2005年06月04日

ウンコ漏らしました。

テーマ:お話し
ウンコを漏らしました。

いや、本当に恥ずかしい限りです。
恥ずかしいとか言いながら、ここにしっかり漏らした事を書いてる
自分のMっ気にも参ったものです。

いや、漏らしたって言ってもブリブリーみたいな感じじゃないですよ。

言い訳なんですけど、お酒を凄く飲んだ次の日ってお腹が
ゆるくならないですか?
そんな自分の暴れ馬的便意をコントロールできませんでした。

コンビニで立ち読みしてると、嫌な感じの屁が出たんです。

あ、やべっ!

みたいな感じで、ケツのあたりに違和感を感じるんです。
幸いにもコンビニだったんで、すぐにトイレに行って確認。

それはもう見事な汚れっぷりでした。

そして考えました。
ウンコまみれのパンツをそのまま履くか、ノーパンになるか。
どっちにしてもヨゴレですが…。

これは腹をくくるしかない。
僕はノーパンになりました。

ところが、実はバイトに向かう途中のコンビニだったわけで、
このままだと、ノーパンでバイト。
もはや家に戻ってパンツをゲットする時間はないのです。

が、いくら探せど、このコンビニにはパンツが売ってない!?

刻一刻と迫る時間。
このままチンタラしてたらノーパンで、しかも遅刻という最悪の事態。
僕は急いで違う店を探して、パンツをゲットしにかかりました。

しかしメタパニをかけられたかの如く若干パニックに陥っている僕です。
この歳でウンコを漏らして、ノーパンで外を歩くなんて有り得ませんもん。

そんな僕が手にしたのは、いつものようなトランクスではなく、
ボクサーパンツでした。

それのどこがダメなんだ、って思うでしょう。

普段買わないものを買ったのでサイズがわからなかったんです。
こんなもんかな、って適当に買ったんです。
で、実際に履いてみると、めっちゃ小さい。

僕のギャランドゥーは通常の2倍の量を露出。
更に、油断すると半ケツ。

よく言えば、ローライズ。
オシャレです。
見せてあげたいくらいです。

が、見れたものじゃありません。
そんな状態で、この苦しみを誰にも漏らすことなくバイトに励む僕。
漏らすのはウンコだけで十分ですもん。

バイト中の気持ちは、ずっと、女の子のパンツってこんな感じなのかなぁ、
って思ってました。
ローライズで半ケツで、キューって締め付けられて。

逆にそれが興奮した!!
そんなことは決してないです。

そこまで変態じゃありません。
本当、ウンコを漏らすとロクなことがありません。

だから皆さんにも不愉快な思いをしてもらいます。

ケツで割り箸を割った貴重な瞬間です。
無論、僕のケツじゃありません。



みなさんもウンコを漏らさないように気をつけましょう。
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

smash-21さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

4 ■おっと!?

僕のウンコ率の方が問題ですか。
確かにウンコ漏らした話しを、知り合いが見てるにも関わらず、カミングアウトしてる自分がいますからね。

ということでウンコチャンピオンは譲れません。

3 ■そうですね。

そう冷静に分析されると困りますが、確かにう○こネタの時はかなりの率でコメントを書いてますね。
今回も記事の題名を読んだ瞬間、コメントを書かなくては!という一種の使命感が自分の中で発生しました。いてもたってもいられないとはこのことでしょう。
僕がスカトロ好きかどうかということよりも、拓さんの記事にう○この出現率、つまりはウンコ率が高いかどうかの方が僕にとっては価値があることであり、拓さんを差し置いてウ○コチャンピオンになどなれるはずもなく、僕のけつはまだまだ青いです。

2 ■ウンコ率

老人て…。
僕はまだまだピチピチですよ。

真実さんはウンコネタになると極端にコメント率が上がります。
そんなにスカトロ好きとはビックリです。
ウンコチャンピオンですね。

1 ■汚ねぇ~

ヘを出すつもりでミが出ることは老人にはよくあることですが・・・。

そのあとのパンツTYPEローライズはワロタ。
自分は最近じゃトランクスではなくてピッチピチのボクサーパンツ派ですよ。
なんか、股間がチャンピオンになれますんで(*´д`*)

コメント投稿

AD

メロメロパーク

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。