スタジオサークル BLOG 徳島の出張専門・親子写真スタジオ オフィシャルブログ

出張専門で親子の記念写真を撮影してくれる徳島のフォトスタジオ・スタジオサークルの日記的ブログ。スタジオサークルのカメラマンが、撮影のことや、写真のことを、いろいろとつづります。


テーマ:

2017年もがっつりやるで〜!
本日のブログは、毎年おなじみ夏のスペシャル撮影会のご案内です☆


8/12(土)・13(日)・14(月)・15(火)の4日間、
徳島市籠屋町アーケードにある子育てサロン・
商店街 子育てほっとスペース・すきっぷさん周辺にて、
親子の無料撮影会

in 阿波踊りDAすきっぷ2017
を開催させていただきます~♬

画像をクリックすると大きく見えます

 

 

ぞめきのリズムと押し寄せる人並み。ここは地上の楽園か、はたまたダンスのサンクチュアリか

 

商店街 子育てほっとスペース すきっぷ

徳島市籠屋町1丁目14

088-626-5454

9:00~16:00

利用無料

休館:水曜、第2、第4土曜、第1、第3日曜、祝日(変更する場合あり)
この施設は、徳島市から委託を受けて「NPO法人 子育て支援ネットワークとくしま」が運営しています。


子育て支援ネットワークとくしま Web
http://www.knet-tokushima.jp

Facebookページ
https://www.facebook.com/knet.tokushima


Google mapで見る
https://goo.gl/maps/UOSFL

 

 


 

 


毎年恒例、今年で6回目となる”親子の無料撮影会in阿波踊り”。
籠屋町アーケード内の阿波踊りムードを背景に親子の笑顔を写してもらえる、
4日間限定の超スペシャル撮影会です!!!

おかげさまで今年も盛大に開催させていただきますよ〜♫

 

ド  ン  ッ
 

開催は17:00-20:00ごろの予定で、
参加無料!
予約不要!!
各日先着30組
くらい限定!!!
写真は特設ページに掲載、

スマホで保存やシェアし放題!!!!!


撮影させていただいた写真は、
特設Webページに掲載させていただきます☆
スマホやPCから見ることることができるので、
自由に写真をダウンロードして保存可能です^o^
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スタジオサークルの親子撮影会は、参加無料&予約不要です!
すきっぷの森「もっく」さんの前に受付ブースを構えておりますので、
カメラマンやスタッフへお気軽にお声がけくださいね^o^

 

保育士フォトグラファー・松久保氏(まっちゃん)とタッグを組んでの真剣マッチ。激しい火花を散らす男と男の真剣勝負

 

もっく前の特設ブースにてご用命ください。お子さんのお名前を書いてもらうだけの簡単シンプルな受付です

 

ヒジョーにまったりとしたムードで開催しております。のんびりとおこしやす

 



ちなみに阿波踊り期間中(8/12~15)のすきっぷさんは、
17時から21時30分までのナイトオープン!!
(初日は15時からオープン!!!)

夜遅くまで利用できるので、家族みんなでお出かけができますよ☆

 

ファミリーのための身体と心の安息所。阿波踊り散策のための必須補給ポイント


赤ちゃんやお子さんと歩き疲れたら、
すきっぷさんの涼し~いサロン内でゆっくり休憩できます。
もちろん、授乳やおむつ交換などもできますので、
ご家族でお出かけの際の、イザという時の心強いスポットですね☆
ご利用の際には、お名前を書いて受付をしてくださいね^^
 

期間中はたくさんの家族連れの皆さんが出入りします。利用の際は受付でお名前を書いてね

 

 

冷え冷えの空間で火照った身体をクーリング。オムツ替えや授乳もできまっせ

 

泣く子も黙る、すきっぷ伝統の100円かき氷。創業以来のロープライスで絶大なる人気を誇る珠玉のメニューです

 

食べきりサイズのお手ごろ感が魅力。シャリシャリの食感をひとくち頬張れば、旨味と快感が全身を駆け巡る

 

その他の縁日コーナーも多数。おめんやくじ引きなど、ちびっこたちを誘惑するさまざまなブースがございます

 

すきっぷ屈指の売り子軍団。麗しのメンバーが揃ってます

 

すきっぷさんの前は、さまざまな連がひっきりなしに踊り抜けていきます♫
目の前で迫力の演舞をたっぷり堪能することができるんですよ〜☆

 

2拍子のビッグ・ウェーブ。足の踏み場もないほどの大名行列が押し寄せる

 

 

ちなみに7月の毎週火・金の15:30~16:00にはすきっぷさんにて、
有名連「蜂須賀連」の長浜連長さんによる阿波おどりの練習が行われています☆

もちろん、初めての人も大歓迎~^o^
ベビちゃんを抱っこしながら踊りに参加されるママさんもたくさんです♫
お子さんといっしょに踊れる、とってもいいチャンスですね~!

 

超ベテランによる懇切丁寧な踊りトレーニング。踊る阿呆への第一歩を踏み出すのだ



そして阿波踊り本番・15日の夕方には、”すきっぷ連”として、
有名連である【蜂須賀連】の隊列に加わって、
すきっぷ前のアーケードへ踊りこむことができます☆

紺屋町〜籠屋町の入り口周辺からすきっぷの前まで数十メートルを、

みんなで踊りながら練り歩きましょう〜^o^

これがまた楽しくて大人気なんですよ!!

ちなみに、すきっぷ連の掛け声は、

『おぎゃっとさー、おぎゃっと、おぎゃっと!』ですよ♫

 

 

うさぎをモティーフにしたすきっぷ連の看板を目印に集合すべし
 
総代表・松崎理事長が先陣を切って踊りこみ。阿波のダンサーたちよ、後に続くのだ
 



※昨年度(2016年)のすきっぷさん周辺のようすは、以下のブログをぜひご覧ください!

8/12(初日)⇒

http://ameblo.jp/smzkjnic/entry-12189636026.html

8/13(2日目)

http://ameblo.jp/smzkjnic/entry-12189822864.html

 

8/14(3日目)

http://ameblo.jp/smzkjnic/entry-12190124729.html

8/15(最終日)

 

http://ameblo.jp/smzkjnic/entry-12190746671.html

 


さぁ2017年、徳島の夏のはじまりです。

というワケで、今年も皆様のご参加、楽しみにお待ちしております^^


画像をクリックすると大きく見えます



◎◎◎親子の無料撮影会 in 阿波踊り2017◎◎◎

 

[日時]

8/12(土)、13(日)、14(月)、15(火)

17:00頃~20:00頃

 

[場所]

商店街 子育てほっとスペース すきっぷ 周辺にて
徳島市籠屋町1-14

Google mapで見る
https://goo.gl/maps/UOSFL


 

 

[定員]

各日先着30組くらい限定
※定員に達し次第受付終了といたします

 

[参加料]

¥0 無料

 

[写真について]

特設Webページで閲覧できます。

イベント当日に閲覧案内のチラシをお渡しいたします。

 

[参加方法]

事前申し込みは必要ありません。

当日直接会場にて受付をしてください。

 

[撮影について]

・撮影は基本的に受付順で、定員に達し次第受付終了といたします。

・1家族ずつ1回の撮影となります。

 

[その他]

イベントで撮影させていただいた写真は今後、
スタジオサークルのブログや販促物などに使用させていただく場合があります。

あらかじめご了承ください。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

すげーイイものを見つけてしまいました。

 

ほぼ日のティーテーブル(三脚を使います):ほぼ日刊イトイ新聞

http://www.1101.com/store/teatable/index.html

 

カメラ用の三脚に乗っけて使える、コンパクトなテーブルです。

パっと組み立てることができて、ササっと片付けができるという、なんとも便利な使い勝手が魅力的。

天板に1/4インチのネジ穴が切ってあるので、ほとんどの三脚を”脚”として使うことができます。

 

わたくしがなぜコレをなぜ欲しいかというと、

無料撮影会などイベントの受付時に名前を記入してもらう場所として、

手軽に使えそうだと思ったからです。

現在は無印良品の折りたたみテーブルを持ち運びしているのですが、

重いしデカいし運搬が大変。

長机などのテーブルをお借りできる会場であれば問題はないのですが、

何も設備が無い屋外で撮影会を実施することも多く、そんな場合にブース設置が大変なのです。

しかもほとんどいつも1人でイベント準備をするので、

各種機材の選定にはすこぶる気を使っています。

かといってテーブルをなくして受付ブースを無くしてしまうのも、

なんだか味気がないというかなんというか。

 

ちなみにこちらのほぼ日ティーテーブル、お値段なんと¥11,880〜。

ぐぬぬ、微妙にアッパーなプライス。

 

さてスタジオサークルでは、他にも欲しい機材やブツがたくさんあります。

 

 

・カラーコーン&チェーン&ウェイト

イベント時に行列整理を行うため。

パーティションポールをマジで購入しようと思ってましたが、

どう考えてもコーンの方が安くて持ち運びも簡単ですな。

10個くらいあれば、ある程度の行列に対応できそう。

 

 

・機材運搬用バッグ(カート?)

撮影会の準備はいつもほとんど1人で行うため、

荷物の積み下ろしや持ち運びが死ぬほど大変です。

車と会場が離れている場合なんか、マジで涙でちゃうよねオレ。

新藤大先生のブログで紹介されていたこういうローラーバッグを購入検討中。

ほんとは、スーパーやショッピングセンターなどのバックヤードで使われている、

こんなガチ中のガチの運搬パレットが欲しいんですけどね。車に乗らねえ。

 

 

・ひな段

ここ最近、集合写真を撮影する仕事が増えてきました。

20人くらいまでの人数であれば、現場の椅子や階段、

さらにはちょっとした段差などをフル活用して並んでもらうのですが、

さらに大人数の現場になると、にっちもさっちもいきません。

1セット(枠3+棚板10)くらいの備えがあれば、50〜60人クラスの現場まで対応できるのですが、

ひな段チョー高すぎワロタ。誰か持ってませんかね?

 

 

・パワーのあるストロボ

基本的に自然光での撮影をメインとしているのですが、

光が美しくない現場やここぞの場合には、ストロボでライティングを組みます。

現在のストロボはクリップオンのみなので、

長丁場の撮影や連写を求められるシーンにおいて、かなり役者不足な状態。

こども撮影では発光がほとんど追いつかないので、撮影にはかなりのテクニックを要します。

ジェネレータ型の大型ストロボが欲しいけれど、これまたチョー高杉ワロリン。

最近は大型リチウムバッテリー搭載のGodoxストロボが人気のようなので、ちょいと検討してみるべ。

 

 

・大型プリンタ

A1くらいまで対応のどでかいプリンターが欲しいですな。

イベント時の看板やポスターなどの各種サインは大きければ大きいほど目立ち、盛況感を演出できるから、とにかく大判の出力機があればすこぶる捗ります。

現在はA3ノビまでのプリンターしか持ち合わせておらず、

大きい看板などは複数枚のプリントを張り合わせてハンドメイドするという涙ぐましい努力でしのいでいる。

おかげで工作のスキルがずいぶんと向上しました。

 

 

飽くなき探究心、そして絶えることなき機材欲。

スタジオサークルは日々進化しつづけるのである。

 

 

 

さてさて本日は、

阿南市那賀川町にある子育て支援センター・おひさまひろばさんの、
7月お誕生会にお邪魔してきましたよ♬

 

バースデーキッズたちが一同に会する奇跡の集い。あなたは歴史の目撃者となる

 

時速60km/hで遠い水平線へ駆け抜ける。スピードを追い求めるのは男のサガである

 

キンキン太陽に焼かれる園庭。プールの水浴びで心頭滅却せよ

 

障がい者地域生活自立支援センター(ばんそうS&S)・花畑のパン屋さんが水曜日に来てくれます。毎回大人気で売切御免

 

 

7月予定表/クリックすると大きく見えます

 

おひさまひろば
阿南市那賀川町島尻753-1
0885-38-1163
9:00~16:00/土・日・祝日休
http://www.tokushima-hagukumi.net/map/chiikikosodate/chiikikosodate12/

Google Mapで地図を見る
https://goo.gl/maps/Jxi155eHcPR2

 

 

連日のすさまじい暑さで、まさしく夏・真っ盛り!

夏休みのホリデーシーズンが迫る中、本日は7月生まれのお誕生会が開催です^^

今回も元気いっぱいのお友達が大集合してくれましたよ〜♫

 

運命に選ばれしジュライ・チルドレン。一同、荘厳なるセレモニーに立ち向かう

 

親愛なるバディたちからのメッセージカード進呈式。愛と友情のしるしを確かめ合う

 

白熱の一問一答タイム。1年間の成長記録を総ざらえ、根掘り葉ほりの質問ぜめとなる

 

自らのマル秘奥義を惜しげも無く披露中。すさまじい音速で天空へと高く舞い上がる

 

イケてるキメポーズをご開帳。ジャニーズJr.への静かなる対抗心を燃やす

 

ママからのメッセージを受信中

 

 

続いてお誕生会の後は、おひさまの先生たちによるお楽しみタイム♫

スイーツを巡る”はんぶんこ”のお話、そしてその後は水族館へお宝探しへいきましょう〜!

 

珠玉のケーキを巡る空前絶後のストーリー。仁義なきスイーツバトルの火蓋が落とされた

 

「実に面白い」

 

女子力の高みを目指すには、スイーツの力が欠かせないわよね

 

甘味を狙う刺客たちが次々と現れる。最後に残ったのは、わずか1片のケーキであった

 

固唾を吞んでバトルロイヤルの行方を見守るオーディエンスたち。食べ物の恨みは怖いのだ

 

即席のおひさまプレート完成。動物たちによる見事なワンプレートセットが爆誕

 

 

夏季限定のおひさまアクアリウムがオープン。冷えっひえの水中空間でゴールデンアイテムをサルベージするのだ

 

さまざまな生き物たちが生息する未知の世界。水深3000mの世界は光さえ届かない暗黒の世界なり

 

鼻水も凍るマイナス30℃、ペンギンファミリーにとっては最高の環境です

 

いまだ人類に発見されていない深海生物も多数生息。まさしく命がけのトレジャーハントとなる

 

タコKB48の皆様

 

半透明の深海魚。キラキラと美しい紋様は人類の科学で解明できないメカニズム

 

大型の肉食生命体。人類などひとくちで丸呑みされてしまう超危険エリア

 

この地に足を踏み入れたて無事に帰還したものは、未だかつて存在しない。幸運を祈る

 

盛大なる帰還セレモニー。住民全員で勇気ある潜水士たちを讃える

 

そして伝説へ、、、

 

サムズアップのポーズで”いいね!”10万回連打

 

スタン・ハンセンに敬意を表して全身全霊の「ウィー!」

 

今月も大変賑やかで楽しいお誕生会のひとときとなりました~♫

寒い中ご参加いただいた皆様、そしておひさまひろばの先生方、

たいへんありがとうございました~☆

 


次回のお誕生会は
2017年8月23日(水)
開催ですよ~☆

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ここ最近は、人気アーティストのライブチケット転売問題が話題になることが多くなってきました。

一部の人がチケットを大量に買い占め、欲しい人に高額で転売して利益を得る、という流れに、

あらゆる関係者がイタチゴッコの消耗戦を展開しています。

この転売問題については、さまざまな角度・さまざまな立場から、

たくさんの意見や提案が出され、同時に実行されています。

 

たとえば、

 

・チケットを購入した本人以外は入場できないようにして転売不可にする

・チケット価格を大幅値上げすることによって本当に欲しい人にのみ売る

・ライブチケットの転売を規制する法律を整える

 

などなど。

ですが、そのどれもが本質的な問題解決には至っておりません。

そもそも、高額転売ということ自体が、

「資本主義社会の需要と供給のバランスにおける自然な取引だ」と見る人ももちろんいて、

一朝一夕にはクリアなベストアンサーを導き出すことが難しい問題でもあります。

 

さて、このライブチケット転売問題を、商売の原理原則に基づいて考えてみると、

最適な答えはあっという間に導き出されます。

 

それは、

 

  ・ライブの回数をもっと増やす

 

です。

 

ツアーを10本ではなく、50本にするのです。

1日に1回しか演らないのではなく、昼の部・夜の部で開催するのです。

すなわち単純に、商品(=ライブ開催)の供給量が少なすぎるのです。

動員数(=ライブ1回あたりの客数)を増やすのではありません。

 

 

なぜ、1日に1回だけしかパフォーマンスを演らないのでしょうか。

なぜ、各地域ごとの大型都市のみでしかライブを開催しないのでしょうか。

 

魅力ある商品の絶対数が少なければ、どんなに高額でも必ず手に入れたい人は存在します。

そしてその欲求に対して、適切な経済的力学が自然発生します。

商品の需要に対して適切な供給がなされれば、その価格はナチュラルにバランスします。

 

 

とまぁ、こんな小難しい話は置いときまして。

 

そもそもお客側の立場に立ってみると、大好きなアーティストのライブだったら、

 

 ・いつでも好きな時に

 ・納得のいくチケット価格で

 ・なるべくステージに近い距離感で

 ・アクセス便利な地元で

 

観たくありませんか?

 

 

「そんな頻繁にライブがあると、特別感がなくなる」

「何年かに1度のコンサートだからこそ楽しめるし、仕事も頑張れる」

 

自分が好きなコンテンツは、何度観ても、何度体験しても、イイものです。

アーティストのパフォーマンスで仕事や勉強を頑張れるパワーをもらえるのなら、

毎日でもライブ参戦できたほうが良くありませんか?

 

 

 

「アーティストの喉や体力が持たない」

 

何も、山下達郎やポール・マッカートニーのように休みなくぶっ通しで3時間半も演奏するなんてことはありません。

一流のアーティストであれば、40分や1時間などの短い尺でも観客を充分に楽しませることができるでしょう。

そもそも、一般社会における大多数の労働者は、

法定労働時間として8時間(もしくは36協定によりそれ以上の長時間)も全神経を集中させて、

与えられた自分の業務を全力で遂行しているわけです。

日常のルーティンワーク、瞬間的な判断、社内外における折衝、トラブル対応など、

そのバリエーションは将棋の盤面のごとく予測不可。

瞬間的な消費エネルギーに差はあれど、トータルで見れば使う体力に差はありません。

そういえばライブの時間はなぜ2時間前後と決まっているのでしょうかね。

 

 

 

「ステージや機材の準備が大変になる」

重厚長大な装備ではなく、軽薄短小なあしらいにすれば良いだけです。

電化スタイルではなく、アンプラグドにすればいいのです。

 

 

 

「会場のブッキングが困難」

ドデかいホールやアリーナではなく、

スケジュールの融通が効くコンパクトな場所で開催すれば良いだけです。

市民会館とか市立体育館とかはもちろんのこと、

そこそこの規模のカフェやレストラン、さらには結婚式場などなど、

日本全国津々浦々いくらでも場所はあります。

 

 

 

”キング・オブ・ブルース”B.B.キングは、

年間300本以上ものライブを何十年にも渡って続けていました。

 

”ファンクの帝王”ジェームス・ブラウンは、ステージ登場時に必ず

The Hardest Working Man in Show Business(ショウビジネス界一番の働き者)

と紹介されていました。

 

 

豊かな暮らし、豊かな人生とはなんでしょうか。

自分の好きなモノを、何不自由なく、買いやすい価格で、

好きなタイミングで手に入れたり体験できること。

これこそが、消費者にとって最も幸せで、最も当たり前な”サービス”ではないでしょうか。

 

音楽でも写真でもその他どんなジャンルの商売でも、

”一人でも多くの人に提供したい”という強い想いがなければ、

それは単なる個人的趣味にすぎない、と思っています。

 

すみませんねぇ、今日はこんな真面目な話で。

浦沢直樹の名作『MONSTER』を読了したばっかりで、

ちょっとシリアスモード全開中なぼくちゃんなのであった。

それでは最後にバランスを取るため、わたくしの好きなコピペを放出しますのでお楽しみください。

 

 

【数学の不可解なところランキング】

第5位:人数分用意されない飴

第4位:同時に自宅を出発しない兄弟

第3位:池を周回するだけの兄弟

第2位:水槽に水を注ぐ複数の蛇口

第1位:秒速1cmの速さで動く点P

 

 

 

さてさて本日は、吉野川市川島町にある子育て支援センター・
ちびっこドームさんの
7月&8月生まれお誕生会&
親子撮影会
行ってまいりましたよ~♬

※吉野川市在住の方が対象のイベントです☆

 

寄ってらっしゃい見てらっしゃいのエンターテイメントタイム。川島町が最もアツく燃え盛る1日

 

バースデーセレモニーの狼煙、月に一度の登場。その目に焼き付けるのだ

 

 

2017年7月の予定表/クリックすると大きく見えます

 

吉野川市子育て支援センター

ちびっこドーム

吉野川市川島こども園3階
088-625-6616
9:00~17:00/月〜土オープン

 

ホームページ
http://www.city.yoshinogawa.lg.jp/docs/2011060200017/


Google Mapで地図を見る

https://goo.gl/maps/JRWbtvwp17y

 

 

 

曇り空の1日となりましたが、相変わらず蒸し暑〜い日々は続きます!

夏本番ということで、下階の川島こども園さんの園庭ではプールイベントが行われていて、

キャッキャと元気のいい声が響いていました^^

こちら上階のちびっこドームさんでも、お誕生児のお友達が大集結☆

今月は7月&8月生まれのダブル開催ということで、ふだんよりもさらに賑やかなムードです!

ということで、さっそくお話グループ「み・る・く」さんたちによる、楽しいイベントの始まりですよ〜♫

 

パーティの立役者であり、エンターテイメントの権化。”み・る・く”さんなしではちびっこドームのイベントは語ることはできない

 

今月はうまうま夏カレーづくりにチャレンジ。クミンやコリアンダーなどのスパイスにこだわりぬいた絶品を作り上げる

 

ざわっ ざわっ

 

ある程度の食材がまとまったところで、某ハウス食品から極秘提供を受けたと言われるカレールーをドボン。全体の味を絶妙に引き締めるトップ・シークレットの特選素材

 

お腹と背中がくっつきそうな腹ペコキッズたち

 

仕上げには各種トッピングをば。自分好みのマイカレーを作り上げるべし

 

生の独立したスパイス群、そしてそのスパイス群が収まりよく調和するように整えるガラン・マサラ、そして肉の下味のチャック・マサラ。この至高のカレーの香り構造は三層になっているのだ

 

このカレーを作ったヤツは誰だぁ

 

「カレーは飲み物なのさ」

 

 

そして続いては、お誕生会の部がスタート♫

みんなでずらりと前にならんで、お名前・年齢・好きなものなどを

一組づつインタビューしていきます☆ 

最後に、ハッピーバースデーの歌をみんなで歌いながら、

先生から特製ブックを受け取りましょう〜^^

 

熱気ムンムン、足の踏み場もないほどのセンターステージ。主役たちがひしめき合うキラキラのど真ん中

 

尊敬する人物は石原裕次郎ですっ

 

ウ・ル・ト・ラ・ソ〜ウ!ヘイッ!

 

清く、正しく、美しく、3歳男児としての道を歩んでいきたいと思います

 

 

お誕生会が終わったあとは、1組ずつ親子の記念撮影会♫

今月もお誕生児さんたちのニコニコ笑顔をたくさんゲットしました〜^o^

 

喪黒福造の意志を継ぐ男、あらわる。「ココロのスキマ、お埋めします」ドーーーーーーン

 

”最初はグー”の限定ジャンケン・シスターズ。徹底したバランス理論で相手を疑心暗鬼の渦へとたたき込む

 

涼しげな甚平スタイルで夏休みを先取り。最高金賞のプレモルでかんぱーい

 

クリリンのことかーっ

 


今月も多くの方にお越しいただき、たいへん盛り上がりました☆
撮影会にご参加いただいた皆様、み・る・くさん、
そしてちびっこドームの先生方、たいへんありがとうございました~^^

次回のお誕生会は、
2017年9月22日(金)
ですよ~☆

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

わたくしはかつて格闘ゲームがけっこう好きで、

スト2や餓狼あたりはかなりハマってプレイしておりました。

 

こういう格ゲーは基本的にまずゲームセンターなどの業務用筐体版でリリースされ、

しばらくしてからスーパーファミコンなどの家庭用ハードで発売、という流れが一般的でした。

ゲーセンの業務用バージョンのことを”アーケード版(AC版)”というふうに呼び、

それを家庭用ハードでリリースすることを”移植”と表現していました。

 

で、昔の家庭用ゲーム機はめちゃくちゃスペックが低かったため、

業務用アーケード版をそっくりそのまま移植することはほぼ不可能。

当時の業務用ソフトの容量はだいたい100メガビット(=12MB)ですが、

スーファミのソフトの容量は最大でも48メガビット(=6MB)、半分しかなかったのです。

つまり、ゲーセンの人気ゲームを家庭用ゲーム機に移植して発売するためには、

ゲーム内の綺麗なグラフィックや繊細な音楽などをなるべく削らなければいけないという、

開発者にとってもユーザーにとっても、たいへんに残酷な時代だったのです。

 

わたくしは当時、アーケード版から家庭用への”移植度”にものすごくコダワリがあったため、

どの人気ゲームも、その移植度にはあまり納得できるものがありませんでした。

 

というわけで、

”細かすぎて伝わらないが、[AC版→家庭用]でとても納得できない劣化ポイント”

をご紹介いたします。

 

『ストⅡ』シリーズ(SFC)

・ピンチ時の音楽が変わらず、ただ単にテンポを早くしただけ

・前進時と後退時の歩き方グラフィックがまったく同じ

・ガイルとE.本田のジャンプの動作がクルンと回転しない(ターボでは解決)

・ダルシムステージで背景のゾウがパオーンと鳴かない

・キャラのサイズがちょこっと小さい

・”PRESS START”などのフォントがしょぼい

 

『ファイナルファイト1』(SFC)

・2人同時プレイがない

・1画面に出てくる敵キャラの数が少なくて爽快感がない

 

『餓狼伝説スペシャル』(SFC)

・BGMがこもり気味の音質でショボい

・必殺技が死ぬほど出しにくい、コマンド受付ポリシーが非常に独特

・体力ゲージ横の顔イラストが小さい、ピンチ時のグラフィック変化もない

・キャラのサイズがなんか小さい

 

 

とまぁ、ざっとこんな感じの不満を感じつつ、

足りない部分や納得いかないポイントは脳内で勝手に補完しながら、

いっしょうけんめいプレイしていましたねぇ。

100メガショックの青春時代に乾杯!

 

 

 

さてさて本日のブログは、元気モリモリ1歳少年の記念撮影をご紹介です☆

 

今回の主演は、6月に1歳のお誕生日を迎えたばかりのゴキゲンボーイ、

持ち前のアクティブさで圧倒的運動量を誇る『しょうご』君ですよ〜♫

 

あのブガッティを遥かに凌駕する2,000馬力のスタミナ男子。よちよち歩きとハイハイのハイブリッド高速移動で瞬時に目的地へ達する

 

 

撮影の舞台は、おばあちゃんのお家!

しょうご君の”お誕生日”と”初節句”の記念をダブルでお祝いするべく、

家族みんなで記念撮影タイムを始めましょう〜♫

 

湧き上がるゴキゲンボルテージ。しょうご選手のウォーミングアップは充分なようです

 

お誕生日のみならず、初節句のお祝いもプラス。セレモニームード2倍マシなのである

 

ショーゴ印のミニフラッグもオーダー完了。ケーキの上にプスリと刺せば、たちまちお誕生日が華やかになる

 

記念すべき1歳ディプロマ。1年間の成長と頑張りを褒め称えての最高金賞を受賞

 

バースデークラウンの戴冠式。キリリと引き締まった表情に成長っぷりを感じつつ涙ほろり

 

主演男優・しょうご氏を取り囲んでパチリ。四方八方から注目をあびる1歳少年

 

「しょうごのイイトコ見たーいー」「見たーいー」

 

愛車にまたがりビクトリー・ラン開始。会場に集まった多数のファンに向けて笑顔を振りまくファンサービスがスタート

 

ばあちゃんと握手会を開催。手と手を合わせて心温まるハートウォーミングなコミュニケーションが繰り広げられる

 

貫禄のある表情を浮かべる若大将・ショウゴ氏。1年間の経験はダテじゃない

 

大地をしっかりキャッチする屈強な両脚。快足を駆使して野を駆け山越えるのだ

 

家族のど真ん中でパワーホール全開

 

ドヤァ

 

おいらが世界を股にかける男・SHOGOだ。よろしくなっ

 

 

しょうご君は撮影開始からすぐにゴキゲンモードへスイッチ・オン!

愛嬌たっぷりの笑顔としぐさを家族みんなに振りまいてくれます♫

さてここで、しょうご君はお色直し☆

ビシっとネクタイスタイルにお着替えして、撮影第二ラウンドといきますよ〜^o^

 

”奪う人差し指の鎖(スチールチェーン)”!!

 

ダウンドッグのポーズで体幹強化中。心と身体にバランスをもたらす癒しの時間

 

しょうごは「はつぜっくのかぶと」をてにいれた!さっそくそうびしていくかい?

 

パパママを両サイドに従えて、ホットな笑顔で仁王立ち。彼のゴキゲンボルテージはますます沸騰する

 

カメラの被写界深度の域を飛び越えた斬新なポジション

 

ガブリ!噛みついちゃっていいのかな〜

 

きまじめフェイスでパチリ。クールネスあふるる表情も得意分野なのである

 

感謝の正拳突き1万回にチャレンジ。音を置き去りにするすさまじい速さ

 

カメラアシスタントとしての修行も欠かさない。本日はSLIK製三脚の構造と強度をお勉強中

 

超ハードな歩行訓練を開始。体育会系のスポ魂トレーニングでビシバシと鍛え上げられる

 

時は来た

 

 

そして続いては、”選び取り”の儀式を執り行います♫

お金・楽器・本など、将来の進路を示すカードの中から、しょうご君が選んだものは…!?

 

ママの第一希望は「お金」。マネーの虎としての資質を開花させることはできるか

 

目にも止まらぬハイスピードハイハイで目標物に接近。すかさず間合いを詰める”接近戦の魔術師”

 

1枚目のチョイスは左足でキープ。1度に2枚を選ぶというボーナスチャレンジもございます

 

しょうごプロが選んだ未来は”ボール”。迷わず行けよ、行けばわかるさ

 

 

そしてラストは、”一升餅背負い”の儀式です!!

しょうご君のお名前が書かれたズッシリ重たいお餅、

しっかりと背負うことができるでしょうか〜!?

 

ツルンとした手触りがクセになる、しょうごマーク入り一升餅。ついついペタペタ触っちゃう

 

本番前の入念なストレッチ。淡々と準備運動をこなすしょうご選手、ハードな戦いを予感させる

 

特製リュックにお餅を包み、いざ背中に装着。凄まじい重力感でグラヴィティ・ゼロの境地となる

 

”Congratulation(コングラッチュレーション)!” ”Congratulation(コングラッチュレーション)!”

 

感動の涙にむせび泣く

 

数々の過酷な試練をクリアし、無事に1歳という大局を迎えたショーゴ氏。「私の戦闘力は530,000です」

 

 

しょうご君はやんちゃパワーあふれるお年頃ということで、

最初から最後まで元気いっぱいの笑顔と動きをたっぷり見せてくれました♫

おかげで、とっても可愛いベストショットがあっという間に連発です!

ご家族の皆様、撮影にたくさんご協力いただきまして本当にありがとうございました〜^o^

お写真のお届け、どうぞ楽しみにお待ちくださいね☆

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今更ながら、『スラムダンク』を読んでいます。

「諦めたらそこで試合終了ですよ」「バスケがしたいです」などの名台詞は

もはや超有名ワードになりましたが、いままでほとんど読んだことがありませんでした。

 

ふと思ったのですが、『スラムダンク』が連載されていた時代って、

学園モノの漫画がやたらと多いような感じがするのは、気のせいでしょうか。

 

ろくでなしブルース、クローズ、GTO、BOY、

今日から俺は、ビーバップハイスクール、カメレオンetc...

 

って、どれもこれもヤンキー系の漫画ばっかりですな。

今となってはレガシーなカルチャーとなった”不良学生”が一番輝いていた時代、

それが90年代なのかもしれません。

あー、最近は漫画読みすぎて寝不足つらたん。

 

 

 

さてさて本日は、阿南市那賀川町にある子育て支援センター・

おひさまひろばさんの夏イベント『おひさままつり』にて、
親子の無料撮影会を初・開催させていただきました〜♫

 

サマーフェスinおひさま。身を焦がすほどの灼熱パワーが園内に充満する、お祭り騒ぎの1日へウェルカム

 

 

クリックすると大きく見えます

 

 

クリックすると大きく見えます

 

 

おひさまひろば
阿南市那賀川町島尻753-1
0885-38-1163
9:00~16:00/土・日・祝日休
http://www.tokushima-hagukumi.net/map/chiikikosodate/chiikikosodate12/

Google Mapで地図を見る
https://goo.gl/maps/Jxi155eHcPR2

 

 

おひさまひろばさんの夏イベント『おひさままつり』、今年も盛大に開催です!

夏らしい青空がカラっと広がる中、た〜くさんのお友達が来てくれました♫

浴衣や甚平に身を包んだちびっこたちを見ると、

いよいよ夏本番のホリデーシーズン!という感じですね^o^

 

というわけで、イベントは10時からスタート!

まず園庭でのオープニングでは、皆でおみこしをわっしょいして、

お祭り気分を高めていきましょう☆

 

押すな押すなの大盛況。異様な熱気とムードに包まれるおひさまのど真ん中

 

ピルグリム(巡礼者)たちによるおみこしウォーキング開始。五穀豊穣・無病息災などありとあらゆるご利益を振りまく

 

神々が宿る伝統的神輿。アンパンワールドの精霊たちが行方を見守ります

 

担ぎ紐を力いっぱい握りしめて、暴れ神輿をスムースに制御せよ

 

 

宮出しー練り歩きー宮入りという順序に則って厳かに行われる渡御。神様の乗り物を取り巻く人々たちの図

 

 

おみこし担ぎのオープニングが終わったあとは、各ブースがオープンです♫

園内、園庭、それぞれに遊びのコーナーやアトラクションがあり、あちこち巡って楽しめます☆

焼きそばやフランクフルト、うどんなどの食べ物ブースもあるので、腹ごしらえもバッチリOKですよ^^

 

遊びのサンクチュアリと化したリズム室。楽しさだらけで楽園のようなひとときをお過ごしいただけます

 

工作コーナーで腕試し。世界にひとつだけのスペシャルアイテムを完成させよ

 

貼ったり書いたりアレコレ試行錯誤中。アーティスティックかつクリエイティブな感性をフルに生かすべし

 

「本日ハ晴天ナリ」

 

パパからのラブリー・メッセージを受信中

 

大量の獲物が住まうヘヴィーな釣り堀。食物連鎖などお構いなしの同居に注目

 

俺が仕留めてみせるっ

 

激レアなメタルフィッシュに狙いを定める。高い経験値をゲットせよ

 

プロアングラーによる一本釣りのデモンストレーション。撒き餌で標的の警戒心を解く下準備がポイント

 

”狙った獲物は逃がさない”爆釣ガールのお出ましだ

 

釣ったどー

 

笹の木には無数の短冊が吊るされています。ありとあらゆるお願い事に、織姫と彦星もびっくり

 

人工的に生育した金魚すくいコーナー。入れ食い状態の金魚注意報、発令中

 

すくいの名人、あらわる。手首のスナップを効かせた神業に場内全員がどよめく

 

ピッチピチの金魚注意報、発令中

 

仁義なきゴールドフィッシュ・バトルロワイヤル開幕。すさまじいスピードでノルマを達成していく挑戦者たち

 

金魚一筋50年。熟練の目利きで極上の一匹を釣り上げる

 

ま、アタイの腕にかかればこれくらい楽勝だわさ

 

モグラたたきの中の人。仁義なき超高速ボコスカバトルが繰り広げられる

 

アタシの間合いに入ったら…斬るっ!!!

 

愛嬌たっぷりのエネミーたち

 

外には食べ物コーナーがずらり。美味しそうなお祭りフードメニューに舌鼓を打つべし

 

丹精込めて焼き上げられたフランクフルト。本場の味をご賞味ください

 

ヨーヨー釣り、冷えてます。プカプカ浮いたブツを一発必中でゲットせよ

 

1コイン1ゲーム制となっております

 

ちべた〜いかき氷もございます。お好みのテイストでどうぞ

 

優雅な午後のティータイム。ウェッジウッドの容器でシャリシャリの逸品に舌鼓

 

お祭りには欠かせない真球の粉モン的物体

 

 

ダシが効いた絶品うどん。氷をそえた冷やかけスタイル

 

家内制手工業による生産体制。1品1品、真心とともにお作りしています

 

 

そして、イベントはいよいよクライマックス!

最後はみんなで阿波踊りを踊って、夏祭りを締めくくりましょう〜♫

おはやしの音色に合わせて、レッツ・ダンス^o^

 

”おひさまちるど連”、いざ出陣

 

2ビート・ソルジャーズの決起集会。手を上げてヤットサーの掛け声とともに、士気をいっきにピークへ持って行く

 

太鼓と鉦の力強いリズム隊。激しくうねるグルーヴが生み出される

 

Shall we AWA DANCE?

 

一瞬で狂熱のダンスホールと化すおひさま園庭。ただ手を上げて、足を運び、身体を動かすというシンプルな動きにご注目

 

ママと腕振りのトレーニング。阿波踊りマスターは1日にしてならず

 

AWAダンスバトル勃発。うちわの優れた使い手が一歩リードする

 

ベテランと新人たちが入り乱れる灼熱のダンスホール

 

おいらのステップを見極めることができるかな?

 

阿波の踊り子たちによる夢の饗宴。ぞめきイズムを受け継いだ少年少女たちによる2拍子の巡礼旅

 

スタジオサークルによる親子の無料撮影会も大盛況!!!

ひっきりなしに続々とファミリーの皆様にご参加いただきまして、

ニコニコ笑顔をたっぷりとゲットすることができましたよ〜♫

 

21世紀型の先進的スタイルにより写真を自由に閲覧可能。もちダウンロードも無料でっせ

 

蝶のように舞い蜂のように写す。カメラと被写体の間を超高速移動で駆け抜けるフォトグラファーを肉眼で捉えることは不可

 

ゴルゴのように冷徹なピント合わせ。撮影現場は常にピリピリとした緊張感に包まれる

 

やなせたかし名義の某パンを駆使し、笑顔をドッカンバッカンいただきます

 

臨時招集されたスタジオサークルのタスク・フォースもスナップ撮影に大活躍なり

 

赤色戦隊レッドマン、見参

 

ブギウギ大爆笑シスターズ。カメラマンを手玉に取って圧倒するすさまじいモデルっぷりである

 

”ふたりの愛ランド”をデュエットで熱唱中

 

涼しげな夏色コーデでキメ。体感温度-3℃という脅威の効果を実現

 

ほっこりスマイリーなベビ様が鎮座中。姉のハチマキスタイルにもご注目あれ

 

夏の最先端モテコーデ。甚平+ハットという和洋のハイブリッドを目指したセンスに脱帽

 

「せーのっ」「おひさま最高〜」

 

 

いいお天気に恵まれて、夏祭り日和の楽しい楽しい1日になりました♫

撮影会にご参加いただいた皆様、たいへんありがとうございました〜!

そして今回お声がけをいただいたおひさまひろばの先生方、本当にお世話になりました^o^

またぜひ次回もどうぞ宜しくお願いいたします☆

 

 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
さて本日は、わたくしのiTunes再生回数ランキングを発表いたします。
 
1位:830回
エリック・クラプトン
 
ロイヤルアルバートホールで24夜連続開催したライブを、
バンド編成ごと(4人編成、9人編成、ブルース編成、オーケストラ編成)にダイジェスト収録した名盤。
脂の乗り切った”ギターの神様”エリック・クラプトンの名演を存分に楽しめます。
この「Pretending」は、粘っこいブルース進行のロックナンバー。
切れ味の鋭いすさまじいギターソロを爆音で流せば、気分はまるでクラプトン。
エアーのストラトキャスターを引き倒すことうけあい。
 
 
2位:540回
デレク・アンド・ザ・ドミノス
 
エリッック・クラプトンがかつて組んでいた伝説のバンド。
70年代における”ライブの殿堂”フィルモアイーストでの名演を収録したこのアルバムは、
クラプトンのギターが鳴りっぱなし引き倒しっぱなしで一瞬たりとも耳が離せない。
1曲目であるこの「Got To Get Better〜」は、
ドラムとベースが生み出すファンキーなノリが死ぬほどかっこよくて身体が自然と縦ノリする。
 
 
3位:511回
エリック・クラプトン
 
「Tears in Heaven」と双璧をなす、説明不要の大名曲。
クラプトンのさらなる新境地を開拓したアコースティックナンバー。
ファルセットの歌声と、優しく爪弾かれるギターのサウンドにとろけそう。
 
 
って、クラプトンばっかりやないかーい。
我が青春のギタリスト、何回聴いても震えるぞハート、燃え尽きるほどヒート!
 
 
 
 
 

さーてさて本日は、石井町にある子育てサロン・

こどもねっといしいさんの七夕まつりへおじゃましてきました~♬

 

日本古来から受け継がれしトラディショナル・セレモニー。オリヒメとヒコボシが繰り広げる年に一度のロマンティックストーリーに人類みな感涙

 

年に一度のサマーフェス、いざ開演

 

2017年7月の予定表/クリックすると大きく見えます

 

NPO法人 こどもねっといしい 子育てサロン
名西郡石井町高川原字高川原130-1
088-635-5799
10:00~16:00/平日オープン

Google Mapで地図を見る

https://goo.gl/maps/etmsLmPQz1A2

 

ホームページ

http://www.ishii-kosodate.net/user/26

 

Facebookページ

https://www.facebook.com/pages/こどもねっといしい-子育てサロン/212817172220938

 

 

こどもねっといしいさん季節のスペシャルイベント、”七夕まつり”DAY!

七夕仕様にデコレートされたサロンで、

みんな楽しく夏の始まりを盛り上げていきましょう〜♫

イベント後半からのようすを、ダイジェストでご紹介します^o^

 

ドッキドキでワクワクのオーバーナイト・センセーションへようこそ

 

ありとあらゆる想いや願いが結びつけられる笹の木。人々の世に幸あれ

 

この立派な笹は毎年、極秘地点より採取されるという。朝取れ野菜のごとき新鮮さなり

 

可愛いデコレーションも多数あり。ロマンチシズムを増大させる効果を持つ

 

ベガとアルタイル、16光年宇宙の旅。光り輝く銀河を舞台に繰り広げられる愛と青春の物語

 

織姫様と彦星様はあちこちに鎮座しておられます

 

リバーシブル仕様で裏から見ても美しい飾り付け。すみずみまで抜かりなし

 

遠藤先生のリトミックでお祭り気分を超加速。サロン内はすでに興奮のるつぼと化す

 

彦星、カモーン

 

ゆらゆら揺れながら夜空の天体観測。宇宙の深淵をひたむきに感じる時間です

 

流れ星を見ながら友たちと語り合うひととき。七夕の1日で、熱く深い友情が育まれていく

 

満点の星空に向かってドヤッ

 

「余の名はメルエムだ」

 

天空へのロケットジャンプ。この想い、鷲座とこと座のすみずみにまで届け

 

天の川に向けて大行進。夏の大三角形を模した陣形でひたすら歩き続けていく

 

 

ステージ両サイドの笹には、みんなの短冊がぎっしりと飾り付けられていました^^

この光景が七夕らしくて素敵ですよね〜♫

 

活きのいいフレッシュな笹のみを使用。はるか数十光年先まで皆の願いを届けるシンボルツリーである

 

1級・笹の木鑑定士による品質チェック。「10年に一度の当たり年です」

 

手仕事により一つ一つ丁寧にくくりつけられます

 

七夕らしい夏の涼しげな光景にうっとり。灼熱サマーはもうすぐだ

 

プリンセスを切に希望するイケイケ女子。キラッキラの女子力オーラを纏わせて織姫に負けじと張り合う

 

自らの手でお願い事をしたためる子も。見事な達筆である

 

運動能力向上キボンヌ

 

会心の出来栄えの短冊には、みずからのサインを入れる

 

こちらの短冊、¥100,000からスタートです

 

人生初の七夕セレモニーを優雅に楽しむベビ様たち。「来年は俺たちの時代だ」

 

五穀豊穣を祈願。どでかい立派なナスも笹の木になっています

 

みずみずしいスイカもあり。思わずかぶりつきたくなる、ザ・夏の逸品

 

本日の戦利品・うまい棒。国民的存在となったお菓子を天にささげよ

 

ミニ笹もお持ち帰り。我が家を七夕ムード一色にまとめあげましょう

 

感謝するぜ 織姫と彦星が出会えたこれまでの全てに!!!

 

 

た〜くさんのお友達が大集合して、七夕のムードをたっぷり楽しみました♫

お願い事の短冊もぎっしり埋まって、みんなのお願い事が叶うといいですね^o^

飛び込みで参加させていただきまして、ありがとうございました〜!

いよいよ夏本番、暑いシーズンを楽しみましょうね☆

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今さらながら【ハンターハンター】を読み始めたのですが、

チョー面白くてやめられない止まらない。

 

わたくしはゲームや漫画が大好きなインドアキッズだったのですが、

18年前、高校の受験勉強に集中するため、

あらゆる娯楽をすべてぱったりヤメてしまいました。

当時はジャンプを読んでおり、ハンターハンターはまだ”ハンター試験”の途中だった気がします。

ワンピースはサンジとかナミが出てきたあたりだったっけ。チョッパーなんていませんでした。

 

そんな空白の時間を埋めるかのように、ここ数日はひたすら【ハンターハンター】漬け。

夜中にコツコツとコミックを読み、ようやく18巻までやってきました。

おもろい、おもろすぎる。しかし寝不足。

ラスボスはやっぱり幻影旅団のクロロ?それともヒソカ?

いや、もしかしてFF10みたいに実父ジンとのバトルとか?

 

物語の序盤、ジンからの伝言テープを再生して聞くというシーンがあり、

途中まで聞いたら”自動でテープ巻き戻し→上書き録音”というような仕掛けが強制的に発動するのですが、

”カセットテープに上書き録音する”というカルチャーって、

今どきの読者にぜったい伝わらない部分ですよね。

わずか17年前のストーリーなのに、我々読者の環境は大きく変わりましたね。

 

それにしても漫画に夢中になることなんて、いや本当に何年ぶりでしょうか。

他にも、ジョジョシリーズやワンピースあたりは読んどきたいなぁと思っておりますが、

時間がいくらあっても足りやしねぇぜ。

 

 

 

さてさて本日のブログは、ほやっほや赤ちゃんのお宮参り記念撮影をご紹介です^^

 

今回の主演は、生まれてジャスト1ヶ月のニューカマーベイビー、

天使の寝顔でぐっすりすやすや快眠中の『ここは』ちゃんでございます♫

 

ひとたび爆睡すればテコでも起きないスリーピー・ガール。お参り&撮影モデルという初の大仕事に心して臨む

 

 

撮影の舞台は、鳴門市大麻町にある大麻比古神社さん!

不安定なお天気が続く1週間でしたが、7月に入ったとたん真夏のような蒸し暑さが到来し、

青空がばっちり見えるほどの見事なお参り日和になりました☆

 

静かなる7月のサンデーモーニング。まもなくセミの大合唱がスタートするのだ

 

グリーングリーンな夏色に衣替えしたご神木。涼しい風がやさしく吹き抜けるヒーリング・スポットなり

 

家族みんなでリング・イン。手水の儀式を済ませて特設会場へと足を進めます

 

 

ここはちゃんは初めての遠出ということで、

神社に到着したころには寝たり起きたりの大忙し!

拝殿でのご祈祷中はしっかりとお目覚めだったようで、

無事に大役をこなせて良かったですね〜♫

というわけで、まずはご家族全員での集合写真から始めましょう^o^

どうやら、今日はぐっすりおネムのモードのようです(笑)

 

ばあちゃん抱っこのポジションで現場へピットイン。ファミリーみんなに見守られながら快眠を貪る

 

スヤァ

 

わずかな時間の再起動が完了。寝起き5秒でカメラ目線を求められるという超ハードなモデル仕事にいそしむ

 

とろーんとした寝ぼけ眼。記念撮影という突然の重要ミッションに向き合う真剣なベビ女子

 

あまりの暑さに人力クーラーが稼働。扇子パワーで涼しげな風を送り込む

 

 

ぐっすりの寝顔もまた思い出、、、ということで、

続いてはパパ・ママ・ここはちゃんの3ショットで撮影を続けます♫

彼女の本当に気持ちよさそうな寝顔を見ていると、

家族みんなの笑顔が思わず溢れてきますね〜!

 

周囲を驚愕させる圧倒的睡眠力。パパやママの呼びかけにも一切応じる気はない

 

左ほっぺを長押しして強制再起動を試みる

 

ママの抱っこでほどよい熟睡。体温の暖かさでお昼寝モードが加速します

 

今日は起きまへんっ

 

パパによるゼロ距離からのモーニングコールもむなしく、ここは氏はまだまだ夢の中へ

 

 

ここはちゃんはとてもぐっすりとリラックスした寝顔で、

ママの抱っこでも、パパの抱っこでも、テコでも起きません!笑

お宮参り記念撮影のよくあるパターンですね^o^笑

 

女子力増強のヘッドギア装着。お色直しで撮影は白熱の第二ラウンドへ

 

両アゴを5秒間同時押しすることでセーフお目覚めモードへ切り替える

 

ぐっすりスヤスヤの超爆睡状態でパチリ。これもまたベビ撮影における定番パターンでござる

 

脱力感あふるる寝顔。いい夢みろよっ

 

どこまでぐっすり眠れるか、ギネス記録に挑戦中。パパママを判定員として前代未聞のスリープタイムを更新せよ

 

馬場も真っ青の16文ベビキック

 

小橋ばりの逆水平を繰り出すベビアーム

 

ここはプロのあまりの豪快な眠りっぷりに、じいちゃんばあちゃんも思わず見惚れる。現場は一時騒然とする

 

(Now loading...)

 

着物を打ちかけてお色直し、ついにクランクアップ。寝顔で演じるベビ女子、それがここはプロの真骨頂なのだ

 

 

ここはちゃんの癒し系の寝顔に、家族みんなが笑顔になりました♫

赤ちゃんはとにかく、ぐっすり眠ることが一番のお仕事ですからね!^^

ご家族の皆様、暑い中撮影にたくさんご協力いただき、ありがとうございました☆

お写真のお届けどうぞお楽しみに〜!

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

華やかな舞台の裏側は、ギリギリ崖っぷちの状況。

そんな秘話がとても好きで心動かされてしまいます。

 

たとえば、マイケル・ジャクソンの”30周年記念コンサート”(2001年9月)。

超満員のマディソン・スクエア・ガーデンで最高のパフォーマンスを見せるマイケルですが、

実はこのときインフルエンザを罹っており、かなり体調が悪かったらしいです。

しかし、点滴や薬などを強引に処方してもらいステージに立ったと言われています。

たしかに何となくツラそう。

https://www.youtube.com/watch?v=rAiw2SXPS-4

 

 

最近知ったのは、美空ひばりさんの”不死鳥コンサートin東京ドーム”(1988年4月)。

病気療養後の復活公演としてもはや伝説となった1日限りのライブですが、

彼女の身体は病魔に深く侵されており、”復活ライブ”とは銘打ったものの、

まともに立ったり歩いたりすることもままならかったそう。

「人生一路」のイントロで歩き出す瞬間の苦しそうな表情が何とも言えません。

https://youtu.be/wK2P3hI5ckM?t=23m51s

 

東京ドームのバックステージはまるで病院のような状態で、

万が一の事態に備えて医師や救急車がスタンバイ。

そんな最悪のコンディションにもかかわらず39曲も完唱し、

ラストは花道をゆっくり歩いて、スモークの中へとゆらりと消えていきます。

https://youtu.be/wK2P3hI5ckM?t=26m53s

 

強烈に吹き上がるスモークでうまく隠されていますが、

ひばりさんは花道を歩き終わった瞬間に倒れこんだそうです。

彼女の周りに現れる異様な人数のスタッフが、その壮絶なステージングを物語っています。

 

 

有名どころのエピソードといえば、アップル社の”iPhone発表会”。

 

初代iPhoneを発表、スティーブ・ジョブズ氏伝説のプレゼンに隠された裏話:iPhone Mania

http://iphone-mania.jp/news-151034/

 

革新的なポータブルデバイスとして衝撃的なデビューを果たしたiPhoneでしたが、

実はプレゼン当日になっても使い物にならないレベルの完成度で、

堂々と披露できるようなシロモノではなかったそうです。

結局、さまざまな小手先テクニックを駆使し(アンテナの表示をバリ3固定にする、ジョブズ専用Wi-Fiなど)、

聴衆へのお披露目会は見事なまでに大成功を収めます。

 

 

このような、ギリギリのエピソードがとても面白いですね。

商品でもサービスでも”提供者”たる者は、

いつ・いかなる時も笑顔でしっかり役割を演じなければなりません。

そんな思いを新たにした日曜日の夜であった。

 

 

 

さてさて先週は、吉野川市川島町にある子育て支援センター・
ちびっこドームさんの
6月生まれお誕生会&
親子撮影会
行ってまいりましたよ~♬

※吉野川市在住の方が対象のイベントです

 

穏やかな空気が流れるヒーリング・ドーム。まったりムードが溢れる平日モーニング

 

煌めきとトキメキを輝かしく演出するバースデーウォール。記念撮影スポットとして大人気です

 

毎月のさまざまなイベントも大好評。趣向を凝らしたプログラムをすべて参加コンプリートせよ

 

 

2017年6月の予定表/クリックすると大きく見えます

 

吉野川市子育て支援センター

ちびっこドーム

吉野川市川島こども園3階
088-625-6616
9:00~17:00/月〜土オープン

 

ホームページ
http://www.city.yoshinogawa.lg.jp/docs/2011060200017/


Google Mapで地図を見る

https://goo.gl/maps/JRWbtvwp17y

 

 

30℃近い気温になり、真夏のような暑さと太陽の日差しがギンギラギンの1日!

ちびっこドームの中は空調が効いて、すこぶる過ごしやすいですね^o^

そんな灼熱の暑さの中、今月もたくさんのお友達がお誕生会に参加してくれました☆

お話グループ「み・る・く」さんたちによる、楽しいイベントの始まりですよ〜♫

 

オーディエンスを煽りに煽るコール&レスポンス。み・る・くの先生たちによるスーパーショウが幕開けだ

 

まずは絵本の読み聞かせタイムから。名作の世界観へと没入するひととき

 

大波乱の一大スペクタクルに息を飲む観客たち

 

本日のゲスト、かたつむり氏。おまえの頭は、どこにある?

 

スペシャルゲストの登場に思わずセンターステージへ駆け寄るファンたち。ゼロ距離のかぶりつきで観覧中

 

「梅雨シーズンのダイヤモンドやぁ」

 

食べ物によって体色を変化させる特殊技能をご開帳。カメレオンのごとく環境へ適応する唯一無二の存在

 

でんでん虫クリエイターによるかたつむり制作現場のようす。紙をくるりんぱすることで殻の質感を表現する

 

真剣な面持ちでその構造をつぶさに観察する、でんでん虫研修生

 

 

 

そして続いては、お誕生会の部がスタート♫

みんなでずらりと前にならんで、お名前・年齢・好きなものなどを

一組づつインタビューしていきます☆ 

ラストは、お誕生児だけのスペシャルブックをプレゼントです^^

 

緊張の面持ちでスピーチ。会場内が胸いっぱいの愛に包まれるエモーショナルな内容となる

 

感極まって思わず言葉に詰まる瞬間も。全米が泣いた感動巨編をご静聴ください

 

ママのアシストを受けながらの代理スピーチもOK。朗らかスマイルを愛嬌たっぷりに振りまくべし

 

伝説のお誕生ブックを1人ずつに進呈。まるで卒業証書授与式のような厳かなムードが漂う

 

指紋認証で情報を見る

 

 

そしてお誕生会が終わったあとは、1組ずつ親子の記念撮影会♫

今月もお誕生児さんたちのニコニコ笑顔をたくさんゲットしました〜^o^

 

ビッグなリボンで女子力マシマシ。フランクなコミュニケーションで多くのファンのハートをがっちりキャッチ

 

寝起き10秒で撮影ポジションにピットインするブラザー。「いったい何が始まるんです?」

 

甘辛〜いソースがかかった右手を食べることで満腹中枢を刺激する

 


今月も多くの方にお越しいただき、たいへん盛り上がりました☆
撮影会にご参加いただいた皆様、み・る・くさん、
そしてちびっこドームの先生方、たいへんありがとうございました~^^

次回のお誕生会は、
2017年7月12日(水)
ですよ~☆

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
”岡持ち”を見ると、胸に強いトキメキを感じてしまいます。
もちろんご存知かと思いますが、”岡持ち”とは、
出前のおっちゃんがラーメンやチャーハンを入れて運ぶ、アルミや木製の運搬BOXです。
 
わたくしの主食はラーメン及び中華そばであり、
1日3食ラーメンでも問題なく生活できるであろうほどの麺愛に満ちた生活を送っております。
小学生時代、土曜日の自宅の昼食といえば”ラーメンの出前”でした。
わたくしにとっての土曜ラーメンとは、すこぶる特別なソウルフード。
午前中だけの授業を終えて、日曜まで心おきなく開放的に遊べるという、
まことにスペシャルな1日をエンジョイするための着火剤的役割だったのです。
そんな少年時代を送ってきたからこそ、
岡持ちを見るたびに幼少期のノスタルジアがフラッシュバックし、
ふたたび自らのラーメン愛に拍車がかかるのです。
あぁ、夜中なのにラーメン食べたくなってきたああ
 
 

さーてさて本日は、石井町にある子育てサロン・

こどもねっといしいさんの6月生まれのお誕生会へおじゃましてきました~♬

 

決戦は木曜日。リズム&ブルースの哀愁にあふれたアーシーなリトミックDAYへジョインせよ

 

「花に水、人に愛、リトミックは心や」

 

 

2017年6月の予定表/クリックすると大きく見えます

 

NPO法人 こどもねっといしい 子育てサロン
名西郡石井町高川原字高川原130-1
088-635-5799
10:00~16:00/平日オープン

Google Mapで地図を見る

https://goo.gl/maps/etmsLmPQz1A2

 

ホームページ

http://www.ishii-kosodate.net/user/26

 

Facebookページ

https://www.facebook.com/pages/こどもねっといしい-子育てサロン/212817172220938

 

 

今月は駐車場が超満杯になるほどの満員御礼っぷりで、たくさんのお友達が来てくれました〜♫

もはや真夏のような灼熱の気温とムードの中、みんなでレッツ・リトミック!

歩いて、しゃがんで、ジャンプして、楽しいミュージックとともにハッスルしましょう^o^

 

超ハードな全身運動を伴うスパルタン・リトミック。遠藤先生が奏でるグルーヴの洪水にアナタは耐えきれるか

 

身体をスウィングさせたワイルドなワルツ。早いステップでナチュラルスピンターンを鮮やかにキメる

 

Shall we dance?

 

マットに横たわって寝技のトレーニング。長州のサソリ固めを会得せよ

 

マッハ1.5の速度で地上10000mの旅へ。カメラの高速シャッターでは捉えきれぬ音速のフライトをご覧ください

 

灼熱の競歩レースが開幕。誰よりも早くチェッカーフラッグを超えるのだ

 

徳島県下から集いしリトミックの戦士たち。リズミカルなミュージックをバックに、己の実力と体力の限界にチャレンジする

 

ママからのピンフォールを返すトレーニング。阿部四郎レフェリーの采配により、カウント2.9でギリギリの攻防となる

 

 

 

そしてラストは、6月生まれのお誕生会☆

”たんたん誕生日”のお歌をみんなで歌って、お友達をお祝いしてあげましょう♫

 

サロンのど真ん中で注目を浴びる、6月生まれの選ばれしバースデー・キッズたち。記念撮影のフラッシュが雨あられとなる

 

さりげなくドヤッ

 

過去最高のクオリティを誇るベストスマイルでキメ。愛らしさを最大限に引き出した見事なポージングにご注目

 

親愛なるブルーの相棒とともに記念ショット。バイキン星のフレンズと熱い友情を育む

 

第一回・チキチキ笑ってはいけないお誕生会。テコでも笑わぬ強靭なほっぺたをもみほぐす

 

お誕生児のみに進呈される特製ペンダントとともにニッコリ。ますます女子力を増強するための必携アイテムである

 

ピチピチの獲れたて少年。ママの腕の中で荒ぶりまくる

 

ファンキーでエモい”あっかんべぇスタイル”でお誕生児フォトの新境地を開拓

 

 

今月もみんなで仲良く楽しいリトミック&お誕生会タイムとなりました♫

皆様、たいへんありがとうございましたー^^

次回開催は、7月27日(木)ですよ~☆

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

いま現在、わたくしはiPhone5S(16GB)を使っているのですが、

写真や動画で容量がパンパンになっており、運用がたいへんです。

 

そういえばスマホを使いだしたのは、iPhone4が発売された2010年ごろから。

しかし、アイフォーン以前にわたくしがどんなケータイを使ってきたのか、なぜかほとんど記憶にない。

機種変更した後もきちんとケータイ本体を保存したと思うのだけれど、どこにも見当たらない。

とにかく記憶がかなり薄れつつあるので、わたくしが愛用した歴代のケータイたちを書き留めておくことにしよう。

 

F208 (docomo)

高校入学と同時に購入し、初めてのケータイデビュー。

しばらくはフツーに使用していたが、見た目のデザインがあまり好きではなく、

早く機種変更したくて仕方がなかった。

なぜこの機種にしたのか、未だによく分からない。

 

D209i (docomo)

フリップタイプに憧れてサクっと機種変更。黒色にしたような気がする。

コンパクトなボディサイズと”パカパカ感”にハマるものの、

フタのヒンジ部分がぶっ壊れて、最後はフタなしのストレート携帯に変貌。

 

N503is (docomo)

当時は二つ折りのNシリーズがめちゃんこ人気で、リア充学生たちはみなこれを使っていた。

わたくしもその偉大なるデバイスの魅力にあやかろうと機種変更したものの、

電話帳のメモリー件数が増大することなく、

そしてメールをやり取りする相手もたいしておらず、完全なる宝の持ち腐れとなる。

社会人になったあとも、けっこう長い期間使っていたような気がする。

たしかボディは青だったような。

 

P213i prosolid (docomo)

引き続き2つ折りタイプのケータイを使うことに。

薄さと軽さ、そして名前のごとくソリッドな見た目に惹かれてチョイス。カラーは黒。

ヒンジ側面にあるボタンをプッシュすると、

本体が自動的にパタリとオープンする仕様が最高にクール。

 

PENCK (au)

”au design project”と呼ばれる、

デザイナーとのコラボによるケータイ開発プロジェクトにて生み出されたデザイナーズ携帯。

つるりと角のないタマゴのようなデザインはとにかく斬新で、

プロダクトデザインの妙を存分に味わえる逸品。

ピカッピカの銀色を選びました。

これを持っていればけっこうモテそうと思ってチョイスしたけれど、

特に身の回りで何も起こらなかった。

 

INFOBAR2 (au)

前述のPENCKと同様、”au design project”のひとつとして発売されたデザインケータイ。

ストレート端末ながらも、ボディの曲線が手になじむ柔らかい使い心地。

シンプルかつボールドな文字デザインで、まったく飽きのこない至福の一台。

地味ながらも独特のカッコ良さを放つグレーを選択しました。

 

⑦iPhone4 (Softbank)

いよいよスマホ時代へ突入。

いままでのガラケーとは完全に異なるインターフェイスと使い勝手、

そしてまるでPCのような”アプリケーション”という概念に驚愕。

使い始めてわずか数日で虜となり、もはやアイフォーンなしでは生きていけない身体に。

 

⑧iPhone5 (Softbank) 

引き続きiPhoneへの機種変更。初めてオンラインで購入。

ダイヤモンドカットされたエッジがキラリと光を反射する。

兎にも角にもシャープで美しいフォルムにぞっこん、使い心地は言わずもがな。

 

⑨iPhone5S (Softbank)

前機種をおトイレに水没させてしまったため、泣く泣く強制的に機種変更。

見た目はそのまま、中身を数段グレードアップした珠玉の”S”クラス。

何も言う事はない、パーフェクトなプロダクトである。

 

⑩iPhone5S (Softbank)

お察しのとおり、今度はお洗濯機へダイブさせてしまったため、再び強制機種変。

iPhoneを洗濯機で回すと、すさまじい轟音がするということを学ぶ。

 

 

以上が、わたくしの輝かしいケータイ遍歴である。

当面しばらくはこのままiPhone5Sを使い続ける予定ですが、

やっぱり最新機種のサクサク感も味わってみたいですね。今年はiPhone8でしょうかね?

 

 

 

さてさて先日は、徳島市籠屋町(かごやまち)にある子育てサロン・

商店街 子育てほっとスペース・すきっぷさんの、

6月生まれのお誕生会へ行ってきましたよ~♬

 

灼熱のエクストリーム・サロン。アッチアチのバースデーパーティが今月も開幕

 

キッズとパパママのための心のオアシス。籠屋町アーケードでひときわ輝くキッズの社交場

 

まぁ寄って行きなはれ

 

シーゾナルな折り紙、今月は”かたつむり”。詳細なマニュアルで誰でも簡単に名作を生み出せる

 

 

 

2017年7月の予定表/クリックすると大きく見えます

 

商店街 子育てほっとスペース すきっぷ

徳島市籠屋町1丁目14

088-626-5454

9:00~16:00

休館:水曜日と第1・3日曜日(変更する場合あり)

運営:NPO法人 子育て支援ネットワークとくしま
この施設は、徳島市から委託を受けて「NPO法人 子育て支援ネットワークとくしま」が運営しています。

 

Google Mapで地図を見る

https://goo.gl/maps/kLcwwZuzw832


子育て支援ネットワークとくしま Web
http://www.knet-tokushima.jp

Facebookページ
https://www.facebook.com/knet.tokushima

 

 

梅雨だというのに、ジメジメと蒸し暑〜い夏のような気候!

雨は未だにほとんど降らず、いいお天気が続いておりますが、

どうやら明日くらいからはしばらく雨降りな日がやってくるようですね〜。

そんなわけで今月もたくさんの6月生まれキッズたちが遊びにきてくれました♫

なんと今月のお誕生児さんは、全員が1歳!

まるで同窓会のような雰囲気で、まったりとした空気感に包まれる中、お誕生会がスタートです^o^

 

仁義なきバースデー・チャンピオンシップがゴング。一人一人のすさまじい闘気がぶつかり合うため、気を抜いてはいけない

 

”たんたんたんたん誕生日♫”のバースデーソングを熱唱。リズミカルなテンポで名前をシャウトせよ

 

家内制手工業にて仕上げられた特製バースデーカードを進呈。ハリウッドスターもびっくりの手形がドンと刻印されたスペシャル仕様

 

いい仕事してますねぇ

 

ママからの一言コメントタイムに涙ほろり。1年間にわたる壮絶なストーリーと感動秘話がこぼれだす

 

 

続いては、ビッグなバースデーケーキが登場♫

みんなでケーキを取り囲んで、力を合わせてローソクの火を一気に吹き消しましょう^o^

そして最後は、すきっぷのマキノ先生による楽しいお話の時間です!

今月は梅雨ということで、雨が大好きなアノ生き物がゲストに来てくれました★

 

20号クラスの超特大2段仕込み。艶やかでスイートなルックスにちびっこたちは完全に目を奪われるのだ

 

ケーキ奉行あらわる。「長めの包丁を持ってきて。それと人数分の小皿を。キレイに切り分けるには刃をしっかり温めるのがコツよ」

 

ザッツ・マキノ's・エンタテインメント。数々のゲストを招いてトークセッションを繰り広げる、真剣ベビ期しゃべり場

 

かぶりつきの至近距離で観覧中。まきの先生のべしゃりテクに釘付けとなる

 

今月のゲストは、スモールサイズのおたまじゃく氏

 

一定期間の成長を経て、カエルモードへ七変化。素早さやジャンプ力などがケタ違いにUPする

 

伝説のかわずデュオ、見参。息ピッタリのハーモニーでスタンダード・ナンバーを聴かせてくれます

 

ど根性ガエルのごとく、太く強く生きたいと思いますっ

 

ママのおひざでお洗濯タイム。すすぎー脱水ー乾燥までをワンストップでこなす

 

強力遠心機構による脱水中。ギュギュっとしぼってサッパリな仕上がりに

 

最後のゲストは、スイーツ大好きネズミさん。歯と口の健康週間にちなんだドキュメンタリーをご覧ください

 

歯磨きをサボったがため、もれなく歯が抜け落ちるという悲劇的状況でジ・エンド

 

おたく、歯磨き粉は何を使ってる?おいらは昔っからジャックアンドジルのカシス一択でさぁ

 

ゴキゲン笑顔のリラックスモード発動中。梅雨をも吹き飛ばす爽やかスマイルにご注目あれ

 

ママのおひざにドッキング。両手に操縦桿を握りしめ、いざ行かん2歳へのバースデーロード

 

エアリーかつフェアリーな女子力スタイル。透け感のあるドレス姿で仕上げてくれました

 

 

今月もたくさんのファミリーにご参加いただき、

賑やかでとても楽しいお誕生会のひとときになりました☆

ご参加いただいた皆様、すきっぷのスタッフの皆様、

どうもたいへんありがとうございました~♫

 

 

というワケで次回のお誕生会は、
2017年7月31日(月)
ですよ~☆

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)