静かなる軽蔑

テーマ:
フランスでのテロは可成り衝撃的でした。
ISの無差別テロは単に人を殺すのが目的に思えます。
イスラム教の教義にも反しているのが明白ですが、洗脳されたとしか思えない行動。

先日、この事をある政党が街頭演説、「このテロが行なわれた」と言っているのに驚きました。
正当な行事の様な言い方に違和感がありました。
街頭演説が好きな彼の政党です。
京都では既に市長選挙の候補者名まで叫ぶ事前運動の名家。


このテロに対して世界は断固たる対決を表明しています。
しかし、このテロリストは世界が騒げば騒ぐ程強烈な達成感を抱くのです。
フランス人でかつて誘拐されたジャーナリストがテロリスト達の実態を明らかにしました。
それに寄ると彼らは狂信的ながら幼稚で単純だとか。
最も畏れるのは彼らの戦いが「聖戦」ではないと認識する事。
最も辛いのは「静かなる軽蔑」だとか。

事がここまで来れば静かなる軽蔑だけで済まない事は分かっていますが、対決を力強く表明すればする程彼らが強くなるのも事実。
この矛盾に世界がどう対処するのか。
解決の道筋は全く闇の中です。

テロと言っても種類があります。
ケネディの暗殺や安重根の伊藤博文の暗殺の様に個人を狙ったものと不特定多数の無関係の人を狙ったものとに分けられると思います。

人間には潜在意識にサディズムやマゾヒズムが潜んでいると言われています。
漁をして満足感を得るのはサディズム、マラソンなど身体の限界に挑むのはマゾヒズムの達成感という人も。
その潜在意識のサディズムが増幅して異常を来したのが無差別テロと言う訳。
貧困や差別が引き金になったとは言え、聖戦というお墨付きがその異常さを封印したと思われます。

個人の暗殺には已むに已まれない動機に一抹の理解すべき点も無いとは言えません。
ケネディの暗殺は闇に包まれていますが、伊藤博文の暗殺は思い違いという偶然的なものでもあります。
反日の英雄視されている安重根ですが、日韓併合を進めたくなかった伊藤博文を暗殺したのは彼の勘違いの思い込み。
彼は明治天皇や日本政府がアジアを西洋支配から立ち上がるべく後押ししている事に賛意や感謝の言葉を述べています。
理性的な彼なら本当はこの暗殺は有り得なかった。

テロ、殺意の目覚めはどうして起こり得るのでしょうか。
AD

騒がしくなってきました

テーマ:
安保法案の可決や増えてきた噴火や水害に日本の基盤が自然の猛威と共に我々を揺るがしています。

東北の大震災の後、日本列島は地盤の変動期に入ったとの研究者の言葉。

水害は間違いなく地球温暖化がもたらしたものだとか。

自然の猛威はまだまだこれからだと覚悟しておくべきです。


安保法案は回りの国々の状況を考えると正しいかに見えます。

自衛権と集団的自衛権は憲法以前に国家として保持しているものではありますが。

憲法は国の在り方を示したもので、国民ではなく専ら司政者をしばる法律です。

現憲法が発布されたのは敗戦後の占領下で、日本人に主権が無かった時。

日本を丸裸にしておきたかった米国が憲法草案に自衛権の存在など項目に並べる筈がありません。

憲法を何回読み直しても自衛隊は違憲と考えられます。

しかし、交戦権のない国家は存在しません。

自衛権はその一部と言って良いのかも。

国家とはその土地、歴史、国民を統合したもの。

そのどれかを侵奪されれば奪い返さなければなりません。

その為に出来たのが憲法には明記の無い自衛隊です。

明記の無い自衛権、集団的自衛権をその時の内閣が勝手に解釈して法制化してしまうのが問題だと考えます。

憲法に自衛権、集団的自衛権を明記した上で、文民統治や侵略的戦争否定の縛りを厳重にする事も併記しなければなりません。

しかし、我国には最も大切な要素である、国民の政治に対する信頼が殆どありません。

国民皆兵のスイスや北欧の様な「お上」に対する信頼。

今回の安保法案の成立に寄って、反対や仕方ないけど認めるという程度の信頼度は本来しなければならない憲法改正を不可能にしました。

憲法改正を叫んで誰が呼応するでしょうか。

残念乍ら我国には「棄民」という伝統があります。

国民を保護する積極性は欠けています。

国の捨て石になるという国民性も影響しているとは言え、日本国民はうすうす感じているのです。

拉致された国民は奪い返さなければなりませんが、政府にはその考えも無く、不平和憲法も縛りに。



政治は無知な国民を説得しなければなりません。

先の大戦は新聞報道にも煽られた国民に可成りの責任があります。


日本国民は信頼出来る為政者を育てる必要があります。
どうすれば良いのでしょう?
AD

小保方さん頑張れ!!

テーマ:
小保方さんに非難が集中しています。

誰も、そして本人さえ期待していなかった事が凄い発見をねつ造とされた原因であると思われます。
確かにルーズではあったに違いありません。
詳しい日付迄書いていなかったレポートには信用性が無いのは研究者としては当り前の話。
それは非難に値するとは思います。
しかし、結果は結果。
凄い発見に違いないと思います。
誰もそんな細胞が出てくるとは思っていなかったからこそ、手抜きの書類になったのだと思います。
共同研究者もそんな初歩の間違いを指摘出来なかったのは小保方さんと同罪です。

日本では失敗するとその人の人生は終わります。
しかし、欧米ではやり直す事を奨励しているかの様に、失敗者を応援する気概があります。
小保方さんにも温かい目でもう一度確かな実験で事実を証明してもらいたいものです。

頑張って小保方さん!!
AD

インフレの始まりか

テーマ:
お久しぶりの更新です。
前回文句を言っていたパソコンは結局没、インテルアイマックに。
バグがあって時々活動停止になりますが、全体にスムースに動いています。
何より立ち上がりの早さは驚異的、20秒程度だと思われます。
同じ頃の製品である、工房の24インチアイマックは2分程掛かるのに。
その上静か、熱も上がらず安心して使えます。

アベノミクスのインフレ化の影響を着物業界はまともに受けている様です。
何せ、生糸の価格が一昨年に倍に高騰、その後円安で強烈な値上げ圧力があったにも拘らずその上昇は押さえられていたから内部圧力は相当に高まってしまっていました。

生糸一キロの価格は三千円でした。
それが倍の六千円に。
大体反物一反に一キロの生糸を使います。
練りで不純物を洗い落とすと七百g強となります。
つまり、一反三千円の原価アップでした。
本来なら原価は掛け率として計算されるので、値上げの基本的な価格はそれだけで五千円を超える筈でしたが生糸の原価の転嫁のみ。

その上に強烈な円安。
耐えに耐えていた価格改定圧力がここに来て爆発したかの様になってきました。
毎月の様に価格改定。
白生地は昔から先物受注を受け機屋が安定操業していたのです。
しかし、生糸の相場が値上がり一方になった現在、先物で受注する体制は根底から破壊された様です。
値上がりを受けられない問屋には納品しない機屋さんが続出。
しかし、反対に廃業する機屋さんも続出する始末。

今迄普通に手に入っていた生地が手に入らない可能性が増大している様です。

現在の価格なら日本で蚕を生育してもペイするのではと言われ始めています。
しかし、桑の栽培から始めないといけない養蚕は手間ひまの強烈にかかる農作業、もう一度やって欲しいと言ってもやる人が居るでしょうか?

摩訶不思議なパソコン

テーマ:
先日自宅で使っているパソコンがダウンしました。
使っているパソコンはマック、G5というPower Macの最終版。
工房と自宅で使っているパソコンはG3からG5まで三台とインテルのアイマック一台。
全てアップル製品です。

マックが好きでもアップル社はユーザーに不親切、前から感じていましたが。
故障したG5でも殆ど全てにバージョンアップ出来ない置き去り状態になっています。
高かったんですよ、マックは。
最初に買った7500はスキャナーやソフトを合わせると百万近く掛かりました。
G5でも今時のアイマックなど傍に寄れない程。

これが三回目の故障。
今迄あまり上手くない様に思えたのでネットから修理屋さんを捜す事にしたのですが、マックと聞いて新品の購入を勧めたり拒否する所が殆どでした。
その中で自分の所では出来ないけれど、マックなら腕の良い所を紹介しますと言われて行ったのが「ボビー」

マックの症状は電源を入れても立ち上がらず、暫くすると冷却ファンが凄く廻りだすというもの。
何回やっても同じ事でした。
ところが、ボビーに持っていくと机の上で電源を入れると何もしていないのにスッと立ち上がりました。
「直す所はありません」と。
G5はPower Macの極限製品で限界すれすれの一番壊れ易いパソコンだとか。
もの凄く神経質な様です。

持って帰り電源を入れると以前と同じ様に立ち上がりません。
何回やっても。

それでボビーの机の上でやっていた様に、縦型の大きな図体のG5を横に寝かせて立ち上げてみました。
すると不思議な事に立ち上がるではありませんか。
再度元の様に本体を立て、起動した所キッチリ立ち上がってくれました。
おねんねさせると立ち上がる摩訶不思議なパソコンです。

と言う訳でこのブログも再生なったパソコンで書いています。
いずれにしても、インテルのアイマックに交換しなくてはならないようです。