油を売る日々

油を売ってみたり、買ってみたり。原油相場のことを需給を中心に考察する雑記帳。投資は自己責任で。

NEW !
テーマ:
原油相場は5営業日続落です。米国原油在庫の予想外の増加を受け、需要堅調のデータにも関わらず下げています。

7月27日のNYMEX WTI 原油先物の終値は前日比$1.00安の$41.92/bblで、引け後の時間外取引は$42/bbl前後です。

米国エネルギー情報局(EIA)の週間統計によると、先週末の全米の原油在庫は160~260万バレル減少の予想に反し前週比167万バレル増で10週振りの増加となりました。クッシング原油在庫も前週に続いての増加です。

原油処理量がやや落ちる一方、輸入は日量800万バレル大台半ばを記録し、国内産油量も小幅増加です。

原油処理量が落ちたものの、石油製品の総出荷量は引き続き堅調で2週連続の増加となり、前年比も3週振りにプラスに転じています。ガソリン出荷量の前年比は4週連続で増加となりました。

EIA160728

このように、米国の石油需要は依然底堅いのですが、弱気ムードの支配的な市場ではどうしても弱材料の方に関心が向くのでしょう。

WTI相場は$40/bbl大台割れを試す展開となっているようですが、市場環境が変わったかというと、そんなことはありません。

足元の主要消費国の需要は堅調で、先行きの需給バランス均衡見通しにも変化がないどころか、均衡予測は前倒し傾向です。

米国のリグ稼働数は増加に転じていますが、産油量の減少傾向を転換させると思われる水準にはまだほど遠い数値に留まっています。

とはいえ、 $40/bbl台でシェール オイルの生産意欲が刺激されることは確定的となったため、$50/bblを超えての上昇が非常に困難なら下落方向の方がまだ可能性はあるといったところでしょうか。

2016/7/27
NYMEX WTI Sep: $41.92/bbl ( -1.00 )
20日移動平均: $45.14 ( -0.34 )
ボリンジャーバンド
 +2σ: $49.04/ -2σ: $41.25
 幅: $7.79 ( +0.53 ) / 100日平均: $7.33
ボラティリティ
 41.34 ( -1.60 ) / 100日平均: 40.76

にほんブログ村 先物取引ブログへ
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
NEW !
テーマ:
米国エネルギー情報局(EIA)が7月27日に発表した週間統計によると、先週末の米国の原油在庫は160~260万バレルの減少予想に反し前週比167万バレルの増加です。原油在庫は10週振りの増加となりました。

原油処理量は日量1,659万バレルで前週比同28万バレル減少、輸入は日量844万バレルで前週比同30万バレル増加となっています。国内原油生産量は日量852万バレルで前週比同2万バレル増加でした。

WTI 原油先物の現物受け渡し地オクラホマ州クッシングの原油在庫は、前週比1.7%増で2週連続の増加です。

石油製品の総出荷量は日量2,080万バレルで、前週比日量15万バレルの増加。前週比も3週振りにプラスです。

ガソリン在庫は、0~70万バレル減少の予想に反し前週比45万バレル増加です。
生産量は日量1,007万バレルで前週比同2万バレル増、出荷は日量980万バレルで前週比同1万バレル増でした。

中間留分在庫は、40~70万バレル増加の予想に反し前週比78万バレル減少です。
生産量は日量492万バレルで前週比同9万バレル減、出荷は日量386万バレルで前週比同6万バレル減となっています。

 (参考図表)

米国エネルギー情報局(EIA)発表の週間統計(単位:1,000bbl)
              2016/7/22  前週比 前年同期比
在庫
 原油           521,133   +1,671  +61,451
 ガソリン         241,452    +452  +25,530
 ジェット燃料       41,530    -372   -2,487
 中間留分        152,003    -780   +7,900
 重油            40,006   -2,070     -51
 クッシング原油在庫   65,215   +1,110   +7,509

原油輸入(日量)      8,437    +303    +892
国内産油量(日量)     8,515     +21    -898
原油処理量(日量)    16,586    -277    -176
製油所稼働率        92.4%    -0.8p    -1.1p

にほんブログ村 先物取引ブログへ
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
原油相場は4営業日続落です。出来高は低調に留まり、弱気ムードが優勢な中で高値・安値共に切り下がる展開となっています。

7月26日のNYMEX WTI 原油先物の終値は前日比21セント安の$42.92/bblで、引け後の時間外取引は$42/bbl台半ばです。

世界銀行は、四半期レポートで2016年の原油価格見通しを前回の$41/bblから$43/bblへと上方修正しています。世界の石油需要の伸びが第2四半期も引き続き堅調という推定が背景になっています。

世銀によると、今年第1四半期の需要の伸びは前年比1.7%増で、第2四半期も同1.5%の伸びを維持しているということです。

WorlBank160727

ただ、昨年通年成長率である前年比2.0%増に比べると若干減速しており、その辺りが大きな価格上昇の見込めない要因でしょうか。

新華社によると、6月末の中国の商業原油在庫は前月比0.5%増でした。2か月連続の小幅増加です。6月は原油処理量が過去最高を更新する一方で国内産油量の減少や輸入の伸びの鈍化があったものの、在庫は減っていません。

China160727

一方、石油製品在庫は前月比2.9%減でした。灯油在庫は増えたものの、ガソリン在庫が同0.6%減で軽油は同6.4%減となっています。軽油在庫は2月に38.3%と大きく増えた後、4か月連続で減少しています。

政府統計によると中国の軽油の生産量は10か月連続で前年割れしており、その分ガソリン生産が増えているものの、6月は気温が高くエアコンの稼働によって乗用車のガソリン消費が増えたと推測されます。

在庫変動を考慮して当ブログが算出した6月の中国の純国内石油需要は、日量1,109万バレルで前年比6.1%増でした。10か月来の高水準で、同月の原油処理量である同3.2%増や米国EIA推定による中国石油需要の同3.5%増よりも堅調な伸びを示しています。

引け後に米国石油協会(API)が発表した週間統計によると、先週末の全米の原油在庫は160~260万バレル減少の予想を下回る前週比83万バレル減でした。原油在庫は2週連続の減少で、今日発表されるEIA統計も同様に減少するなら、そちらは10週連続の減少となります。

一方、中西部クッシングの原油在庫は前週比140万バレル減少で、ジェンスコープの予想の110万バレル減を上回っています。

2016/7/26
NYMEX WTI Sep: $42.92/bbl ( -0.21 )
20日移動平均: $45.48 ( -0.27 )
ボリンジャーバンド
 +2σ: $49.11/ -2σ: $41.85
 幅: $7.26 ( +0.52 ) / 100日平均: $7.35
ボラティリティ
 42.94 ( -0.79 ) / 100日平均: 41.00

にほんブログ村 先物取引ブログへ
 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
米国石油協会(API)が7月26日発表した週間統計によると、先週末の全米の原油在庫は160~260万バレル減少の事前予想に対し前週比83万バレル減でした。原油在庫は2週連続の減少です。

WTI 原油先物取引の現物受渡し地クッシングの原油在庫は前週比140万バレル増。3週振りの増加です。

ガソリン在庫は前週比変わらずから70万バレル減少の予想に対し前週比42万バレル減、中間留分在庫は40~70万バレル増加の予想に対し前週比29万バレル増となっています。

にほんブログ村 先物取引ブログへ
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
原油相場は3営業日続落で、安値は$43/bblを割っています。取引閑散が続く中、ファンドなどの売り圧力が次第に影響力を増しています。

7月26日のNYMEX WTI 原油先物の終値は前日比$1.06安の$43.13/bblで、引け後の時間外取引は$43/bbl台前半です。

特に相場環境が変わったわけではありませんが、$45~$50/bblのレンジ圏からの離脱が徐々に進んでいます。
需給バランスの均衡見通しは、非OPECの供給量が減少する一方で需要の伸びは底堅いという予測から導かれたものですが、ここにきてその両方への疑念が台頭しています。

米国の油井リグ稼働数は6月初めから増加傾向となりました。時期的にWTI相場が$40/bblを超えたことに反応しているように思われますが、このまま$40/bbl大台前半に留まってもリグ稼働数の増加傾向が収まらないのか、あるいは$50/bbl近い水準でないと増産を刺激しないのかを見極めたいという気もします。

400基程度のリグ稼働数では減少傾向となっている米国の産油量の流れを変えることはできないのでしょうが、市場参加者の心理に与える影響も軽視できません。

米中やインド、日本など主要消費国の足元の原油需要は堅調です。
需要に対する懸念は今のところ憶測に過ぎず、現実的なデータを伴うものではありません。

ただし、潤沢な在庫によって供給障害が引き起こす価格高騰のシナリオが描けず、相場の方向性としては下げに向かう方が容易な感想を与え易いのかもしれません。

先週末の米国の原油在庫は前週を若干上回る減少が予想される一方、ジェンスコープはクッシング原油在庫の110万バレル増を推定しています。

2016/7/25
NYMEX WTI Sep: $43.13/bbl ( -1.06 )
20日移動平均: $45.75 ( -0.28 )
ボリンジャーバンド
 +2σ: $49.12/ -2σ: $42.38
 幅: $6.74 ( +0.42 ) / 100日平均: $7.37
ボラティリティ
 43.73 ( -2.22 ) / 100日平均: 41.23

にほんブログ村 先物取引ブログへ
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。