茶利亭しっぽ CLOSE中です ▽・ェ・▽ノ""

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-07-10 15:31:08

選挙

テーマ:ブログ

お友達わ~さんの想いをお届けします。

投票に行きましょう!


* * *

前の衆院選のとき、街頭インタビューで、「何党に投票するか」と訊かれた身なりのいい中年男性が、
 「経済を優先して欲しいから、自民党かな」
と答えていた。
 安保法案について訊かれると、
 「演説で何にも言ってないんだから、変えたりしないでしょ」
と笑っていた。

あのときのあの男性は、その後の安保法案改正の、議員を殴ってでも強行採決する有様を見たとき、どう思ったのだろう?
 憤ったかもしれないし、もしかしたら、何にも感じなかったかもしれない。


 当初二年後には物価上昇率を2%にする、と言っていたが、18年3月にまで先送りされた。
 上が潤えば下にも滴り落ちる、トリクルダウンで全国民に行き渡る、と言っていたが、潤ったお金持ちや企業は溜め込むばかり、ついには「トリクルダウンなんて言ってない」と逆ギレ。


 「アベノミクスは道半ば」と臆面もなく大声で主張しているが、いったいいつになったら達成したというのだろう?
 達成するまで何十年でも「道半ば」と言い続けるのだろうか。

 異次元緩和で日銀の抱え込んだ国債は330兆円。


 兵器の開発・輸出は実質解禁。
 兵器に転用できる大学の研究には国からの補助金。

 自衛隊の活動範囲が拡がったということは、現状でさえ足りていない自衛隊員が、さらに足りなくなるということ。
 「徴兵制はない」と言ってる人の口から、いつ「新しい判断」が出てもおかしくない。


 選挙対策で消費税を上げなかったが、社会保障費が足りないしわ寄せは確実にやって来ている。
 昨年の介護保険制度の変更で、特養への入所費は格段に上がり、デイサービスやケアは受けにくくなり、介護離婚や生活保護を受ける人が増えている。
 結果的に国の負担は増えていく。

 自民党の憲法改正案の中には、「家族共同体を大切にする」という美文でもって、子育ても介護も、国ではなく家族に負担させようという思惑が透けて見えるものもある。
 社会保障費を減らすにはうってつけの案。
 家族のいない人、マイノリティ、貧困層はどうなるのだろう?


…うーん、公平を期すために、政権がやった「個人的に、いいと思うところ」も書こうと思ったのだが、思いつかない…すみません。
 外交は、まあずいぶん飛び回って、お金を撒いてらっしゃいますよね…(誰のお金?)。
アジア関係も、マシになった…と言っていい?のか?(嫌々やってるのが透け透けですが、それでもやらないよりはいい)

 (政策もですが、私はあの人たちの、
 人を見下したような物言いや、
 他人には口汚く攻撃するくせに、自分が何か言われるとすぐキレる器のミクロンさや、
 自分の非を絶対に認めない依怙地さ(そのせいで効果のない政策がズルズル続く…)や、
 重要法案を通すときの卑怯なやりくち、
 法律違反やモラルの欠如を指摘されても、なんだかんだで居座り続ける図々しさ…
etcが、信用できなくて嫌なのです。
あの人のオトモダチって、みなさん揃ってそんな感じなのがスゴイ。
 何より、言葉と態度の端々に表れる、他人に対する共感性のなさ!
そういう人たちの出す政策や改憲案が、これがまた、そういう人たちが作ったんだなあ…と思えるモノなので、胃が痛くなるのです。
つくづく、多様な国民のためじゃなく、自分&仲間たちだけの王国の実現のために、政治をしたいんだね)


 投票したい党がなくてもいい。
 今の政権がやってきたことに通信簿を付けるつもりで投票に行けばいいと思う。
 今のまま進めていいなら与党、そう思わないなら野党。

 自分が生きている社会について、意見を表明する権利と機会があるのにしないのは、なによりも、自分自身に対して無責任だと思う。
 子ども連れで投票所に行けるようになったので、親御さんはぜひお子さんと一緒に投票所に行って、投票している姿を見てもらって欲しい。
 (私は子どもの頃、母が投票日には必ず、投票用紙を入れた鞄を大事そうに胸に抱いて、投票所へ向かっていた姿を覚えています。母は女性に選挙権のない時代に教育を受け、戦争で苦渋を舐めた人でした)

18歳も選挙権を手にした。
これからの社会を生きていく人たちにこそ、投票に行って欲しい。
 自分の投じた一票と、その結果は、世界中の人々にも、自然や環境にも、自分が飼っている動物たちにさえも、無縁ではないはず。


 「生きられますように。
 生きていけると安心しながら
生きられますように…!!」
 (『夜廻り猫』深谷かほる)

 熱烈お薦めの漫画です。

 選挙とは無関係ですが、世の中の生きづらい人びとに寄り添う漫画なので、政治と無関係ではありませんね…。


夜廻り猫 1 今宵もどこかで涙の匂い/KADOKAWA/エンターブレイン
¥1,080
Amazon.co.jp
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2016-07-07 18:39:48

オミケ話

テーマ:動物保護 通常

ながらくご無沙汰しておりました。
ご無沙汰の間に、私にしては、よくもあれこれあったものだなぁ・・・と思う。
しかも現在進行形…デス。

ねこボラの道は、今日はちょいと横に置いて、
オミケ話でも。。。オマケの書き間違いではアリマセン。


オミケ・・・三毛ちゃんです。通称オミケと呼んでおこう。
とあるGWに、うちの庭で行き倒れおり。
さらにいえば、しっぽの小屋の奥におり。


おそるおそる様子をうかがうと、息はしており。
しかしこのままにしておれば、空の上にいってしまいそうな。。。ひい!


という事件が突如発生し、
体調サイアクの日に、さらに連休で休診にどうするん~~~!
という中で、とある病院に連れて行き、そのまま入院…。
腎臓肝臓黄疸他ひどい数値に脱水ガリガリ、あまりにぐったりして、
嫌がる元気もないオミケや如何に!?


運を天に任せ、獣医さんに任せるばかりでしたが、
これが3日後になって回復してきまして、
回復しだすや、ぐんぐん回復し、1週間で退院にこぎつけた。


目に力が出てくるや、シャーーです、シャーー(笑)


この退院オミケをどうしたらいいのか、が次の頭の痛い問題でしたが、
その前に、オシハライがどーんと・・・(T_T)ううう


見捨てられぬ以上、やむなし。。。( ;∀;)


 目力が出てきたオミケ ザ 入院中

キミはダレですか?


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-04-12 23:22:41

市公認ねこさんボラの道?その6

テーマ:動物保護 通常

連絡会の続きです。

*

市内の、ねこが気になる、なんとかしたい。意志のある方と交流のきっかけになる。というのは大きな良い点です。

これまでばらばらで悩んでいたり、困っていたことが、協力しあえたり相談できたりするかもしれないって、すばらしい。

もう一点は、

普段まったく接点のない市役所の方と交流して、考えを聞ける。というのも大きな良い点だと思います。

いま、地域ねこに取り組んでいるのが環境課だけだとしても、問題点がわかります。
市内のどの地域が問題なのか、どう苦情がどの程度でているのか。とか、
他の課との横の連携はどうなのか、とかね。←これが大きな問題だった。



こうありたい。という理想はあれど、一足飛びにはそうはならない。うん、そうだよね。
「ねりまねこ」さんがバイブルなので、理想が先に行きすぎちゃって・・・。


話の中で、職員さんからたびたび出てきた言葉があって、
そういうのも必要だよなぁと思いつつ、そんなのセイジカみたいでなんだかなぁとも思う。

とにかくせっかく課が前向きになってくれているのだから、この機会を生かせるようにガンバロウ。


ただ、異動が。大変残念です。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2016-04-10 23:31:21

市公認ねこさんボラの道?その5

テーマ:動物保護 通常

地域ねこ説明会に行ってきたつづきです。

地域ねこという言葉も市行政でずっと認知されてなかった町なので、今頃かと思う方も多い話題です。

*

日にちを経て、連絡会のご案内が届き、

これが本当の第一歩、という気がして、少し逡巡するものがあるけれど、運よく空いた日であるのも運命だと思おう。。。

説明会には、
はじめ、思ったよりたくさん人が集まってるな~!と思ったけど、

どうも近隣市あちこちの地域ねこの会の方々がいらっしゃっていたご様子。

そんな中、
一体、何人くらい参加されるのかもわからないまま、おそるおそる連絡会に訪ねる3月も末。


・・・なんとΣ(・ω・ノ)ノ!


・・・すごい少ない・・・。


説明会をして、本当にやる気があるかどうか、振り分けのために、後日に改めてとなったそうだが、

この少なさは・・・単に日程(平日昼間)のせいなのか、
はたまた、日を改めることで、却ってハードルを上げてしまったのか、どうなのでしょう。

多少気落ちしつつ、

少ないながらも、少し、ほんの少し話を進めて意思の交換をする。


内容については、また~。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-04-09 23:04:32

市公認ねこさんボラの道?その4

テーマ:動物保護 通常

11月に広報で募集があってから年を越し、
一体どうなっているのかと思っていた続き。

(その3はこちらです→http://ameblo.jp/soratanesippo/entry-12098136729.html

遅くなりましたが、一応覚書も兼ねて。。。

*

とある1月電話があり、センターの方を迎えて、地域ねこの説明会をするという。
当初伺っていた話よりひと月遅れた日程なものの、

広報に説明会の参加者募集が載り、
その日がようやく来て、行ってきました(*'ω'*)

でも。
具体的な活動のスタートについてとか、そういうのは全然なく、
根本の「地域猫活動とは」とか、猫の繁殖力とか、センターの説明とか、そういう話であった。
センターの方が直においでになったのは、環境課のおかげだろう。
愛知県では先駆けの会の方がおいでくださり、経験にもとづくお話も。



知っていると思っても、改めて話を聞くのも、その時々の話がまざるので興味深いし、実際に行動してみえる方の話は特に有意義でありがたいです。

特にはじめて聞く方には、こういうところから大事なんだろうなあと・・・。
・・・とはいえ・・・ええ!? ここまで何か月もかけて、これだけ? 感は否めず。

せっかく集まった関心のある人をこのまま帰して、
また後日に一人ずつ連絡して、
よくわからないけど、なんだかを調整するの?

で、いつこの続きが動きだすの?

でもそれでも課として頑張って下さっているわけだし、文句は言えぬ。。。

事は一時には進まず。
長い目で物事見るのも大事。。。なのであろうと自分に言い聞かせる。

つづく。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。