名古屋孫式形意拳研究会(日本孫氏太極拳研究会 中京支部)

名古屋市内で主に孫式形意拳の教授を行っています。

形意拳、近世三大名手の一人と言われる、孫禄堂先生の伝えられた孫式形意拳を一緒に学びませんか。

名古屋孫式形意拳研究会
(日本孫氏太極拳研究会 中京支部)


孫禄堂

孫祿堂先生が伝えた孫式形意拳を主に練習しています。


形意拳は直線的で単純簡明、質実剛健と言われる中国拳法ですが、内包される、身法、手法、腿法、心法は形からは想像できないほど、繊細かつ巧妙です。

学習は容易だが習得するのは難しいと言われる所以です。

形意拳は孫家拳の母体となる拳種で基本的な身体の操作を学ぶのに大変優れています。

形意拳は剛的で体力的にきついイメージがありますが、老若男女、体力、各人のレベルに応じた教授を行っています。



形意拳紹介


 形意拳は、太極拳、八卦掌とともに内家三拳の一つに数えられます。

民末清初に山西省の姫際可先生により興されたとされます。

この姫際可先生の拳は心意拳と称し、そこから心意六合拳と形意拳が派生しました。

 現在の形意拳の形と名称が整い広く知られるようになるのは、河北・李洛能先生の代になってからです。

 理論的基盤は陰陽五行説であり、基本技は木、火、土、金、水から成る五本の拳、形意五行拳です。

形意拳は河北派と山西派に大別されています。

河北派には劉奇蘭、郭雲深、李存義、張占魁の諸先生など、山西派には車毅斎、宋世栄の諸先生がいます。



孫式形意拳の系譜(名古屋孫式形意拳研究会)


姫際可(心意拳) → 曹継武 → 戴龍邦(戴式心意拳) → 


李洛能(形意拳) → 郭雲深 → 李魁元 → 孫祿堂 → 


孫剣雲 → 後藤英二 → 三輪修二 




お知らせ


日曜教室で孫式太極拳の教授を始めました。

練習日は当月の練習予定をご覧ください。

見学、体験も受け付けております。



  

楽しい中国武術ブログがいっぱい!


爆弾下記バナーを発勁クリック爆弾
   
  
                      
 
           

NEW !
テーマ:
力の質が大切です。

良質な力はいきなり腰に作用します。

蛮力とよばれる力は局部的にしか作用しないような感じがします。

力の根元は三体式に有ります。

形意拳を修行するのであれば三体式は十分練りましょう。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

スワイショウ(甩手)の練習を行いました。


スワイショウにはいくつかの種類があります。


本日は縦バージョン、横バージョンを行いました。


各々、5分ほど行いましたが、本来30分以上行うのが理想だそうです。


スワイショウのような練功法を行うと上体は非常に軽やかになります。


武術だけでなく健康法としても非常に優れています。


こういった練功法の後に立つ、三体式は何とも気持ちよく立てます。


縦のスワイショウは形意拳がルーツと言う説もあるそうです。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

本日は気沈丹田の為の練習を行う。


こういった練習は非常に地味だが武術には無くてはなりません。


気が何なのか?、丹田とはどこなのか?


それはひとまずおいておいて、一つの概念として捉えましょう。


この、気沈丹田の為の練習を行った後は、何ともいえない充実感があります。


上体は非常にスカッとしますが力が無くなる訳ではありません。


下半身も充実感はありますが、居ついている訳ではありません。


非常に重厚な身体となり、三体式で構えると軽やかに安定します。



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

武術に取り組んでいると、これは大切だなと思うことがいくつかあります。

その中でも私、個人が最も大切だと思うのが 素直さ です。

いくら身体能力が優れていても、頭が良くてもこの 素直さ には及ばないと思います。

先人が積み上げた武術を拙い状態で理解するなど不可能なのです。

ですから、教えていただいた事はまず素直に実行する、それが最も大切だと思います。

素直な方はぐんぐん上手になります。

当会にもそんな方がみえます。

ちなみに私ではありません。

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

含胸抜背、以外に出来ない動きです。

胸はあくまで含む状態であって、閉じてしまったり、窮屈になってはいけません。

難しいのは抜背です。

背を抜くとは一体どういうことかなかなか理解しがたいです。

軽い猫背をイメージされる事が多いと思いますが、正直?です。

そもそも、何故、含胸抜背しなければならないか、その姿勢を取ったとき何らかの結果が出るはずです。

先人は結果の為に、この要訣を残したのです。

含胸抜背だけを意識すればよいわけではありません。

正しい姿勢を取ったとき、胸と背が含胸抜背になるのです。

ですから、腰や、首、頭とも密接な関係があるのです。

含胸抜背が単独で成立することはないと、個人的には思っています。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。