住宅購入時の親からの資金援助

テーマ:

住宅購入資金(新築・取得・増改築)家として


両親や祖父母(=直系尊属)から贈与を受けた場合


宝石ブルー住宅取得等資金の非課税制度


宝石ブルー相続時精算課税制度


という贈与税の特例制度の適用を受けることができます


”ささ”の法律相談


サーチ『住宅取得等資金の非課税特例』


右矢印住宅取得資金のうち一定金額まで非課税で贈与できるというもの


非課税で贈与を受けられる限度額は


平成25年では 省エネ・耐震対応住宅の場合 1200万円

一般住宅の場合は 700万円


平成26年には 省エネ・耐震対応住宅の場合 1000万円

一般住宅の場合 500万円


サーチ『相続時精算課税制度』


右矢印65歳以上の親から20歳以上の子への生前贈与を2,500万円まで非課税とするというもの


☆贈与の額が非課税枠を超えた場合は、一律20%の税率で課税されます


その贈与税は相続時に相続税額から差し引かれ、


相続税額が少ない場合は差額が還付されます


※平成26年12月31日までは65歳未満の親からの贈与も対象


※平成27年1月からは贈与者の年齢が60歳以下に引き下げられ

贈与を受ける側に、20歳以上の孫が加わります



リンゴ住宅取得等資金の非課税制度と相続時精算課税制度は


併用することができますOK


ただし


相続時精算課税制度を利用した場合、贈与税の基礎控除(110万円)の利用はできません



それぞれの制度には


色々な適用条件があるので確認を!!




ランキングに参加しています にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ 広島ブログ
日本ブログ村 広島ブログ


笹川司法書士・行政書士事務所

当事務所運営サイト


相続・遺言相談所 ///借金・債務整理相談所 離婚相談所

”ささ”の法律相談 //////////”ささ”の法律相談 //////////”ささ”の法律相談

AD