世界経済フォーラム(ダボス会議)
今回のメイン、スリランカ首相との会談も無事終了。また下水汚泥から水素を取り出して水素カーに充填する世界初のプロジェクトや、九大箱崎跡地を中心にダボス会議と共に最高のスマートシティを創る「SMART EAST」など、現在進めている福岡市のプロジェクトに多くの世界の知見と投資を呼び込むため、4つのセッションでプレゼンの場を頂きました。
去年からのそうした流れの中で、モビリティ(簡単に言えば移動手段)のダボスの報告書では福岡市の水素ステーションが水素リーダー都市として掲載もされ、福岡市のプレゼンスも確実に上がっていることを実感します。
ダボスの気温はマイナス13度。でも沢山のインスピレーションを頂いたので、次の世代に持続可能で素晴らしい福岡を引き渡せるよう、ホットなうちに着実に実践に移します!

 

福岡市長高島宗一郎