離婚するとき


マイホームを売却したい


という方も多くいらっしゃいます


!!


住宅ローンが残っている場合は


夫婦の判断だけで売却することはできませんパー


ローンを組んでいる金融機関の許可が必要です



まずは、金融機関に相談することになりますが


そこででてくるのが、”任意売却”という方法です


本任意売却 売却後も住宅ローンが残ってしまう不動産を


金融機関との合意に基づいて売却すること


”ささ”の法律相談

銀行は


融資の担保として、購入した不動産に抵当権を設定しています


不動産を売却するには


まず、王冠1その抵当権を解除してもらわなくてはいけません


そのためには


住宅ローンの残りを全額返済することが原則となりますが


アップ 売却価格が住宅ローン残高を上回っている


アップ または、売却後、ローンが残っても、それを一括で支払える


といった場合は問題ありませんが


ダウン売却代金がローン残高を下回り


その残ったローンを一括で支払うことができない場合


住宅ローン全額返済はできませんしょぼん


そうなると


売却するには


目ローンを残したままで抵当権を解除してもらう必要があります



しかし…


”銀行がそんなことをしてくれるのか?”



銀行は、ローン返済が滞ると、競売にかけることになりますが


任意売却は


チューリップ赤競売よりも多くのお金を回収できる


チューリップ赤競売よりも早くお金を回収できる


チューリップ赤競売ほど手間がかからない


といった、金融機関にとってもメリットがあるので


合格話し合いによっては、抵当権を解除してくれます


その後

一般市場にて売却活動することになります



パンダ☆注意☆パンダ


売却後…住宅ローンの残債務がなくなるわけではありません


残債務について、今後どのように支払っていくか


夫婦でしっかり話し合わなくてはいけません



ランキングに参加しています にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ 広島ブログ
日本ブログ村 広島ブログ


笹川司法書士・行政書士事務所

当事務所運営サイト


相続・遺言相談所 ///借金・債務整理相談所 離婚相談所
 

”ささ”の法律相談 //////////”ささ”の法律相談 //////////”ささ”の法律相談

AD