油を売る日々

油を売ってみたり、買ってみたり。原油相場のことを需給を中心に考察する雑記帳。投資は自己責任で。

NEW !
テーマ:
原油相場は3営業日振りに反落です。とはいえ下げは2月限の納会に伴う鞘修正によるものと見られ、この日の3月限の終値は前週末の2月限の納会値に比べて30セントほど高くなっています。

1月23日の NYMEX WTI 原油先物の終値は前日比47セント安の$52.75/bblで、引け後の時間外取引は$52/bbl台後半です。

週末に行われた産油国の減産遵守監視委員会は日量180万バレルの減産目標のうち同150万バレルが実施されていることを確認しましたが、市場の反応は薄いものでした。

数字自体は前週末にサウジアラビアのファリハ石油相が既に語っており、また、メディアや国際機関など外部による数字の公表を待とうという空気もあります。

中国国家統計局によると、12月の同国のガソリン生産量は1,123万トンで前月比5.6%増でした。2106年の合計は12,932万トンで同6.4%増となっています。



12月の灯油生産量は339万トンで前年比1.2%増、2016年の累計は3,984万トンで同8.4%増です。12月の軽油生産量は1,585万トンで前年比0.9%増、2016年の累計は17,918万トンで前年比同1.3%減でした。
12月の軽油生産量が久々に過去最高を更新ですが、輸出が増加しているのでしょうか。

インド石油天然ガス省によると、12月の同国の原油処理量は日量490万バレル相当の2,073万トンで前年比5.3%増でした。14か月連続の増加です。

2017/1/23
NYMEX WTI Mar: $52.75/bbl ( -0.47 )
20日移動平均: $52.22 ( +0.06 )
ボリンジャーバンド
 +2σ: $54.11/ -2σ: $50.34
 幅: $3.77 ( -0.01 ) / 100日平均: $7.23
ボラティリティ
 26.77 ( +0.03 ) / 100日平均: 35.85

にほんブログ村 先物取引ブログへ
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

原油相場は続伸です。引き続き減産期待が支援するものの、レンジ圏を離れる程の動きにはなりません。

1月20日の NYMEX WTI 原油先物の2月限は前日比$1.05高の$52.42/bblで納会し、3月限の引け後時間外取引は$53/bbl台前半です。

 

本日から開催予定の減産遵守管理委員会を前に買い方が優勢とはいえ、大きな上げには繋がっていません。

 

サウジアラビアのファリハ石油相は、OPEC と非加盟国とで合意した減産幅日量180万バレルのうち1月には同150万バレルの削減が実行されると述べています。

 

 ■ Saudi Arabia's Falih says 1.5 million barrels/day cut from market in January (Reuters)

 

また、同氏は2017年のシェール オイルの増産幅を、日量20~30万バレルと控えめに予想しています。

 

ベーカー ヒューズによると、1月20日時点の北米の油井リグ稼働数は前週比29基増で551基となっています。大きく増えたとはいえ、まだ総数は産油量に決定的な影響を与える規模ではないでしょう。

 

引け後に米国商品先物取引委員会 (CFTC) が発表した1月17日時点の建玉報告では、ヘッジファンドによるWTI 原油先物の買い越し幅は前週比23.4%増で3週振りに大きく拡大しました。

 (参考図表)

 

買い玉が大幅に増加すると共に売り玉が大きく減り、買い越し幅は過去最大を更新しています。総取組高は前週比3.0%増で4種連続の増加です。

 

オイルムーブメンツによると、2月4日までの4週間にアンゴラ以降の参加国を除く OPEC 加盟10か国が出荷する石油量は日量2,391万バレルで、1月7日までの前期間に比べて同58万バレル減少です。

 

12月から1月初めにかけての減産前の駆け込み出荷が収束し、出荷量は前年並みとなっています。

 

中国国家統計局によると、12月の同国の原油処理量は日量1,130万バレル相当の4,782万トンで過去最高を更新し、前年比は3.7%増となっています。2016年の年間平均は日量1,083万バレルで、前年比2.8%増という結果です。2015年の伸び率は3.8%、2014年は5.3%でした。

 

 

12月の中国の原油需給バランスは499万トンの供給過剰です。2016年通年では3,761万トンの余剰が主に戦略備蓄として積み上がっています。この1年間に2016年の年間平均原油処理量で考えて25日分の備蓄が増えたことになります。

 

2016年の年間の原油生産量は前年比6.9%減で、税関による輸入量は前年比13.6%増でした。

 

2017/1/20
NYMEX WTI Feb: $52.42/bbl ( +1.05 )
20日移動平均: $52.17 ( +0.03 )
ボリンジャーバンド
 +2σ: $54.06/ -2σ: $50.28
 幅: $3.78 ( -0.02 ) / 100日平均: $7.30
ボラティリティ
 26.73 ( +1.00 ) / 100日平均: 35.92

 

にほんブログ村 先物取引ブログへ

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

原油相場は小幅反発です。API 統計による米国原油在庫大幅減少に反応の薄かった WTI 相場は、EIA 統計の在庫増にも大きな変化を見せず狭いレンジの動きに終始しました。

1月19日の NYMEX WTI 原油先物の終値は前日比29セント高の$51.37/bblで、引け後の時間外取引は$51/bbl台半ばです。

 

1月から始まった OPEC と非 OPEC 産油国らによる6か月間の減産に対し、遵守を監視する委員会が21~22日に開催されます。

 

 ■ OPEC Chief Says Expects High Oil Producer Compliance With Output Cut Deal (Sputnik)

 

年初から各国が減産実行を宣言していますが、この会合でその大まかな実態が把握されるものと思われます。

 

OPEC 産油量は毎月初めに各メディアによる前月分の調査が報道され、月上~中旬に OPEC や EIA などの月報で詳細な推定値が示されますが、それに先立つ指針となるでしょう。

 

米国エネルギー情報局 (EIA) の週間統計によると、先週末の全米の原油在庫は前週比234万バレル増で、504万バレル減少の API 統計の数字とは対照的な結果です。ただし、クッシングの原油在庫は2週連続となる減少でした。

先週は米国の原油処理量、輸入量共に前週から日量60万バレル余り減っています。

 

一方、製品在庫はガソリンが前週比595万バレル増となっています。

石油製品の総出荷量は日量2,000万バレル大台を回復していますが、ガソリン出荷量は日量807万バレルで前週比同40万バレル減少です。

 

国際エネルギー機関 (IEA) の1月月報によると、2016年の世界の石油需要推定は日量9,546万バレルで前月の予想より同15万バレルの上方修正、2017年の需要予測は日量9,775万バレルで前回から同15万バレルの上方修正です。

また、2016年の需要見通しの前年比成長幅は、前回から日量11万バレル情報修正されています。

 

IEA 推定による昨年12月の世界の石油供給量は、日量9,760万バレルで前月比同60万バレル減少です。

そのうち OPEC の産油量は日量3,309万バレルで、前月比同32万バレル減少となっています。

 

 

IEA は、2017年の OPEC 原油必要量を前回から変わらずの日量3290万バレルと見込んでいます。

 

2017/1/19
NYMEX WTI Feb: $51.37/bbl ( +0.29 )
20日移動平均: $52.14 ( -0.08 )
ボリンジャーバンド
 +2σ: $54.04/ -2σ: $50.24
 幅: $3.80 ( +0.16 ) / 100日平均: $7.38
ボラティリティ
 25.74 ( +0.04 ) / 100日平均: 36.02

 

にほんブログ村 先物取引ブログへ

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

米国エネルギー情報局 (EIA) が1月19日に発表した週間統計によると、先週末の米国の原油在庫は90万バレル減少から10万バレルの増加予想に対し前週比235万バレルの増加です。

原油処理量は日量1,647万バレルで前週比同64万バレル減少、輸入は日量838万バレルで前週比同67万バレル減少となっています。国内原油生産量は日量894万バレルで前週比同2千バレル減少でした。

WTI 原油先物の現物受け渡し地オクラホマ州クッシングの原油在庫は、前週比1.9%減で2週連続の減少です。

石油製品の総出荷量は日量2,070万バレルで、前週比日量210万バレルの増加。2週連続の増加で同2,000万バレル大台を回復です。前年比も前週に続いてプラスです。

ガソリン在庫は、60~200万バレル増加の予想を超える前週比595万バレル増加です。
生産量は日量895万バレルで前週比同71万バレル減、出荷は日量807万バレルで前週比同40万バレル減でした。

中間留分在庫は、90万バレル減少から160万バレル増加の予想に対し前週比97万バレル減少です。
生産量は日量471万バレルで前週比同61万バレル減、出荷は日量410万バレルで前週比同90万バレル増となっています。

 (参考図表)

米国エネルギー情報局(EIA)発表の週間統計(単位:1,000bbl)
              2017/1/13  前週比 前年同期比
在庫
 原油           485,456   +2,347  +30,287
 ガソリン         246,424   +5,951   +1,427
 ジェット燃料       43,275    +353   +1,034
 中間留分        169,073    -968   +4,544
 重油            39,770   -2,076   -2,995
 クッシング原油在庫   65,656   -1,274   +1,458

原油輸入(日量)      8,378    -674    +599
国内産油量(日量)     8,944      -2    -291
原油処理量(日量)    16,468    -639    +278
製油所稼働率        90.7%    -2.9p   +5.2p

にほんブログ村 先物取引ブログへ

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

原油相場は反落です。$50/bbl大台前半のレンジを上抜ける見込みが薄く、往来の動きとなりました。

1月18日の NYMEX WTI 原油先物の終値は前日比$1.40安の$51.08/bblで、引け後の時間外取引は$51/bbl台前半です。

 

OPEC の1月月報によると、2016年の世界の石油需要推定は日量9,444万バレルで前回の予測より同3万バレルの上方修正、2017年の需要予想は日量9,560万バレルで前回から同3万バレルの上方修正です。

 

一方、OPEC 原油を除く2016年の世界の石油供給推定は日量5,714万バレルで前回より同94万バレルの上方修正、2017年の供給予測は日量5,276万バレルで前回より同76万バレルの上方修正です。

 

供給の大幅な変化はインドネシアの OPEC 離脱により日量74万バレル程度が非 OPEC に移行したためで、それを考慮すると2016年の推定は前月の予測から日量20万バレル程度の上方修正で、2017年の見通しは横ばいと考えられます。

 

二次ソースによる12月の OPEC 加盟13か国の産油量 (インドネシア除外) は、日量3,309万バレルで前月比同22万バレル減少です。7か月振りの前月比マイナスとなりました。

 

12月の OPEC 推定産油量と1月から実施の減産目標との乖離は日量113万バレルです。

 

OPEC 推定による昨年第4四半期と今年第1四半期の OPEC 原油必要量は日量3,100万バレル前後なので、12月の産油量では同200万バレル程度の供給過剰となります。

 

引け後に米国石油協会 (API) が発表した週間統計によると、先週末の全米の原油在庫は90万バレル減から10万バレル増の予想に対し前週比504万バレル減少でした。

 

一方、製品在庫はガソリンが975万バレル、中間留分も117万バレル減っています。

原油在庫が予想外に減りましたが、その結果生産した製品の在庫が大きく増えているため原油相場への影響は限定的となっています。

 

2017/1/18
NYMEX WTI Feb: $51.08/bbl ( -1.40 )
20日移動平均: $52.22 ( -0.12 )
ボリンジャーバンド
 +2σ: $54.04/ -2σ: $50.41
 幅: $3.64 ( +0.24 ) / 100日平均: $7.46
ボラティリティ
 25.70 ( +0.92 ) / 100日平均: 36.13

 

にほんブログ村 先物取引ブログへ

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。