ここで想像してみましょう。汚い部屋にいる自分を。

 

そこはあなたが創り出した空間です。

 

どんな気持ちになりますか?

 

玄関の外扉、表札もチャイムもホコリだらけ、扉を開けると、土間も泥だらけです。

 

家具の上には3年物のホコリが絨毯を敷いたようにのり、タンスの裏には綿ボコリがある。

 

照明器具を見上げれば、カバーの中に、虫の死骸が透けて見えます。

 

また、キッチンは、ガスレンジやレンジフードの表面に油がこびりついています。

そこにホコリがくっついて毛が生えている状態です。

 

お風呂はカビだらけ、排水口は開けるのに恐怖するほどです。

 

窓は汚れで外が見えません。

 

そんな部屋を想像するだけで、げんなりしますね。

 

気分はどんよりです。

 

ホコリや汚れを放置しているわけですから、自然と「自分ってダメだなあ」と思いませんか?

 

「いやぁ、忙しくて」とか「体が思うように動かなくてね」と言い訳の気持ちがいっぱい出てきますよね。

 

ホコリや汚れを放置していると、無意識に、汚れを見て見ぬふりをしている自分を責めているのです。

 

つまり「自分ってダメだな」と思っているのです。

 

無意識だからこそ、怖いのです。

だって毎日それを思い続けるのですから。

 

毎日部屋に帰り、ホコリや汚れを目にするたびに、自分はダメだなと思ってしまう。

 

自分のことを「今日も汚れを放置した自分」と思い込むわけです。

 

もしあなたが1年間、その気になっている汚れを放置しているとしたら、365日、一日も欠かさず、汚れを放置したダメな自分を心に刻み込むことになるのです。

 

『捨てるほど若返る!人生の「そうじ力」』P,130

 

AD