育て直し

テーマ:
先日の個人懇談では先生から概ね高評価をいただいた長男くん。

勉強にスポーツにお友達関係に、

今のところ学校ではとてもがんばっているようです。


反面、家では私と衝突することが多く、私の悩みの種です。


種は主に2つ。


ひとつは、次男くんへの当りが強いこと。


3歳を過ぎて、おしゃべり上手になってきて常にしゃべっている次男くんに、

長男くんが「うるさいっ!」と怒ることが多くなりました。

確かに宿題中などは次男くんのおしゃべりをうるさく感じても仕方ないので、

うるさいなら別室でやったら?と提案しても、それは長男くんが嫌なんですよね。

うるさくしている次男くんがどこかに行けばいいと言います。

じゃあ次男くんとお母さんが別室に行くねと言うと、それも嫌。

一人は嫌、お母さんはそばにいて。


テレビを見ているときも、次男くんが「ねえこれなに?」と聞いただけで「うるさいっ!」

ひどいもんです(-_-;)

 

おしゃべり上手になってきたといっても、出来ないこともわからないことも多いのに、

長男くんは次男くんを同等に扱うため、

出来ない次男くんに対してイライラをぶつけます。

その言い方がまたきついんだよね。

聞いていて悲しくなるほど。

 

ま、次男くん本人は何も思わないのか全然へこたれないのが救いですが。

 

長男くんから次男くんに手が出ないだけが救いかな。

あとは、罵倒するような言葉(馬鹿とかアホとか死ねとか)も言わないな。

だからいいってもんでもないけど。

 

もうひとつは、これはもうずっと前にも同じようなこと書いた気がするけど、

反抗期というか反発期というか。

 

母親があれこれうるさく言うのをうっとおしく感じるんでしょうね。

そういう時期だってのはよーくわかる。

きっとこんなのまだまだ序の口。

中学生男子の先輩ママなんて、「くしゃみをしただけでキレられた」って嘆いていた。

 

帰宅して床に放り出されたままのランドセル。

「ランドセルを所定の位置に戻してね。宿題とか、出すもの出してよ」

って言うのって、

別におかしくないと思うのだけど。

 

わかってるって言うならまだマシ。

ああって低い声で唸るみたいに嫌そうな顔をしたり、

何度も言わなくていい!ってキレられたり(一度しか言ってないのに)

 

穏便に穏便に、とわかっていても、

プッツーン!!!!

 

「その言い方(態度)は何なの!?言われたくなければ言わる前に先にやりなさい!難しいことなんて何一つ要求していないでしょう!?ランドセルをラックに置いて宿題とお便りを出す!たったそれだけのことをするのに一体何分かかるの!何度同じことを言わせるの!?毎日毎日毎日毎日同じことを言われて同じことで怒られているんだから、いいかげん学習しなさい!」

 

穏やかに諭せない私に非があるのはわかっていて、

それでもプッツンしちゃうんだから私にも救いようがない。

でもここまで言われても長男は動かない。

そして、またプッツン。

 

毎日こんな些細なことでドンパチしています。。。

あー疲れる。

怒るって疲れる。

そして怒ったあとに反省する。

 

長男くんの次男くんへのあたりの強さも、たぶんこの私との衝突のストレスだろうなと思うのです。

そして、私が長男くんを叱るときと同じ口調で、長男くんが次男くんを怒るんです。

 

この負の連鎖。

これを止められるのは私しかいない。

 

それにようやく気づけたのは、

情けないですが、

実は本当に最近です。

 

私が変われば長男くんは変わるのだろうか。

そして、次男くんへの当りの強さもやわらぐのだろうか。

 

もう何が正解なのかわからない。

 

ただ、

これまでと同じで良いわけがない。

それははっきりしているから、変えていくしかないんだ。

 

学校では優等生扱いの長男くんですが、家ではだらだらだらけ虫。

私が言わなければ提出物もお便りも出さないし、明日の授業の準備も何もしない。

しないならしないで自分の責任だから放っておけばそのうちわかるでしょ、という人もいるでしょうね。

うん、きっとそれもひとつの手。

でもそこはまだ1年生だし、という親心がどうしても働いてしまう→そこが私の甘さかな。

ちなみに放っておいて忘れ物をしたことも何度かありますが、

担任が厳しくないので本人はなーんとも思っていません!ダメだこりゃ。

やっぱり私の言い方を変えなきゃダメなんだ。


そんなときに、ブログを読ませていただいている方が3歳の長男くんの育て直しの記事をかかれていて、

ハッとしたんです。


待つこと

口出ししすぎないこと

突き放さない

従わせようとしない


わかっていたはずのことなのに、

私、最近忘れていたかもしれない。


待てていなかった、

口出ししすぎていた、

動かない長男くんに何度もう知らない!って言ったかな、

私の思うように従わせようとしていた…


長男くんが反抗反発するはずだよね。


どんなに苦しかっただろう。


私は、長男くんの望む母親とは程遠い姿を見せていたよね。


私は長男くんを、私に従わせたいわけじゃない。

自分で動ける子になってほしいと思う。


だから言うことは言うけれど、あとは本人に任せてみよう。

見ているとイライラするけど(苦笑)

でももう衝突ばかりはうんざり!


そんな気持ちでいたら、以前よりはマシになったかも?

まだ、かも?程度だけど、

私とのドンパチを減らすことが次男くんへのあたりの強さにも繋がる気がする。

 

次男くんへの当りの強さは、次男くんへのやきもちとかもあるのかなーなんて思います。

それはたぶん長男くんを優先してあげれば解決するのかもしれないけれど、

次男くんももう赤ちゃんじゃないので、長男くんばかりを優先するのを良しとはしてくれません。

次男くんの気持ちを汲みつつ長男くんの気持ちを満たしてあげるのはなかなか大変だし、

毎度上手くいくわけじゃない。

どちらともを泣かせてしまうことも多くて、母親として本当にどうなのよって思います。

自身を「良い母」だと思えたことはないけれど、

この子達の「母としての」自信すらなくす日々。


もうほんと、子育てって難しい。


2歳のイヤイヤ期に悩み、

3歳の反抗期に悩み、

4歳でも5歳でも6歳でもなんだかんだ悩んできた。

小学生になってもまだまだ次から次へと問題多発!

子どもをもっていままで、悩まなかった日はなかったのか。

…ないかもな。


なにを書きたいかわからなくなるくらい長文になりましたが、

とにかく、長男くん7歳。

きっといまからでも遅くない。


育て直しだ。

AD
昨日から発熱の次男くん。
夜に熱が上がるので、就寝中はぽっかぽかでした!
はかっていないけど確実に39度超えだったことでしょう…

今朝は37.5度。
微妙。
元気いいし、食欲あるし、顔色もいいし。
でも保育園行ったら確実に上がるでしょうね(-_-;)

咳をしているので、一応小児科へ。
熱がないのでインフルも疑われず、
咳止めだけもらって帰宅。

お昼はおにぎり少しと、プリンと、みかんと、枝豆。
食べられるものだけでいいよっていったけど、思ったより食べたかな。
最近は保育園のある日以外はお昼寝なしでも大丈夫な次男くんですが、
さすがに辛いようで横になったらすぐに寝ちゃった。

あれ、でもなんかおかしい?
と思って熱を測ると38.9度。

上がっとるがな!!(;´д`)

それからもぐんぐんあがり、夕方には41.2度。

高すぎる。

再び小児科に駆け込み、最初の発熱から24時間経過しているからってことでインフル検査。

でも陰性でした!

ほっとしたけど、
じゃあこの高熱はなにー!
インフルエンザの予防接種、近隣の病院ではもうどこも受け付けていません…
どうなってんの今年(;´д`)
うちはギリギリ滑り込みセーフでワクチンをおさえられて、
今日ようやく子どもたちの1回目でした。

長男くんは難なくクリア。

問題は次男くん。
病院で接種前の体温測定…
何度計っても38度超え!
どうなってんの(;´д`)

そもそもこの子、実は今までの予防接種でも接種前の体温測定で必ず37.5度を超えるんです。
平熱は36度後半とはいえ、絶対熱なんてないのに!
で結局少し時間をおくと37度前半に下がるのでなんとか接種→ギャン泣き~という経過をたどってくれるのですがね(_ _)

よほど注射が嫌なんでしょうかね…(_ _)

今回もそれだと思ってしばらく時間を置いたんだけど、
結局38度より下がらず、接種出来ず!(;´д`)

この辺りは、昨シーズンの流行りかたを振り返っても、年明けから4月がピークなので、年内に接種出来たらなんとか間に合うはず!という読み。
だったんだけど、
看護師さんに「まさかもうインフルエンザじゃないよね?」なんて恐ろしいこと言われたー(-_-;)

いやいや、まさか、ねえ。

保育園からは特に何の報告もなかったし、
本人すこぶる元気だし。
食欲もありーの、元気ありーの。
どこがインフルエンザだ!!
って、就寝前に念のため熱はかったら39度。

え、インフルエンザ?
まじで?

学芸会

テーマ:
今日は長男くんの小学校初めての学芸会でした。

いやあ…予想はしていましたが、
やはり1学年180人での劇はすさまじかったです…

親の場所取りが!!!(;´д`)

もちろん敗北。
比較的前の方の席はとれたものの、前の人の頭と長男くんの定位置がちょーどかぶってしまい、
ほとんど見られず(;´д`)

あ、1年の郡劇はやはりまだまだかわいくて、
でも頑張って練習したんだなあって思えてとてもよかったです。
まともに見えてさえいれば…

あーもう、来年は前の方は諦めて最初から後ろの方にいて立ち見のほうがいいかもしれない( ̄^ ̄)
ま、来年のことはまた来年考えよう。

1年~5年は学年劇で、午前中に終了。
6年生だけが学級劇で、午後から。

午後は予定もなく暇だったので、
学級劇なら観客も少ないはず、
と夫と子どもたちだけ見に行きました。
案の定ゆったり見られたそうですf(^_^;

永遠のゼロをやったクラスもあって、私も見たかったな!(私は疲れて昼寝してた(笑)

夜は学芸会頑張ったご褒美でお食事に。
満腹ー!
今日はつきいちの、長男くんのMRC矯正のトレーニングの日でした。

MRC矯正を始めて早2ヶ月。
最初のひとときはとにかくマウスピースに慣れる。
ふたつきめは呼吸法ステージ1。

この呼吸法ステージ1がなかなか大変でした!
やることはとても単純で簡単なんだけど、毎日毎日やり続けるのは、簡単なようで簡単じゃない!(;´д`)
習い事などで時間がとれないときもあるし、本人がやりたくないときもあるし…

今日はもういいか…って思ったことも何度もあります。
1日くらいやらなくても大した差はないでしょって思ったこともあります。

でもそのたびに、私がそんな考えでどうする!!と思い直し、
時にぐずる長男くんにトレーニングをさせました。

正直…

器具をつけない矯正に、いまだに半信半疑なところもあるのが本音でして。
こんなマウスピースと呼吸法トレーニングで歯並びにどんな影響があるのかなって。
(それなら高いお金払って矯正なんかやるなよって話ですけど!)
でも半信半疑ながらも、
高いお金払っているんだから!
トレーニングをさぼるとすぐにわかるって言われているから!
半ば意地で(私の意地で)トレーニングをやらせ続けました。

そんな感じでしたが、
少し前から、長男くんの歯磨きをするたびに、

あれ?

って思うようになりました。

特に下の歯。
あれだけ歯に隙間がなかった下の歯に、隙間ができてきた?
毎日糸ようじをつかっているので、その変化にはすぐに気がつきました。

思った通り、今日の検診で下の歯が良い感じに動いていると言われました!
(正確には、歯が動いているのでなく、顎のかたちが変わってきた)

マウスピースと呼吸法で、本当に顎の形が変わるんだ!?←いまさら(;´д`)

意地でやり続けた呼吸法ステージ1の効果も出ているため、次のひとつきは呼吸法ステージ2に移ります。

がんばるよー
昨日は次男くんの3歳健診でした。

31ヶ月と8日目。


身長89.8

体重12

成長曲線の下のほーうを爆走中。

 

保健師さんとの面談は特に問題なし。

何歳ですか?お名前は?の質問から始まり、

大きい小さい、長い短い、高い低い、色の名前、動物の名前など、

どの質問も正解!


1歳半健診で言葉の遅れを心配したことで、ずっと経過観察中でしたが、

言葉の出方、こちらの言うことを理解していること、

面談中の態度(おとなしく座って保健師さんの顔をしっかり見て答えられる)を見ていても、

問題はなさそうですねということでした。

 

客観的に見ても、今の次男くんに成長の遅れは感じないので、

保健師さんからもそう見えるならよかったよかったーと思いました。

 

面談の後は内診、歯科検診、フッ素塗布。

 

これがまあ…

 

問題ないですよーの太鼓判を押されたあとだったてのに、

まー!

ひどかったです!

まず内診待ち中に服を脱ぐのが嫌で大号泣!!!!

 

内診担当の医師がかかりつけの小児科の先生で大号泣!!!!(←小児科大嫌い)

 

号泣したまま歯科検診でさらにパワーアップの爆泣!!!!

 

フッ素塗布なんてできたんだかどうなんだか…

 

つ、つかれた…(;´д`)

 

こんなに泣き叫んで暴れている子、

次男くんだけだったよー!!!!

 

もう…はずかしい…(;´д`)

 

昼寝なしだったから眠いってのもあったと思うけれど、

それにしてもひどかった!

 

こういう場で、長男くんに困らされたことがないだけに、

(健診、小児科、歯医者等々の病院などで長男くんが泣いて暴れたことなんてなかったもんなあ)

 

本当に次男くんは疲れる…

やっぱりどっか問題ありなんじゃね!?って疑うわっ!

 

でも終わって外に出た瞬間にけろっと泣き止んで、

 

「おうちかえるー?かいものいきたいなー」って笑顔でしたわっ!

なんだこいつ(;´д`)