磨きこみは、反省をうながす瞑想のような側面を持っています。

 

瞑想というと、お寺での修行というイメージがありますが、それは目を瞑って、日常生活を遮断して、心を穏やかにしていき、そして、客観的に自分を見つめていくものです。

 

そうじ力では、目を瞑ると作業に支障が出るので、目を開けて行いますが、問題を抱えている自分自身が客観的に見えて、その原因が瞬間的にわかり、解決に向かうという、反省瞑想の効果に相通じるところがあります。

 

瞑想は、マッキンゼーやヤフーといった企業でも創造性開発のために、積極的に取り入れられています。

 

実際に効果があるから、企業は採用しているのです。

 

次の時代のトレンドといわれているそうです。

瞑想はこれからのビジネスパーソンに欠かせない、大きな力となってくることでしょう。

 

まだまだ、奥の深い「磨きこみ」ですが、時代の最先端をいっていると思います。

ぜひマスターして、さまざまな問題を解決してください。

 

『「そうじ力」で自分磨き』P.154

AD