基礎部分の解体工事方法とは

テーマ:
解体工事とは建物の解体をすることを指します。
建て替えや更地にするなどの目的で行います。

通常は解体工事をするときには鉄球などを使って取り壊したり、
内部から壊し屋が手作業で壊すことになるのですが、
基礎の部分の書いた工事をするときにはどのように行うのでしょうか。


基礎の部分は手作業で解体工事をすることができない部分です。
地面と直結しているからです。
コンクリートが地面に埋まっている状態ですので
そのまま人力では取り外すことのできない部分なのです。


基礎の解体工事をするときにはペンチのような形状をした
アタッチメントを作業車の先に取り付け、コンクリートでできた
基礎の部分を取り壊して外すのです。

そしてコンクリートのバラバラになった部分はダンプで運び出します。
時間のかかる作業のように思われますが、
作業車を使うことによりその日のうちにすべてを撤去することができます。


もちろん大きな屋敷の場合は時間がかかりますが、
一般的な家庭の場合でしたら簡単に撤去することができます。

基礎を取り外した後は地面が凸凹の状態になっていますので、
それも作業車によって地面をならして解体工事は完了になるのです。

ちなみにこのような解体は更地にするなどの目的の他にも
新築の家の建設中でも計画の変更などにより行うこともあります。

リフォームなどでスケルトンリフォームをする場合は
この部分はつかいますので解体をすることはありません。
解体における最後の作業となります。

弊社では、解体工事例を多数掲載しております。
http://smilekaitai.com/result/

追加工事が出た場合の事例もご覧いただけます。
http://smilekaitai.com/result/add01.html

またホームページからご依頼頂いたお客様からの
アンケート(生の声)ご紹介しております。
http://smilekaitai.com/result/add01.html

不用品の処分や遺品整理なども承っております。
どうぞこちらからお問合せ下さい
http://smilekaitai.com/contact/
AD

基礎部分の解体工事方法とは

テーマ:
解体工事とは建物の解体をすることを指します。
建て替えや更地にするなどの目的で行います。

通常は解体工事をするときには鉄球などを使って取り壊したり、
内部から壊し屋が手作業で壊すことになるのですが、
基礎の部分の書いた工事をするときにはどのように行うのでしょうか。


基礎の部分は手作業で解体工事をすることができない部分です。
地面と直結しているからです。
コンクリートが地面に埋まっている状態ですので
そのまま人力では取り外すことのできない部分なのです。

基礎の解体工事をするときにはペンチのような形状をした
アタッチメントを作業車の先に取り付け、
コンクリートでできた基礎の部分を取り壊して外すのです。


そしてコンクリートのバラバラになった部分はダンプで運び出します。
時間のかかる作業のように思われますが、
作業車を使うことによりその日のうちにすべてを撤去することができます。

もちろん大きな屋敷の場合は時間がかかりますが、
一般的な家庭の場合でしたら簡単に撤去することができます。

基礎を取り外した後は地面が凸凹の状態になっていますので、
それも作業車によって地面をならして解体工事は完了になるのです。

ちなみにこのような解体は更地にするなどの目的の他にも
新築の家の建設中でも計画の変更などにより行うこともあります。


リフォームなどでスケルトンリフォームをする場合は
この部分はつかいますので解体をすることはありません。


弊社では、施工事例を多数掲載しております。
http://smilekaitai.com/result/
http://hammers7.jp/case.html

追加工事の施工事例も多数ございますので参考にして下さい。
http://smilekaitai.com/result/add01.html
http://hammers7.jp/maisetsubutsu.html

また、解体にまつわるトラブルなどもご紹介しております。
http://smilekaitai.com/trouble/

解体だけ(分離発注)を解体業者に頼むときの手続きのご案内もご覧ください。
http://smilekaitai.com/process/
http://hammers7.jp/bunri.html

ご質問、お問い合わせはこちらからお願いします。
http://smilekaitai.com/contact/
http://hammers7.jp/conference.html
AD
近年非常に人気となっているのがリフォーム工事です。
リフォームなら部分的な工事が可能となっていますので、
建て替えなどよりも少ない費用で済ませる事ができますし、
工事期間も短くて済むというメリットがあります。

そのリフォーム工事の中でも人気なのが内装の変更です。
建物の内側を綺麗にするだけで居住性が一気にアップしますし、見た目も綺麗になります。

さらに間取りを変える事も可能ですので、新たに部屋を作ったり、
反対に部屋を繋げて広くする事もできます。

そういった内装の工事の際には解体工事が必要になってしまう事があります。
業者によっては解体工事から内装工事まで一括して行ってくれる事もありますが、
場合によっては解体工事業者を別で探さないといけない事があります。

そういった場合には通常、内装工事の業者が解体工事の業者を手配してくれるのですが、余計なマージンが発生してしまう事になります。

やはり費用は安いに越した事はありませんので、
出費を抑えたいという時には解体工事業者を自身で手配する必要があります。

そんな時にはきちんと業者の比較をしてみる事が大切です。
やはり業者によって良し悪しというのは違っていますし、
料金も異なっている事が殆どです。

比較をする事によってより満足のいく工事をしてくれる業者を見付ける事が
できますので、しっかりと業者探しをする必要があります。

もちろん内装業者探しもきちんと行うようにすれば、
もっと安く費用を抑えたり、満足度の高いリフォーム工事にする事ができます。

解体で何かわからない事があったらここ
http://smilekaitai.com/faq/

解体の流れも丁寧に説明しています。
http://smilekaitai.com/flow/

解体前に知りたい情報もいっぱい。
http://smilekaitai.com/column/

何かお知りになりたいこと、ご質問はこちらから
http://smilekaitai.com/contact/
AD