不倫した妻と親権

テーマ:

離婚時、未成年の子どもがいる場合には


親権者を決めることになりますbaby*



たいてい妻の方が子育てに関与している割合が大きいため


妻が親権者となるケースが多くなりますが…


怒もし妻の方が不倫をして、それが原因で離婚に至った場合はどうなのか?

             
                ”ささ”の法律相談
夫の気持ちとしては


不倫をするような妻に子どもを預けることはできないプンプン


妻の不倫は子どもに対しての裏切り行為でもあり


親権争いにおいて、不利な要素として考慮されるべきはっ


と思われるでしょう



しかし現状としては…


 裁判不倫と親権は別問題とされています



不倫の有無には関係なく


子どもにとって何が一番良いのかが重視されます


特に問題がなければ、現状維持が好ましいとされ


主に子育てをしていたほうの親の方が


親権者として認められやすくなる傾向があります親子親子


不倫をしたから、親権者になるのは難しいビックリマークということにはならないのです



爆発ただし


 不倫していたことにより、子どもの養育がおろそかになっていた点々など


 不倫行為が、子どもの養育に悪影響を及ぼしていたような場合には


 不利な要素として考慮されます



ランキングに参加しています にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ 広島ブログ
                          日本ブログ村     広島ブログ

 

  笹川司法書士・行政書士事務所

         当事務所運営サイト


相続・遺言相談所 ///借金・債務整理相談所   離婚相談所
 

”ささ”の法律相談 //////////”ささ”の法律相談 //////////”ささ”の法律相談

AD