離婚歴と戸籍

テーマ:


”ささ”の法律相談 『離婚歴と戸籍』



離婚すると、離婚した事実が戸籍に記載されます。



男性男の子→離婚すると配偶者は除籍され、名前の上に大きな×印が記載されます。


名前は消されず、誰といつ結婚したという記録が残ります。



女性女の子→婚姻前の戸籍(両親の戸籍)に戻った場合


結婚して、戸籍から抜けたとき、名前の上に×印がつけられています。


その×印の記録はそのまま残り、戸籍の末尾に新たに名前が追加されます。


~離婚歴が消えるはてなマーク


転籍をすると、離婚した事実は新しい戸籍には記載されなくなります。

転籍とは…戸籍の本籍を移転すること

転籍により、現在の本籍地以外の市区町村に本籍地を移転すると


離婚した事実は新しい戸籍には記載されません。




しかし!!


転籍前の戸籍は、除籍となって保存されます。


この除籍謄本を見れば、離婚した事実は記載されています。

離婚した事実を、完全に消すことはできませんわんわん




ランキングに参加しています にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ 広島ブログ
日本ブログ村 広島ブログ


笹川司法書士・行政書士事務所

当事務所運営サイト


相続・遺言相談所 ///借金・債務整理相談所 ////離婚相談所
”ささ”の法律相談 //////////”ささ”の法律相談 //////////”ささ”の法律相談



AD