると、先週末の全米の原油在庫は前週比88万バレル減で、340~350万バレル減少の予想を下回るものでした。

 

5週振りの原油在庫減少ですが、予想を下回る規模では相場への影響も限定的になります。

一方、製品在庫はガソリン、中間留分共に8週振りの前週比減少となりました。

 

2017/2/22
NYMEX WTI Apr: $53.59/bbl ( -0.74 )
20日移動平均: $53.17 ( +0.04 )
ボリンジャーバンド
 +2σ: $54.20/ -2σ: $52.14
 幅: $2.07 ( +0.03 ) / 100日平均: $6.49
ボラティリティ
 18.23 ( +0.13 ) / 100日平均: 32.54

にほんブログ村 先物取引ブログへ

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
NEW !
テーマ:

米国石油協会 (API) が2月22日発表した週間統計によると、先週末の全米の原油在庫は340~350万バレル増加の事前予想に反し前週比88万バレル減でした。原油在庫は5週振りの減少です。

WTI 原油先物取引の現物受渡し地クッシングの原油在庫は前週比173万バレル減。前週に続いての減少です。

ガソリン在庫は90~120万バレル減少の予想に対し前週比89万バレル減、中間留分在庫は40~50万バレル減少の予想を上回る前週比423万バレル減となっています。製品在庫の減少は共に8週振りです。

にほんブログ村 先物取引ブログへ

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

原油相場は3営業日続伸ですが、$55/bblにはわずかに届きませんでした。

2月21日の NYMEX WTI 原油先物の3月限は前日比66セント高の$54.06/bblで納会し、4月限の引け後時間外取引は$54/bbl台半ばです。

 

シティバンクは原油相場の見通しについて今年第1四半期は前回より$5上方修正して$55/bbl、第2四半期は$2引き上げて$56/bblとしています。年末には$70/bblに達するといいます。

 

減産遵守による需給バランスの改善をシティは好感しているようですが、確かに減産が続く限り原油相場が$50/bblを割って大きく下がる可能性は低く、必然的に上値方向に賭けることになります。ファンドの買い越しが過去最大になっているのもその表れですね。


ただし、需給均衡だけでは$50/bbl大台前半から更に上値を目指す理由が薄く、相応の追加材料が必要と思われます。

一方で、米国のガソリン在庫が過去最高になるなど需要面に不安も散見されます。潮流が変わった場合、積み上がったファンドの買い玉は尾思わぬ大崩れのきっかけになりかねません。

小幅な往来を続けてきた原油相場の RSI はまだ60も超えておらず、今のところ買われ過ぎの懸念はないのでしょうが。

 

 

2017/2/21
NYMEX WTI Mar: $54.06/bbl ( +0.66 )
20日移動平均: $53.13 ( +0.10 )
ボリンジャーバンド
 +2σ: $54.15/ -2σ: $52.11
 幅: $2.04 ( +0.13 ) / 100日平均: $6.52
ボラティリティ
 18.10 ( +0.35 ) / 100日平均: 32.83

にほんブログ村 先物取引ブログへ

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

原油相場は小確りです。20日の NYMEX WTI 原油先物のフロア取引はプレジデンツ デーの祝日のため休場で、電子取引は$53/bbl台後半です。

OPEC や非 OPEC の減産遵守傾向が引き続き下値を支えます。

世界的な需給バランスの改善を反映してか、このところ原油先物の順鞘は縮小傾向です。昨年末は$1/bbl前後だった WTI 先物の当限と2番限の値鞘は40セントを割っています。

 

 

昨年の今頃は、大幅な供給過剰の影響で$2/bblを超える順鞘となっていました。

 

とはいえ、需給均衡の材料だけでは原油相場が$50/bbl大台後半から$60/bblを超えるのは困難というのが今の市場の空気でしょう。

 

また、米国の油井リグ稼働数の着実な増加が同国の産油量回復を予想させますし、ロシアでは需給改善を好感して増産に出る動きも伝えられます。

 

 ■ Russneft To Raise 2017 Crude Oil Output If Market Rebalances (OilPrice.com)

 

ファンドの買いばかりが積み上がり、ショートカバーによる急騰というシナリオも起こりにくくなっていますね。


にほんブログ村 先物取引ブログへ

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

原油相場は小確りです。20日の NYMEX WTI 原油先物のフロア取引はプレジデンツ デーの祝日のため休場で、電子取引は$53/bbl台後半です。

OPEC や非 OPEC の減産遵守傾向が引き続き下値を支えます。

世界的な需給バランスの改善を反映してか、このところ原油先物の順鞘は縮小傾向です。昨年末は$1/bbl前後だった WTI 先物の当限と2番限の値鞘は40セントを割っています。

 

 

昨年の今頃は、大幅な供給過剰の影響で$2/bblを超える順鞘となっていました。

 

とはいえ、需給均衡の材料だけでは原油相場が$50/bbl大台後半から$60/bblを超えるのは困難というのが今の市場の空気でしょう。

 

また、米国の油井リグ稼働数の着実な増加が同国の産油量回復を予想させますし、ロシアでは需給改善を好感して増産に出る動きも伝えられます。

 

 ■ Russneft To Raise 2017 Crude Oil Output If Market Rebalances (OilPrice.com)

 

ファンドの買いばかりが積み上がり、ショートカバーによる急騰というシナリオも起こりにくくなっていますね。


にほんブログ村 先物取引ブログへ

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。