ひらめき電球父親・母親のどちらを親権者に選ぶか


その選定の基準は


父親・母親の生活環境だけでなく


子どもの側の事情天使も重要になります

        
     ”ささ”の法律相談

クマ年齢


   ・10歳未満 生活全般で母親が世話をする事が多いため

                      母親が有利と判断されることが多いです


   ・10~15歳 子どもの発育状況によっては、子供の意思が尊重されます


   ・15~20歳 子どもの意思を尊重します


   ・20歳以上 親権者を決める必要はありません


クマ性別



クマ心身の発育状況


 

クマ兄弟姉妹との関係


 基本的には、兄弟姉妹は離れ離れにするべきではないとされます

 子どもがみんな小さい場合は、原則、一方の親が全員の親権者となり


 子どもがある程度の年齢に達していれば、子供の意志を尊重して考慮されます



クマこれまでの環境への適応状況・環境の変化への適応性

 現在の環境に問題がなければ現状維持が好ましい


 とされる傾向があります



クマ子どもの意向


 家庭裁判所では、15歳以上の子供に対しては

 

 必ず子ども本人の意思を聞かなければならないことになっています


 15歳未満であっても、子どもの発育状況によっては


 子ども意志を尊重したうえで判断されます



クマ父母・親族との情緒的な結びつき


など…



ランキングに参加しています にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ 広島ブログ
                          日本ブログ村     広島ブログ

 

  笹川司法書士・行政書士事務所

         当事務所運営サイト


相続・遺言相談所 ///借金・債務整理相談所   離婚相談所
  

”ささ”の法律相談 //////////”ささ”の法律相談 //////////”ささ”の法律相談

AD