借金が原因で離婚となる爆弾ケースも多くあります


”ささ”の法律相談

借金は、法定離婚原因には該当しませんが


※法定離婚原因…民法により、離婚原因として認められているもの


ねこへび日常生活に支障をきたすほどの多額の借金がある


ねこへびギャンブルにのめりこんで多額の借金を抱えている


ねこへび浪費癖により、多額の借金がある


といった場合には


”婚姻を継続しがたい重大な事由”


として離婚が認められます



晴れそこで…問題になるのは


『離婚した場合に、夫(妻)がしていた借金について


妻(夫)も責任を負うことになるのか』


ということです


これは、借金の使用目的によって違ってきます


がま口財布日常生活を維持するための借金であった場合


これは、日常家事債務と言って、


夫婦どちらか一方が借りた場合でも


夫婦の連帯して責任を負うことになっており


夫婦共に支払義務があります


離婚しても、その責任はなくなりませんビックリマーク


一方


がま口財布日常生活に関係のない借金については


借りた本人の責任となり


夫婦であったとしても、支払い義務はありませんビックリマーク


キラキラただし


連帯保証人になっていた場合は


離婚しても、連帯保証人を外れることはできませんショック!




ランキングに参加しています にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ 広島ブログ
日本ブログ村 広島ブログ


笹川司法書士・行政書士事務所

当事務所運営サイト


相続・遺言相談所 ///借金・債務整理相談所 離婚相談所
 

”ささ”の法律相談 //////////”ささ”の法律相談 //////////”ささ”の法律相談

AD