2010-09-09

iPhone OSアップデートで1604エラーがでた際の修理方法

テーマ:ブログ
iOSのアップデートで1604エラーが出て、
復元の必要があります、と表示された場合のハナシ。

原因は全然わからないんですが、
とにかくiPhoneのOSアップデートをしようとすると”1604エラー”というのが出てかんぜんに壊れる。ムカつきますね。ムカつく僕はiPhoneを叩いたりゴキゲンをとったりするけど、機械はこれでは治らない。

壊れたままだとムカつくし、なにより困ります。

ですから、itunesを開いてiPhoneを出荷状態に復元することになる。
不親切だけど仕方ない。ルールです。

ところがその復元でも”1604エラー”が表示されて
復元できない。
バッキャロー!!!!!!!!!!!


で、復元する方法
がありました

1,iPhoneの画面表示は、コネクタとitunesの絵。これをitunesに繋ぐ

2,iPhoneが認識されるので(されない場合はPCを再起動)復元しようとする。しばらくするとitunesが「1604エラーでお前のiPhoneはご臨終だ、そいえばスティーブ・ジョブズは元気です」といったメッセージがでる。このとき、iPhoneの画面表示は真っ黒です。


--ここで諦めてはいけないです。急いては事を仕損じる。昔の人は「待つ」というのを行為としていたそうです。えらいですね。


3,itunesを一度落として再起動する。


4,もう一度itunesがiPhoneを認識するので、さっきと同じく復元へ。


5,アップルマークがiPhoneに表示され、復元可能。


といった手順になります。

コネクタ表示状態を解除する為に、一度iPhoneを1604エラーにぶつけて、ブラックアウト状態にして、再度アタック、といった感じです。

ちなみにデータはitunesのバックアップから復元できるので、

すべて残っていました。

一応、同じエラーに遭われた方の為に残しときます。

バッキャロー心配になったろうが!!!!!
俺の人生に冷や汗のワンシーンをアリガトージョージマーッス!!!

同じテーマ 「ブログ」 の記事
PR

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

[PR]気になるキーワード