そうじにはいくつかの約束事があります。

 

基本的なことばかりですが、そうじのプロは必ずこの約束ごとを忠実に守っています。

 

ここではそれを順を追って説明していきましょう。

 

 

① そうじ道具を用意しよう  

 

拭きそうじ、掃きそうじ、汚れ落としなど、何をするかによって用意する道具も変わります。

 

やりはじめてから道具が足りないというようなことになると、やる気がそこでストップしてしまいますから、最初に揃えておきましょう。

 

 

② そうじの順序は「上から下」です  

 

壁に洗剤を吹きつけて拭きとる。

 

そのときに下から拭いていたら、上から汚れを含んだ洗剤がどんどん落ちてきて、いっこうにきれいになりません。

 

同様に、リビングなどでも天井や照明から始め、壁、棚や置物、ドア、床……という順序でそうじをしていきましょう。

 

 

③ 汚れに応じた洗剤を使おう  

 

これは、ラクにそうじをするための重要なポイントです。

 

一般の方は、自分の家にある適当な洗剤をつけて、力まかせにこすったり、拭いたりしてしまいます。

 

だから、そうじは大変、そうじは疲れるというイメージになるのです。

 

汚れに応じた洗剤を使えば時間もかかりません。

 

上手に選べば、そうじはとってもラクチンだと感じることができるはずです。 

 

 

④ きれいな場所はそうじをしない  

 

そうじをしようと思い立つと、なぜかきれいなところまで手をつけようとしがちです。

 

でも、それでは時間の無駄。

 

他にもっとやるべきところがあるはずです。

 

どこが汚れているのか、きちんと見きわめる目を持ちましょう。