スイミングスクール

テーマ:

先月からスタートしたスイミングスクール、今のところ皆勤です(といってもまだ4回だけどね)。


いつも行っている会員制のプレイルーム「FamilyBox」にあるプールなんだけど、本当にキレイです。



ジェイソン(勝手につけた英語名。でも、絶対ジェイソンって名前が似合うよあの人)いわく、オリンピックの水泳会場になったウォーターキューブと同じ基準で、ミネラルウォーター以上の清潔さを保っているのだとか。1時間ごとに浄化し、水泳に適した温度に調節してあり、さらに、子供の恐怖心を和らげるような設計が施されているのだとか。


恐怖心を和らげる云々は私にはよくわからないけど、水質はとっても重要。


だって、絶対飲んじゃうもんね。



私も小学生の頃はプール大好きっ子で、夏休みの学校のプールは欠かさず行ってたし、それでも足りず市民プールにも通いつめたけど、いっつも幼児用の浅いプールは生ぬるくて、みんな「ちっちゃい子はあの中でおしっこしてるんだよ」って言ってた。


だから、自分ならともかく、子供を衛生基準を満たしてないプールの水の中に顔をつけるなんてこと、私にはできない!と思ってた。ちょっと大げさだけど。


で、ここではオムツの外れてない子は水遊び用のオムツが必須になっています。エマももちろんはいてます。アリエル柄のとってもキュートなやつ。


でもエマのクラスの子たちはもうみんなオムツが外れているらしく、そんなの穿いているのはエマだけ。ここでも中国の子供のオムツ外れの早さを感じます。



初日は「レッスン」という形式に慣れていないのか、言ってもわかんないし、押し付けられるのがイヤなエマは自分で遊びたくて、全然クラスに混じらなくてちょっと焦っちゃいました。


クラスメートの4人はもう何回かレッスンしているからとってもスムーズで、焦る私。焦る必要なんて全然ないのにね。


それでも、この1ヶ月のうちでエマの成長が目に見えたのが本当に嬉しい。泳ぐという原理的なものや、水の中でのバランス感覚、他のお友達をお手本にしてみる、などなど、1回目とは比べ物にならないほど成果を上げてくれているのが本当に嬉しいです。


でも一番嬉しいのは、エマが喜んでプールに入ってくれること。水に入ったエマは本当に「水を得た魚」状態。とっても気持ち良さそうにはしゃぎます。それが一番の喜び。ガラス越しにパパが見ていると、はりきっちゃいます。そんなところがカワイイわ~~~



今では、FamilyBox行った時にプールをながめては「バタバタね~(バタ足やったよね~)」と言っては早くプールに入りたそうにします。



ちなみに昨日は自分で水泳帽をかぶるほどの気合の入れよう。



そらにゃんのあしあと


早くプールに入りたいよぅ~!



ちなみに、レッスンは親も一緒に入りますが、諸事情でアイさんが付き添う場合もあります。諸事情、ね。

そういえば、私、諸事情のこと何も考えてなかったー。



レッスン後はシャワーなんだけど、うち以外全員、100%アイさんがシャワー室の入り口でタオル広げて待機しています。中には、子供はアイさんに任せて悠々とシャワータイムをエンジョイするママも。

たしかに自分がシャワーしながら子供も洗って、全身塗れたまま子供の体拭きつつ自分も着替えて、さらに子供の安全を保ってお茶飲ませて髪乾かして……なんて、結構大変。こんな時、アイさんいてくれたら楽だろうな~と思ったりもするけれど、アイさんがいたとしても、諸事情で代わりにレッスンに出てもらうのはちょっと抵抗があるなー。

AD

コメント(2)