いのちを養う食

テーマ:

朝、目覚めと同時に、「ラジオ体操の歌」が頭に浮かぶ、きょうこのごろ。キャッ☆

なぜ、この年になって、幼少時代の歌を思い出すのだろう?

 

音譜あた~らし~い あ~さがきた き~ぼうのあさ~音譜

音譜それ イチ ニッ サ~ン!音譜

 

ベッドから飛び起きて、ラジオ体操第一。ハニちゃん

顔を洗って歯を磨いて、体重測定して、植物たちにあいさつ回りをして・・・ 一日が始まる。

 

ある日の、ズボラ食生活アドバイザーの朝メシ割り箸

 

これでもか、というぐらいのネギとワカメの具だくさん味噌汁笑  玄米ごはん  梅とシソを練り込んだ納豆  ニンジンとブロッコリースプラウトの和え物  キノコと朝採りえんどうの炒め     

 

 

燃費の悪い体質なせいか、朝ごはんを食べないと、脳の働きが怠慢になるし、微妙な栄養失調症状が出るので、前日の残り物でもなんでも、とにかく口に入れることにしている。

 

朝食の欠食は問題視されているけれど、特に、子供は集中力が欠けたり、キレやすくなったり、学力低下の原因になるから、絶対にお勧めしませんよ。

 

さぁ、朝ごはんしっかり食べて、一日元気に過ごそう!

 

と意気込んで、病院へ検診に出かけた。

検査結果は悪くないけれど、白血球が低いまま増えない。

免疫力向上を頑張っているつもりだけど、足りないのかな。

かなり強烈な治療だったので、回復に時間がかかるのだろうか。

それとも加齢のせいか?顔

 

病院の帰りに、いつものところでお腹を癒した。ナイフ&フォーク

 

私の大好きな栄養士さんのランチ専門店「Loop」

いつからか、”栄養満点カフェ”から、”健康キッチン”に、肩書が変わっていた。やったね!

 

この日は、『薬膳ランチ』。

五味子を使ったソースは、すっきりキレの良い爽やかな酸味で、リピしたい味。

夏にぴったりの献立で、どのおかずも、優しさあふれるおいしさ。うは

 

 

栄養士であるあゆみ店長から、いろんなためになる話が聞けて、お腹と心が幸せなひとときを過ごしましたとさ。笑顔おいしかったー

 

ここで食事をすると、心が癒されて、体ごと浄化されるような気がするのは、私だけではなかろう。 なんとも、不思議な上昇気流的パワーを感じる。

 

あゆみ店長も推奨している、「毎日摂るべき食材 ”まごわやさしい”」 に習って、

まめ(納豆)、ごま、わかめ、やさい、さかな、しいたけ(キノコ)、いも類を、一日三食のどこかで、必ず摂り入れるようにしている。 

私は、これに、米or小麦、ヨーグルト、ナッツを足した ”まごこわやさしいよな” を 心がけている。sei

もちろん、ときどき、良質の肉類もね。

 

 

人の「気」は手から放出されるのか、不思議なハンドパワーを持っている人が世の中にいるものだ。

友人に勧められて、この方の本を読んでみた。

 

 

友人に教えてもらうまで、私は、佐藤初女さんという福祉活動家の存在を知らなかった。

ネットで調べていくうちに、とても偉大な人だったということがわかり、本を読むたびに、胸に大波のような感動が押し寄せてきた。

 

食事というのは食材の『いのち』をいただくことなんですよ

という言葉が心に響く。

食材を優しく丁寧に扱って、心を込めて料理を作ること。

人は「命」あるものを食べて、命を養っている。

食事は、日常あたりまえのことと思い、人や物への感謝を忘れがちの自分としては、自分の肝に銘じたい教え。

佐藤初女さんは、料理を通して、目に見えない不思議な力で、人々の心を癒し、生きることへ導いていたように思える。

昨年、乳癌のため94歳でお亡くなりになったそうだが、高齢の身であっても、人々に貢献しつづけたそう。 (乳癌は年齢に関係なく罹るものなのね汗

 

初女さんがにぎっていたおむすびは、白飯に手作りの梅干しと海苔。

米、海苔など、手作りの梅干し以外は、特にこだわっていた様子はないようだけど、飯を握る硬さや、タオルでくるんで水分を調整するなど、海苔の切り方ひとつにも、細やかで丁寧な配慮があって、食べたらこの上なくおいしいんだろうなぁと、想像する。ぺろり

 

私は、精米した白飯をやめているので、玄米おむすびを作ってみた。

 

柔らかい食感を作るため、「いなきび」を混ぜて炊いた無農薬玄米飯に、紀州の梅干しをのせて、シソの葉の醤油漬けでくるんだ、マイおむすび。らぶ1

手から、「おいしくなあれ」を念じて、握ってみたよ。梅干おにぎり

 

 

お腹がペコペコだったせいかもしれないけれど、ものすごくおいしくて、自画自賛。ぺろり

商品化を考えてしまったくらい。笑

手のパワーってすごいな。ガッツ

 

「Loop」のあゆみ店長も、初女さんのように、不思議な手の力を持っているのだろうと、ふと思った。

手の常在菌を使った発酵果実を作っていて、免疫力を上げたい私にも作ってみてはどうかと勧めてくれた。 私の手の菌力はいかがなものか?笑

糠漬けづくりも、自分の手が大切だというではないか。

お祈りも手だ。

手を手を合わせる動作にも意味がある。祈る人

 

よし、明日も、念じておむすびを握ってみよう。

 

単純だから、自分のミラクル・ハンドパワー、信じちゃうよ。 ワラ

信じる者は救われるんですえへ☆

 

AD

地酒を愉しむ極東の祭

テーマ:

カモメの鳴き声と御囃子の音色で目が覚めた、お祭の初日。祭り音譜

 

なんだか寒いなぁと思ったら、気温が14℃しかない。顔マジか?

7月のあの高気温日が、まるで夢だったかのような涼しさ。

しかも、秋風が吹いてるし。

このまま、夏が終わってしまうのか?ぶはっ

 

 

金刀比羅神社例大祭期間は、極東のまちが、一年で一番賑やかで活気にあふれる時。キラ

この祭りが楽しみで、最東端の故郷に帰省する人もたくさんいる。

 

三日間は、カモメのウンチが降っても、どうか雨だけは降らせないでください。と、家の神様に祈った。 祈る人おねがい

 

 

祭りを見ずして、夏を終われない。

沿道声援隊?のノムリエ、最終日に、元気を振り起して滑り込みで参上。ちゅん参上!

神様に祈りが通じたのか、曇り空でも雨には降られず、ありがたく拝観。

 

神輿は、”動くパワースポット”なので、絶対に見逃せない。キラ

家内安全!健康祈願! 祈る人パンパーン

起死回生した?わが同級生も、若者たちに交じって、しがみついて担いでおりました。 ガッツ笑

 

 

参列には、弟分、姫様はじめ、飲み友が参加しているので、張り付きながらシャッターチャンスを狙う。Caplio R6 RDパチクリパチクリ

 

姫様は、金棒役3年目にして、今年は、笑顔で手を振るほどの余裕。キャッ☆ 

来年は、子供神輿に昇格か?

 

 

最高気温15℃ 風速8m/sを感じさせない熱気で、太鼓のイケメンアニキたちは、半裸で、元気にドンドコドンドコ音譜

私は、ババシャツ二枚重ねの重装備で、カメラをパチクリパチクリ。Caplio R6 RDあせる

 

レンズを向ければ、

条件反射で?ポーズをとるサービス精神大旺盛な、いつものおにいさまたちが・・・。かお

 

 

毎年こんな感じだから、普通の写真が撮れません。笑

 

二日間にわたる市内巡幸、ほんとうに、おつかれさまでした。笑顔音譜

 

自分にも、おつかれさまのご褒美を。

糖分補給に、日本酒を一杯。お酒

 

ひさしぶりに 『北の勝 大海』 登場です。ジャーン

 

 

今年も、お祭りを楽しめたことに感謝して一献。

 

神様、ありがとう。?

 

 

 

AD

会話の途中で、とある固有名詞が出てこなくて、アレ、ソレ、ホレ、なんだっけ?の連発で、思い出そうにも出てこない時があり、相手にヒントを与えて、導き出そうにも、やっぱりだめで、あきらめて、話題を変えてその場を乗り切り、しばらくして、ふとした瞬間に急に思い出して、すっきりする。

というようなことが増えた、このごろ。  てれ(苦笑)

 

私の脳の活動速度は、旧型パソコンのようなもので、メモリがいっぱいになって、パフォーマンスはどんどん遅くなるだけ。さげ~

クリーンナップをしたつもりでも、大事なことが消えて、いらない記憶の断片が残ってしまうのは困りもの。

無用なゴミを掃き出さないと、新しいものが入ってこない。はきだせ、はきだせ・・ホウキ

記憶可能域を広げるべく、今日も、頭をデフラグだ。 はきだせ・・ 吐き出せゲロー

 

脳活アプリでメンテしながら、何か夢中になってできるようなものを探した。

その昔、花咲港の神童と言われた私(うそ) 短期集中詰め込み学習は得意だ。

しかし、燃えつきるのも人一倍早い。

 

ワインエキスパート試験勉強の時のように、ボルドー格付けシャトーや、ブルゴーニュの畑、イタリアDOCGやアメリカAVAを、日々お経のように唱えて丸暗記し、試飲は勘で突破し、一発合格を果たした奇跡の時代もあったが、あのころの脳は、今より、はるかに若かった。

今、同じ内容の試験を受けたら、落ちる自信バッチリだ。ちーん汗

 

暗記力試しに、とある試験に挑戦してみた。

 

短期集中完全独学の一発合格を狙って。ガッツ

 

 

受かった。キラ

 

エコ女なので、受験料・時間・エネルギーは無駄にしない。

 

ちなみに、この資格には、3級と2級しかなくて、1級がない。 

なんか中途半端だけど、とりあえず、肩書が一個増えたし、食改協議会2年生にして、少しハクがついた気分。えへ☆

 

 

先月に遡って、

7月の食改協議会例会の調理実習はこんなかんじだった。

 

ナイフ&フォークロールキャベツのマカロニサラダ  ナイフ&フォークとろろ昆布入り鶏つくね  ナイフ&フォークきゅうりのサラダ ヨーグルトドレッシング  ナイフ&フォークサバのチーズ焼き

 

土井善晴先生に、「才能なし!」と言われそうな盛り付けだな。あらら

 

 

8月の調理例会は、

ナイフ&フォーク 鮭と昆布のハンバーグ  ナイフ&フォーク キャロットライス  ナイフ&フォーク アスパラの白和え ナイフ&フォーク野菜たくさんのコンソメスープ

 

プラス

ナイフ&フォーク 栄養士さん特製の 野菜と豚肉のヘルシーロールが 参上。ガン見 おいし~

 

 

8月は、「食育の日」の調理  「骨粗鬆症検診日」の調理  9月には、「健康まつり」の怒涛の300食調理ハッと、食改のボランティア活動がつづく。

 

働きぶりが誰からも評価されない地味な活動だけど、少しは、みんなの役に立ってるのかな?

去年は、抗癌剤を打たれながら、意地と気力でがんばったっけ。あらら

なぜなのか、今年は、ぜんぜん気合が入らない。

燃えついたか。あはは・・・

 

 

自分を叱咤激励して、DHAをしっかり摂って、今日も頭に詰め込み作業。あせる

 

とりあえず、忘れてしまったイタリア語を取り戻すべく、語学学習でも。

(その前に日本語をちゃんと勉強しろって?)

 

 

いったい、私は、どこに向かっていくのでしょう。はにわ

 

 

 

 

AD

 

暦の上では、すでに「立秋」を迎えて、

まもなく、秋風が吹きそうな海っぺリのまちから、こんにちワ イン。シャンパンsei

 

筋力増強作戦に明け暮れた先週末、なんとか、湿布剤とおさらばできて、ビューティフル・マンデーを迎えましたとさ。おんぷおんぷおんぷ

 

花咲港では、出漁GOサインを待つさんま船が、集魚灯をチカチカさせて試運転中なり。キラ「やっほー!」と言えば、岸の向こうで誰かが手を振ってくれそうなくらいに、めずらしく視界クリアな良いお天気ですこと。ラブラブ

極東の過疎集落が、一年のうちで、最も、絵になる季節でございます。

 

 

わが家の庭も、それらしく、絵になってまいりました。?

 

去年、家のそばに移植された木が開花。flower1flower1flower1

白とピンクのグラデーションがきれいで、見飽きません。

 

 

庭は、ローズが終盤を迎えたと同時に、かわいい系の花が満開中。M2

 

ピンクは、幸福感と安らぎを与えてくれる色だそうで、眺めていると、柄にもなく、乙女チックなスイート気分?になっちゃいます。sei

 

 

白・濃い桃・赤紫、大好きな色で、コラ~ジュってみた。ラブラブ

 

 

 

ランチは、「ホッカイシマエビ」と「キャベツ」を使った冷製スパゲティ。sei いただきまーす。

 

 

”パスタ水浸し術”と、作っておいた具材を和えるだけのラクラク時短料理です。

キャベツは、食べる胃薬。 胃袋くん音譜

免疫力を高めてくれるアブラナ科の野菜なので、毎日、積極的に摂りつづけたい食材です。 

 

パスタの相棒には、ブドウ系のお酒。白ワイン

 

ちかごろ、スーパーの酒売り場で、やたらと目につく”酸化防止剤無添加”ワイン。 

試しに、サントリー製の一升ボックス 「酸化防止剤無添加のおいしいワイン。」 というものを買ってみた。 

”たっぷり” ”無添加” ”おいしい” ”すっきり爽やか” ”NEW” などの言葉を使って、購買意欲をそそるパッケージ。 つい、手が伸びてしまいました。笑

 

 

パッケージ裏には、「輸入ぶどう使用」と表記されており、原産国もブドウ品種も不明。

どこのブドウ液かわかりません。

 

ワインは醸造過程では、通常、微生物の発生を妨げるために、二酸化硫黄(亜硫酸塩)を添加して酸化を防ぐ。 中には、保存料としてアスコルビン酸だったり、ソルビン酸までも入れるメーカーもあるようだけど、これには、香料・甘味料・タンニンなどの添加物すら入っていないようす。(表示がない)

となると、いったいどんなスゴ技を用いているのだろう。不思議

 

しかも、このサイズで、なんと、800円台?という低価格を実現しており、私がいつも買っている紙パックの日本酒より安い。汗

お世辞にも、決して「おいしい」とは思えないけれど、こぼしても惜しくないアウトドア用、料理酒、ヤケ酒、マウスウォッシュ???としての利用価値はある。ひらめき電球

 

ワインを知らない入門者や初心者に、「ワインって、こういう味が”おいしい”んだ」という印象を持たれてしまう危険性がないだろうか?と、ちょっと心配になるけど。 余計なお世話か。汗

 

ラベルに、「おいしい」と堂々とパッケージに表記しているのは、サントリーだけではなく、メルシャン謹製アサヒ産も同様。

現物を買って味見する気力がなかったので、絵だけ拝借。

 

いくら二酸化硫黄ゼロのワインでも、もし、原材料の輸入ブドウ液が農薬まみれだったらイヤだなぁ。と思う。てれ(苦笑)

 

そこで、こういうものも、飲んでみた。

サッポロビール製の有機ブドウ仕様の酸化防止剤無添加ワイン。↓

ペットボトルタイプ 720mlで、700円台を推移している低価格食卓ワイン。

 

 

”ポリフェノールたっぷり” ”有機プレミアム”などと、健康志向の人に訴えるようなパッケージが眼を引きます。

香りや味わいを楽しむ嗜好性のあるワインではなく、アンチエイジングを狙うお年寄りや女性にウケそうな飲物。 

私的には、決して、リピートしたい味ではありません。汗

ちなみに、ほんのり渋みがあるので、肉を食べた後のマウスウオッシュには、ちょうどよかったです。てへえへ☆

 

ちなみに、”ポリフェノールたっぷり”とあるけれど、含有量は平均値。 

ウエルチぶどうと同じようなもんです。 ポリフェノールなら、チョコレートやココアの方が桁違いに摂取できるのでお間違いなく。

 

通常、有機栽培ぶどう使用、酸化防止剤無添加のビオワインは、ブドウ栽培や酵母に手間やコストがかかるので、低価格ではなかなか見当たりません。

サッポロビールが、有機の無添加ワインを三桁価格で実現したのは、すごいこと。不思議 

どんなテクを使ってるんだろう?

 

この類のワインは、焼酎レベルの低価格で、紙パックだったりペットボトルだったり、扱いやすさもさることながら、喉が渇いた時に、キンキンに冷やして、がぶがぶと飲めるところが何よりの魅力でしょう。 

ワインを味わうというよりは、ただ、酔いたいために飲むものとして、もってこいです。

 

ただし、酸化防止剤が入っていない分、品質がどんどん劣化するので、日持ちはしません。

 

開けたら飲み切るか、残りは、料理酒に、もしくは、酢の替りににするつもりでネ。じゅる・・

 

 

 

 

 

”寝ヨガ”のおかげか、カモミールティーをがぶ飲みしたせいか、ぐっすり眠れて、凹みが少し埋まって、気分爽快。

体が楽になると、心も軽くなる。↑

 

朝の庭で、マイナスイオン?を浴びて、深呼吸。ダハスーハースーハー

つる薔薇が、わんさか開花してるけど、全然、香りがしない品種。

これで、匂いつきだったら、むせかえってるだろうな。笑

 

白コーナー   

 

 

赤コーナー 

 

 

薔薇を眺めながら、チャーミング系のワインなど飲みたいところだけど、次のプレミアムサタデーまで、おあずけ。

 

代りに、ブラック・マルベリー(桑の実)ジュースをオープン。 ミルキーちゃんの差し入れサンキュ

体にやさしいオーガニック、果汁100%ストレート。 

アントシアニンが豊富そう。らぶ1

 

軽食には 「アララ」のミューズリー  ジェイク氏の差し入れサンキュ

 

 

ミューズリーは、押麦、ドライフルーツ、ナッツが入ったシリアルの一種で、ふやかして粥状にして食べるもの。

国産のグラノーラみたく砂糖が入っていないから、ダイエット食にいいかも。

私は、コーンフレークに牛乳まぜて食べるアメリカ式の朝食は苦手だけど、これなら、豆乳やヨーグト、蜂蜜やシロップ類ともあうので、蕎麦丼に一杯いけそうかな。えへへ

 

 

この”桑の実ジュース”、なんとも形容しがたい色だけど、かなり、おいしい。うは

ものすごくフルーティで超濃厚な、脱アルコールワインを飲んでるかのような。?  

ミューズリーとの組み合わせが、絶妙にいいかんじの軽食でした。ぐぅ~。

 

う~ん、ヘルスィ~。笑顔