油を売る日々

油を売ってみたり、買ってみたり。原油相場のことを需給を中心に考察する雑記帳。投資は自己責任で。


テーマ:
原油相場は大きく反落です。英国EU離脱の決定を受けて前日引け後の時間外取引で急落した後、$47/bblで支えられると小動きの展開になりました。

6月24日のNYMEX WTI 原油先物の終値は前日比$2.47安の$47.64/bblで、引け後の時間外取引は$47/bbl台半ばです。

英国の国民投票に対しては残留の楽観見通しを裏切る結果でしたが、下げの値動きはレンジ圏内での目先の方向性に合致していたこともあって、原油相場は混乱と言えないでしょう。

また、大きなニュースにも関わらず下値が$45/bblにも到達せず、原油相場が目先に保ち合いを抜けるのはかなり困難であることをうかがわせます。

ベーカー ヒューズによると、6月24日時点の米国の油井リグ稼働数は前週比7基減少で4週振りに減りました。一部のシェール オイル産地では若干減っているようですが、まだ傾向が固まっていないのでしょうか。

引け後に米国商品先物取引委員会(CFTC)が発表した6月21日時点の建玉報告では、ヘッジファンドによるWTI 原油先物の買い越し幅は前週比18.5%増で5週振りに拡大です。前週大きく増えた売り玉の縮小が目立ちます。

 (参考図表)

総取組高は前週比2.7%減で、4週振りの減少です。

新華社によると、5月末の中国の商業原油在庫は前月比0.9%増でした。3か月振りに小幅増加です。
石油製品の在庫は前月比1.7%減で、うちガソリンが同1.4%増、軽油は同5.4%減となっています。
ガソリンの増加と軽油の減少はこのところの傾向です。ただ、2桁増だったガソリン在庫の増勢が減速しています。

China160625

政府統計によると5月中の中国の原油需給バランスは輸入の堅調と処理量の落ち込みで490万トンの供給過剰ですが、その大半が戦略備蓄に回っていることが証明されました。

中国の商業原油在庫は現在、前年水準を10%余り下回る水準です。一方、製品在庫は前年比5%増で、かなり高い水準にあります。

2016/6/24
NYMEX WTI Aug: $47.64/bbl ( -2.47 )
20日移動平均: $48.57 ( -0.10 )
ボリンジャーバンド
 +2σ: $50.73/ -2σ: $46.41
 幅: $4.32 ( +0.18 ) / 100日平均: $7.70
ボラティリティ
 33.50 ( +4.79 ) / 100日平均: 48.69

にほんブログ村 先物取引ブログへ
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
原油相場は3営業日振りに反発です。英国の国民投票の結果を見極めようと模様眺め気分の薄商いの中、底堅い展開となりました。

6月23日のNYMEX WTI 原油先物の終値は前日比98セント高の$50.11/bblで、引け後の時間外取引は$50/bbl台前半です。

大台を割った原油相場がレンジ圏内を下げに向かうものと期待した売り方の意に反して前日終値水準をほとんど割ることなく、結局引けにかけて反発し$50/bblを回復しています。

目先の見通しを$45~$50/bblの保ち合い圏と見る市場参加者は多く、そこから放れるとショックも大きいのでしょうが、今のところそれを支援するような新規材料も見当たりません。
英国のEU残留となればやや買い方有利なのでしょうが、それも織り込み済なのでしょう。

米国の原油貯蔵能力は大きく増加して、今年3月末現在で5.9億バレルに達しています。
昨年9月からの半年間で3,400万バレル余り増えており、直近の在庫水準である5.3億バレルに対しかなり余裕ができています。

USStorage160624

増加の内訳を見るとクッシングを除く中西部の貯蔵能力がこれまでになく大きく増えており、シェール オイル産地などへの投資の成果を示しますね。

2016/6/23
NYMEX WTI Aug: $50.11/bbl ( +0.98 )
20日移動平均: $48.67 ( +0.15 )
ボリンジャーバンド
 +2σ: $50.74/ -2σ: $46.60
 幅: $4.14 ( +0.08 ) / 100日平均: $7.74
ボラティリティ
 28.72 ( +0.05 ) / 100日平均: 49.14

にほんブログ村 先物取引ブログへ
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
原油相場は続落です。米国原油在庫の減少幅が予想より少なく、あっさり$50/bblを割りました。とはいえ下値も浅く、期近交代による鞘修正の範囲といったところでしょうか。

6月22日のNYMEX WTI 原油先物の終値は前日比72セント安の$49.13/bblで、引け後の時間外取引は$49/bbl台前半です。
原油相場が$45~$50/bblのレンジを放れるのは難しいようですね。

米国エネルギー情報局(EIA)の週間統計によると、先週末の全米の原油在庫は140~170万バレル減少の予想を下回る前週比92万バレル減でした。

前日発表のAPIの数字が予想を大きく超える前週比522万バレル減だっただけに、拍子抜けした市場は軟化しています。

EIA160623

製油所稼働率は91.3%で国内産油量も減少傾向を続けていますが、原油輸入が日量844万バレルと2012年12月以来の高水準を記録しています。
カナダ産油が日量300万バレル台の堅調のほか、サウジアラビアなどからの輸入量増加が目立ちます。

一方、石油製品の総出荷量は日量2,001万バレルで前週比同83万バレル減少です。辛うじて大台を維持していますが、前年比もマイナスに転じました。
出荷量の減速に伴い、ガソリンや中間留分の在庫も増加を示しています。

2016/6/22
NYMEX WTI Aug: $49.13/bbl ( -0.72 )
20日移動平均: $48.52 ( +0.06 )
ボリンジャーバンド
 +2σ: $50.55/ -2σ: $46.49
 幅: $4.06 ( -0.02 ) / 100日平均: $7.80
ボラティリティ
 28.67 ( -0.18 ) / 100日平均: 49.62

にほんブログ村 先物取引ブログへ
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
米国エネルギー情報局(EIA)が6月22日に発表した週間統計によると、先週末の米国の原油在庫は140~170万バレルの減少予想に対し前週比92万バレルの減少です。原油在庫は5週連続の減少となりました。

原油処理量は日量1,651万バレルで前週比同19万バレル増加、輸入は日量844万バレルで前週比同82万バレル増加となっています。国内原油生産量は日量868万バレルで前週比同4万バレル減少でした。

WTI 原油先物の現物受け渡し地オクラホマ州クッシングの原油在庫は前週比1.9%減です。前回の増加から再び減少に転じました。

石油製品の総出荷量は日量2,001万バレルで、前週比日量83万バレルの減少。前年比もマイナスです。

ガソリン在庫は、30~80万バレル減少の予想に反し前週比63万バレル増加です。
生産量は日量1,029万バレルで前週比同58万バレル増、出荷は日量982万バレルで前週比同5万バレル増でした。

中間留分在庫は、0~30万バレル増加の予想に対し前週比15万バレル増加です。
生産量は日量496万バレルで前週比同3万バレル減、出荷は日量390万バレルで前週比同9万バレル増となっています。

 (参考図表)

米国エネルギー情報局(EIA)発表の週間統計(単位:1,000bbl)
              2016/6/17  前週比  前年同期比
在庫
 原油           530,626    -917  +67,633
 ガソリン         237,631    +627  +19,137
 ジェット燃料       41,388    -810   +1,657
 中間留分        152,314    +151  +16,886
 重油            40,275    -507    +459
 クッシング原油在庫   65,181   -1,280   +8,936

原油輸入(日量)      8,439    +817   +1,674
国内産油量(日量)     8,677     -39    -927
原油処理量(日量)    16,505    +188     -27
製油所稼働率        91.3%    +1.1p   +2.8p

にほんブログ村 先物取引ブログへ
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
原油相場は反落の後、時間外取引で$50/bbl大台を超えています。予想を大きく超える米国原油在庫の減少が上昇を招きました。

6月21日のNYMEX WTI 原油先物の7月限は前日比52安の$48.85/bblで納会し、8月限の時間外取引は$50/bbl台前半です。

決め手に欠けたまま保ち合い圏の上限に迫った原油相場は頭重い展開となりましたが、下値も浅く$45/bblに向けた下げを直ぐに始めるムードでもありませんでした。

ナイジェリアでは武装勢力との間に30日間の停戦が行われると報道されていますが、情勢が落ち着く保証はなく、原油相場の材料となるには時期尚早なのでしょう。

引け後に米国石油協会(API)が発表した週間統計によると、前週末の全米の原油在庫は140~170万バレル減少の予想を大きく超える前週比522万バレル減少でした。

季節的な原油在庫の減少期にあるとはいえ、予想を大きく上回る減少は相場に影響を与えます。
今回はクッシング在庫も100万バレルを超える減少を示すほか、製品在庫も軒並み減少です。

本日発表の米国エネルギー情報局(EIA)の数字が同様のものであれば相場は更に支えられるでしょうが、それに続く強材料が無い限り$50/bbl台での継続的な上昇は難しいと考えられます。

中長期の需給均衡見通しは原油相場の$50/bbl到達で織り込み済となり、一方でシェール オイル増産の憶測が上値に陰を差し始めています。

需要予測の大幅な上方修正か新規の大規模な供給障害でもない限り、ここから更に上値を追シナリオは現実的ではありませんね。

インド石油天然ガス省によると、5月の同国の原油処理量は日量472万バレル相当の1,995万トンで、前年比1.2%増でした。

India160622

7か月連続の前年比増加ですが、前月まで3か月続けて二桁増だったことを思えば減速です。
製油所のメンテナンスの影響も考えられるため、6月の数字に注目ですね。

2016/6/21
NYMEX WTI Jly: $48.85/bbl ( -0.52 )
20日移動平均: $48.45 ( +0.04 )
ボリンジャーバンド
 +2σ: $50.49/ -2σ: $46.41
 幅: $4.08 ( -0.09 ) / 100日平均: $7.86
ボラティリティ
 28.85 ( +0.24 ) / 100日平均: 50.08

にほんブログ村 先物取引ブログへ
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。