ボイトレ『恵比寿と言えば札幌』亭

渋谷区恵比寿と札幌・円山公園裏参道にあるボーカルスクール『スマイルヴォイス』代表による気ままなブログ


テーマ:

本日は4月も中旬近くになっての”雪”が舞い落ちる札幌(寒いですね〜〜ブルブル)より4月最初のブログ更新です。

 

本日よりスマイルヴォイス札幌円山校の5月28日(日)の発表会Liveご出演者募集の告知をスタートしましたが、そちらはインストラクターのブログや教室内のポスター・チラシをご参照下さい(笑)。

それで、今日は個人的にライヴに関連し選曲についてのお話です。先月やったライヴでは現在谷山浩子さんやクリスタルキングのカバーをやりましたが、これからは何をやろうか?という話をバンドメンバーのみなさんとしています。「次はボーカルが歌いたい曲をやろう!」とバンマスからのありがたいともご迷惑?!(ではないですが)とも言える(笑)ご提案を受け(※注:ボーカル=本文執筆の小生)昔から気に入っているた曲をピックアップ。ジョー山中さん・SHOGUN等々が思いつくなか、ふと、松原みきさんの「真夜中のドア」が突然振ってきました。元々好きな曲でしたが、私の脳裏に決定的に印象づけられたのはシドニーでの夜のこと。当時現地に駐在していた姉を頼り訪豪した折、ある晩、姉や姉のお友達の方々と夜KARAOKEヘ行く機会が。そこで姉の仕事仲間でもあった日韓ハーフの素敵なお姉様が歌った「真夜中のドア」がまるで松原みきさんを彷彿とさせる素敵なパフォーマンスだったのです♪それ依頼、一層この曲が好きになり、折に触れて聞いていたものでした。(そういえば、現在小説家として大作家になられていらっしゃる伊集院静さんは、当時松原みきさんのコンサートの演出をされていましたね、素敵♪)。よく考えてみると、今回バンドマスターからの質問は、「次に歌いたい曲は?」だったのですが、「真夜中のドア」は「歌いたい」ではなくて、「聞くのが好き」な曲だったんですね(汗)。。そんなことにも気づかず、潜在意識の中にしっかりと刻まれていたんでしょう、この「真夜中のドア」がうっかり言葉に出て、「歌いたい」候補曲のリストとして気づい時には既にメール送信済み(笑)。この曲、ドラムス林立夫氏、ギター松原正樹氏(2016年2月逝去)、ベース後藤次利氏と凄腕ミュージシャンによるバックということで、恐らく次ぎはこの曲にチャレンジすることになるかも・・・。う〜〜ん、聞いて好きなのと、歌いたい(歌える)かは別物であるけれど・・・取りあえず決定した折にはやるだけがんばってみましょう♪(決定もしていないのに早合点!?)

https://www.youtube.com/watch?v=k-KAY_Glmn4

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

3月の上旬は都内でライヴをしました。

5バンドが出演したそのライヴは、元々全てのバンドが

私達が出身の大学の音楽サークルを起源とする系統の

ものでした。それ故にお客様は所謂身内(笑)。

身内で固めるライヴ♪

人生いろいろ、ライヴもいろいろですね。

 

45分で10曲とMC。この年になると新しい曲の歌詞を

覚えると古い曲の歌詞を忘れてしまうという、頭の中は

”おしくらまんじゅう”状態に(汗)。

 

それに加えて楽曲はもともと女性シンガーソングライターが

作る曲で原keyだけではないものの、ハイC音域がのっけから

登場する曲もあったりして・・・こんな曲を選ぶのはいったい

誰??(自分たちか・・・笑)

 

締めはショートバージョンのクリスタルキングの「大都会」。

ライヴでは2回目の演奏でした。

仕上がり具合は・・・取りあえず身体を酷使してがんばりました!?

 

そしてやっぱりライヴいろいろもそうなんですが、

最近記事で目にした小田和正さん70歳の御歳にしてあの美声。

人は才能+努力でいつまでも輝くことが出来るんだな〜〜と

日々少しずつでも努力をしていこうと思う今日この頃のつぶやき

でした。(つぶやきにしては長いくて申し訳ありません♪)

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
2月も半ばに差しかかりましたがみなさまお元気でお過ごしの
ことと思います。
今日は雪の舞い散る札幌にてブログを書いています。
 
3月の足音も聞こえてくる時期になってきましたが、来月に
頭にあるライヴに向けて、そろそろ準備も追い込みをかけないと
思う今日この頃です。
思えば昨年は8回ライヴをやりました。その中ではじめて
ライヴでスキャットをやりました。主にロック分野を歩んできた
自分にとっては経験のない歌唱法でしたので、ご経験のある先生に
ヒアリングしたり、動画等から情報を集めたり、ルイ・アームストロングを
聞いたり・・・完全に見よう見まね状態(笑)。
 
その中で曲もカバーさせて頂きましたが、スキャットの名手
アル・ジャロウ氏の映像と音は何度繰り返し学習させて頂いたでしょう?
1年経ってみると正に遠隔地のスキャットの(勝手に自分の)先生!
(直接指導を受けなくたって、社会的学習理論のバンデューラ先生の提唱する
モデリング学習できるもん、笑)
清志郎さんじゃないですが、「僕の好きな(スキャットの)先生」状態ですね^^
 
もちろん、まだまだ力不足は否めない訳ですが、アル・ジャロウ氏の
おかげで、ゼロの状態から少しは力をつけて頂いたのではないかと、
自己評価するところです(他者評価ではないところがポイント^^;)
 
そんなアル・ジャロウ氏が逝去されたというニュースを昨日聞きました。
御年76歳。自分にとってのスキャットの心のお師匠さまとして、これからも
ずっと慕わせて頂きたいと思うところです。
感謝の気持ちをこめて、「ありがとうございました。」
そして、「どうぞ安らかにお眠り下さいませ。」
合掌。
 
 
 
 
 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。