広島市安佐北区不登校・発達障がいの小学生中学生の女性家庭教師 きらぼし学舎

広島市安佐北区で小・中学生の個別指導・学習障がい/アスペルガー症候群・ADHDのお子さんの家庭教師や思考の整理法やカウンセリング・エニアグラムによる性格分析・自己分析などをしています。

NEW !
テーマ:

自分の理解の仕方を因数分解してみると、子どもがどこでつまづいているのかがよく分かることがあります。

自分の理解の仕方はけして一般的ではないけど、それをやると教えるのもうまくなります(*^^*)

障がいがあるかどうか、ではなく、今目の前にいる子がどこでどんな風に困っていて、その困り感は助けがいるものなのか、やり方を変えれば自分でできるようになるものなのか、そんなことを考えながら、今目の前の子どもを見ています。

 

 

http://kiraboshigakusha.com/blog/?p=3119

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

「自分で考えて決める」というのは、なかなかに難しいことです。

なぜなら、「自分で考えて」というところに、実は世間で言われていることだったり、親の考え方や育った環境での常識が織り込まれていることに気づかないことがほとんどだからです。

だから、「まず好きなことをやったらいいよ」と言われた時に何も思いつかないけど、なんか苦しいという人は、自分が当たり前と思っていることを書き出して検証してみるといいと思います。

というわけで、「手作りの食事にこそ愛情がこもる」という私の中の常識を疑ってみてもっと自分に合う方法を探してみました。

 

http://kiraboshigakusha.com/blog/?p=3109

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

自分が反対の立場になって、言われて初めて気づくことがありますね(汗)

ゲームをやっている時に言われてイラッとする言葉を集めてみると・・・。

普段の自分を反省しました・・・(汗)

 

全然別の話ですがゲームをしている姿を写真に撮ってもらいましたが、姿勢が悪すぎる・・・。

通りでお腹に肉がたまるわけだ・・・。

 

http://kiraboshigakusha.com/blog/?p=3103

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

私がよく使う言葉がけ集です。

これだけで子どもの表情、反応が全く変わってきます。

そのためには言う本人が本気で思っていることが必要ですが。

だから、まず、自分が自分に言葉がけするっていうのもありだと思います。

ネガティブに目が行きがちなお母さんの子どもは大概ネガティブに目が行きがちです。

当たり前ですが、目の前にその先生がお手本があるからです。(ま、反面教師というのもあるので全然ダメではないですよ(*^^*))

「何を伝えたいのか?」「私自身はどういう人間でありたいのか?」「どういうことをすると自分のことを好きでいられるか?」というのが大切ですよね。

 

 

http://kiraboshigakusha.com/blog/?p=3099

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

同年代との付き合いって、小中学生で最も濃密になりがちなんですが、同年代ゆえの難しさってたくさんあります。

なので、ムリに同年代でうまくやることを目標にしなくてもいいと私は思います。(実は年上に可愛がられるキャラの方が大事な気がします)

発達障がいやその傾向の子どもさんはコミュニケーションを取る時に「型」がある方がスムーズなことが多くあります。

型を知るって結構ラクになります。

そんな本のご紹介。

 

 

 

http://kiraboshigakusha.com/blog/?p=3086

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。