6月11日(日)マゾンナリーグ。

 

いよいよ第1戦の時を迎えました。

 

まずは、キキとFOOT CRUSADERS。

 

そしてララとブリオベッカ浦安が対戦します戦い

 


ちなみに・・・

 

(Θ_Θ)チームの新戦力まーちゃん(#20)は、お子さんの運動会の為、本日不参加。

 

 

 

 

よって、(Θ_Θ)同様、本日(Θ_Θ)チームも交代メンバーゼロとなりましたあせる

 

果たして両チーム、無事30分を戦い抜くことが出来るでしょうか・・・。

 

 

 

AM11:30 時計

 

キックオフの笛が鳴りましたホイッスル

 

開始早々、(Θ_Θ)ゴールに襲い掛かるブリオベッカ浦安。

 

新メンバー2名を従え、激しく攻撃を仕掛けてきますあせる

 

 

そんなブリオベッカに対し、安定した守備力で応える(Θ_Θ)チーム上

 

前後半ヒヤッとする場面も多々ありましたが・・・

 

何とか凌ぎ、「0-0」のドローで終了。

 

「勝ち点1」をゲットしましたため息

 

 

一方、こちらは強豪FOOTと闘う(Θ_Θ)チームハッ

 

敵はボランチを中心としたパスワークを武器に、(Θ_Θ)ゴールに襲い掛かりますピンチ

 

前半、ゴール前で何度か危ない場面に遭遇するものの・・・

 

GKのF-ミン(#12)を中心とする守備力で何とか凌ぎました。

 

 

後半も押され気味の(Θ_Θ)チームあせる

 

シュートチャンスどころか、守るだけで精一杯ですがーん

 

そんな中、後半7分。

 

一瞬の守備のスキを突かれ、敵にロングシュートを放たれます。

 

ボールはゴール右上に吸い込まれ・・・

 

1点を奪われてしましましたダウン

 

その後、シュートチャンスを生み出すことなく時間だけが経過し・・・

 

ピーッ!」

 

 

試合終了ホイッスル

 

 

結果は「0-1」。

 

反撃の狼煙を上げることもないまま、試合が終わってしまいました呆然

 

 

試合後、反省会及び次の(Θ_Θ)戦に向けた作戦会議を開く(Θ_Θ)チーム。

 

 

一方、(Θ_Θ)チームは多少疲れが見えますが・・・

 

次の(Θ_Θ)戦に向け、気持ちを入れ替えますパンチ

 

そして・・・

 

 

「ビバ!マゾンナ!」

 

立ち直りが早い(Θ_Θ)メンバー。

 

カメラを向けたら、笑顔で得意のKポーズを披露してくれました(左からオシャレ番長、F-ミン、JUN)棒人間音譜

 

 

果たして、(Θ_Θ)チームは今度こそシュートチャンスを生み出すことが出来るのか・・・。

 

 

また、まさかの交代メンバーゼロに、(Θ_Θ)メンバーは最後まで全員が走り抜くことができるのか・・・。

 

 

ドMの真骨頂を発揮するのはいったい・・・?

 

 

次号をお楽しみにキラキラ

 

 

 

 

AD

 

今年8年目を迎える千葉県マドンナリーグ。

 

40歳以上の女性を対象とした熟女に優しいリーグとして親しまれ、今年度も県内の多くのチームがエントリーしています。

 

ちなみに、「マドンナ(Madonna)」とは元々イタリア語で「聖母マリア」のことマリア様キラキラ

 

その後、「マリアのように崇拝される女性」という意味に転じ、現在では男性から見た憧れの女性を象徴する言葉(例:クラスのマドンナ)となりました。

 

一方で・・・

 

最近、そんなマドンナから派生したマゾンナ(Masonnna)という外来生物が世間を賑わせております小悪魔

 

 

 

                               

 

こちらが、そのマゾンナ(Masonna)たち。

 

ドM生態系に属し、主に柏市高田近辺に生息しているとか。

 

特徴は、肉体的かつ精神的苦痛を好むマゾヒスト(Masochist)であること危険

 

最近はその病的趣向がさらにエスカレートし、自ら交代メンバー無しの2チーム編成を決断。

 

日々、お互いのチームのマゾ度を競い合う被虐的活動に取り組んでいます。

 

 

 

そのドM チームのキキとララ(Θ_Θ)(Θ_Θ)ラブラブ

 

同じ釜の飯を食う双子チームですから、当然普段は仲睦まじく一緒に練習をしています。

 

ところが、チーム編成から約2か月後・・・

 

 

 

いよいよその仲良しドM姉弟の絆が引き裂かれる日を迎えました。

 

 

 

時は6月11日(日)。

 

ホームあけぼの山Gにて、キキとララが対戦(Θ_Θ)vs(Θ_Θ)

 

チーム発足27年目にして、初の身内対決です。

 

 

こちらは、キキララ対決のポジションを、マゾンナCAPのK(#14)が事細やかに記したもの。

 

今日は敵同士ですが、そもそも両チームのポジションを考えるのはK(#14)の役割なので、お互いの手の内をさらけ出さざるを得ません。

 

そして・・・

 

 

ソレイルのマスコットガール、HINAちゃんのイラストには・・・ひよこピヨピヨ

 

叔母のJUN(#17)&姉御(#9)と義叔父のスターにしやん(#1)の姿が躍動感たっぷりに描かれています!

 

またその横には、

 

キキララ頑張れ

 

というカラフルなメッセージも音譜

 

しかし、内心は大好きなママ(K:#14)のチーム(Θ_Θ)を応援したい気持でいっぱいでしょうに・・・!

 

大人社会に振り回されるHINAちゃん。

 

その複雑な心中を想像するだけで、切なくなりますあおくび大根

 

 

 

こちらは、ブルーのペディキュアで心も身体も(Θ_Θ)に染まったF-ミン(#12)フット

 

実は自チーム対決の前に、(Θ_Θ)はFOOT CRUSADERSと、(Θ_Θ)はブリオベッカ浦安と一戦を交えます。

 

第一試合、(Θ_Θ)GKはF-ミン(#12)が務めることになりましたビックリマーク

 

 

共にアップを済ませ、あとは闘いを待つのみ。

 

まずは両チーム、それぞれ勝ち点3をゲットできるでしょうか。

 

 

次号に続きます(Θ_Θ)(Θ_Θ)ゴーゴー

 

AD

 

5月28日(日)。

 

ホームあけぼの山Gにて、レディースリーグ第3節が開催されましたアップ

 

 

本日の対戦相手は、JEFミセス。

 

そう・・・。

 

あのかの有名なジェフユナイテッド市原グループのママさんチームです。

 

 

本日のゲームテーマは、CAPスターにしやん(#1)の大好きなピンクカラーで、

 

ピッチを広く!

 

球離れを早く!

 

勝ち点3をGetしよう!!

 

そして・・・

 

先日の試合で、前十字靭帯断絶という大怪我を被ったAYU(#27)への想いを込め・・・

 

あゆの分も頑張ろう!

 

という言葉も添えられておりました。

 

 

攻撃の要でもあるAYU(#27)の不在は、チームにとってかなり致命的です注意

 

また、その他にもF-ミン(#12)とミサキ(#22)までもが故障者リスト入り・・・BA-90・肌色・白目ガーン

 

正直、戦力ダウンは否めませんが、ここは残されたメンバー全員の力を結集する他に道はありませんおーおー

 

 

ミーティング後、アップ開始ストレッチ

 

アップ係のエミちゃん(#10)リードの下、ランニング等をこなします。

 

 

そして、AM12:00時計

 

運命のキックオフの笛が鳴りましたホイッスル

 

 

 

前半、積極的に攻め上がる柏ソレイル。

 

丁寧にボールを繋ぎ、次々と得点チャンスを生み出します。

 

 

ところが・・・

 

 

如何せん、ボールが枠に収まらず、なかなか点を奪うことができませんガーン

 

 

 

煮え切らない状況が続く事、約20分。

 

ひょっとして、このまま点が入らないかも・・・汗

 

ソレイルの誰もが焦り始めたその時でした!

 

冷静沈着な必殺仕事人(#18)が、フワリと浮かす芸術的パスを右前方へ出します。

 

即座に反応するエースのエミちゃん(#10)。

 

落ち着いてシュートを決め、先制点を挙げますアップ

 

 

「1-0」で折り返した後半は、テクニック&スピードに長けたHaruka(#3)を敢えてセンターバックに配置。

 

これが功を奏し、怒涛の攻撃が始まりますダッシュ

 

 

まずは5分、エミちゃん(#10)がドリブルシューッドンッ

 

2点目を決めます。

 

引き続き、後方から上がってきたHaruka(#3)が立て続けに2点を決め、「4-0」に。

 

後半15分、ヒロ(#13)のクロスにサワちゃん(#4)が合わせてシューッドンッ

 

これで「5-0」。

 

同じく18分。

 

サワちゃん(#4)が上げたクロスに、エミちゃん(#10)がヘディングで合わせ、「6-0」。

 

最後は、サワちゃん(#4)が放ったシュートがGKに弾かれますが・・・

 

アラフィフ代表JUN(#17)が決死のスライディングで押し込み、7点目を決めましたアップ

 

 

結果、「7-0」で大勝した柏ソレイル音譜

 

ハットトリックを決めたエミちゃん(#10)を筆頭に、Haruka(#3)、サワちゃん(#4)、仕事人(#18)の技巧派ヤングメンバーの活躍ぶりが際立った試合内容でしたねニコニコ

 

また、アラフィフ代表JUN(#17)の超人的運動量、DFマダムSUGO(#7)の冷静かつ適正なディフェンスも勝利の原動力となりました。

 

 

ヤング&オールドの融合。

 

これこそ「2017柏ソレイル」が目指すサッカーではないでしょうかキラキラ

 

昔からある本質的なものを忘れない中にも、 新しく変化を重ねていく。

 

これからもこの不易流行スタイルをベースに、チーム力を高めていきたいものですビックリマーク

 

 

ところで・・・

 

 

こちらは、大好きなママ(サワちゃん)の活躍ぶりを大人しく(?)ジーッと観戦するKANTA。

 

恐らく産休後初のママのシュートも、きちんと目に焼き付いていることでしょうラブ

 

 

そして、こちらはソレイル・マスコットガールのHINAちゃんひよこピヨピヨ

 

デニムシャツ&ホワイト・ロングスカートに初夏の香りが漂います。

 

ティーンエイジャーらしい爽やかな装いですねо(ж>▽<)y ☆ラブラブ

 

 

一方、ミドル・エイジ代表のにしやん(#1)。

 

ポイントは、今流行のロングジレとマダム監修の麦わら帽といったところでしょうか。

 

自然体のHINAちゃんとは対照的に、両手を重ね不自然なカメラ目線で佇むその姿は、古き良き昭和時代のスターを髣髴させますため息

 

中年ファッションリーダーとして、これからもノスタルジックな流行をどんどん発信していただきましょうミレーヌ009-1キラキラ

 

 

 

さて・・・

 

前半2勝1敗で終わった千葉県レディースリーグ。

 

後半は10月にスタートします。

 

それまでに怪我人が皆回復することを願うと共に・・・

 

個々のポテンシャルを更に発揮できるよう、練習を積み重ねていきましょう。

 

 

まだまだ続く2017年リーグ戦。

 

これからも応援よろしくお願いしますキスマーク

AD