油を売る日々

油を売ってみたり、買ってみたり。原油相場のことを需給を中心に考察する雑記帳。投資は自己責任で。

NEW !
テーマ:

原油相場は4営業日続伸です。減産期待で昨年7月以来の$52/bbl台を付けました。

12月5日の NYMEX WTI 原油先物の終値は前日比11セント高の$51.79/bblで、引け後の時間外取引は$51/bbl台前半です。

 

OPEC の減産合意を受けた堅調は、ロシアら OPEC 非加盟国の減産観測によって助長されています。

 

とはいえ、来年1月からの減産実行は不透明でそれを見極める必要があり、また、相場水準の上昇により北米のリグ稼働数増勢の変化も気になるところです。

 

OPEC は減産実行が需要に与える影響は少ないと見ているようです。

 

 ■ OPEC sees robust oil demand growth even if prices rise (Reuters)

 

市場は2000年代後半の高値をまだ覚えているため、確かに需要への影響は薄いのかもしれません。ただ、シェール オイル増産への影響は想像以上の可能性もありますね。

2016/12/5
NYMEX WTI Jan: $51.79/bbl ( +0.11 )
20日移動平均: $47.95 ( +0.40 )
ボリンジャーバンド
 +2σ: $52.91 / -2σ: $42.98
 幅: $9.93 ( +0.90 ) / 100日平均: $7.73
ボラティリティ
 48.03 ( -0.54 ) / 100日平均: 36.63

にほんブログ村 先物取引ブログへ

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

原油相場は3営業日続伸です。OPEC 総会後の底堅いムードの中で安値も$50/bbl大台を上回っていますが、過熱感はなく高値は前日水準を下回っています。

12月2日の NYMEX WTI 原油先物の終値は前日比62セント高の$51.68/bblで、引け後の時間外取引は$51/bbl台半ばです。

 

市場の関心は9日に行われる予定の OPEC とロシアら非加盟国との協議に集まっており、非 OPEC にも減産の動きが波及するとの憶測が下値を支えます。

 

そのロシアの11月の産油量は日量1,123万バレルで、10月に更新したソ連崩壊後の記録の同1,120万バレルを若干上回っています。

 

OPEC の生産目標もそうですが、口でどう減産を主張しても実行できるかが判断材料ということになります。

ただ、その結果が分かるのは来年2月以降で、それまでは減産合意を受けた底堅い展開が続くのでしょう。

 

ベーカー ヒューズによると、12月2日時点の米国の油井リグ稼働数は前週比3基増。緩やかな増勢が続きます。WTI の$50/bbl台が定着すると、増加ペースが上がることも予想されています。


引け後に米国商品先物取引委員会(CFTC)が発表した11月29日時点の建玉報告では、ヘッジファンドによるWTI 原油先物の買い越し幅は前週比2.5%増で2週連続の拡大です。

 (参考図表)

売り買い共に片建玉が減っていますが、売りの方がやや多めに減少しています。

総取組高は前週比1.2%増。再び200万枚大台に乗っています。

2016/12/2
NYMEX WTI Jan: $51.68/bbl ( +0.62 )
20日移動平均: $47.54 ( +0.44 )
ボリンジャーバンド
 +2σ: $52.06/ -2σ: $43.02
 幅: $9.03 ( +1.34 ) / 100日平均: $7.70
ボラティリティ
 48.57 ( -0.59 ) / 100日平均: 36.66

にほんブログ村 先物取引ブログへ

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

原油相場は続伸です。前日の OPEC 総会を受けて時間外取引で$50/bblの攻防を続けましたが、一旦大台を抜くと反落を見込んで売っていた参加者のショートカバーが膨らみました。出来高は200万枚に迫る大商いとなっています。

12月1日の NYMEX WTI 原油先物の終値は前日比$1.62の$51.06/bblで、引け後の時間外取引は$50/bbl台後半です。

 

OPEC による加盟国個別の生産枠設定を受け、産油国の減産に対する本気度が上がっていることがうかがえます。この状態では大きく下げる理由は見当たらないのも確かです。

 

 

とはいえ、各国が枠を守れるかどうかは別問題で、それは今後の課題でしょう。

今回決まった全体での目標は日量3,250万バレルで、免除国などを除く個別目標の合計は日量2,980万バレルとなっています。

 

減産免除されているリビアとナイジェリアの産油量は2015年の水準だと同230万バレルです。両国の本来の生産能力は合わせて同350万バレルくらいですが、回復の見通しは立っていません。

 

この先の注目点は生産枠決定を受けて OPEC 加盟国がそれを遵守できるのか、そして、原油相場が $50/bbl台定着した場合北米のリグ稼働の増加ペースにどう影響するかでしょう。


2016/12/1
NYMEX WTI Jan: $51.06/bbl ( +1.62 )
20日移動平均: $47.10 ( +0.42 )
ボリンジャーバンド
 +2σ: $50.95/ -2σ: $43.26
 幅: $7.70 ( +1.55 ) / 100日平均: $7.68
ボラティリティ
 49.16 ( -0.43 ) / 100日平均: 36.68

にほんブログ村 先物取引ブログへ

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

原油相場は大きく反発です。OPEC の減産合意がやや具体的な数字を含んでいたことから上昇したものの、$50/bblには届きませんでした。

11月30日の NYMEX WTI 原油先物の終値は前日比$4.21高の$49.44/bblで、引け後の時間外取引は$49/bbl台前半です。

 

OPEC 総会では来年1月からの目標生産量日量3,250万バレルが決まりました。10月の生産水準からは同110万バレル余りの削減が必要です。

 

この数字は9月の合意のものと同じですが、今回サウジアラビアが日量50万バレル、UAEおよびカタールとクウェートで合わせて同30万バレル、イラクが同20万バレルといった個別の具体的な削減量が示され、イランも産油量凍結に合意しているとされます。

 

このことが相場急騰を招いたとはいえ、数字自体に新味がないため大台超えには至っていません。

当面は、来週予定される OPEC とロシアなど非加盟国との協議に注目されます。

 

米国エネルギー情報局 (EIA) の週間統計によると、先週末の全米の原油在庫は25万バレル減少から60万バレル増加の予想に対し前週比88万バレル減少でした。API の数字と同様の結果です。

 

 

原油輸入量が低調ですが、処理量はそれ以上に低下して在庫は前週に続いての減少です。

一方、石油製品の総出荷量は日量2,000万バレル大台を割り、前年比もマイナスに転じています。

2016/11/30
NYMEX WTI Jan: $49.44/bbl ( +4.21 )
20日移動平均: $46.69 ( +0.29 )
ボリンジャーバンド
 +2σ: $49.76/ -2σ: $43.61
 幅: $6.15 ( +0.94 ) / 100日平均: $7.66
ボラティリティ
 49.59 ( +12.16 ) / 100日平均: 36.68

にほんブログ村 先物取引ブログへ

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

米国エネルギー情報局(EIA)が11月30日に発表した週間統計によると、先週末の米国の原油在庫は25万バレル減少から60万バレルの増加予想に対し前週比88万バレルの減少です。原油在庫は2週連続の減少となりました。

原油処理量は日量1,628万バレルで前週比同11万バレル減少、輸入は日量755万バレルで前週比同3万バレル減少となっています。国内原油生産量は日量870万バレルで前週比同1万バレル増加でした。

WTI 原油先物の現物受け渡し地オクラホマ州クッシングの原油在庫は前週比4.1%増で7週振りに6,000万バレル大台を超えました。

石油製品の総出荷量は日量1,976万バレルで、前週比日量28万バレルの減少。前年比もマイナスに転じています。

ガソリン在庫は、100~120万バレル増加の予想に対し前週比210万バレル増加です。
生産量は日量999万バレルで前週比同29万バレル増、出荷は日量908万バレルで前週比同6万バレル増でした。

中間留分在庫は、100~130万バレル増加の予想を上回る前週比496万バレル増加です。
生産量は日量522万バレルで前週比同14万バレル増、出荷は日量384万バレルで前週比同28万バレル減となっています。

 (参考図表)

米国エネルギー情報局(EIA)発表の週間統計(単位:1,000bbl)
              2016/11/25  前週比  前年同期比
在庫
 原油           488,145    -884  +30,933
 ガソリン         226,123   +2,097   +9,256
 ジェット燃料       42,273    +580   +4,221
 中間留分        154,196   +4,957   +9,781
 重油            40,267    -54   -3,225
 クッシング原油在庫   61,502   +2,419   +2,476

原油輸入(日量)      7,548     -30    -199
国内産油量(日量)     8,699     +9    -503
原油処理量(日量)    16,283    -114    -520
製油所稼働率        89.8%    -1.0p   -3.6p

にほんブログ村 先物取引ブログへ

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。